虚人の星

ホルスト「惑星」より「火星:戦争をもたらす者」

飛雄馬よ、これが虚人の星だ!


山口知事選に飯田氏立候補へ 橋下・大阪市長のブレーン
2012年6月11日0時29分
7月29日投開票の山口県知事選に、東京のNPO法人「環境エネルギー政策研究所」所長で、脱原発を掲げる飯田哲也(てつなり)氏(53)が立候補の意向を固めたことがわかった。飯田氏は大阪府や大阪市の特別顧問を務め、橋下徹大阪市長のブレーンとしても知られる。
複数の関係者に意向を伝え、近く立候補を表明するとみられる。
飯田氏は9日、朝日新聞の取材に知事選について「全くの白紙」と話していた。飯田氏は民主党山口県連や共産党山口県委員会などでつくる団体からそれぞれ立候補の打診を受けたが、「政党とは組まない」などとして断っていた。
飯田氏は山口県周南市出身。京都大大学院を修了後、神戸製鋼、電力中央研究所などを経て、2000年に環境エネルギー政策研究所を設立した。自然エネルギー政策の専門家で、国の総合資源エネルギー調査会の基本問題委員会委員も務めている。


(朝日新聞デジタル)

「政党とは組まない」って、大阪屍長の尻馬に乗りたいだけだろ!

2011年8月30日の投稿で指摘したとおり、「虚人」は正真正銘のネオリベであり、且つ、正真正銘のファシスト。
だからこそ、大阪屍長の尻馬に乗った。
1月5日の投稿3月20日の投稿3月28日の投稿4月18日の投稿5月21日の投稿、そして、前回の投稿で論じたとおり、自然エネルギーの真の目的は電力自由化という新自由主義であり、弱者を切り捨てるというファシズムなんだね。

虚人」の邪悪さはこの記事に端的に露われてるな。


なぜ「計画停電」か 橋下市長ら不信感
2012年5月25日
政府が今夏の電力需給対策として電力使用制限令の発動を見送る一方で、関西電力など4電力会社に準備を指示している計画停電について、大阪市の橋下徹市長は24日の記者会見で「計画停電が非常に厳しいという話は東京から聞いている。そちらを選んだ理由に不信感を持った」と話した。
電力使用制限令は、大口需要家を対象に、制限期間・時間帯を設けて使用最大電力の上限を設定。病院や上下水道、鉄道などは適用除外となる。計画停電は地域ごとに輪番で停電させる制度で、実施する場合は1日1回2時間程度で事前に対象地域やスケジュールを公表するとしている。
東京都では東日本大震災発生3日後の昨年3月14日から計画停電が行われたが、18日には国に対して直ちにやめて制限令に切り替えるよう要望。「2時間といっても実際の停電時間以上の影響が出る」(東京都環境局)ことなどが理由だ。
22日に大阪府市エネルギー戦略会議に出席していた資源エネルギー庁の幹部は計画停電を「万が一のセーフティーネット」と強調。対策から制限令を外したことについて「一律に需要をカットし、害が大きい」とし、関西全体で電気が余っている時でも上限までしか電気が使えないといった例を挙げた。
しかし、計画停電では地域で一斉に停電させるため、運用によっては命に関わる被害が出る可能性が残り、制限令を除外した理由が分かりにくく、橋下市長らの不信を招いている。


(大阪日日新聞)

4月18日の投稿で採り上げた2012年4月13日の朝鮮日刊新聞社説を見れば判るとおり、大阪屍長は「計画停電もあり得ると腹を決めれば、電力供給体制を変えられる1歩になる」とほざいてたんだね。
それなのに、なぜ、一転して「計画停電」に反発したのか?
3月7日の投稿で紹介したとおり、「ピーク時の料金を高くする」が「虚人」の持論。
つまり、「虚人」が、「計画停電」よりもピーク時の料金を高くして弱者を切り捨てましょう、と入れ知恵したんだな。
で、日本国民に怨念を抱いている大阪屍長も、なるほど、それはいい、となったわけ。

しっかし、「虚人」に立候補を打診していた共産党も本当にクソだな。
共産党も電力自由化というネオリベ策動に与していることを完全に露呈したね。
5月15日の投稿で指摘したとおり、新自由主義の根底には国家を否定するという思想がある。
そして、それは左翼も共有している。
だからこそ、電力自由化に与するんだな。
実は、新自由主義協賛党だった、と。

けど、その背後にあるのは、やはり、「左翼」の反日意識だろうな。
「左翼」は、日本という国は悪い国だ、日本国民は悪い民族だ、だから、日本国民は苦しんで当然だ、と信じて疑わない。
だからこそ、弱者切り捨てを目論む「虚人」と手を結ぼうとしたんだね。
虚人」と手を結ぶということは、詰まるところ、大阪屍長と手を結ぶこと。
実は、ファシズム協賛党だった、と。
2011年9月29日の投稿で指摘したとおり、反日とネオリベとファシズムは三位一体。

日本が憎いと思いこんだら 維新の道を
行くが反日ネオリベファシストの ど根性
真っ赤な嘘に燃える 左翼のしるし
虚人の星を つかむまで
高値買い取りで国民の血の汗流せ 貧乏人が流す涙を拭くな
行け行け哲也 どんと行け

山口県民は、原発事故をも逆手に取って自然エネルギーで脱原発依存を吹聴する反日ネオリベファシストに、正義の鉄槌を下してちょ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。