悪キューレの気候学者

今日今晩は。「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某です。

昨晩、拙ブログに投稿した後でこのニュースを知りました。


拡散の試算図2千枚、公表は2枚 放射性物質で安全委 2011年04月18日
放射性物質の拡散を予測する国の「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」で、福島第1原発事故後に2千枚以上の拡散試算図が作成されていたことが18日、分かった。SPEEDIは原発事故時の避難対策などに活用することになっているが、所管する原子力安全委員会が公表したのはわずか2枚だけ。
開発、運用には約128億円の予算が投じられたが“本番”でほとんど使われず、国の情報発信の姿勢や防災計画の実効性が問われそうだ。
安全委がSPEEDIの拡散試算図を公表したのは、3月23日と4月11日。福島県飯舘村など原発の北西方向を中心に、屋内退避区域の30キロ圏の外側でも、外部被ばくの積算値が1ミリシーベルトを超えたなどとの内容だった。
これら2回の公表は、避難や屋内退避の区域が設定されたり、農産物から放射性物質が検出され出荷制限がなされたりした後だった。安全委は、予測に必要な原子炉の圧力や温度、放射性物質の放出量といった放出源情報を入手できず、事故前の想定通りに拡散予測はできなかったと強調していた。
しかし、文部科学省がSPEEDIの運用を委託する原子力安全技術センター(東京)によると、風向、降雨といった気象や放射性物質の放出量など、さまざまな仮定の条件に基づいた試算を繰り返している。ほかにも事故直後から1時間ごとに、その時点で放射性物質が1ベクレル放出されたと仮定して3時間後の拡散を予測。これまでに作成した拡散試算図は、2千枚以上になるという。
安全委は、試算図を公表しない理由について「放射性物質の放出量データが乏しい。試算図は実際の拡散状況と異なり、誤解を招きかねない」と説明するが、未公表の試算図の中には、実際の拡散と近似した傾向を示すものもあった。
国の拡散予測としては、ほかに気象庁の予測があるが、同庁は「SPEEDIが国の正式な拡散予測」として、今月5日まで公表していなかった。


(共同通信)

実際は「福島県飯舘村など原発の北西方向を中心に、屋内退避区域の30キロ圏の外側でも」既に10ミリシーベルトを超えてます。


飯舘村でも積算線量1万マイクロ・シーベルト超
東京電力福島第一原発事故の影響を調べている文部科学省は17日、同原発から約25~35キロの6地点の積算放射線量を発表した。
福島県飯舘村長泥で、3月23日からの24日間分の積算線量が1万120マイクロ・シーベルト(10・12ミリ・シーベルト)に達した。政府が設定する「計画的避難区域」の基準(年間20ミリ・シーベルト)の半分に相当する。


(2011年4月17日20時42分  読売新聞)

4月17日の投稿で紹介した日本気象学会の通達において、新野宏が「SPEEDIという数値予測モデルでさえ、これらの科学的困難を免れるものではありません」と言っていたとおり、シミュレーションは過小評価になっているわけですが、それは公表しない理由にはなりません。「飯舘村など原発の北西方向」の危険性が高いということは予測できた以上、それを公表し速やかに観測態勢を構築しなければならないのです。

不肖私めも飯舘村民もSPEEDIなどという物が存在することさえ知りませんでした。しかし、4月3日の投稿で紹介した日本気象学会の3月18日付通達において、新野宏が「放射線の影響予測については、国の原子力防災対策の中で、文部科学省等が信頼できる予測システムを整備しており、その予測に基づいて適切な防災情報が提供されることになっています」と述べていることから判るとおり、気象学会はSPEEDIの存在を知っておったわけです。しかも、新野は3月18日の通達では「防災対策の基本は、信頼できる単一の情報を提供し、その情報に基づいて行動することです」だの、4月12日の通達でも「防災・医療・交通運輸・通信などを総合的に判断し統括する組織が責任を持って一元化して発信し、それに基づいて行動することが防災の基本であることを認識していただきたい」と嘯いていたわけですから、そうである以上、気象学会は国に対して情報公開を要求する声明を発表しなければならなかったのです。ところが、あべこべに内輪だけでコソコソと動き回り、情報統制まで画策していたような次第です。

4月17日の投稿で、気象学会は「都合の悪い事には頬かむりを決め込む、追求されると詭弁を弄して言い逃れを謀る、その挙句に、自らを正当化しようと謀る」と予言しましたが、案に違わず、今日もまた「気候変動・千夜一話」のコメント欄で”mushi”を名乗る人物が、「しかし、大部分の科学者は利権から離れて研究し、その結果「温暖化は疑いなく、今後も続くことはほぼ疑いがない」という結論を出していることはご理解ください」と言い立て、自己を正当化しようと躍起になっています。不肖私めの予想の方が気候シミュレーションよりも当る確率が高いようですね。そもそも、「大部分の科学者は・・・結論を出している」のならば、私めが送ったトラックバックに増田耕一は即座に反論できるはずですが、実際は、未だにできない。しかも、この御仁は「気候変動・千夜一話」に出入りしているのですから、トラックバックに気づいているはずですが、増田に反論を促すでもなく、自らのブログで反論するでもなく、「今後も続くことはほぼ疑いがない」と決めつけているような体たらく。IPCC一派というのは全く以って醜い連中ですな。とは言うものの、反論できるはずもないので、仕方が無いと言えばそれまでですけどね。

ここで、私達国民は気づかねばなりません。気象学会の振る舞いは原発を推し進めた原子力関係の学会と何ら変わるところがないことを。それはCO2温暖化詐欺と原発推進が同根であることをハッキリと示しています。何度も繰り返しますが、福島原発災禍の要因はCO2温暖化詐欺です。それは気象学会と原子力関係者の同一性の必然的結果です。

ところで、醜いと言えばこれ。


NASAも米国務省も「東海」から「日本海」表記へ
政府の海外広報に穴が開いている。中国政府が運営するインターネットホームページ200件で「東海(トンヘ)」が「日本海」と単独表記されているのをはじめ、米国務省・航空宇宙局(NASA)地球観測所、スイス移民省、オーストラリア外務省、スペイン観光通商庁なども「日本海」と表記している。
未来希望連帯の金乙東(キム・ウルドン)議員が文化体育観光部海外文化広報院から受けた資料「韓国政府関連の誤謬確認および対応結果」で確認されたものだけでも、これほど広範囲にわたる。
各国政府だけでなく国際機構のホームページ、各国の公営放送にも「日本海」という表記が登場していると、金議員は明らかにした。ユネスコ、国連開発計画(UNDP)、世界気象監視を担当している国連傘下の世界気象機構(WMO)などがホームページで「東海」を「日本海」で単独表記し、英公営放送BBCと米公営放送PBSもホームページで「東海」を「日本海」と表記している。
にもかかわらず政府は対応できない。スイス移民省の場合、政府は07年に是正を要請したが、拒否の意思を明らかにし、日本海をそのまま使用している。韓国側の是正要求を受け、オーストラリア外務省も「東海」を「日本海」と単独表記した5カ所のうち2カ所は「東海」と「日本海」を併記する方向に是正したが、3カ所はまだ「日本海」を使っている。ほかの政府機関や国際機構も事情は同じだ。韓国側の対応で名称が「東海」と正されたのはスペイン観光通商庁くらいだ。
専門家らは政府の消極的な対応が最も大きな問題だと指摘している。政府は全米外交協会(CFR=Coun-cil on Foreign Relations)がホームページで「東海」を「日本海」と単独表記しているのを08年10月に発見した。協会に公文書を送り、是正を要求したのは11カ月過ぎた09年9月だった。全米外交協会は「東海」併記表記を受け入れず、依然として「日本海」表記を続けている。
サイバー外交使節団バンク(VANK)のイム・ヒョンスク研究員は「発見後すぐに公文書などを送らないと効果は上がらない」と指摘した。
2011.04.19 08:23:18


((c) 中央日報/中央日報日本語版)

日本列島によって太平洋と隔たられているから「日本海」であるにもかかわらず、自分の国の東側の海だからという驚天動地の理由を掲げて「東海」と言い張るのは、自らの愚劣さを自ら吹聴して喜んでいるのも同然ですが、それにさえ気づかないような劣等民族なわけです。だからこそ、腹いせにこんな見出しの記事まで書く有様。


福島原発、放射線の解決に100年かかるとの見方も
日本福島第1原発の1-3号機ともに原発内の放射線数値が高く、安定化作業が十分にできない状態であることが分かった。
16日の東京電力によると、原子炉内の1時間当たりの放射線量は1号機270ミリシーベルト、2・3号機は10-12ミリシーベルトだった。1号機の場合、1時間当たりの放射線量が原発作業員の年間被曝限度(250ミリシーベルト)を超えている。原子炉内の放射線量計測は先月11日の事故以来、初めて行われた。人が作業をするには非常に危険な環境であることが確認されたのだ。原子炉建屋の出入口も1時間当たりの放射線数が2-4ミリシーベルトと依然として高い。
これに関しNHK放送は18日、専門家の話を引用し、「『6-9カ月以内に原発冷却機能を安定化させる』という東京電力のロードマップは実現の可能性が疑わしい」と伝えた。東京電力は第1段階(今後3カ月)、第2段階(6-9カ月)に分け、第1段階で1-3号機原子炉を安定化させ、第2段階では土壌などの放射性物質を除去して放射能汚染を減少させる、と説明した。
しかしNHKは「2号機の場合は損傷が深刻で、3カ月以内に冷却させるのは難しい」と予想している。2号機は現在、格納容器の下段が損傷し、汚染水が漏れている。1・3号機タービン建屋の地下などにたまった高濃度汚染水の処理も難航している。汚染水を除去して水位を下げても、数時間後にはまた増えている。日本の内外では福島原発問題が解決するには少なくとも数年、長ければ100年ほどかかるという見方が出てきている。
さらに4号機の原子炉内の地下1階が浸水したことが新たに確認された。4号機は当初、原子炉建屋の壁面の一部が破損したと伝えられていたが、汚染水を貯蔵する水槽に亀裂が生じていることが分かった。しかし経済産業省傘下の原子力安全・保安院はより深刻な2号機の汚染水処理を優先し、4号機の対策は準備できずにいる。
2011.04.19 09:21:19


((c) 中央日報/中央日報日本語版)

新聞社のくせに情報源を示すことなく「100年ほどかかるという見方が出てきている」とは。いやはや、福島原発よりも醜いわ、コイツら。
テメエらチョンの汚れきった民族性は100年どころか100万年たっても浄化できないぜ。

さて、4月15日の投稿で、昨日以降、近畿地方にも放射性物質が飛来するという予報を紹介しましたが、実際、近畿地方は軒並み放射線量が上がってました。

今日はもう元に戻ってますから、予想よりは遥かに少なかったようです。(但し、神戸は今日も高いですが。)よかったですね。しかし、量は兎も角も、放射性物質が飛来するという予想自体は概ね当ってましたから、ドイツ気象機関による今日の予報を掲載しておきます。

ドイツ気象機関による放射性物質拡散予想(クリックするとアニメーションします)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。