悪魔め、鬼め、左翼め

ヴェルディ「リゴレット」より「悪魔め、鬼め」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

関西電力が大飯原発を稼動する代わりに火力発電を停止するという情報が流れているようなので、ググってみただよ。
そしたら、こんなの見つけた。


大飯フル稼働 火力8基停止
関電に怒り “電力不足ウソか”
2012年7月8日(日)
多くの国民が連日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働に強い反対の声をあげる中、関西電力は再稼働を強行、5日には同原発3号機が発電を再開、送電も始まり、9日にはフル稼働する見通しです。
こうした中、“フル稼働すれば、代わりに燃料費が高い火力発電所を8基止める”と一部で報道され、国民から大きな怒りがあがっています。
関西電力の「需給予想」によると、9日の需要を2080万キロワットと予測。それにたいする総供給量は、大飯3号機の再稼働で118万キロワットを得ることができ、火力や水力などを合わせて2434万キロワットになると試算。電気使用率は85%にとどまり、「安定」としています。
このため、現在もっとも供給力の大きい火力発電(9日の試算は1088万キロワット)を一部停止しても「安定」供給が可能という計算です。
報道を知った大阪市民からも「大飯再稼働は関電の利益が目的だった。これで電力不足は全くのうそであることが明らかになった」「詐欺かペテンか。あまりに腹が立って言葉がみつからない」との憤りの声があがっています。
関電は、先週から各家庭に「万が一の場合は計画停電を実施」というはがきを各家庭に送りつけてきています。顧客に「節電、節電」と脅しかけながら、やっていることは自社のもうけのための「節約」以外のなにものでもありません。


(赤旗)

2011年8月30日の投稿で紹介したとおり、既に判っていたこととは言え、やっぱり、電力は足りていた、と。

にもかかわらず、朝鮮日刊新聞は、2011年8月6日の投稿で採り上げた2011年7月22日の社説で「電力不足―西日本も、さあ節電だ」だの、2012年4月18日の投稿で採り上げた2012年4月13日の社説でも「原発再稼働と節電―大阪発で変えてみては」だの、5月18日の投稿で採り上げた2012年5月8日の社説でも「夏の節電―関電こそ先導すべきだ」だのと喚き立て、これまた5月18日の投稿で採り上げた2012年4月25日の社説に至っては「夏の節電―急げ、急げ、もっと急げ」と喚き散らしてた。
新聞社でありながら、事実を調べようともせずに、電力会社の大本営発表をそのまま垂れ流していたんだな。
そのくせ、2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年8月15日の朝鮮日刊新聞社説は「経済産業省や電力会社は、地震国の真実に目を塞いだ。都合のいい情報は伝えるが不利なデータは隠す。さらにやらせ質問で世論を誘導。ウソを重ねた軍部の『大本営発表』顔負けだ」などと言い放ったんだね。
この卑劣さは正に「軍部顔負けだ」けど、それは「自然エネルギーで脱原発」の本性を露呈しているんだよ。

7月2日の投稿で指摘したとおり、電力が足りているのに自然エネルギーを電力会社に無理矢理買い取らせ、その結果、電気代の値上げ幅が倍以上になってしまった。
もちろん、関西でも同じ。


ソフトバンク子会社も発電開始
7月1日 16時55分
再生可能エネルギーによる電力の買い取りを電力会社に義務づける制度の開始を受けて、京都市では、通信大手の「ソフトバンク」の子会社などが建設した太陽光発電の施設が運用を始めました。
この施設は、「ソフトバンク」の子会社や電子部品メーカー「京セラ」の子会社が京都市伏見区に建設しました。
1日の式典で、「ソフトバンク」の孫正義社長は「温暖化防止の京都議定書が結ばれた、京都から始める意味は大きい。中長期的にも環境に優しいビジネスに取り組んでいく」とあいさつし、スイッチを入れて発電を開始しました。
この施設は、8600枚余りの太陽光発電のパネルを使って、一般家庭のおよそ580世帯分を賄う年間210万キロワットアワーを発電する計画です。
発電した電力は、関西電力が1キロワットアワー当たり42円と、再生可能エネルギーの普及を後押しするため発電コストより高く設定した価格で買い取り、家庭の電気料金に上乗せされます。
ソフトバンクグループでは、京都をはじめ全国10か所で太陽光発電の施設建設を計画しています。


(NHK)

もし、電力が足りているという事実を知れば、国民は自然エネルギー買い取りを拒絶し、チョンコロ孫不正義を激しく批判するだろうけど、それだけは絶対に阻止しなければならない。
だからこそ、「節電、節電」と喚き散らして国民を騙し、自然エネルギーを買い取らせようと図ったんだね。
「やっていることはソフトバンク社のもうけのための『節約』以外のなにものでもありません」

しかも、それだけじゃない。
2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年7月13日の朝鮮日刊新聞社説が「需給に応じて変動する電気料金にすれば、節電を促すことにも役立つ」と言い立てていたとおり、「節電、節電」と喚き散らして国民を騙し、さらに電気代を吊り上げようと図ったんだね。
そうなると、つまり、電力使用ピーク時の料金を高くすると、1月5日の投稿3月20日の投稿、そして、6月2日の投稿で指摘したとおり、真夏の真昼間に貧乏人はクーラーを使えない。
「やっていることはソフトバンク社のもうけのための『日本国民の命の節約』以外のなにものでもありません」

悪魔!
鬼!!

もちろん、「左翼」は皆同類。

4月3日の投稿で紹介したとおり、大穢健三郎は「私は、市民社会が目を覚まして代替エネルギーの開発を求め」と言い放った。
けど、それは、原発が無くても電力は足りているという事実を黙殺しているのであり、関西電力と何ら変わらない。
「自社のもうけのための『節約』以外のなにものでもありません」か、「ソフトバンク社のもうけのための『節約』以外のなにものでもありません」かの違いにすぎない。
むしろ、「自社のもうけのための『節約』以外のなにものでもありません」と関電を罵ることによって、市民側に立っていると思い込ませ、その実、「やっていることはソフトバンク社のもうけのための『日本国民の命の節約』以外のなにものでもない」んだな、大穢健三郎は。

悪魔!
鬼!!

電力が足りているという事実を突きつけさえすれば、電力は足りていると国民が言い続けさえすれば、原発の再稼動はできないんだよ。
ところが、6月24日の投稿で紹介したとおり、官邸前のデモに参加していた山本太郎も自然エネルギーを言い立てている。
もう一度言うけれど、自然エネルギーを言い立てるのは、電力が足りているという事実を覆い隠そうと図る以外の何物でも無く、であるから、関西電力と何ら変わるところが無いんだよ。
もちろん、官邸前デモを主催した連中は、大穢健三郎の主導した「さようなら原発1000万人アクション」(2011年10月3日の投稿で紹介したとおり、実のところ、「自然エネルギー中心の社会を求める全国署名」)に署名したはずだし、山本太郎が主導した「原発の是非を問う住民投票」にも署名したはず。
つまり、官邸前デモを主催した連中は大穢健三郎や山本太郎と同じ穴の狢であり、であるから、関西電力と同じ穴の狢。
関西電力と本質的に同じ輩が大飯原発再稼動阻止を叫んでいたという事実は、前回の投稿で指摘したとおり、官邸前デモが「ポピュリズム」にすぎない証拠。

デモ(=デモンストレーション)には二つの意味があることに注意しようね。

1) 抗議や要求の主張を掲げて集会や行進を行い、団結の威力を示すこと。示威運動。
2 )宣伝のために実演すること。

官邸前デモは(1)を装いつつ、その実は、(2)の意味におけるデモ、つまり、自然エネルギー・電力自由化の宣伝活動にすぎないんだね。

さらに。
マルクス経済学者の吉田文和に至っては、5月15日の投稿で紹介したとおり、「まず、第1に指摘しなければならないのは、電力供給の問題と原子力発電所の再稼働問題をいったん切り離す必要があるということである」と言い放ったんだね。
つまり、電力が足りているという事実など顧みなくていい、と言い切ったんだね。
これは再稼働を強行した関西電力の論理そのもの!
その挙句に、朝鮮日刊新聞と同様、「ピーク時間帯に料金を上げて節電およびピークシフトを促す」と言い放った。
つまり、「まず、第1に指摘しなければならないのは、貧乏人をいったん切り離す必要があるということである」と言い切ったんだな、吉田文和は。

悪魔!
鬼!!

もちろん、共産党も自然エネルギーを喚き立てている。
しかも、6月11日の投稿で紹介したとおり、共産党は「虚人」=飯田哲也を擁立しようと図った。
けど、3月7日の投稿で紹介したとおり、「虚人」も「国は、需給調整契約の拡充やピーク料金など市場を活用した需要側管理を重心的に実施すべき」と、つまり、「ピーク時間帯に料金を上げて節電およびピークシフトを促す」と言い立てていたんだね。
であるから、「共産党のやっていることもソフトバンク社のもうけのための『国民の命の節約』以外のなにものでもありません」

悪魔!
鬼!!

「自然エネルギーで脱原発」を煽り立てる「左翼」は原子力ムラ以上に腐りきっている。
原子力ムラの科学者・技術者たちは、原子力発電を実現すれば、国民全員が電気を享受でき、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む(憲法25条)」ことが出来る、という理想を持っていた。
小出裕章らの「熊取6人組」も当初はそういう理想を持っていたはず。
もちろん、結局は考えが浅かったわけだけど、彼らの理想は、少なくとも当初は、純粋だった。
それに対して、「自然エネルギーで脱原発」を煽り立てる「左翼」は、原発事故につけ込んで、「ピーク時間帯に料金を上げて節電およびピークシフトを促す」と、つまり、貧乏人は熱中症で死ねと、つまり、「ソフトバンク社のもうけのための『日本国民の命の節約』を」と、喚き立てているんだな。
原子力ムラを罵ることに依って、国民に寄り添っているかのごとくに見せかける一方で、電力会社の「大本営発表」を逆利用して国民を騙し、「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利(憲法25条)」を奪おうとしてるのよ。
このことを理解すれば、大穢健三郎が如何に卑劣で邪悪な糞野郎であるかが判るだろ。

悪魔!
鬼!!

原発が無くても電力が足りているという事実、つまり、火力が原発を代替しているという事実を、「左翼」が無視し続ける拠りどころは偏に人為的温暖化。
CO2を排出し温暖化を引き起こすから、火力を勘定に入れるべきではない、と言うんだな。
けど、サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”で解説しているとおり、IPCCの煽り立てる人為的温暖化は全くのでっち上げ。
知らなかった、などという言い逃れは通用せんのだわ。
たとえ、自称「地球温暖化の研究に真面目に取り組む科学者」のようなIPCC党の詐欺師どもが人為的温暖化を吹聴しようとも、それを検証し、虚構を暴き、糾弾するのが本当の知識人。
(悲しむべきことに、我国には本当の知識人が殆ど居ないから、私めのような無能が頑張らざるを得ない。)
しかも、1月19日の投稿で紹介したとおり、IPCC党はファッショの走狗。
にもかかわらず、「左翼」はIPCC党を糾弾するどころか、あべこべに、IPCC党の上に乗っかって人為的温暖化を喚き立ててきた。

人為的温暖化詐欺の主犯は「左翼」なのよ。
クライメートゲートによってIPCCの闇が暴かれたにもかかわらず、朝鮮日刊新聞が、2011年3月25日の投稿で採り上げた社説で「太陽光や風力、燃料電池など新エネルギーの利用を増やし、地球温暖化防止に必要な低炭素社会への地ならしにもしたい」だの、2011年4月15日の投稿で採り上げた2011年4月4日の社説でも「CO2を出す化石燃料依存へと、単純な先祖返りはできない。ならば太陽光、風力、地熱など再生可能な自然エネルギーを総動員する必要がある」だの、2011年8月6日の投稿で採り上げた2011年6月19日の社説でも「原発事故を目の当たりにしたいま、地球温暖化を防ぎながら、原子力への依存度を下げていくには、自然エネルギーの普及を急がねばならない」だの、2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年7月13日の社説でも「二酸化炭素を出し、地球温暖化の防止にはマイナスに働くが、自然エネルギーの開発と省エネを進めていき、長期的には脱原発と両立させねばならない」だの、7月5日の投稿で採り上げた2012年7月4日の社説でも「資源を輸入に頼らず、温暖化防止にもなる電源は、脱原発依存を進めるうえでも重要だ」だのと、執拗に喚き散らしてきたのがその証。

人為的温暖化をでっち上げて「国民に『温暖化、温暖化』と脅しかけながら」、火力が原発を代替しているという事実を隠して「国民に『節電、節電』と脅しかけながら」、「左翼のやっていることはソフトバンク社のもうけのための『国民の命の節約』以外のなにものでもありません」

悪魔!
鬼!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。