穢れた金曜日の音楽

ワーグナー「パルジファル」より「聖金曜日の音楽」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

6月14日の投稿6月25日の投稿で紹介したとおり、大穢健三郎と今井一がチョンコロ韓直人と握手したけど、金曜日の官邸前デモを主催した連中もチョンコロ韓直人と握手しました~。


脱原発:金曜デモ呼びかけ関係者と菅前首相らが意見交換
菅直人前首相ら脱原発を目指す国会議員は31日、首相官邸前で毎週金曜日に行われている原発再稼働への抗議行動を呼びかけた市民ネットワーク「首都圏反原発連合」の関係者らと国会内で意見交換した。菅氏は30日に野田佳彦首相と電話で話したことを明らかにし「野田首相は『会って話を聞くことはやぶさかではない』と言ってくれた」と述べた。
反原発連合は関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の稼働停止と、今後の再稼働をしないよう首相に申し入れたい意向で、国会議員に協力を求めた。
菅氏は「野田首相の中でも、やはり会うべきだというところまで踏み込んでいる印象は受けた。実現する可能性は十分あると思う」と説明した。
また、菅氏によると、首相に今春、「国民の憤りの対象になっている」と伝えると、首相は「え、そんなことになっているの」と驚いたという。菅氏は「消費税問題とか大きな問題があると他の問題に割く時間と意識が薄くなる。周りがしっかりしていないと、(国民の)感覚が伝わらない」と語った。
会合にはほかに江田五月元法相ら民主党の「脱原発ロードマップを考える会」のメンバーや、社民党の阿部知子衆院議員ら超党派の国会議員で構成する「原発ゼロの会」の議員が参加した。【笈田直樹】


(毎日新聞 2012年07月31日 21時05分(最終更新 07月31日 21時09分))

7月30日の投稿で採り上げた2012年7月30日の朝鮮日刊新聞社説は何て書いてた?

有権者が、選挙で選んだ自分たちの代表(議員)を通じて政策を実現する。その間接民主主義の回路が機能せず、自分たちの声が政治に届かない。そんないらだちが、人々を直接民主主義的な行動に駆り立てているのではないか。そして、これを決定づけたのが原発事故だった。これは天災ではなく、電力会社や政府による人災だ。メルトダウンの事実も、放射性物質の飛散情報もすぐに公表しなかった。

って、書いてたな。
けど、1月7日の投稿で紹介したとおり、「メルトダウンの事実も、放射性物質の飛散情報もすぐに公表しなかった」のはチョンコロ韓直人。
6月12日の投稿で紹介したとおり、国会事故調査委員会は「責任回避に主眼がおかれ、住民の健康と安全は顧みられなかった」と弾劾した。
であるから、本当に「そんないらだちが、人々を直接民主主義的な行動に駆り立てている」のならば、「国民の憤りの対象になっている」のは誰よりも先ずチョンコロ韓直人であり、真っ先に「え、そんなことになっているの」と恐怖に駆られるのはチョンコロ韓直人のはず。

ところが、デモ主催者が「国民の憤りの対象になっている」張本人と手を結び、しかも、当人があべこべに他人に対して「国民の憤りの対象になっている」などと放言したということは、「そんないらだちが、人々を直接民主主義的な行動に駆り立てている」が真っ赤な左翼の嘘にすぎないこと、であるから、7月9日の投稿7月17日の投稿7月25日の投稿7月28日の投稿、そして、7月30日の投稿で指摘してきたとおり、「脱原発デモ」が自然エネルギー・電力自由化を推し進めるための翼賛運動であり、消費税増税にお墨付きを与えるための翼賛運動に他ならないことを物の見事に露呈したんだね。

いや~、天晴れ、天晴れ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。