展覧会「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な絵

ムソルグスキー「展覧会の絵」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

先日改訂したばかりの”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”ですが、第12節の解説を補足しました。
該当箇所は50頁の第2段落であります。
今後、大きな改正・補筆をした場合にはお知らせしますが、文章の小さな修正等はいちいち告知しませんので、あしからず。

後ですね。
前回の投稿の動画をドミンゴからコレッリに変更しました。
中身とは全然関係ありませんが。
ドミンゴみたいに、椿姫のアルフレードだろうが、トゥーランドットのカラフだろうが、オテロのタイトルロールだろうが、何を歌わせてもそつなく巧い歌手よりも、昔の3大テノール(デル・モナコ、ディ・ステファーノ、フランコ・コレッリ)のように「表現力なんてどうでもいい、俺の声に痺れろ」的な歌手の方がやっぱりええわ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。