不思議だわ、脱原発デモで新しい原子力がわいてくるよう

ヴェルディ「椿姫」より終幕

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

7月11日の投稿では赤旗の記事を採り上げたけど、その後、中日新聞がこんな記事書いてた。


関電、大飯再稼働なくても電力供給に余力
2012年7月18日 09時49分
政府の節電要請から16日までの2週間の関西電力管内の電力需給で、最大需要は2301万キロワットにとどまり、出力118万キロワットの大飯原発3号機(福井県おおい町)が再稼働しなくても、供給力を9%下回っていたことが分かった。猛暑となり17日の最大需要はこの夏一番の2540万キロワットに達したが、10%以上の供給余力があった。政府は夏場の電力不足を理由に強引に大飯原発の再稼働に踏み切ったが、節電効果など需要の見通しの甘さが浮き彫りになった。
関電は5月にまとめた試算で、原発ゼロのままなら7月前半は8.2%の供給力不足が生じるとし、再稼働の必要性を強調した。政府は大飯の再稼働を決めた上で、関電管内に猛暑だった2010年夏比で15%の節電を求め、3号機のフル稼働後も節電目標を10%に設定している。
政府は2日に節電要請を開始。関電の資料などによると、16日までの2週間の最大需要は10年同時期と比べて平均で12%低下。最大需要の2301万キロワットを記録した瞬間は供給力を344万キロワット下回り、大飯3号機の118万キロワットを差し引いても余裕があった。需給が最も逼迫(ひっぱく)した時間帯でもさらに209万キロワットの供給が可能だった。
一方、関電に平均36万キロワットを融通している中部電力も2週間の最大需要は2139万キロワットで、供給力を9%下回った。中電管内の節電目標は当初は5%で、現在、4%に設定されているが、安定した供給体制を確保している。
関電広報室の担当者は「雨や曇りの日が多く供給が安定したが、今後は気温が平年より高くなるとの予報がある。大飯原発4号機が稼働しても需給の見通しは厳しい」とコメント。中電広報部の担当者も「火力発電所のトラブルリスクなどがあり、電力供給は厳しい」と話した。
千葉商科大の三橋規宏名誉教授(環境経済学)は「政府や電力会社が、原発を再稼働させるため、電力需要を恣意(しい)的に過大に見積もった結果だ。今後、猛暑になっても電力は足りると思うが、脱原発の機運を高めるため、引き続き企業と家庭で節電の努力が必要」と話した。


(中日新聞)

やっぱり、原発が無くても電力は足りていたんだね。
ところが、この記事に対して、こんなこと書いてる阿呆がいる。


2540万kwで10%の供給余力なので供給力2822万kwという紫の線を伸ばし、最高気温も追加しました。

一見して分かるのは、17日の需要2540万kwは大飯フル稼働前の供給力を超えているということです。そして、16日以前に9%余裕があったという記事から、計算すると
2301÷0.91=2538.462
で原発再稼働無しの供給力は約2540万kwだったことが分かります。


(「中日新聞、大飯再稼働なくても余力?で学ぶ。詭弁を暴く3つのポイント」より)

つまり、大飯再稼働がなければ供給力は底をついてた、と言ってるわけだけど。
おい、おい。
そのグラフから、そんな結論は出てこんぞ。

「一見して分かるのは」、大飯3号機フル稼働(7月9日)以降も供給力が増えている、ということ。
それは原発以外の、つまり、火力と水力に依る供給力だから、7月17日の全供給力2822万kwから大飯3号機の供給力118万kwを差し引いた量、つまり、約2700万kwが火力と水力だけで供給可能だった、ということだな。
150万kwの供給余力、つまり、原発一基分以上の供給余力はあったんだね。

実際には、もっと余力があるかもしれない。
朝鮮日刊新聞によれば「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」らしい。


大飯4号機―再稼働は本当に必要か
きのう関東甲信や東海、近畿、中四国で梅雨が明け、各地で最高気温が35度を超えた。夏本番、猛暑の到来である。
電力事情が最も厳しい関西電力管内では、需要がピークの午後4時台で約2500万キロワットと供給力の89%だった。余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する。
この夏、関電管内で需要が2500万キロワットを超えたのはきのうが初めてだ。昨年は同じ17日段階で5回あった。
7月以降のピーク時の使用率も、おおむね供給の80~90%にとどまった。
ここ半月ほどをみれば節電効果は着実にあらわれている。企業だけでなく家庭でも、人々が電気の使い方に気を配っている結果といえるだろう。
こうしたなか、関西電力は18日、大飯原発4号機を再起動する。フル稼働になるのは早くて今月25日だという。
すでにフル稼働している3号機とあわせ、計236万キロワットが原発から送られる。
10~20%の余裕があるのに、当たり前のように再稼働を進めることには抵抗感がある。
需給が最もひっぱくするのは、梅雨明けから4号機がフル稼働するまでの間だといわれている。だが、関電の予想では24日までの使用率は82~89%、その後も27日まで最大で82%だという。現状では計画停電なしですむ水準だ。
一方、電力使用量がピークになるのは8月に入ってからだ。火力発電所がトラブルを起こすリスクも考慮する必要がある。
だとしても、関電は節電意識が浸透しつつある現実に目を向け、需給予想を不断に見直すべきだ。そのうえで本当に4号機再稼働が必要か、最新情報をもとに考えるべきではないか。
16日、東京・代々木公園では脱原発を訴える「さようなら原発10万人集会」が開かれ、全国から約17万人(主催者発表)が集まった。
政府が大飯原発の再稼働を決めた6月以降、脱原発を求める声は全国に広がり、毎週金曜に首相官邸周辺である抗議行動の参加者も急速に増えている。
この抗議行動の盛り上がりと軌を一にして、人々の節電意識も高まっている。それが猛暑下の電力の余裕につながっているのだろう。
この夏の関西の需給状況は、政府による他の原発の再稼働判断にも影響を及ぼす。野田首相は「原発を止めたままでは日本社会は立ちゆかない」と言った。本当にそうなのか、政府は立ち止まって考えるべきだ。


(2012年7月18日の朝鮮日刊新聞社説)

一昨日の関西電力の供給力は2924万kw。

であるから、大飯3号機の供給力118万kwを差し引いた量は約2800万kw。
確かに「余力は約300万キロワット」。

但し、大飯4号機がフル稼働した今日の供給力は2952万kwだから、一昨日の2924万kwという値には大飯4号機の供給力が加算されている可能性もあるけれど、ここでは「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」を真に受けることにしよう。
そうすると、自然エネルギーで脱原発依存の、であるから、「さようなら原発10万人集会」の、「毎週金曜に首相官邸周辺である抗議行動」の醜悪な本性が露呈するんだな。

「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」にもかかわらず、朝鮮日刊新聞は、2011年3月25日の投稿で採り上げた社説で「太陽光や風力、燃料電池など新エネルギーの利用を増やし」だの、2011年4月15日の投稿で採り上げた2011年4月4日の社説でも「ならば太陽光、風力、地熱など再生可能な自然エネルギーを総動員する必要がある」だの、2011年8月6日の投稿で採り上げた2011年6月19日の社説でも「原子力への依存度を下げていくには、自然エネルギーの普及を急がねばならない」だの、2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年6月29日の社説でも「再生エネ法も原発の是非はどうあれ、太陽光や風力の普及を図ることに異論はないはずだ」だの、2011年7月13日の社説でも「代替電源の希望の星は、風力や太陽光を始めとする自然エネルギーだ。これを増やす方向へエネルギー政策を転換し」だの、4月18日の投稿で採り上げた2012年4月13日の社説でも「脱原発依存を前に進めるには、再生可能エネルギーの利用を増やすことが大事で」だの、7月5日の投稿で採り上げた2012年7月4日の社説でも「日本の自然エネルギー発電量は、水力を除くと、全体の1%でしかない。資源を輸入に頼らず、温暖化防止にもなる電源は、脱原発依存を進めるうえでも重要だ」だのと、執拗に喚き立ててきた。
つまり、「自然エネルギーの普及を止めたままでは日本社会は立ちゆかない」と言ったんだね。

また、「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」にもかかわらず、「さようなら原発10万人集会」を主導した大穢健三郎も、4月3日の投稿で紹介したとおり、「私は、市民社会が目を覚まして代替エネルギーの開発を求め」と言い張った。
言うまでもなく、「代替エネルギーの開発」とは自然エネルギーのこと。
実際、2011年10月3日の投稿で紹介したとおり、大穢健三郎が主導した「さようなら原発1000万人アクション」は「自然エネルギー中心の社会を求める全国署名」だった。
さらに、「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」にもかかわらず、大穢健三郎と共に「さようなら原発10万人集会」を主導した坂本龍一も、2011年8月6日の投稿で紹介したとおり、「自然エネルギー普及の思いを多くの人に共有してもらうために引き続き取り組む」と言い張った。
つまり、「自然エネルギーの普及を止めたままでは日本社会は立ちゆかない」と言ったんだね。

「本当にそうなのか、国民は立ち止まって考えるべきだ」ろ。
って言うか、「立ち止まって考える」必要すら無いな。
答えは明らかだな。
「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」のであれば、原発のみならず自然エネルギーも必要無い。
にもかかわらず、7月11日の投稿で紹介したとおり、チョンコロ孫不正義は太陽光発電を関西電力に押し売りし、その結果、電気代は上がった。
であるから、「国民はチョンコロの卑劣さを立ち止まって考えるべきだ」な。
そして、チョンコロを正当化する「自然エネルギーで脱原発依存」派の卑劣さを「国民は立ち止まって考えるべきだ」な。

朝鮮日刊新聞は、2011年8月6日の投稿で採り上げた2011年7月22日の社説で「電力不足―西日本も、さあ節電だ」だの、2012年4月18日の投稿で採り上げた2012年4月13日の社説でも「原発再稼働と節電―大阪発で変えてみては」だの、5月18日の投稿で採り上げた2012年5月8日の社説でも「夏の節電―関電こそ先導すべきだ」だのと喚き立て、これまた5月18日の投稿で採り上げた2012年4月25日の社説に至っては「夏の節電―急げ、急げ、もっと急げ」と喚き立ててきた。
そして、今回の社説では、まるで、我々が国民に節電を呼びかけたからこそ「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」のだ、と言わんばかりに、「ここ半月ほどをみれば節電効果は着実にあらわれている。企業だけでなく家庭でも、人々が電気の使い方に気を配っている結果といえるだろう」だの、「関電は節電意識が浸透しつつある現実に目を向け、需給予想を不断に見直すべきだ」だのと言い立ててる。
けど、本当に「それが猛暑下の電力の余裕につながっている」のならば、つまり、「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」が市民の努力の結実ならば、その市民に不必要な自然エネルギーを押しつけて利を貪ることが、「本当に真っ当な行為なのか、国民は立ち止まって考えるべきだ」ろ。
って言うか、「立ち止まって考える」必要すら無いな。
チョンコロの邪悪さは明白だな。
自然エネルギーを喚き立てて、チョンコロを正当化している大穢健三郎と坂本龍一の邪悪さも明白だな。

しかも、既に「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」にもかかわらず、尚も「人々の節電意識も高まっている」と、つまり、さらに節電を、と言い立てている。
それは、安定した発電の出来ない自然エネルギーを普及させると、本当に電力が不足するから。
そのために、国民に我慢を強いる必要があるから。
チョンコロにもっと貢がせるために、国民にもっと我慢を強いる必要があるから。
そして、「この抗議行動の盛り上がりと軌を一にして」ということは、国民を抑圧してチョンコロに貢がせるための「さようなら原発10万人集会」であり、「毎週金曜に首相官邸周辺である抗議行動」に他ならないことを露呈しているんだね。

始めに紹介した中日新聞の記事でも、三橋規宏とかいう環境経済学者が、「余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」にもかかわらず、「脱原発の機運を高めるため、引き続き企業と家庭で節電の努力が必要」などと喚き立てているけど、環境経済学者なんていう連中は人為的温暖化プロパガンダにたかるハイエナにすぎない。

もう一度、言うけれど。
原発依存も脱原発依存も嘘。
原発が無くても電力は足りている。
片や「そのうえで本当に4号機再稼働が必要か、最新情報をもとに考えるべきではないか」と言い立ててながら、「そのうえで本当に自然エネルギー買い取りが必要か、最新情報をもとに考えるべきではないか」と言わない脱原発依存派は原発依存派の肩の上に乗っているだけ。
原発か自然エネルギーか、という二者択一で国民を騙しているという意味において、原発依存派と脱原発依存派は共謀しているんだね。

脱原発依存派は原発依存派と共に消え失せよ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。