エコタウン交響詩「チョンコロカンナヲトはかく騙りき」

今日今晩は。「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某です。

4月10日の投稿で紹介したとおり、韓直人は「山を削って、エコタウン」とほざいてたわけですが、またまたやらかしましたな。


【東日本大震災】「20年住めない」発言が波紋広がる 首相は郷土愛が分からない?
2011.4.15 11:19
菅直人首相(64)と評論家の松本健一内閣官房参与(65)の会談で福島第1原子力発電所周辺に「10年住めないのか、20年住めないのか、ということになってくる」と話し合われ、「エコタウンへの移住」が合意された問題への波紋が収まらない。
飯舘で102歳男性自殺
そんな中、「計画的避難区域」として村民全員の避難が求められることになった福島県飯舘村に住む102歳の男性が12日に自殺していたことが分かった。村によると、男性は家族と避難計画について話し合っていたといい、村外へ避難することを悲観した可能性もあるとみている。男性は村内の最高齢者だった。
「10年、20年住めない」となると、お年寄りはますます希望を持てなくなる。
原爆が投下された広島では3日後に路面電車が走り始めた。長崎では6日後に精霊(しょうろう)流しが行われている。「10年、20年住めない」の根拠は不明だ。
福島県選出の玄葉光一郎・民主党政調会長(国家戦略担当相)は14日の拡大政策調査会役員会で「憤りを感じている。心の痛みが分かる政治をしなければならない」と批判。
「仮にそういうことが本当なら、科学的な根拠をもって、しかるべき立場の人がしかるべき時期に万感の思いを込めて、土下座をして話をしなければならない重大な問題だ」と述べた。
「エコタウン」は首相が1日の記者会見でぶち上げた構想で、津波被害を受けた地域の高台に環境に配慮した町を造るというものだが、「10年、20年住めない」原発周辺に造ることはできない。住民は、古里から遠く離れた人工都市への「強制移住」となる。
「20年」発言地元は涙の抗議
首相は松本氏に訂正させ、「10年、20年住めない」は自分の発言ではないと否定したが、将来の生活への強い不安を抱いている地元に何の説明もしない中、菅政権がそうした議論を行っていることに、地元から批判の声が上がっている。
13日、住民への説明会の途中で情報に接した飯舘村の菅野典雄村長は「少しでも早く戻れるようにするのが政治家の仕事なのに、これが政治家の言葉なのか。全く悲しくてならない。直ちに抗議する」と涙ながらに訴えた。住民からは「そうだ」との声が上がった。
首相の不適切な発言が伝わってくるのは、これが初めてではない。震災翌日に第1原発を視察するにあたって、原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長に「原子力について少し勉強したい」と語った。3月16日に笹森清内閣特別顧問と会談した際には「東日本がつぶれることも想定しなければならない」と述べたという。
一部が計画的避難区域とされた川俣町の古川道郎町長は14日、首相官邸を訪れた際、首相に「避難というのは大変なこと。首相自身から『20年は戻れない』なんてとんでもない」「現場の苦労がどれほど分かっているのか」と強く抗議した。
首相は「私は言っていない」と釈明した上で計画的避難について「国が全責任を持って取り組む」と述べるだけだった。
菅首相は、郷土を愛する人たちの気持ちが分かっているのだろうか。


(SANKEI EXPRESS)

韓直人はチョンコロだから「郷土を愛する人たちの気持ちが」分かるはずもない、と言えばそれまでですが、これは「エコ」の本性を見事に露呈したと言えるのです。

MSN産経ニュースより

そもそも、「10年、20年住めない」と言いながら、其処にまだ子供もいるわけです。


校庭の放射線量、1648か所の速報値発表
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、小中学校や幼稚園などの校庭で放射線量を測定してきた福島県は8日、全1648か所の速報値を発表した。
最も高かったのは、浪江町の津島小学校で毎時23.0マイクロ・シーベルトだった。県は、結果を基に子供たちの屋外活動の可否を判断する方針だが、現状では基準がないため、国に基準を示すよう求めている。
発表によると、5~7日、子供の屋外での活動を想定して地面から高さ1メートルの地点で測定し、浪江町の3か所で同23.0~18.8マイクロ・シーベルト、飯舘村の7か所で同14.0~8.3マイクロ・シーベルトとなった。これら10か所のうち9か所は子供が避難して現在は使用されていない。残る1か所の保育所は子供がいるが、屋外での活動を控えており、県生活環境部では「当面は問題はない」と説明。このほかの市町村については「直ちに健康に影響するレベルではない」としている。
測定は、福島第一原発から半径20キロ圏内の4町を除く55市町村の全ての小中学校と幼稚園、保育所、特別支援学校の校庭・園庭などで実施した。一般の人が自然界以外で浴びてもよいとされる年間許容量は1000マイクロ・シーベルト。


(2011年4月8日21時22分  読売新聞)

浪江町と飯舘村を含む一部の地域は、確かに「10年、20年住めない」可能性があります。しかし、それならば真っ先に非難させねばならないにもかかわらず、それよりも先に「エコタウン」を喚き立てる。「10年、20年住めない」可能性があるのならば、東電を政府の管理下において、政府が一元的に原発事故に対処しなければならないにもかかわらず、それよりも先に「エコタウン」を喚き立てる。しかも、未だに「東電の作業に協力」などと放言する体たらく。


「初動不十分との指摘当たらない」…首相答弁
参院予算委員会は18日、菅首相と関係閣僚が出席して、東日本大震災に関する集中審議を行った。
首相は政府の初動が遅れたとの見方を否定した。参考人として出席した東京電力の清水正孝社長は、東電福島第一原子力発電所の事故について、改めて陳謝した。
首相は、震災対応や福島第一原発の事故を巡る初動が遅れたとの批判や、首相の指導力に対する疑問が出ているとの指摘に対して、「初動が不十分だという指摘は当たっていない。十分な対応ができていると認識している」と反論した。東電が17日に発表した事故収拾に向けた工程表を巡っては「(震災から)1か月がたったので、今後の道筋の方向性が出せないかと私が指示した」と強調。そのうえで「見通しができるだけ早く実現できるよう、政府として全力を挙げて東電の作業に協力し、国の力でやれることはやるという姿勢で臨む」と述べ、東電の取り組みを全面支援する考えを表明した。
震災からの復興を担当する「復興院」などの独立組織を新設する構想については「元の組織とどちらが権限を持つかという調整にエネルギーを取られ、独立した組織が機能しない場合もあるという指摘もある」と否定的な見解を示した。


(2011年4月18日13時15分  読売新聞)

さらに、政府は直接タッチしないと明言!


【放射能漏れ】1、3号機の放射線量、工程表に影響なし 枝野長官
2011.4.18 17:31
枝野幸男官房長官は18日午後の記者会見で、東京電力福島第1原発の1号機と3号機の原子炉建屋からそれぞれ50ミリシーベルト前後の放射線量が観測され、内部作業が困難視されていることについて「東電を含む専門家は想定に入れて工程表を作ったと理解している」と述べ、東電が公表した事故収束の工程表に影響はないとの認識を示した。
事故収束に向けた政府の対応については「直接に行うことはないが、外国の機材の仲介など事実上の関与は行っている。東電が工程表通り安全を確保しながら進めることのチェックが主になる」と述べた。


(MSN産経ニュース)

「想定に入れて工程表を作ったと理解している」も真っ赤な嘘。


東電工程表、実施に相当の困難と班目委員長
特集 福島原発
内閣府原子力安全委員会の班目春樹委員長は18日、東京電力が発表した事故収束への工程表について「相当のバリアがある」と述べ、実施には困難が伴うとの認識を示した。
また「工程表の精査はできていないが、スケジュールありきで安全がおろそかになることは避けてほしい」と語った。
班目委員長は「一番難しいのは2号機対策」とし、理由としてタービン建屋地下に高濃度の放射性物質を含む汚染水があることを挙げた。フランスから導入予定の浄化処理技術についても「本当に(高濃度の汚染水に)使えるのか、安全委員会側として承知していない」と効果に未知数の部分が多いことを挙げた。


(2011年4月18日20時19分  読売新聞)

もはや確信犯ですな、チョンコロ民主党政権は。

浪江町民や飯舘村民は一刻も早くこれまでの生活を取り戻したいだけです。にもかかわらず「エコタウン」を喚き立てる。
要するに、「エコタウン」こそが重要であり、浪江町民や飯舘村民の命や生活は二の次、ということですよ。
「エコタウン」が出来上がるまでは被爆してろ、ということですよ。
子供を被爆させても「エコタウン」が出来ればいい、ということですよ。

SankeiPhotoより

「エコタウン」を造りたかったから原発事故は渡りに船だった、ということですよ。

全く以って本末転倒ですが、それこそが「エコ」の本性です。3月21日の投稿3月29日の投稿3月30日の投稿、そして、4月15日の投稿で解説したとおり、「エコ」の本質はファシズムです。ファシストが原発事故までも利用するのは理の当然であります。逆に言えば、韓直人が「外で遊びたい」と訴える子供たちをも省みず、(もちろん、子供たちの言う「外」とは自分が今住んでいる場所のことであり、他所に行くことではありません。「外で遊びたい」という願望もまた郷土愛の一つです)、「エコタウン」を喚き立てたいう事実は、「エコ」の本性がファシズムであることを物の見事に立証したと言えるでしょう。

ドイツ気象機関による放射性物質拡散予測(クリックするとアニメーションします)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。