日本版金正恩の「夏の夜の夢精」

メンデルスゾーン「夏の夜の夢」より

飛雄馬よ、これが虚人の星だ!


7月29日に行われた山口県知事選挙で、現職の二井関成知事が後継指名し、自民党と公明党が推薦する山本繁太郎氏(63歳、無所属、元国土交通審議官)が初当選を果たした。
環境エネルギー政策研究所の所長で、国のエネルギー関連の委員や大阪維新の会のブレーンを務めた飯田哲也氏(53)、ら無所属3新人と4候補の戦いで、投票結果は次の通り。
▽山本繁太郎、無所属、新、当選、25万2461票。
▽飯田哲也、無所属、新、18万5654票。
▽高邑勉、無所属、新、5万5418票。
▽三輪茂之、無所属、新、3万7150票。
中国電力が進める上関原発建設計画(同県上関町)への対応などが主な争点だった。投票率は45.32%で前回選挙(2008年)を8.11ポイント上回った。山本氏は山口市で記者団に「県民の安全安心を第一に考えて対処する」と述べ、上関原発建設計画の凍結方針を示した。脱原発・再生可能エネルギー推進を掲げる飯田氏の出馬がなければ二井関成知事の後継である山本氏が原発計画の凍結を示すことはなかったはずだ。その意味で今回の選挙の結果は、今後の国政にも影響を及ぼすと見られている。

開票後、飯田哲也氏はフリージャーナリスト、横田一氏との質疑で次のように語った。
・・・中略・・・
――選挙に出て良かったことは何ですか?
私がFacebookで紹介したお店などに、露骨な嫌がらせがあって、ご迷惑をかけてしまった。私の耳にも届いていないことがいろいろとあったと聞いています。それでもすごく手応えがあって、この選挙の結果に問わず、この1カ月間、私と一緒にこの選挙を闘った人は少なくとも夢を見られたのではないか。次のステップに進めると、もっと面白い、いいことが出来ると思います。私自身も非常な財産を得ることが出来た。その意味で明日からまた新しいスタート。
私が訴えた、今のこの社会の根本にあるものがおかしいじゃないかということ、もっと人間の顔をした政治や経済や社会にしていかなければならないのではないか、「脱原発」だけではなくて社会全体を変えていかなければならないのではないかということ、このメッセージを県民の皆様の心に届けることができたと思っています。


(「『脱原発』だけじゃない。山口県知事選の本当の成果」より)

虚人と一緒に「夢を見られた」のはこの方です。


事務局の高崎渉です。
この土日は、飯田てつなり萩事務所に駆け付け
炎天下でのポスティングや電話掛けなどをしてきました。
この格好でチラシを配ってきました。
背中には「維新のDNA」の文字。


(「山口県知事選に見た希望」より)

幟(のぼり)には「SPIRIT OF ISHIN」!
すげ~。

背中には「維新のDNA」の文字!
す・ご・す・ぎ、ます!!
(言うまでもないけど、コヤツらの標榜するDNAは高杉晋作のDNAではなく、橋の下のどぶ川から流れてきたDNA。こちらのブログで紹介されているけど、虚人は橋の下のドブネズミに倣って「山口八策」と称する選挙公約を掲げていたらしい。「八策」は高杉晋作じゃない。橋の下のドブネズミのDNAのくせに高杉晋作のDNAのふりをするコヤツらは山口県民を愚弄している。)

我々はね、極悪貸し金業者シティズの取り立て屋だった橋の下のドブネズミが知事や市長になり、果ては、国政まで動かそうとする「今のこの社会の根本にあるものがおかしいじゃないか」と思うんだけど、そして、大阪は「人間の顔をした政治や経済や社会」じゃない、と思うんだけど、「大阪維新のDNA」を受け継ぐ「自然エネルギーで脱原発依存」派は、橋の下のドブネズミと共に「社会全体を変えていかなければならない」と思ってるんだね。

「SPIRIT OF ISHIN」を、日本語に訳せば、やっぱり、「異心」だな。
民主主義への「異心」。
実際、テメエらの将軍様はこんなこと言ってた。


橋下知事「完全燃焼。悔いはない」 府庁移転否決で
2009年3月24日
西日本一の超高層ビルから大阪湾を見渡し、「大阪再生の光が見えた」と夢を語って半年余り。大阪府の橋下徹知事が駆け足で実現を目指した府庁移転は府議会に完全に否定された。なぜ移転するのか、なぜWTCなのか――。その理由を十分に伝えることができないまま、橋下知事は自ら「ノーサイド」と締めくくった。

やっぱり日本は北朝鮮じゃないってことですよ。何でも思い通りに物事を進めたら独裁者になってしまう
本会議後、24日午前3時40分過ぎに報道陣の前に姿を見せた橋下知事は、時折笑みを浮かべながら淡々とした表情で質問に答えた。
午前2時前から始まった投票の間、議場の橋下知事は正面を見据えたままだった。「否決されました」との畠成章議長の声が議場に響いても、身じろぎしなかった。
「いやあ、もう、何とも言えない気分でしたね。すべて第三者の判断に委ねるっていうのは。人生振り返ってみりゃあ、自分の思う通りにやってきたんでね」
移転条例案は賛成46票、反対65票と過半数(56票)にも満たなかった。WTCビルの購入費を盛り込んだ補正予算案は、賛成40票、反対69票とさらに差が開いた。
条例案の可決に必要な3分の2以上(75票)を目指していた自民の浅田均幹事長は「想定外だった」と落胆。他会派からも「思った以上に反対が多かった」(公明・光沢忍幹事長)、「拙速感という共通認識の大きさを感じた」(民主・西脇邦雄幹事長)との声が上がった。
「知事が提案した中身そのものが誤りだった」というのは共産の阿部誠行幹事長。条例案と補正予算案の説明資料に誤記や修正が相次いだからだ。議会で陳謝を繰り返した橋下知事は本会議後、「気を引き締めるように職員に言います」と苦言を呈した。だが、自民の浅田氏は「役人との関係がしっくりきていない。部下の人心を掌握できていない」と、橋下知事と職員の関係に懸念を示した。
府庁移転構想は昨年8月5日、橋下知事が大阪市役所に平松邦夫市長を訪ね、市の第三セクター所有のWTCビルを「関西州の州都にしたい」とぶち上げたことから始まった。「庁内は大反対だった」(橋下知事)が、同じ民間出身の平松市長と協力しながら話を進め、今年2月19日には共同で記者会見して移転後の都市構想も発表した。
この日も午前4時前になって、府庁で報道陣に囲まれていた橋下知事のもとを平松市長が訪問し、「去年8月から知事に熱い思いを語っていただいた。お疲れさまでした」と労をねぎらった。
橋下知事は本会議後、集まっていた幹部職員に「また新たなボールを考えますんで、よろしくお願いします」と声をかけ、報道陣にはこう言い残した。「もう、ノーサイド。きょうからまた頑張ります。今からね」

橋下知事が24日未明の府議会閉会後に、報道陣に語った主な内容は次の通り。
もう完全燃焼。悔いはないです。自分でやれることは全部やりましたんで、あとは議会のご判断ですから。
3月末の期限に向かってやれることは全部やったと思います。途中で修正が加わったり、指摘があったり、オープンな形でこうなる方が自然体なんじゃないでしょうか。
(府民の感覚と)僕の感覚がずれていたんでしょうね、この結論は。僕は社会人になっても自分の事務所を経営して、単独で思う通りにやってきたところもありますんでね。いいんですよ、これで。何でも思う通りに物事を進めるっていったら、独裁者になってしまうんで。
議会では1票行使して泣いてる先生がいっぱいいた。それくらい気持ちが入っていた。ものすごい、いい議会を経験させてもらった。(賛成した議員に)配慮しようにも配慮しようがないです、無記名ですし。気分一新。もっとシビアに緊張感も持ちながらがんばっていきたい。
今回の話は10年、20年後を考えた話であって、生活に密着するような話ではないが、こういう話こそ政治家が考えなきゃならない。頭の中に将来の大阪像を描いてたんですけれど。しょうがないです。


(asahi.com)

「やっぱり日本は北朝鮮じゃないってことですよ」ということは、北朝鮮を目指していた、ということだな。
「将来の大阪像」は北朝鮮、ということだな。
実際、「何でも思い通りに物事を進めたら独裁者になってしまう」だの、「もう、ノーサイド」だの、「もう完全燃焼。悔いはないです。自分でやれることは全部やりましたんで、あとは議会のご判断ですから」だのと嘯きながら、5月19日の投稿で紹介したとおり、「議会のご判断」を無視して、なし崩しに府庁移転を推し進めたんだね。
ということは、「大阪維新のDNA」を受け継ぐ「自然エネルギーで脱原発依存」派が「山口県知事選に見た希望」は北朝鮮だった、ということだね。

昨日の投稿でも言ったとおり、民主主義とファシズムは共存不可能。
民主主義と「大阪維新のDNA」は共存不可能。
民主主義が絶えるか、「大阪維新のDNA」が絶えるか、二つに一つしかない。
民主主義を守るため、「大阪維新のDNA」を受け継ぐ「自然エネルギーで脱原発依存」派は必ず斃す!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。