スーパーお馬鹿スリースリー

米国テレビアニメ「The Impossibles」(日本では「スーパースリー」として放映)

ラリホ~~~。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

朝鮮日刊新聞グループがまたもや人為的温暖化を煽っているようだな。


「暑い理由」CO2派は7割
「地球温暖化」気象学者の本音
編集部 小田光康 ライター 奥山暁子
日本の気象学者は、地球温暖化の主な原因をどう見ているのだろうか。アエラでは、日本気象学会に所属する研究者らを中心に、アンケートをした。
「最近の地球表面の気温上昇を指す『地球温暖化』の主な原因が、二酸化炭素などの温室効果ガスにある」
との学説に対して、強く賛成する「1」から、強く反対する「5」までの5段階評価をしてもらった。約100人の専門家に送り、半数近い46人から回答が寄せられた。
結果は、賛成にあたる「1」と「2」を合わせると33人で、約7割が温室効果ガス主因説を支持。反対にあたる「4」「5」は4人で1割弱だった。中間の「3」に「その他」を合計すると9人で、約2割だ。
この結果からも、日本の気象学者はおおむね、地球温暖化の温室効果ガス主因説を支持していると考えられる。
だが、いみじくもIPCCの第4次報告書が地球温暖化と温室効果ガスの因果関係を「very likely」(可能性がかなり高い)と表現したように、コンセンサスは決定論的に位置づけられず、議論の余地があることは確かだ。
にもかかわらず、肝心のその議論が盛り上がっているようには見えない。これは記者を含めた多くの素人にとって、不思議なことではないか--


(AERA 2012年9月24日号)

100人中33人だろ。
1/3じゃねえか!
1月19日の投稿で紹介したとおり、人為的温暖化プロパガンダはファッショの策謀。
5割強の研究者は「温室効果ガス主因説を支持」していないけど、それを口にするとレッドパージに遭うから、回答しなかったんだね。
であるから、「日本の気象学者はおおむね、地球温暖化の温室効果ガス主因説を支持していないと考えられる」んだね。
どこが7割だ?
嘘を書くな!
やっぱり、人為的温暖化論は嘘で成り立ってるな。
実際、サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”で解説しているとおり、CO2の温室効果は産業革命時にほぼ飽和しているから、人為的なCO2排出が重大な気候変動を引き起こすという「温室効果ガス主因説」は正に「Impossible」。

「肝心のその議論が盛り上がっているようには見えない」だと?
当たり前だろ。
IPCC党は議論などできない。
2月4日の投稿で解説したとおり、議論すれば木っ端微塵になるから、議論から逃げるしかないんだね。

2月11日の投稿でも指摘したとおり、「温室効果ガス主因説を支持」した33人は「研究者」としては全くの失格者。
スーパーお馬鹿33(スリースリー)はIPCCの諜報部員。
世界を騙すためならエンヤトット・ドッコイショ。
ラリホ~~~。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。