まるでもの凄い火事場泥棒の中に

ロッシーニ「セヴィリアの理髪師」より「まるでもの凄い鍛冶屋の中に」

あ~あ~、また性懲りも無く、翼賛デモやってたようだな。


増税成立の夜も「再稼働反対」 官邸前で抗議行動
2012年8月11日0時10分
毎週金曜日の夜に東京・永田町の首相官邸周辺で続いている原発再稼働に反対する抗議行動に、10日も多くの人が集まった。国会で消費増税法が成立した日と重なったが、参加者らは従来通り、訴えを「脱原発」に絞って政権に迫った。
午後6時、主催する「首都圏反原発連合」(反原連)が、いつものように「反原発、脱原発に関係ないスピーチはお控えください」と参加者に呼びかけて抗議行動が始まった。途中、消費増税法成立を受けて野田佳彦首相が官邸内で記者会見をした時間も「再稼働反対」「(原子力規制委員会の)人事案反対」と連呼した。
参加者が急増するにつれ「官邸前」は政治不信を突きつける舞台になりつつある。ツイッター上では「消費税もTPPも反対しろ」と求めるつぶやきの声も。官邸前行動に10回以上参加しているという東京都練馬区のコピーライターの女性(51)は「消費税はもちろん重要だが、原発は直接命に関わる問題。自分の中で優先順位は一番です」と話した。


(朝日新聞デジタル)

あのな~。
「原発は直接命に関わる問題」って言い張るけど、大飯原発はテメエら東京の人間に直接関係無いだろ。
「自分の中で優先順位は一番です」って言い立ててるけど、じゃあ、テメエら東京の人間が、再稼動反対って言ったら、再稼動を求めていた福井県民やおおい町民を無視しても原発を止めるべきだ、って言うのか?
福井のことも、関西のことも、テメエら東京の人間に決める権利がある、って言うのか?
そういう意識こそが福島に原発を押しつけた、つまり、今回の原発事故を招いた一因だろ。
そのことに対する自戒の念さえ無いような連中が「再稼働反対」などと言うのは本末転倒なんだよ!

「(原子力規制委員会の)人事案反対」とか言ってるけど、原子力規制委員会は原発再稼動を前提にしているわけ。
だから、本当に「再稼動反対」なら「人事案反対」なんて言うのは本末転倒。
このことだけを以ってしても、このデモのいかがわしさが判るだろ。

大飯が再稼動する以前は全ての原発が停まっていたのだから、「再稼働反対」は原発即時ゼロと同義のはず。
ところが、8月7日の投稿で紹介したとおり、国民に選択させようとしている「二〇三〇年のエネルギー選択のシナリオ」の「原発ゼロ」は、イコール、自然エネルギー35%だけど、即時に自然エネルギー35%になるはずがない。
であるから、本当に「再稼働反対」なら、「二〇三〇年のエネルギー選択のシナリオ」にも、「討論型世論調査」にも反対すべき。
けど、それは決して言わない。
このことだけを以ってしても、「脱原発デモ」の「再稼働反対」が欺瞞にすぎないことが判るだろ。

デモ主催者やデモ参加者は、大飯の再稼動を許せば、東電の原発再稼動を許すことになるから、東京の私達も大飯再稼動に反対しなければならない、と言い立てるだろうけど、1月5日の投稿で紹介したとおり、東京電力管内は原発が無くても電力は足りている。
つまり、原発ゼロは既に実現できている。
であるから、必要も無いのに高値で押し売りし、チョンコロ孫不正義が濡れ手に粟の利を貪るために電気代を上げるだけの自然エネルギーは、原発再稼動の口実になりこそすれ、原発再稼動を阻止する手段にはなり得ない。
自然エネルギー高値買い取りに抗議しない「脱原発デモ」など偽物にすぎないんだよ!

自然エネルギー高値買い取りで電気代が上がれば、社会的弱者ほど負担が重い。
「二〇三〇年のエネルギー選択のシナリオ」の「原発ゼロ」に賛成して、自然エネルギーを推し進めれば、電気代はさらに上がり、社会的弱者の負担はさらに重くなる。
しかも、3月8日の投稿3月26日の投稿で紹介したとおり、自然エネルギーでは安定した電力は供給できない。
だからこそ、2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年7月13日の朝鮮日刊新聞社説が「需給に応じて変動する電気料金にすれば、節電を促すことにも役立つ」だの、1月5日の投稿で採り上げた2011年12月14日の朝鮮日刊新聞社説が「ピーク時の料金を高くするなど料金体系が多様化できる」だの、そして、3月7日の投稿で紹介したとおり、虚人=飯田哲也が「国は、需給調整契約の拡充やピーク料金など市場を活用した需要側管理を重心的に実施すべき」などと言い立てていたわけだけど、そうなると、しかも、消費税が増税されれば、社会的弱者は真夏の真昼間でもエアコンを使えなくなる。
それは「直接命に関わる問題」。
原発ゼロは既に実現できているにもかかわらず、自然エネルギー高値買い取りに反対しない「脱原発デモ」参加者が「原発は直接命に関わる問題」などと言う資格は無い!

7月9日の投稿7月17日の投稿7月21日の投稿7月25日の投稿7月28日の投稿7月30日の投稿8月1日の投稿、そして、8月2日の投稿で指摘してきたとおり、「脱原発デモ」は自然エネルギー・電力自由化を推し進めるための、そして、消費税増税を正当化するための、翼賛運動に他ならない。
卑劣で邪悪極まる「左翼」は、原発事故に乗じて、自然エネルギー・電力自由化、消費税増税という火事場泥棒を働いているんだな。
7月21日の投稿で論じたとおり、消費税増税と自然エネルギー高値買い取りの本性は全く同じ。にもかかわらず、「左翼」は自然エネルギーを称揚しているわけで、そんな連中が消費税増税に反対して見せようとも、欺瞞にすぎないことは明らか。)
「脱原発デモ」も火事場泥棒の一環。
たとえ、デモ参加者にその気が無くても、自然エネルギーの理不尽に気づかないのなら、火事場泥棒団に引き込まれてしまうんだよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。