脱原発デモという名の菅菅踊り

オッフェンバック「天国と地獄」より「カンカン」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

1月7日の投稿で、チョンコロ韓直人が戦争犯罪人に他ならないことを指摘したけど、そのことに関して、産経新聞が素晴らしい記事を書いてたので保存しておこうかな。


【軍事情勢】戦中でも現代でも… 卑怯未練な弁解ばかりする“怒る”指揮官たち
2012.8.12 10:11
東日本大震災に伴う東京電力福島第1原子力発電所事故を検証する国会の事故調査委員会が提出した最終報告書(7月)は、事故は「人災」だったと認定した。
報告書では、菅直人首相(65)らが「危機管理意識の不足を露呈」「指揮命令系統を破壊」「組織運営のノウハウも十分にない」「政府の総力の結集がむしろ困難になるような対応を取った」と、切り捨てた。菅氏が事故翌日の昨年3月12日早朝、第1原発に乗り込んだ問題でもこう言い切った。
「菅首相の現場視察は、現場の士気を鼓舞したというよりも、自己の『苛立ち』をぶつけることで、むしろ作業に当たる現場にプレッシャーを与えた」
要するに「指揮官の重責に必要な心構えが不足していた」(報告書)のである。だのに、菅氏は昨年8月の退陣表明で「やるべきことはやってきた。残念ながら、十分国民に理解してもらえていない」と開き直った。その前後も、弁解ばかりが鼻に付いた。
反省なき鳩山・菅両首相
先代の鳩山由紀夫首相(65)も沖縄・普天間基地移設問題で「海外、最低でも県外」と放言し、日米両国の同盟関係を冷え込ませ、あまつさえ沖縄県人の不信を呼び覚ました。ところが後に「学べば学ぶにつけ(海兵隊で)抑止力を維持できるという思いに至った」と前言を撤回。今年になって再び「県外」を復活させた。垂直離着陸輸送機オスプレイの配備問題迷走は、鳩山氏の「迷走の連続」が底辺にある。ご本人は「トップの首相が大バカ者であれば、そんな国が持つわけがない」と強調している如く、自覚・反省はまったくない。
自衛隊の最高指揮官でもある鳩山・菅両首相-的人物を「即、銃殺刑に処せ」と論じた名将が存在する。第一次世界大戦(1914~18年)で敗れたドイツ軍を再建し、第二次大戦(39~45年)における電撃戦を準備した独軍の頭脳ハンス・フォン・ゼークト上級大将(1866~1936年)。ゼークト将軍は、指揮官と部下の関係を4型に分類した。即ち-
(1)有能な怠け者→前線指揮官に向く。理由の1つは、怠け者であるが故に、部下の力を遺憾なく発揮させる。2つ目は、どうすれば自分が、部隊が、楽に勝利できるかを考えるからだ。
(2)有能な働き者→参謀に向く。理由は、勤勉であるが故に自ら考え、且つ実行しようとするが、他人任せができないので、部下を率いるよりも参謀として司令官を支える方が良いためだ。下準備にも怠りない点も、参謀タイプだといえる。
(3)無能な怠け者→総司令官や連絡将校、下級兵士向き。自ら考え動こうとせず、参謀や上官の命令に従うからだ。
(4)無能な働き者→処刑するしかない。働き者ではあるが、無能であるが故に間違いに気づかず進んで実行せんとし、更なる間違いを犯すためだ。
鳩山・菅両氏は、紛う事なき(4)に当たる。
卑怯な高級指揮官たち
ところで、第1原発事故直後の東京電力内の一部映像が公開された。映像では事故翌日、首相官邸から戻った幹部がうんざりした様子で、菅氏を「さんざんギャーギャー言う」と、困惑しながら評していた。冒頭で紹介した報告書にある「苛立ち」と併せ「イラ菅」は、指揮官として有害この上なかったのだ。
しかし、本当は自己の感情を抑えられないだけであるのに「怒る」ことで指揮・統率したフリをする高級指揮官は少なくなかった。
大日本帝國陸軍第4航空軍司令官・T中将は典型。昭和19(1944)年、フィリピンの特別攻撃(特攻)隊に出撃命令。軍刀を抜き払い大きく打ち振るって、航空機を見送った。それに先立ち、T中将は「君らだけを行かせはしない。最後の一戦で本官も特攻する」と約束した。特攻隊員は感涙にむせび勇躍、戦果をあげた。一方で、機関不調や会敵できず帰還した隊員を面罵しながら62回数百機の特攻を命じ、全員が戦死を遂げた。だが翌年、許可を得ずに参謀長や高級副官のみ帯同し、フィリピンから台湾に退いた。特攻隊員との約束を破ったばかりか、死闘を続ける1万の残存麾下将兵を置き去りに(大半が戦死)した。
心得よ最低の恥
陸軍第6航空軍司令官で、特攻の指揮を執り終戦を迎えたS中将も戦前「決してお前たちだけを死なせはしない。必ず最後の一機に乗る」と「断言」。一方で、図らずも生き残ってしまった隊員たちを「卑怯者」と打ち据え、数多の若者を出撃させた。終戦の昭和20年8月15日を迎えた隊員は、高級参謀に「最後の特攻」を上申。S中将の隊員との“公約”を聞いていた高級参謀も、中将に「司令官もご決心なさるべきかと思います。お供致します」と進言するとこう言い放った。
「自分は戦後の後始末が大事だと思う。死ぬばかりが責任を果たすことには成らない」
「怒る」指揮官の多くが、卑怯未練な弁解をするのは、何も菅氏に限らないらしい。
この時点では「後始末後の自決」を考えていた節もあるが、平和な時代がS中将を変節させる。もっとも、最低の恥は心得ていた。晩年は自己を正当化せず、ゴザ敷きのあばら家に住んだ。斯くして、戦後を38年以上も生き、95歳で“大往生”した。ひたすらもだえ「赦し」を乞い続けた後半生だった。そうするしか、自分を「赦」せなかったのだろう。
菅氏も昨年10月、四国霊場八十八カ所巡りを再開した。こちらは「被災地巡り」を避け、自らを「許」し続ける、気ままな旅に見えた。(政治部編集委員 野口裕之)


(MSN産経ニュース)

ところが、5月29日の投稿で紹介したとおり、あべこべに「戦前の軍部にも似た、組織的構造、社会心理的な構造を徹底的に解明して解体することが、原子力行政の抜本改革の第一歩だ」と言い放ち、自らを正当化したんだね、チョンコロ韓直人は。
「大日本帝國陸軍第4航空軍司令官・T中将」でさえ、そこまでは言わんだろ。
T中将よりも醜悪で卑劣だな、チョンコロ韓直人は。
実際のところ、チョンコロ韓直人は上記の(4)の部類にさえ属さない。
2011年4月18日の投稿で紹介したとおり、チョンコロ韓直人は原発事故の対処を東電に丸投げして内閣の責任を放棄した。
つまり、チョンコロ韓直人は何の働きもしなかった。
何もしないで引っ込んでいればいいものを、しゃしゃり出きて目立とうとした。
「無能な働き者」ではなく「無能な目立ちたがり屋」。
ゼークト将軍の想像を絶した破廉恥で醜悪で卑劣極まる存在、それがチョンコロ韓直人。

にもかかわらず、そのチョンコロ韓直人とスクラムを組んでいるのが「脱原発依存派」=「左翼」。
実際、4月3日の投稿で紹介したとおり、大穢健三郎は「私が最も絶望させられたのは、電力会社、政府の役人、政治家、メディア関係者が結託して放射能の危険を隠すために行った『沈黙による陰謀』とも呼ぶべき行為です」と言いながら、6月14日の投稿で紹介したとおり、「陰謀」の主犯であるチョンコロ韓直人と握手した。
そして、7月17日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞は大穢健三郎が主導した「脱原発デモ」を称賛した。
一方、8月1日の投稿で紹介したとおり、官邸前デモの主催者達もチョンコロ韓直人と握手した。
そして、7月9日の投稿7月30日の投稿8月2日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞は、官邸前デモは民主主義の具現、と言い立てた。
8月12日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞と一体化している夷罠深書店も、やはり、「脱原発デモ」を民主主義の具現のごとくに持ち上げた。

しかしながら、それは卑劣で邪悪極まる欺瞞にすぎない。
「左翼」の言い立てる「脱原発依存」とは、実のところ、自然エネルギーだけど、2011年4月15日の投稿2012年5月18日の投稿5月21日の投稿、そして、6月17日の投稿で論じたとおり、自然エネルギーの名の下に、かつての戦時下のような社会を創り上げようと目論んでいるんだね、「左翼」は。
だからこそ、戦争犯罪人=チョンコロ韓直人と結託して、「脱原発デモ」という名のカンカン(菅菅)を踊り狂ってるわけ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。