ギゼンタ(偽善多)のバラード

ワーグナー「さまよえるオランダ人」より「ゼンタのバラード」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

死餓県のスベタが「脱原発・反消費税・反TPP」の新党を立ち上げる、ということだけど。
あのスベタはこんなこと言ってたんだよ。


嘉田滋賀知事「原発政策の仲間失った」 維新合併で批判
2012年11月20日13時42分
滋賀県の嘉田由紀子知事は20日の会見で、日本維新の会と太陽の党が合併した際に交わした合意文書に、大阪市の橋下徹市長が主張してきた「2030年代の原発全廃」が盛り込まれなかったことを受け、「原発問題で仲間を失った。関西広域連合でも同じ方向を向いてきたことを考えると、後退したことは残念だ」と話した。
また、維新代表に就任した石原慎太郎氏が原発推進の立場を取っていることに触れ、「考えが右と左に分かれている方が一緒になるとは想像がつかなかった。公党として一緒になるために妥協すると、選ぶ国民が迷うのではないか」と疑問を呈した。


(朝日新聞デジタル)

「仲間失った」ということは、合併しなかったら「民主主義に異心を抱く会」を支持してた、ということだな。
この一事だけで、スベタの偽善性は明らかだろ。

11月15日の投稿で指摘したとおり、「暗い目をした男」がしてきたことは弱者切り捨てのみ。
その「暗い目をした男」が「仲間」だということは、スベタが弱者を切り捨てを黙認しているということだね。
実際、このスベタは「民主主義に異心を抱く会」から誘われてた。


動く嘉田由紀子知事、ここ数日で一気に話進む
衆院選公示まで8日となった26日、滋賀県の嘉田由紀子知事が「新党」結成に向け、動き出した。
原子力発電所への依存を段階的に減らしていく「卒原発」を訴えてきた嘉田知事。この時期に知事を突き動かしたものは何だったのか。
嘉田知事は同日、滋賀県庁で記者団に対し、新党結成に関し、「最終的なことはまだ全く決まっていない」と明言を避けた。ただ、原発を巡る各政党の議論については、「もう少し争点化していただきたい思いがある。3・11以降、初の国政選挙となる今回の衆院選で、国民的議論を期待していた」と述べ、不満をにじませた。
知事を支える県庁幹部の一人は「知事が国政に関与したいという態度を示し始めたのは、衆院の年内解散が叫ばれるようになった夏以降のことだ」と打ち明ける。「衆院選後、自民党を中心とする政権になれば、『卒原発』の機運が遠のくとの危機感があったのだろう」と推し量る。
知事に近い地方議員によると、夏以降、知事に対し、「国民の生活が第一」や「大阪維新の会」などから、国政に誘う声がたびたび寄せられていたという。
しかし、関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働を受け、滋賀県では関電との安全協定の締結といった問題が生じ、知事もいったんは国政参加に距離を置くようになった。
再び国政をにらむようになったのは、今月17日の日本維新の会と太陽の党の合流後だったという。合流前には維新の会代表として「脱原発」を掲げていた橋下徹大阪市長が現実路線を歩むようになったことに、「維新の政策は後退した」などと批判していた。
知事側近の地方議員は「話が一気に動いたのは、ここ数日だ。維新が脱原発から距離を置く一方で、脱原発を目指す勢力の結集も進んでいる。ここで国政にかかわらなければ、原発政策における自身の存在感を示せなくなると判断したのではないか」と話す。


(2012年11月27日09時08分  読売新聞)

弱者切り捨てを指弾していたならば、「民主主義に異心を抱く会」から誘われるはずがないだろ。
「民主主義に異心を抱く会」から誘われたのは、弱者切り捨てに対する意識が欠落してる証拠だね。

弱者切り捨てに対する批判意識の欠落したスベタが「脱原発」を標榜しているということは、「脱原発」が弱者切り捨てに他ならないことを露呈してるな。
「原発政策の仲間失った」ということは、このスベタの「脱原発」は「民主主義に異心を抱く会」の「脱原発」と同じ、ということであり、従って、自然エネルギー・電力自由化に他ならないけど、11月17日の投稿で解説したとおり、自然エネルギー・電力自由化は「強者が弱者に痛みを強いる」だけ。
そんなものが本当の「脱原発」を実現できるはずがない。
実際、8月31日の投稿9月10日の投稿9月12日の投稿、そして、11月11日の投稿で論じたとおり、自然エネルギー・電力自由化は「原発ゼロ」を阻害するだけ。
前回の投稿で指摘したとおり、「脱原発」という一点だけでは「原発のない未来」は実現できないんだよ。
と言うか、「脱原発」だの「卒原発」だのは醜悪で卑劣な偽善にすぎない。

「考えが右と左に分かれている方が一緒になるとは想像がつかなかった」ということは、「暗い目をした男」は「左側」、ということに他ならず、「左翼」と「暗い目をした男」が同じ穴の狢にすぎないことを物の見事に露呈してるな。
実際、共産党は、8月13日の投稿で紹介したとおり、虚人=飯田哲也を支持したし、11月20日の投稿で紹介したとおり、「民主主義に異心を抱く会」から出馬する鈴木望が主導した静岡の原発県民投票も支持した。

合併しなかったら「民主主義に異心を抱く会」を支持してたということは、消費税反対が偽善にすぎないことも露呈してる。
実際、強者・弱者の区別無く薄く広く課税し、結果として、弱者が痛めつけられる、という意味において、買い取り制度や環境税は消費税と本質的に同じ。
だからこそ、7月21日の投稿で紹介したとおり、チョンコロ韓直人が「消費税はYES、原発はNO!」と喚いていたんだね。
しかも、自然エネルギー買い取り制度は消費税よりも悪質。
消費税は国庫に納まるから、一部でも社会に還元されるけど、自然エネルギー買い取り制度はチョンコロ孫不正義の懐を潤すだけ。

TPP反対も偽善。
1月5日の投稿で採り上げた2011年12月29日の朝鮮日刊新聞社説が「既得権を失う電力会社の抵抗は必至だろう」だの、5月29日の投稿で紹介したとおり、チョンコロ韓直人が「既得権益ある専門家のせい」だの、8月24日の投稿で採り上げた2012年8月23日の朝鮮日刊新聞社説が「ものごとを政治家と既得権を持つ組織の代表や一部の専門家で決め、ふつうの市民はかかわりにくいのが、従来の『ムラ社会』型の意思決定の仕組みだ」だの、8月31日の投稿で紹介したけど、北沢宏一が「『脱原発は経済をダメにする』というのは既存の産業を守りたい人々の予測に過ぎない」だの、9月4日の投稿で紹介したとおり、張寿川が「既得権益を守りたい、実質的な温暖化対策をしたくないという願望を持つ人々や企業が勝手に作ったものであり、決して世界の常識ではない」だの、11月20日の投稿で採り上げた2012年11月19日の朝鮮日刊新聞社説が「自民党政権は過去、地域独占による安定供給を重視し、大手電力の既得権を擁護してきた」だのと喚き立てていたとおり、TPPと同様に、自然エネルギー・電力自由化も既得権益打破を標榜している。
では、既得権益打破とは何か?
11月25日の投稿で採り上げた2012年11月24日の朝鮮日刊新聞社説は「しかし、その『何か』がわからないままでいいだろうか」と嘯いてたけど、「その『何か』がわからないままで」、既得権益打破というプロパガンダを真にうけても「いいだろうか」?
その問いに関しては、三橋貴明が見事に答えてくれているので、それを引用すると。


それにしても、資源関係で、「資源確保の推進に関する法律」を制定し、従来の化石燃料に加えて、メタンハイドレート・レアアース泥なども含む海洋資源開発への集中投資(ヒト・モノ・カネ)や都市鉱山の活用などによりエネルギーの供給体制強化及び「資源小国から資源大国へ」の転換を図ります」という文言が入っているのは、なかなか驚きました。(原発については明日、取り上げます)
「資源小国から資源大国へ」
上記は国家(及び民間)の大々的な投資なしでは実現できません。そして、新たな分野への投資は、そのまま「国民の付加価値の増大」になり、GDPという国民経済全体のパイを増やします。
何を言いたいかと言えば、同じ「投資」であっても、「生産性を高める(労働者一人あたりの付加価値を高める)」投資や、あるいは「他者のシェアを奪い取るための投資」は、デフレ期の国はあまりやらない方がいいという話です。何しろ、生産性向上や「シェア奪取」は失業者を増やし、消費を中心とした全体の需要を押し下げてしまいます。


(「まず、復興」より)

既得権益打破は「他者のシェアを奪い取るため」にすぎず、失業者を増やすだけ。
このことは小泉エセ改革で実証済みなのに、尚も、既得権益打破の名の下に自然エネルギー・電力自由化を喚き立てている「左翼」が、実は、小泉エセ改革を推し進めようとしていること、であるから、TPP反対が醜悪で卑劣な偽善にすぎないことは明らかだな。
(「左翼」は、ドイツがぁ~~~、と喚き立てるけど、自由化で生じた大量の失業者の一部を自然エネルギー関連業界が雇用しただけ。それを雇用創出と言い立てること自体が、自由化による失業を前提にしているわけで、「左翼」が新自由主義の走狗にすぎないことを露呈している。5月15日の投稿で指摘したけど、国家を否定する「左翼」はその本質において新自由主義的側面を有している。)

消費税とTPPはNO!、けど、買い取り制度・電力自由化はYES、などと言ってる連中は全て偽者だから、気をつけようね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。