温室効果の飽和(中)

今日今晩は。「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某です。
前回の続きです。

「インチキ Panel on Climate Change(IPCC)」とその一党によるCO2温室効果飽和論への反論は、大気からの赤外放射が対流圏のちょうど中間で起こっているという論理に基いていました。しかし、これは「大気の窓(Atmospheric Window)」を無視したペテンなのです。

図1 British Journal of Anaesthesia 105 (6): 760 (2010) より

地表面からの赤外放射は全てが大気に吸収されてから宇宙に放散されるのではなく、その一部は「大気の窓」から直接宇宙に放射されるのです。従って、地球大気からの赤外放射は255K相当ではなく、そこから「大気の窓」の寄与を差し引いた値になるのです。重要なのは「大気の窓」からの放射は255K相当ではなく、それよりも高い288K相当であるということです。但し「大気の窓」は288K相当の全放射の25%に止まります。従って、大気からの赤外放射は、(255K**4-0.25×288K**4)**0.25=224K、に相当します。

「大気の窓」の寄与が25%というのは晴天の場合で、雲の効果を考慮すればもっと小さい値になる、という反論があるでしょうが、それは誤りです。なぜならば、ここでは288Kという現実の値に基いた現象論的な考察をしていますから、雲の効果は288Kという値に既に反映されているからです。雲が全く無ければ288Kにはなりません。にもかかわらず「大気の窓」にも雲の効果を反映させれば、二重勘定になってしまいます。

さて、前回の投稿で説明した理論を適用すれば、224K相当の赤外放射が起こっている高度は、(288K-224K)÷6C/km=10.7kmになります。
なんと!IPCC党の説明の倍近い値であり、ほぼ対流圏の上限、圏界面に達しているのです。

図2 気象庁ホームページより

圏界面より上の成層圏(の下部)では温度は高度に依らず一定ですから、大気からの赤外放射が既に圏界面近くで起こっているのならば、CO2が増えても図2の赤いグラフは右にずれたりしません。すなわち、温暖化は起こりません。「CO2の温室効果はほぼ飽和している」というのはこのことです。

言うまでもなく、気候学者ともあろう者が「大気の窓」を知らないはずはありません。と謂うことは、IPCCとその一党は、意図的に「大気の窓」を隠し、大気の放射は5.5kmで起こっているなどと嘘八百を垂れ流し、CO2の温室効果は未飽和と言い立て、世界を欺き、CO2温暖化という虚構を正当化しようと謀った、ということに他なりません。IPCCとその一党はそこまで平然と嘘をつくのですが、裏を返せば、CO2温暖化を正当化するためには嘘もつかざるを得ない、ということであり、それはCO2温暖化がでっち上げであるという真実を完全に立証したと言えるのです。

ただし、正確に言えば、まだ0.3kmほどの余裕がありますね。僅かな値に見えますが無視出来ません。地表の温度を289Kとして計算し直してみましょう。そうすると、大気からの赤外放射は、(255K**4-0.25×289K**4)**0.25=223Kに相当し、
(289K-223K)÷6C/km=11kmになりますから、実のところ、CO2が増えれば1℃ほど温暖化する余地が残っているということです。

温暖化教信者の皆さん、安心しましたか?
しかし、それは糠喜びです。残念でした。
続きは次回で

温室効果の飽和(上)

今日今晩は。「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某です。
さて、「インチキ Panel on Climate Change(IPCC)」とその一党がCO2温暖化を喚き立てているにもかかわらず、前二回の投稿において説明したとおり、彼らの理論は完全に破綻していたわけです。それは何故でしょうか?それはCO2の温室効果が既に飽和しているからです。

もちろん、IPCCとその一党は飽和論に異を唱えてますけどね。

図1 The Copenhagen Diagnosis より

しかし、彼らの言い分をきちんと検証すると、逆にCO2温暖化の虚構がはっきりと見えてくるのです。但し、図1の説明だけでは少々解りにくいので、The Copenhagen Diagnosisの著者の一人、NHLのスーパースターこと、マイケル・マンコが勃起、じゃない、立ち上げたRealClimateの解説も見ておきましょう。

図2 RealClimate より

結局、IPCCとその一党の言い分をまとめると次のようになるでしょうか。

お日様から地球に入ってくる光のエネルギーは、ステファン=ボルツマンの法則に拠って温度に換算すると255K。
一方、地球はこれと同じエネルギー量の赤外線を宇宙に向かって放射している。
地表の温度は288Kなので、255K相当の赤外放射は地表から(288K-255K)÷6C/km=5.5kmの上空で起こっている。
これはちょうど対流圏の中間に位置している。

図3 気象庁ホームページより

すなわち、大気(対流圏)の上部は未だ飽和していない。
従って、CO2が増加すれば赤外放射の起こる高度は上昇する。
それは図3において対流圏の温度勾配を示す赤い線が右にずれることを意味する。
従って、地表の気温は上昇する。

何やら尤もらしく聞こえますが、これはとんでもないペテンなのです。
但し、それを説明する前に次の点を確認しておかねばなりません。
これまでIPCCとその一党は「CO2が増加すれば地球からの赤外放射が減少し、エネルギーの収支バランスが崩れ、それを回復するために温暖化が起こる」と説明してきたわけですが、上記の反論においてその理論は放棄されてしまったのです。なぜならば、そのような理論では飽和論に反論できないからです。

続きは次回で。

GreenH2Ouse Effect

今日今晩は。「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某です。
前回の投稿でCO2温暖化論の嘘をばらしてしまったため、グリーンピースとやら称する強盗・殺人鬼集団から「よくも真実をばらしたな!裏切り者め!ぶっ殺す!」という励ましのメールを嘘800万通も頂き、アル中・ゴア氏は雲隠れしてしまいました。仕方がないので、不肖私めが担当させて頂きます。

さて、「インチキ Panel on Climate Change(IPCC)」とその一党は「CO2こそが直接気候を左右する唯一の存在であり、水蒸気はフィードバックとして働くだけ」と言い張ってますです。例えば、Hansenの茶坊主Lacisの論文を見ると、

図1 Science 330, 356, 2010 より

しかし、実際はどうでしょうか?
前回の投稿で採り上げた論文をもう一度見てみましょう。

図2 Geophysical Research Letters, 33, L19818, 2006 より

左側の図の1番目は水蒸気、3番前は下向きの長波放射です。CO2は増え続けているにもかかわらず、フィードバック理論に反して水蒸気は減少し、それに応じて長波放射も減少してます。論文でも言及しているとおり、長波放射を支配しているのはCO2ではなく、水蒸気なのです。CO2は地球大気の0.4%にすぎないわけですから、これは余りにも当然のことですね。そして、温室効果ガスの理論では、地球の気候は長波放射のバランスによって決まりますから、結局のところ、地球の気候を支配しているのはCO2ではなく水蒸気、ということになります。
Tomkinという人は巧いこと言ってますよ。「Greenhouse effect」とは実は「GreenH2Ouse effect」であると。

図3 Physics Today より

IPCCとその一党が言い立てる「水蒸気はフィードバック」は、CO2温暖化をでっち上げるための虚構にすぎないのです。

温暖化の条件、人間の条件

諸君、我輩は「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」理事長にして、栄えあるノーベル平和傷受症者のアル中・ゴアである、ゴア。(以下、アル中)

皆さん、今日今晩は。「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」会員のマイケル・マンコで~~~す。

アル中: 下品な名前だな。

すみません、改めて自己紹介を。「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某です。(以下、会員某)

アル中: それでよろし。

アル中: ところで、マンコ、じゃない、会員某君。君は「CO2温暖化説はでっち上げ」とか言ってるらしいが。

会員某: そうです。でっち上げです。

アル中: 会員某君、これを見たまえ。

図1 Understanding and Responding to Climate Change より

アル中: 我が日本の宗主国であらせられるキチガイ戦争国家米国様のナショナルアカデミーが、きちんと説明しておるではないか。6番目に書いてあるとおり、CO2が増えると、地表に逆放射される赤外線(back-radiation)が増えて、温暖化が起こるのだよ。

会員某: 同じような図はCO2温暖化の説明で必ずと言っていいほど出てきます。
例えば、パナソニック(株)の子供向けサイトにもこんな図が出ています。

図2

アル中: それだけ世界中の人々が騙されて、じゃない、認知しているということではないのかね。

会員某: しかしですね、この論文を見て下さい。

図3 Geophysical Research Letters, 33, L19818, 2006 より

会員某: 真ん中の図が下向きの長波放射です。すなわち、back-radiationは、

アル中: 減っている!

会員某: そうですよ。

アル中: Oh、my God!

会員某: CO2温暖化論は破綻してるんです。

アル中: 母さん!

会員某: へ?

アル中: 僕のあのback-radiationどうしたでせうね。

会員某: 取り乱さないでくださいよ。

アル中: ハァー、ハァー、ゼェ、ゼェ。

会員某: 大丈夫ですか?

アル中: フゥ~。

会員某: 落ち着きましたか?

アル中: なんとかな。

アル中: ん?、チョット、待て。

会員某: 何でしょ。

アル中: 一番上のグラフは水蒸気ではないかね。

会員某: そのようですね。

アル中: 減っているではないか。

会員某: 確かに。

アル中: 水蒸気こそ最大の温室効果ガスである、ゴア。

会員某: はい、その通りです。

アル中: 水蒸気が減ったから、back-radiationが減ったのである、ゴア。何の矛盾もない!

会員某: しかしですね、ナショナルアカデミーのパンフレットにはこう書いてますよ。

図4 Understanding and Responding to Climate Change より

アル中: これは「風が吹けば桶屋が儲かる」の図ではないか。

会員某: そうです。CO2温暖化論では「CO2が吹けば、水蒸気が増えて、back-radiationが儲かる」はずなんですよ。

アル中: Oh、my God!

会員某: CO2温暖化論は矛盾してるんです。

アル中: 母さん!

会員某: へ?

アル中: 僕のあのfeedbackどうしたでせうね。

会員某: だから~、CO2温暖化論は破綻してるんです。

アル中: Shane!

会員某: へ?

アル中: come back radiation!

会員某: CO2温暖化はでっち上げなんですよ~。

アル中: Shane!

会員某: また、何ですか?

アル中: feed ba~~~~~~ck

会員某: あっ!逃げないでくださいよ~。アル中・ゴア、come back!