ノルウェーの温暖化狂騒曲

グリーグ「ピアノ協奏曲」より「第1楽章」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

ノルウェーの研究が話題になってるようだな。


Global warming less extreme than feared?
25.01.2013
Policymakers are attempting to contain global warming at less than 2°C. New estimates from a Norwegian project on climate calculations indicate this target may be more attainable than many experts have feared.
Internationally renowned climate researcher Caroline Leck of Stockholm University has evaluated the Norwegian project and is enthusiastic.
“These results are truly sensational,” says Dr Leck. “If confirmed by other studies, this could have far-reaching impacts on efforts to achieve the political targets for climate.”
Temperature rise is levelling off
After Earth’s mean surface temperature climbed sharply through the 1990s, the increase has levelled off nearly completely at its 2000 level. Ocean warming also appears to have stabilised somewhat, despite the fact that CO2 emissions and other anthropogenic factors thought to contribute to global warming are still on the rise.
It is the focus on this post-2000 trend that sets the Norwegian researchers’ calculations on global warming apart.
Sensitive to greenhouse gases
Climate sensitivity is a measure of how much the global mean temperature is expected to rise if we continue increasing our emissions of greenhouse gases into the atmosphere.
CO2 is the primary greenhouse gas emitted by human activity. A simple way to measure climate sensitivity is to calculate how much the mean air temperature will rise if we were to double the level of overall CO2 emissions compared to the world’s pre-industrialised level around the year 1750.
If we continue to emit greenhouse gases at our current rate, we risk doubling that atmospheric CO2 level in roughly 2050.
Mutual influences
A number of factors affect the formation of climate development. The complexity of the climate system is further compounded by a phenomenon known as feedback mechanisms, i.e. how factors such as clouds, evaporation, snow and ice mutually affect one another.
Uncertainties about the overall results of feedback mechanisms make it very difficult to predict just how much of the rise in Earth’s mean surface temperature is due to manmade emissions. According to the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) the climate sensitivity to doubled atmospheric CO2 levels is probably between 2°C and 4.5°C, with the most probable being 3°C of warming.
In the Norwegian project, however, researchers have arrived at an estimate of 1.9°C as the most likely level of warming.
Manmade climate forcing
“In our project we have worked on finding out the overall effect of all known feedback mechanisms,” says project manager Terje Berntsen, who is a professor at the University of Oslo’s Department of Geosciences and a senior research fellow at the Center for International Climate and Environmental Research — Oslo (CICERO). The project has received funding from the Research Council of Norway’s Large-scale Programme on Climate Change and its Impacts in Norway (NORKLIMA).
“We used a method that enables us to view the entire earth as one giant ‘laboratory’ where humankind has been conducting a collective experiment through our emissions of greenhouse gases and particulates, deforestation, and other activities that affect climate.”
For their analysis, Professor Berntsen and his colleagues entered all the factors contributing to human-induced climate forcings since 1750 into their model. In addition, they entered fluctuations in climate caused by natural factors such as volcanic eruptions and solar activity. They also entered measurements of temperatures taken in the air, on ground, and in the oceans.
The researchers used a single climate model that repeated calculations millions of times in order to form a basis for statistical analysis. Highly advanced calculations based on Bayesian statistics were carried out by statisticians at the Norwegian Computing Center.
2000 figures make the difference
When the researchers at CICERO and the Norwegian Computing Center applied their model and statistics to analyse temperature readings from the air and ocean for the period ending in 2000, they found that climate sensitivity to a doubling of atmospheric CO2 concentration will most likely be 3.7°C, which is somewhat higher than the IPCC prognosis.
But the researchers were surprised when they entered temperatures and other data from the decade 2000-2010 into the model; climate sensitivity was greatly reduced to a “mere” 1.9°C.
Professor Berntsen says this temperature increase will first be upon us only after we reach the doubled level of CO2 concentration (compared to 1750) and maintain that level for an extended time, because the oceans delay the effect by several decades.
The figure of 1.9°C as a prediction of global warming from a doubling of atmospheric CO2 concentration is an average. When researchers instead calculate a probability interval of what will occur, including observations and data up to 2010, they determine with 90% probability that global warming from a doubling of CO2 concentration would lie between 1.2°C and 2.9°C.
This maximum of 2.9°C global warming is substantially lower than many previous calculations have estimated. Thus, when the researchers factor in the observations of temperature trends from 2000 to 2010, they significantly reduce the probability of our experiencing the most dramatic climate change forecast up to now.
Professor Berntsen explains the changed predictions:
“The Earth’s mean temperature rose sharply during the 1990s. This may have caused us to overestimate climate sensitivity.
“We are most likely witnessing natural fluctuations in the climate system — changes that can occur over several decades — and which are coming on top of a long-term warming. The natural changes resulted in a rapid global temperature rise in the 1990s, whereas the natural variations between 2000 and 2010 may have resulted in the levelling off we are observing now.”
Climate issues must be dealt with
Terje Berntsen emphasises that his project’s findings must not be construed as an excuse for complacency in addressing human-induced global warming. The results do indicate, however, that it may be more within our reach to achieve global climate targets than previously thought.
Regardless, the fight cannot be won without implementing substantial climate measures within the next few years.
Sulphate particulates
The project’s researchers may have shed new light on another factor: the effects of sulphur-containing atmospheric particulates.
Burning coal is the main way that humans continue to add to the vast amounts of tiny sulphate particulates in the atmosphere. These particulates can act as condensation nuclei for cloud formation, cooling the climate indirectly by causing more cloud cover, scientists believe. According to this reasoning, if Europe, the US and potentially China reduce their particulate emissions in the coming years as planned, it should actually contribute to more global warming.
But the findings of the Norwegian project indicate that particulate emissions probably have less of an impact on climate through indirect cooling effects than previously thought.
So the good news is that even if we do manage to cut emissions of sulphate particulates in the coming years, global warming will probably be less extreme than feared.


(The Research Council of Norway)

一体全体、これの何処が「せんせいしょなる」なの?

2000年までの気温を考慮すれば気候感度は3.7℃だったけど、2000年以降の気温上昇停滞を考慮すれば、つまり、気候の内部変動を考慮すれば、気候感度は1.9℃に下がった、ということだな。
けど、そんなことは既に私めが指摘していることだろ。
コンピュータを動かすまでもなく、大気中CO2濃度が倍増すればCO2の温室効果は1℃増すという、IPCCの基本理論と60年周期の自然変動を組み合わせれば、サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の図12-2で示したとおり、気候感度は1.8℃になるんだね。

今さら何をや謂わん、という感じだけど、下図の黄色の線に見える急激な気温上昇に気候の内部変動が寄与しているという事実、気温上昇が15年間停滞しているという事実、そして、それがIPCCに決定的なダメージを与えたという事実を認めたという点は評価してやろう。

IPCC第4次報告書のFAQ3.1の図1

IPCC第4次報告書のFAQ3.1の図1

けど、”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の図12-2の青色破線は、つまり、気候感度1.9℃というのは、20世紀の気温上昇は専らCO2の増加が原因、と仮定した場合の話にすぎない。
実際は、20世紀の気温上昇0.8℃の半分は自然要因。
(自然要因と自然変動とは違う。60年周期の自然変動だけならこの120年間での気温上昇はゼロ。一方、”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の第7節で解説したとおり、自然要因とは太陽の活動増大に因る気温上昇で、20世紀前半の気温上昇0.4℃はそれが原因。)
それは北半球高緯度の気温からも裏づけられる。
大気中CO2濃度は20世紀後半に激増したから、IPCCの人為的温暖化論が正しいのなら、北半球高緯度の今の気温は20世紀前半よりもずっと高いはずなのに、昨年9月24日の投稿及び1月13日の投稿で紹介したとおり、1940年代の気温と殆ど同じ。
であるから、多めに見積もったとしても、人為的要因の気温上昇は1940年ごろの気温と2000年の気温差0.4℃。(上図参照)

このことは、大気中CO2濃度が倍増すればCO2の温室効果は1℃増すという、人為的温暖化論の破綻を意味する。
昨年11月14日の投稿でも指摘したけど、CO2の温室効果は産業革命時にほぼ飽和しているんだよ。
実際、昨年10月9日の投稿及び1月13日の投稿で解説したとおり、海洋貯熱から導き出される放射強制力はIPCCの主張する値よりもずっと低い。
“「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の第11節で解説したとおり、大気中CO2濃度が産業革命時の倍になっても、それに因る気温上昇は0.4℃にすぎない。
3℃は言うに及ばず、1.9℃すらも過大評価。
って言うか、この15年間の気温上昇停滞の結果、IPCCを盲信していたおバカちゃんたちでさえ、あれ?、な~んかおかしい、と気づき出した(それでも未だにIPCCを盲信している連中は犬と同じだから論外)ので、気候感度を下げることで人為的温暖化論の生き残りを図った、というのが真相だね。

けど、所詮は無駄な努力だな。
人為的(CO2)温暖化論の消滅は時間の問題。
その証拠に、1月14日の投稿で紹介したとおり、「地球温暖化懐疑論批判」は消えちゃった。
キャハハ。
バカ丸出し。

IPCC党はさっさと消え失せろ!

広告

阿呆の金メダルと馬鹿の銀メダル

レハール「金と銀」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

またまたまた、ナショナルジオグラフィックが人為的温暖化を煽り立てているようだな。


温暖化対策、米新政権への10の提案
January 25, 2013
2013年1月21日に行われたバラク・オバマ米大統領の就任演説には、いくつかの意表を突く内容が含まれていた。中でも、気候変動への言及は、ほかのどの問題よりも多くの時間が費やされ、驚きを持って受け止められた。
オバマ大統領は、「われわれは気候変動の脅威に対処していく。それができなければ子どもたちや将来の世代を裏切ることになると誰もがわかっている」と語った。
そして、近年の過酷な気象状況によりエネルギー革新が切実に求められていることを指摘し、気候変動への対応にアメリカ経済の未来がかかっていると訴えた。
オバマ大統領が誓いを守るためには何が必要なのか。各分野の専門家に尋ねたところ、10の提案が寄せられた。
【 1. 石炭火力発電所の廃止 】
ノースカロライナ州にあるデューク大学の気候科学者ロバート・ジャクソン氏は、「稼働開始の年代が古く、環境汚染レベルの高い発電所を段階的に閉鎖していくようインセンティブを与えることが必要だ」と話す。現時点でも、部分的には天然ガスへの移行が進んでいるが、新規発電所に求められる「大気汚染防止法」の基準を既存の発電所にも適用すれば、石炭から天然ガスへの移行が加速すると考えられる。
【 2. 原子力発電の推進
福島の事故が示すように、原子力発電は決して完璧なエネルギーというわけではないが、「安全に注意して慎重に取り扱えば、温室効果ガス排出の少ない有効な代替エネルギーになり得る」と支持派は主張する。ミズーリ州セントルイスにあるミズーリ植物園の植物学者ピーター・レイブン(Peter Raven)氏は、「原子力は、化石燃料から脱却する唯一の短期的・中期的手段だ」と話す。
【 3. キーストーンXLパイプラインの建設中止 】
カナダとテキサス州を結ぶ全長約2700キロのキーストーンXLパイプラインの建設をめぐっては、環境面での論争が続いており、アメリカ政府による再評価が今年行われる予定だ。イリノイ州にあるシカゴ大学の地球物理学者レイモンド・ピエールベール氏は、「低炭素経済に向けた流れを決定付けるためにオバマ大統領がまず行うべきなのは、キーストーンXLパイプラインを拒絶することだ」と話す。排出量の削減に大きな影響はないが、世界に向けて明確なメッセージになるという。
【 4. 大統領令による海洋保護 】
2006年、ブッシュ大統領がハワイ北西海域を世界最大の海洋ナショナル・モニュメントに指定したように、アメリカ大統領には単独で保護区域を設ける権限がある。ナショナル ジオグラフィック協会付き探検家のシルビア・アール氏は、「海洋保護区を設定したからといって気候変動が止まるわけではないが、人間がもたらす脅威が減るため、海洋生物が気候変動に適応するチャンスが高まる。オバマ大統領には、北極海域をお願いしたい」と話す。
【 5. 二酸化炭素回収の推進 】
アメリカには、天然ガスと石油の巨大な備蓄があり、近い将来に化石燃料からの全面的移行が生じる可能性は少ない。ニューヨーク州にあるコロンビア大学ラモント・ドハティー地球研究所の地質学者ウォレス・ブロッカー(Wallace Broecker)氏は、「したがって直接、大気中の二酸化炭素増加に対処するべきだ」と話す。大気から回収・貯留する技術は、根本的な解決策を見出すまでの時間稼ぎとして有効だという。
【 6. 政府主導の新エネルギー研究 】
米国エネルギー省には、革新的エネルギー研究を推進する部門、「エネルギー高等研究計画局(ARPA-E)」がある。元環境・開発担当国務次官補代理のレイフ・ポメランス(Rafe Pomerance)氏は、「ARPA-Eの予算を増やせば、石炭や石油、天然ガスの消費を切り詰める新しい技術が生まれるだろう」と話す。
【 7. 炭素税の導入 】
議会の同意が必要となるが、気候問題の専門家の多くが「温室効果ガス排出に取り組む上で最も意味のある方法」として挙げるのが炭素税である。カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所(JPL)の気候海洋科学者ジョシュ・ウィリス(Josh Willis)氏は、「大気に二酸化炭素を放出するコストは、化石燃料を購入する消費者に支払ってもらうべきだ」と話す。
【 8. 連邦政府の省エネ化 】
アラスカ州にあるアラスカ大学フェアバンクス校の北極生物学者シンドニア・ブレット・ハート(Syndonia Bret-Harte)氏は、「連邦政府は180万人の職員を抱え、管轄する建物も50万棟ある。2009年に発令した大統領令のように、まずは連邦政府内の省エネを継続・推進してほしい」と話す。
【 9. 情報センターの開設 】
「何が起きているのか、なぜ起きているのか、明確に伝える情報センターを構築するべきだ」と語るのは、コロラド州にあるアメリカ国立大気研究センター(NCAR)で気候分析部門を率いるケビン・トレンバース(Kevin Trenberth)氏。例えば、気候変動に関する世界中のデータを1カ所に集め、親しみやすいWebサイトを通じて、一般ユーザーにもわかりやすく伝えることが必要だという。
【 10. 対話の継続 】
専門家の間ではコンセンサスが得られているにも関わらず、気候変動問題に対する懐疑論は依然として根強い。先週行われたCNNの調査でも、「地球温暖化は現実で、それは人間の活動による」という点に同意した回答者はわずか49%にすぎなかった。オハイオ州にあるオベリン大学の環境科学者デイビッド・オア氏は、次のように話す。「オバマ氏は、就任演説をベースにさまざまな機会を通じ、急速な気候の不安定化に対する危機意識を高めて欲しい。気候変動が農業や運輸、地域紛争などあらゆる問題とリンクしていることを明確に示す。大統領にしかできない仕事だ」。


(ナショナルジオグラフィックニュース)

まあ、アメ公が「われわれは気候変動の脅威に対処していく」としても、日本人がとやかく言う権利は無いし、お好きにどうぞ、てな感じだけど、ココには人為的温暖化の本質が物の見事に露呈してるな。

「原子力発電の推進」と明言してるわけで、従って、レイモンド・ピエールベールもケビン・トレンバースも原子力を支持していることは明白であり、人為的温暖化詐欺が原子力と一体であることを物の見事に露呈したわけ。
(「Pierrehumbert」は「ピエールベール」って発音するの?)
であるから、「専門家の間ではコンセンサスが得られている」とは、実のところ、原子力支持の「コンセンサスが得られている」ということだな。
昨年9月25日の投稿で紹介したとおり、張寿川は「研究者らは温暖化対策として原発を重視すべきではないと考えてきた」などと言い立てていたけど、それは真っ赤な中国野郎の真っ赤な嘘にすぎないことが露呈したね。

また、本当に人為的排出CO2が「気候変動の脅威」ならば、金さえ払えばCO2を出してもいい、と言うに等しい「炭素税」は何の解決にもならないはずなのに、「温室効果ガス排出に取り組む上で最も意味のある方法」と言い張っているのは、人為的温暖化の目的が「金(かね)」に他ならないことを物の見事に露呈してるな。
つまり、「専門家の間ではコンセンサスが得られている」とは、オレオレ温暖化詐欺で一攫千金という「コンセンサスが得られている」ということだね。

結局、「専門家の間ではコンセンサスが得られている」とは、「人為的温暖化、皆で騙せば怖くない」ちゅうことなんだよ。
その証拠に、我国のIPCC党に「何が起きているのか」?
1月14日の投稿で紹介したとおり、「地球温暖化懐疑論批判」は消えてしまったんだね。
「なぜ起きているのか」?
サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”で、その愚劣さ下劣さ卑劣さを徹底的に暴かれてしまったからなんだよ。
CO2の温室効果は産業革命時にほぼ飽和していたことを、であるから、人為的排出CO2は「気候変動の脅威」ではないことを、つまり、IPCCの人為的温暖化はでっち上げにすぎないことを、暴露されてしまったからなんだよ。

2011年12月17日の投稿で紹介したとおり、レイモンド・ピエールベールも、温室効果は飽和しない、と喚いていたけど、あんな論説が科学的な反論足り得ると本気で思っているのかね?
本気で思ってるんなら、本当の阿呆だな。
レイモンド・ピエールベール君にはアホの金メダルを授与しよう。
おめでとう。
ケビン・トレンバースの馬鹿さ加減については、昨年11月19日の投稿で解説済み。
ケビン・トレンバース君にはバカの銀メダルを授与しよう。
おめでとう。

我国のIPCC党にもメダルを授与しないと不公平だな。
はい、とんずらしたアホの金メダリストはこの御仁です。

2013012701

はい、破廉恥な台詞を吐き散らして逃げたバカの銀メダリストはこの御仁です。

2013012702

金銀受賞、おめでとう!

原子力の「最後の希望」

シューベルト「冬の旅」より「最後の希望」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

先ずは良いニュースから。


発送電分離、法改正は見送り 実施時期を付則に明記へ
2013年1月26日1時7分
茂木敏充経済産業相は25日の閣議後の記者会見で、電力システム改革の柱である「発送電分離」や家庭向け電力販売の自由化について、通常国会に出す電気事業法改正案に盛り込むことを見送る方針を明らかにした。改革の実施時期や改正法案を出す時期などを付則に書き込むにとどめる。
茂木氏は発送電分離と販売自由化について「決して議論を遅らせているわけではない。詳細な実施法にするのは物理的に難しいが、いつ行うかを含めた規定の明記は可能だ」と語った。
発送電分離に関して、経産省の電力システム改革専門委員会が2月に報告書をまとめる。送配電部門を電力会社の別会社とする「法的分離」(別会社方式)の方が、送配電部門の運営を中立的な独立機関に任せる「機能分離」(独立機関方式)より望ましいとの内容になる見通しだ。


(朝日新聞デジタル)

昨年11月17日の投稿11月20日の投稿において指摘したとおり、真の「脱原発」を実現するための第1条件は電力自由化の阻止であり、その条件は辛うじて満たされた、と言える。
けど、尚も「実施時期を付則に明記」などと言ってるようだから、安心は出来んぞ。
前回の投稿で紹介したとおり、「左翼」が執拗に電力自由化を煽り立てているから、ね。

次は、悪いニュース、て言うか、アホなニュース。


温室ガス削減、新目標策定へ=11月のCOP19までに-安倍首相指示
(2013/01/25-12:17)
安倍晋三首相は25日の日本経済再生本部の会合で、温室効果ガスの排出量を2020年までに1990年比で25%削減するとした民主党政権時代の目標をゼロベースで見直し、新たな目標や対策を取りまとめるよう、石原伸晃環境相ら関係閣僚に指示した。11月の国連気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)までに結論を出す。
首相は「技術で世界に貢献する攻めの地球温暖化外交戦略を組み立てる」と強調した。

25%削減目標は、09年9月に当時の鳩山由紀夫首相が国連総会で表明した。しかし、東京電力福島第1原発事故を受け、温室ガスを出さない原発の新増設を織り込んだエネルギー政策の継続が困難となり、目標は事実上破綻。民主党政権でも20年時点の削減率が5~9%にとどまると試算し、見直し作業を進めていた。
新たな削減目標について石原環境相は同日の閣議後の記者会見で、「原発の(再)稼働がどうなるか分からない状況では、すぐに具体的な数字が出てくることにはならないのではないか」と述べ、数値を一つに絞り込むのは難しいとの見方を示した。
日本は京都議定書に基づく温室ガスの削減義務から離れたが、13年度以降の温暖化対策の計画や法律については現在空白の状態。環境省は、28日召集の通常国会に地球温暖化対策推進法の改正案を提出し、必要な法整備を急ぐとともに、3月中に地球温暖化対策推進本部を開き、計画づくりに向けた各省との調整を本格化させる方針。


(時事ドットコム)

あ、あ、アホ!
気候変動枠組み条約なんか、さっさと脱退しろ!

しかも、環境相はこんなこと言ってた。


東電石炭火力「心痛む」 石原環境相が懸念表明
2013.1.15 14:16
石原伸晃環境相は15日の閣議後の記者会見で、東京電力が石炭火力とみられる火力発電の入札を2月に予定していることについて、二酸化炭素(CO2)の排出増につながることから「非常に心を痛めている」と懸念を表明した。
石原環境相は、石炭火力発電は技術の進歩で有害物質の排出が減り、コストが低いことに理解を示した一方で、「CO2の削減には非常にネガティブな発電装置だ」と指摘。「これから決める新しい(温室効果ガス排出削減の)数値目標が大変厳しいものになってしまう。それで本当にいいのか」と述べ、地球温暖化対策や国際交渉に悪影響がある恐れを示した。
東電の事業計画では、平成31~33年度に新たに計260万キロワットの電源を確保するため、入札で他の事業者が造る火力発電所から電力を購入する。


(MSN産経ニュース)

はあ~~~?
石炭のように真っ黒な心のテメエが「心痛む」だと?
冗談は顔だけにしてくれ。

言うまでもなく、安倍のウンコ垂れシンちゃんや石炭伸晃が「地球温暖化外交戦略を組み立てる」だの、「これから決める新しい(温室効果ガス排出削減の)数値目標が大変厳しいものになってしまう」だのと言い立てるのは、原子力を正当化するため。
今や、原子力を正当化する唯一の拠りどころが人為的温暖化。
人為的温暖化は原子力の「最後の希望」。

で、その「最後の希望」を与えているのが、実は、「左翼」。
1月14日の投稿で紹介したとおり、自称「地球温暖化の研究に真面目に取り組む科学者たち」が逃げ出したにもかかわらず、であるから、IPCCが煽り立てる人為的温暖化の虚構が白日の下に曝け出されたにもかかわらず、1月12日の投稿で紹介したとおり、尚も執拗に、人為的温暖化プロパガンダを垂れ流し、温暖化対策を喚き立てているんだね。
それが安倍のウンコ垂れシンちゃんや石炭伸晃に「最後の希望」を与えたんだよ。

真の「脱原発」を実現するには、原子力の「最後の希望」である人為的温暖化を打ち砕けばよい。
て言うか、既に人為的温暖化論自体は打ち砕かれてしまったわけだから、後は、その事実を国民が知りさえすれば、「脱原発」は直ぐにでも実現可能。
けど、原発事故に乗じて自然エネルギー・電力自由化を推し進めようと目論んでいる「左翼」には、自然エネルギー・電力自由化で日本国民から収奪しようと目論んでいる「左翼」には、それは都合が悪い。
だからこそ、またもや、人為的温暖化プロパガンダを垂れ流して国民を謀ろうとするんだよ。
狡猾な「左翼」は、自分達は原子力に反対、みたいなことを嘘ぶいているけど、それは卑劣で邪悪極まる欺瞞にすぎない。
結局、原子力の「最後の希望」は「左翼」。
「左翼」こそが元凶!
真の「脱原発」を実現するために、原子力の「最後の希望」=「左翼」を打ち砕け!

ところで、「地球温暖化懐疑論批判」だけど。
とうとう、グーグルキャッシュからも消えてしまったようだな。
仕方ないから、サイドバーにリンクを張っておこうかね。
「地球温暖化懐疑論批判」の表紙画像をクリックすると、PDFファイルが表示されるから、これからは、そちらからダウンロードしてチョンマゲ。

家族を守る戦いの前奏曲

ショパン「24の前奏曲」より第3番

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

狂犬・左翼が執拗に電力自由化を喚き立てているようだな。


電力改革―経済再生の推進力に
安倍政権下で電力システム改革の議論が再スタートする。
民主党政権のもと、学者らによる専門委員会が議論を重ね、昨年7月には家庭向け料金の段階的な自由化や発送電の分離などを盛り込んだ基本方針案をまとめている。
政権は交代したが、茂木経済産業相も改革の方向性は共有する姿勢を示す。残る論点を速やかに詰め、通常国会に必要な法案を出すべきだ。
電力改革、とりわけ中立的で広域的な送電網を整備することは、安倍政権が力を入れる経済再生に大きく貢献する。
理由は明確だ。
電力ビジネスへの新規参入や斬新なアイデアの事業化を促し、経済を活性化するための基本的なインフラだからである。
新しい企業やサービス形態が生まれれば、雇用の創出につながる。競争が促進され、利用者の選択肢も増える。
総選挙時に「当面の最優先課題」と公約した自然エネルギーの導入にも不可欠だ。
送電網が広く開かれ、公正に運用されなければ、事業の見通しが立たず、思い切った投資にも踏み切りにくい。
問題は、電力会社が強く抵抗していることだ。
原発の安全点検や新しい基準への適合には時間がかかる。電力需給が逼迫(ひっぱく)する状況が続くなかで、送電部門が発電部門と分離され一体運用できなければ、安定供給に支障が出かねない――との理屈だ。
だが、需要にあわせて各電力会社が供給力を増やしていくビジネスモデルはもう限界だ。今後は燃料費に加え、安全投資や廃炉費用などもかさむ。
自前で新たな電源を整備するより、市場を通じて電力を売買する。価格メカニズムを働かせることで節電を促す。その方が供給力を確保できるし、効率化もはかれる。
以前はむずかしかった需要の制御も、ITの発達で克服できるようになった。
世界の電力産業は、そうしたマネジメント力を競っている。
なにより多くの国民が3・11を機に、閉じられた世界で物事を決めてきた日本の電力システムの矛盾と不便さを実感した。後戻りはできない。
もちろん、一朝一夕にできる改革ではない。工程表を整え、不備があれば修正していく必要がある。目的とゴールをしっかりと示すことだ。
かつてのように電力会社の既得権益を守るような動きを見せるなら、自民党への期待はたちまちしぼむだろう。


(2013年1月14日の朝鮮日刊新聞社説)

狡猾で卑劣極まる左翼は、耳当りの良い言葉を連ねて国民を騙し、電力自由化を煽り立ててきた。
例えば、2011年4月15日の投稿で採り上げた2011年4月4日の朝鮮日刊新聞社説は「分散して電力を生み出し、それを出来るだけ近くで消費してロスを少なくする『地産地消』の取り組みを強めたい」と嘯いてた。
けど、本当に「地産地消」なら「広域的な送電網を整備する」必要はない。
「自然エネルギーの導入にも不可欠だ」と喚いているけど、昨年9月18日の投稿で採り上げた2012年9月15日の朝鮮日刊新聞社説は「地産地消型をはじめとする自然エネルギーの育成は言うまでもない」と言い立てていたわけだから、自然エネルギーの導入に「広域的な送電網を整備する」必要はない。
「競争が促進され、利用者の選択肢も増える」だの、「送電網が広く開かれ、公正に運用されなければ」だのと喚き散らしているけど、自然エネルギー高値買い取りは「競争」とも「公正に運用」とも相容れない。
昨年3月20日の投稿6月2日の投稿、そして、7月2日の投稿で解説したとおり、「利用者の選択肢も増える」も醜悪極まる欺瞞。
昨年9月10日の投稿で指摘したとおり、同じ送電網に流してしまえば、自然エネルギーによる電力と火力による電力を区別できない。
つまり、同じ送電網に流してしまえば、好むと好まざるにかかわらず、国民は自然エネルギーによる電力を使うことになる。
だから、国民全員に自然エネルギー買い取りを強制できる。
自然エネルギーを買い取りたくないという「利用者の選択肢」は無い。

またもや、耳当りの良い言葉を連ねて、国民を欺こうとしているんだね、「自然エネルギーで脱原発依存」を煽り立てる「左翼」は。
何が「理由は明確だ」だ!
真っ赤な嘘も100回繰り返せば事実にできる、と思ってるんだよ、真っ赤な左翼は。
(温暖化プロパガンダが正にこの手口だった。)
けど、国民を謀るような輩が「安倍政権が力を入れる経済再生に大きく貢献する」などと嘯こうとも、全く信用できないこと、と言うよりも、本来の意味における経済、つまり、経世済民と相容れないことは明らかだな。
「電力改革」が経世済民と相容れないからこそ、耳当りの良い言葉を連ねて国民を謀ろうとするんだね。

2011年8月18日の投稿で採り上げた2011年5月20日の朝鮮日刊新聞社説は「むしろ、小規模でも多様な電源による発電事業者を消費地近くに多く分散配置した方が、結果的に安定供給に資するとの認識は、これまで以上に高まっている。かつては電気料金を下げる効果が期待された発送電分離が、いまや電力の安定確保のための具体策として、その意義が語られているのだ」と嘯いていたにもかかわらず、今回は「だが、需要にあわせて各電力会社が供給力を増やしていくビジネスモデルはもう限界だ」と、つまり、「電力の安定確保」など必要ない、と公言。
「その方が供給力を確保できる」と嘯いているけど、「価格メカニズムを働かせることで節電を促す」とは、供給が足りなくなれば電気代を吊り上げて、社会的弱者が電気を使えないようにすれば需要が減る、と言うことに他ならない。
「以前はむずかしかった需要の制御も、ITの発達で克服できるようになった」などと言い張っているけど、昨年1月5日の投稿で採り上げた2011年12月14日の朝鮮日刊新聞社説は「スマートメーターになれば、需要側、供給側それぞれで電力を管理することが可能になる。ピーク時の料金を高くするなど料金体系が多様化できる。通信回線で家電と結べば、電気代が安い時間帯を選んでエアコンを動かすなど、もっと賢い節電を考えられる」と、つまり、ITを駆使して、エアコンが必要な時間帯(=電気代が高い時間帯)は貧乏人にエアコンを使わせないのが「賢い節電」、と言い放ったんだね。
つまり、弱者を切り捨てれば、「その方が供給力を確保できる」、ということ。
そんなものを「供給力を確保できる」とは言わんのじゃ!

そもそも、電力の供給は確保できている。
実際、昨年9月4日の投稿で紹介したとおり、原発が無くても電力は足りていたし、昨年7月25日の投稿で採り上げた2012年7月18日の朝鮮日刊新聞社説は「電力事情が最も厳しい関西電力管内では、需要がピークの午後4時台で約2500万キロワットと供給力の89%だった。余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」と認めていた。
にもかかわらず、殊更に「その方が供給力を確保できる」などと言い張ること自体が異常であり、であるから、やはり、電力の安定確保など不要、と思っていることは明らかだな。
供給を安定確保できている現状では「価格メカニズムを働かせることで節電を促す」こと、つまり、弱者切り捨てはできない。
弱者を切り捨てるために安定供給は不要、と言うんだね、「自然エネルギーで脱原発依存」を煽り立てる「左翼」は。

既に電力は足りているのだから、「電力ビジネスへの新規参入」は必要ない。
既に説明したとおり、「競争が促進され、利用者の選択肢も増える」は詭弁。
「その方が供給力を確保できる」も詭弁。
「雇用の創出につながる」も、もちろん、欺瞞。
「自前で新たな電源を整備するより、市場を通じて電力を売買する」ということは、電力会社は発電するな、ということに他ならず、そうであれば、電力会社の社員は失業し、関連会社も含めれば、大量の失業者が生まれるだけ。
「電力ビジネスへの新規参入」を正当化する理由は皆無。
だからこそ、「問題は、電力会社が強く抵抗していることだ」だの、「既得権益」だのと喚き立てているのだけど、昨年12月3日の投稿で指摘したとおり、「既得権」とは「国民一人一人の必死の生活とそこから出てくるニーズ」に他ならない。
にもかかわらず、それを罵るのは、「国民一人一人の必死の生活」を破壊したい、ということを露呈してる。
上で指摘した弱者切り捨てはその一環。
さらに重要なことは、昨年8月31日の投稿9月10日の投稿9月12日の投稿11月11日の投稿11月17日の投稿、そして、11月20日の投稿で指摘したとおり、自然エネルギー・電力自由化は真の脱原発を阻害し、日本国民を危険に晒し続け、その結果、日本国民がもがき苦しめば苦しむほどチョンコロ孫不正義らが利を貪る、ということ。
「左翼」が自然エネルギー・電力自由化を煽り立てる最大の目的はこれなんだよ。
まるで、自由化した方が国民負担は減る、と言わんばかりに「安全投資や廃炉費用などもかさむ」などと言い立てているけど、騙されちゃあダメだぞ。
実際、2011年4月15日の投稿で採り上げた2011年4月4日の朝鮮日刊新聞社説は「東電など全国9電力体制の存続には疑義がある」と、そして、昨年9月18日の投稿で採り上げた2012年9月15日の朝鮮日刊新聞社説は「たとえば、原発を特定の法人に集約して集中管理する『準国有化』についても議論の対象になろう」と言っていたわけで、それは、「電力ビジネスへの新規参入者」が電力会社の正の資産を奪い盗って利を貪り、負の資産である原発の処理は国民に押しつける、ということに他ならないんだね。

もちろん、我々日本国民がそんな自滅の道を自ら進んで選択するはずが無い。
昨年12月17日の投稿で指摘したとおり、だからこそ、国民は「電力改革」に消極的と見える自民党を選んだ。
と言うより、自民党を選ぶしかなかった。
にもかかわらず、まるで、国民が「電力改革」を求めている、かのごとくに「かつてのように電力会社の既得権益を守るような動きを見せるなら、自民党への期待はたちまちしぼむだろう」だと!

昨年6月24日の投稿で紹介したとおり、自然エネルギー買い取り価格は、植田和弘とチョンコロ孫不正義らが勝手に決めた。
昨年12月8日の投稿で紹介したとおり、選挙の最中であるにもかかわらず、経済産業省と伊藤元重らが「電力改革」を既成事実化しようと図った。
つまり、自然エネルギー・電力改革は「閉じられた世界で物事を決めてきた」んだな。
ところが、「なにより多くの国民が3・11を機に、閉じられた世界で物事を決めてきた日本の電力システムの矛盾と不便さを実感した」などと、民意まで捏造しやがる!
どこまで腐ってるんだろうね、「自然エネルギーで脱原発依存」を煽り立てる「左翼」ちゅうのは。

民意を捏造までして、民を否定する。
朝鮮日刊新聞社説の最後の台詞は、「自然エネルギーで脱原発依存」を煽り立てる「左翼」が民主主義の敵、すなわち、ファッショ以外の何物でも無いことをハッキリと露呈した。
昨年11月20日の投稿で採り上げた2012年11月19日の朝鮮日刊新聞社説も「まずは、この『後戻りのできない変化』を共通の土台として確認しておきたい」と言い張ってたけど、「後戻りはできない」とは、これから、お前達日本人は自滅への道を進むべきだ、という意味なんだよ。

「自然エネルギーで脱原発依存」を煽り立てる反日左翼ファッショと戦うべし!
「後戻りはできない」!
それは死を意味する。
前に進んで、反日左翼ファッショの息の根を止めろ!
我々の生活と家族の命を守るために。

勝利だ!勝利だ!

プッチーニ「トスカ」より

ビッグ乳sです、デカパイです!

2013011401

おおっ!、すげ~。

ハッ!
じゃなかった。
ビッグニュースです。
(ふう、あぶねえ、あぶねえ、もう少しでエロサイトになるところだったよ。)

「地球温暖化懐疑論批判」がIR3S(東京大学サステイナビリティ学連携研究機構)のホームページ上から消えちゃいました!
確かに、昨年の末ごろまでは掲載されてたんだよ。
幸い、グーグルキャッシュに以前のサイトが残ってた。

2013011402

ところが、今現在はこうなってる。

2013011403

「地球温暖化懐疑論批判」は・・・無い。
(但し、PDFファイルはサーバに残っているようで、グーグルキャッシュのリンクをクリックすればダウンロードできる。まだダウンロードしていない人はお早めにどうぞ。)

キャハハ。
その愚劣さ下劣さ卑劣さを私め(サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”)に暴露され、昨年1月11日の投稿2月11日の投稿で紹介したとおり、逆切れして破廉恥で醜悪極まる悪態を吐き散らした挙句、とうとう、尻尾を巻いて逃げ出した、というわけ。
恥ずかP~。
上のオネエチャンたちよりも恥ずかしいな、おい、自称「地球温暖化の研究に真面目に取り組む科学者」よ。

2011年10月16日の投稿で紹介したけど、自称「地球温暖化の研究に真面目に取り組む科学者」が反論できずに逃げ回っていたにもかかわらず、あべこべに、私めに向かって「理解を深めたい意図が見えず、罵詈雑言を書き散らかしている」と喚き立てたチンピラは豆腐の角に頭をぶつけて死になさい、ね。

って言うか、チンピラはどうでもよくて、問題なのはこいつ。

20110620120814_bodyfile

2011年4月28日の投稿で紹介したとおり、コヤツは「でも、それが知の構造というものなんです」と大見得切ってたけど、おい、ゴミ山宏、素晴らしい「恥の構造」だな。
キャハハ。
テメエは市中引き回しの上、打ち首獄門!
と言いたいところだけど、ズボンのポケットに手を突っ込んでチョンコロ大盗領を見下げた態度を愛でて、尖閣への島流しに減刑してやる。
有り難く思えよ。

勝利だ!勝利だ!
温暖化詐欺師に対する報復の幕開けだぞ
科学の敵IPCC党を震え上がらせろ!
自由は立ち上がり、温暖化ファッショを打ち倒す!

温暖化風邪にはルルが効く

ベルク「ルル組曲」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

2011年9月25日の投稿で紹介したけど、江守正多が「温室効果ガスが増えれば、地表付近にたくさんエネルギーが溜まって。そうすると、地表付近の温度が上がるというのは、モデルとかチューニングとかをする以前の、よく分かっている理論の段階の話なので」と認めていたとおり、人為的(CO2)温暖化は基本原理の問題だから、CO2の温室効果は飽和しているということが明らかになれば、それだけで十分であり、従って、論争の勝敗はもはや着いているのであり、北極海の氷がぁ~だとか、グリーンランドの氷床がぁ~だとか、旱魃がぁ~だとか、具体的なことをゴチャゴチャと議論する必要は全く無いんだね。
けど、困ったことに、朝鮮日刊新聞購読層などは、昨日の投稿の図1で紹介した記事を見せられると、やっぱり人為的温暖化ですぅ~~~、と思い込んでしまうわけ。
昨年10月19日の投稿で指摘したとおり、朝鮮日刊新聞購読者に多い「リベラル」層ちゅうのは、高学歴者が多いけど、その実は、犬並みの知能しかないから、「VS.気候異変」だの「温暖化 すぐそばに」だのというような、見え透いた煽動だけでコロッと温暖化風邪に罹ってしまうんだな。
実際のところ、このような高学歴気取りのバカは始末に終えないんだけど、可哀想だから、風邪薬を処方してあげようかね。

昨日の投稿の図1の記事で左側に書き連ねていることを順に見ていくと。

[論点1] 世界気象機関(WMO)によると、2012年は観測史上9番目に暑い年だった。気温を下げる効果があるラニーニャ現象が起きていたが、世界各地で高温を記録。WMOは温暖化などの気候変動が要因とみる。人間の活動による気温上昇は自然現象をしのぐまでになりつつある。

はい、ルル。

図1 1997年から2012年8月までの全球平均気温偏差の推移

図1 1997年から2012年8月までの全球平均気温偏差の推移

IPCC党の主張によれば、気候モデル(=コンピュータシミュレーション)はエルニーニョやラニーニャを再現できる。
けど、昨年12月22日の投稿で紹介したとおり、IPCCの気候モデルにおいて15年間も気温上昇が停滞することはあり得ない。
つまり、「人間の活動による気温上昇は自然現象をしのぐまでになりつつある」んなら、ラニーニャを考慮しても15年間も気温上昇が停滞することは無い。
「人間の活動(=人為的排出CO2)による気温上昇」はIPCCの見積もりよりも遥かに弱い、ということ。
「人間の活動による気温上昇は自然現象をしのぐまでになりつつある」は真っ赤な左翼の真っ赤な嘘

国立環境研究所の地球環境センター長とやらは「温暖化はストップしていない。このまま温暖化が進めば、伝統行事が失われてしまう可能性は否定できない」と喚いているけど、テメエの思考がストップしているのに、「温暖化はストップしていない」って、何の冗談かな?
昨年4月20日の投稿で指摘したとおり、コヤツらは温暖化風邪に罹って熱にうなされ、「神=コンピュータ」は天地を創造するのであり、であるから、気候は「神=コンピュータ」の結果のとおりになるはずであり、であるから、「温暖化はストップしていない」と言ってるだけ。

[論点2] 北極の氷は過去最小の341万平方㌔まで減少。これまで最小だった2007年より2割近く小さかった。

はい、ルル。

図2 1959年の北極点

図2 1959年の北極点

「過去最小」というのは近年のデータのみに基いた話。

[論点3] ロシアでは10年につぐ観測史上2番目に暑い夏となった。

はい、ルル。

図3 NOAAホームページより

図3 NOAAホームページより

2010年の熱波は自然現象です。

[論点4] 日本の海洋研究開発機構などの研究で、北極海の氷が夏に大きく減ることは、日本やこれらの地域が冬に寒くなる一因だと分かってきた。

はい、ルル。

図4 北半球高緯度の気温推移

図4 北半球高緯度の気温推移

1940年前後の北極圏の気温は高かった。
一方、ドイツの1月の気温を見てみると、

図5 ドイツの1月の気温推移

図5 ドイツの1月の気温推移

1940年前後はメチャメチャ低温。
確かに「北極海の氷が夏に大きく減ることは、日本やこれらの地域が冬に寒くなる一因」である可能性が高い。
とは言うものの、1940年前後の北極圏の気温は現在の気温と同じほど高い。
人為的なCO2排出は20世紀後半に激増したから、しかも、IPCCによれば、CO2の影響は北半球高緯度で大きいはずだから、CO2温暖化が本当ならば、北極圏の現在の気温は1940年前後よりもずっと高いはずなのに、そうはなっていない。
やはり、「人間の活動(=人為的排出CO2)による気温上昇」はIPCCの見積もりよりも遥かに弱い、ということ。

[論点5] 温度上昇による海水面上昇も深刻だ。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次報告書によると、1993~2003年には熱膨張で年間約1.6㍉ずつ海水面が上がった。

はい、ルル。

図6 海洋貯熱の推移

図6 海洋貯熱の推移

昨年10月9日の投稿で紹介したとおり、このデータから導き出される放射強制力はIPCCが主張する値よりもずっと低い。
Roger Pielkeは、global radiative feedbackが負か、さもなくば、IPCCのanthropogenic radiative forcingが間違っている、と言っていたけれど、フィードバックは水蒸気の効果が主で、IPCCによれば水蒸気にはradiative forcingが無いから、結局、IPCCの放射強制力が間違っていることは明らか。
ということは、やはり、「人間の活動(=人為的排出CO2)による気温上昇」はIPCCの見積もりよりも遥かに弱い、ということ。

但し、1993~2003年に限れば、海洋貯熱は高かった。

図7 Phys.Lett. A376(2012)1226 より

図7 海洋貯熱のデータから導き出された放射強制力。海洋貯熱が大きいほど放射強制力も大きい。(Phys.Lett. A376(2012)1226 より)

データの一部分だけを切り出して温暖化を煽り立てているんだね、人為的温暖化論者は。

[論点6] 米国は干ばつや記録的な熱波に襲われた・・・東大などの研究で氷河や氷床が解けたことになどに加え、人間がくみ上げた地下水の流入の影響が大きいことも判明した。

はい、ルル。

図8 グリーンランドの氷床にできた谷川状の水溜り

図8 グリーンランドの氷床にできた谷川状の水溜り

矢印をつけたところが黒くなってるけど、これはスス。
ススが光を吸収して、グリーンランドの氷床を溶かしているんだね。
周りが雪と氷だから、窪みの水も凍ってしまうはずなのに、そうなっていないのは、水溜りの底にススが沈殿して、それが光を吸収し、水を暖めているから。

もう一錠。

図9 真っ黒な氷河

図9 真っ黒な氷河

氷河が真っ黒。
これもスス。
それが氷河を溶かしている。

もちろん、ススも「人間の活動」の結果だから、その意味においては、人間が氷河や氷床を溶かしたことになるけれど、上で指摘したとおり、人為的排出CO2の影響は弱い。
確かに、CO2排出量が多いほどススも多く排出されるけど、ススの排出を防ぐことは容易。
我国や欧米では既に対策は出来ている。
それなのに、CO2の影響を過大評価することは、ススの影響から目を逸らせ、後進国の対策を遅らせ、その結果、環境に悪影響を及ぼすだけ。

昨年8月16日の投稿で紹介したけど、トレンバースは「湿度が高ければ涼しく、低ければ暑くなる傾向にある。熱が水分の蒸発に使われず、すべて気温の上昇につながるからだ」と言ってた。
それならば、「人間がくみ上げた地下水の流入の影響が大きい」ということは、地中の水分が減少し、その結果、「熱が水分の蒸発に使われず、すべて気温の上昇につながる」ということであり、それが気温上昇を引き起こす一因になってるんだね。
米国では地下水の汲み上げがエグイから、それが「米国は干ばつや記録的な熱波に襲われた」原因なんだよ。
もちろん、それも「人間の活動による気温上昇」だけど、CO2の影響を過大評価することは、CO2以外の人為的要因から目を逸らせ、ススの場合と同様、環境に悪影響を及ぼすだけ。

[論点7] 12年の1~10月の地球表面の平均気温は1961~90年までの平均気温よりも約0.45℃高かった・・・IPCCは気候変動が進行すると、強い台風が増える可能性を予測している。

はい、ルル。


台風15号、910ヘクト・パスカルで沖縄通過
大型で非常に強い台風15号は26日、沖縄本島や鹿児島県・奄美大島などを風速25メートル以上の暴風域に巻き込みながら、那覇市の東の海上を北上、同日午後9時前に沖縄本島を通過した。
中心気圧は910ヘクト・パスカルで、日本を襲った台風としては過去最大級の勢力に発達しており、気象庁は沖縄県や奄美地方で記録的な暴風や大雨になる恐れがあるとして、警戒を呼びかけている。
同庁の発表では、26日午後8時現在、那覇市の北東約70キロの海上を時速20キロで北西に進んでいる。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。同日午後には鹿児島県・沖永良部島で最大瞬間風速42.7メートル、那覇市でも同34.8メートルを観測した。
沖縄気象台によると、沖縄県を通過した台風で中心気圧が最も低かったのは、1959年の台風14号(908.1ヘクト・パスカル)。今回はそれに匹敵する勢力になった。同庁によると、本土に上陸した台風で中心気圧が最も低かったのは、61年の台風18号で925ヘクト・パスカル。
同県では宜野湾市の男性(78)が転倒して頭をけがするなど、4人が軽傷。鹿児島県では与論町の全域の2450世帯5480人、徳之島町の亀津地区の一部(170世帯)に避難勧告が発令され、鹿児島、沖縄両県で800人以上が避難した。両県で3万2000世帯以上が停電した。
那覇空港(那覇市)では全便が欠航し、午後3時に空港ターミナルビルも閉鎖。本島と離島を結ぶ航路はすべて欠航した。
気象庁によると、台風15号は27日にかけ、強い勢力を保ったまま東シナ海を北上する。同日午後6時までの24時間雨量は、多いところで沖縄県で400ミリ、奄美地方で250ミリを予想している。


(2012年8月26日21時06分  読売新聞)

気温が低い方が台風が強いですが、何か?

[論点8] 気候変動の影響を抑えるには、気温上昇を2度以内にすることが必要だとされる。

はい、ルル。

図10 21世紀の気温予想

図10 21世紀の気温予想

昨年1月9日の投稿で論じたとおり、20世紀の気温上昇は専らCO2増加が原因だとしても、今世紀中の気温上昇は2℃以内に収まる。
って言うか、昨年11月14日の投稿で指摘したとおり、CO2の温室効果はほぼ飽和しているから、CO2の温室効果が上がる余地は0.3℃しか残っていない。
(実際には、CO2の吸収帯域は大気の窓領域にも広がっているかから、CO2が目茶苦茶に増えれば、CO2の温室効果はもっと上がるけど、人為的CO2排出でそれは問題にならない。)

図11 15μm帯域の温室効果。赤はCO2、水色は水蒸気の寄与

図11 15μm帯域の温室効果。赤はCO2、水色は水蒸気の寄与

昨年11月19日の投稿で紹介したとおり、トレンバースは、CO2の温室効果(の増分)はフィードバックで4倍に増幅される、と言い立てていたけど、それを受け容れたとしても、気温は0.3℃×4=1.2℃しか上がらない。
しかも、飽和に近いから、今後CO2が増えても、気温は少しずつ上がっていくだけであり、心配する必要は全く無い。

[論点9] しかし、WMOによると、11年の地球の温室効果ガスの濃度が過去最高値を更新した。地球規模での速やかな対応が強く求められている。

いい加減ウザイけど、はい、ルル。

図12 IPCC第4次報告書のFAQ3.1の図1

図12 IPCC第4次報告書のFAQ3.1の図1

上図の黄色の線がIPCCの人為的温暖化論なんだよ。
実際、下の表の一番上の式がIPCCの理論で、

図13 IPCC第3次報告書の表6.2

図13 IPCC第3次報告書の表6.2

それをグラフにしたのが下図の赤線で、青線が図12の黄色の線に相当するから、

図14 1970年以降の気温偏差とIPCCの理論予想

図14 1970年以降の気温偏差とIPCCの理論予想

IPCCが正しければ、つまり、人為的CO2排出が温暖化を起こすのならば、今年は1998年よりも0.3℃気温が高いはずなんだね。
しかも、「11年の地球の温室効果ガスの濃度が過去最高値を更新した」のであれば、もっと上がっているはず。
ところが、図1で示したとおり、この15年間、気温上昇は停滞したまま。
IPCCの人為的(CO2)温暖化はでっち上げなんだよ!

ルルを飲んで、温暖化風邪を早く治してね。

って言うか、飲みすぎだな。
もう9錠も飲んじゃったぞ。
さすがは、9条護憲派。
風邪薬の飲みすぎで死ぬぞ。
って言うか、実は、「地球規模でのIPCC信者の速やかな死が強く求められている」んだよ。

[論点10] 農作物やインフラへの深刻な被害が出る恐れがある。

はい、ルル。

図15   IPCC第4次報告書の図9-5より。黒線が観測データで赤線はコンピュータシミュレーション。

図15   IPCC第4次報告書の図9-5より。黒線が観測データで赤線はコンピュータシミュレーション。

ピナツボ(Pinatubo)火山が噴火し、北半球で気温が下がった時、東北地方は凶作になった。
ところが、人為的温暖化論者は、1900年頃の気温が正常、と言い張るんだね。
その証が例のホッケースティック。

図16 RealClimateの「Wahl-to-Wahl coverage」より

図16 RealClimateの「Wahl-to-Wahl coverage」より

1900年頃の気温が正常なら、凶作どころではなく、大飢饉に陥り、世界中で餓死者が続出するはず。
にもかかわらず、それが正常、と言い張るんだね、人為的温暖化論者は。
如何に異常な連中であるかは明らかだろ。

ルル一瓶一気飲みで死にさい、ね。

犬畜生の温暖化謝肉祭

サン=サーンス「動物の謝肉祭」よりフィナーレ

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

「左翼」が性懲りも無く温暖化プロパガンダを再開しやがったぞ!

図1 2013年1月9日の朝鮮日刊新聞夕刊紙面より

図1 2013年1月9日の朝鮮日刊新聞夕刊紙面より

何が「温暖化はストップしていない」だ!
昨年4月9日の投稿で紹介したとおり、環境研究所の詐欺師どもは「地球温暖化が、主に人間の活動が産み出す温室効果ガスによってもたらされていることは、もはや疑う余地がありません」などと喚き立てていたけど、「サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”で解説しているとおり、そして、昨年11月14日の投稿でも繰り返したとおり、CO2の温室効果は産業革命時にほぼ飽和しているから、人為的なCO2排出で重大な気候変動など起こり得ないんだよ。
「温暖化詐欺はストップしていない」だけだろ!
いい加減にしろ!!

何が「日本の海洋研究開発機構などの研究で・・・」だ!
昨年1月11日の投稿2月11日の投稿で紹介したとおり、その海洋研究開発奇行に所属している自称「地球温暖化の研究に真面目に取り組む科学者」は、反論に窮した挙句、破廉恥で醜悪な悪態を吐いて逃げ出したんだね。
昨年4月22日の投稿へのコメントには「左翼右翼はもういいさ。同じ人間だろう」と書いてあったけど、正に、左翼か右翼かを問わず、人間としての最低限の理性と良心があれば、自称「地球温暖化の研究に真面目に取り組む科学者」の愚劣さ下劣さ卑劣さは誰の目にも明らかであり、であるから、人為的(CO2)温暖化論の虚構もまた明らかなはず。
にもかかわらず、尚も人為的温暖化を喚き立てるのは、人間としての最低限の理性と良心さえ欠落している証。
つまり、犬畜生。

で、人為的温暖化を煽り立てた以上、温暖化対策を喚き立てるのは当然の成り行きだけど、早くも翌日の朝刊にこんな記事が。

図2 2013年1月10日の朝鮮日刊新聞朝刊紙面より

図2 2013年1月10日の朝鮮日刊新聞朝刊紙面より

1月8日の投稿で指摘したけど、もう一度、言うぞ。
真の「脱原発」を実現するには、つまり、福島原発事故を収束させ、被害者を救済し、除染を進め、既存の原発の廃炉を進め、放射性廃棄物の処分を進めるには、莫大な費用が必要だけど、結局のところ、それは電気代や税金を介して国民が負担することになる。
それなのに、温暖化対策と称して国民の血税を浪費(と言うよりも、温暖化対策と騙して国民の血税をくすね盗っているだけ)すれば、その分だけ「脱原発」にお金が廻らなくなり、その分だけ国民負担が増える。
その結果、国民が負担に耐えかねると、「脱原発」は遠のいてしまう。
現実には、昨年10月1日の投稿で採り上げたとおり、地球温暖化対策に名を借りた収奪が強化されているから、既に、その分だけ「脱原発」は遠のいた、つまり、国民の命の安全は遠のいた。

しかも、2011年3月25日の投稿で採り上げた2011年3月25日の朝鮮日刊新聞社説が「太陽光や風力、燃料電池など新エネルギーの利用を増やし、地球温暖化防止に必要な低炭素社会への地ならしにもしたい」だの、2011年4月15日の投稿で採り上げた2011年4月4日の朝鮮日刊新聞社説が「CO2を出す化石燃料依存へと、単純な先祖返りはできない。ならば太陽光、風力、地熱など再生可能な自然エネルギーを総動員する必要がある」だの、2011年8月6日の投稿で採り上げた2011年6月19日の朝鮮日刊新聞社説が「原発事故を目の当たりにしたいま、地球温暖化を防ぎながら、原子力への依存度を下げていくには、自然エネルギーの普及を急がねばならない」だの、2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年7月13日の朝鮮日刊新聞社説が「二酸化炭素を出し、地球温暖化の防止にはマイナスに働くが、自然エネルギーの開発と省エネを進めていき、長期的には脱原発と両立させねばならない」だのと喚き立てていたことから明らかなとおり、温暖化プロパガンダを利用して「脱原発=自然エネルギー」と思い込ませ、その結果、昨年7月5日の投稿9月9日の投稿で採り上げたとおり、自然エネルギー買い取り制度が始まった。
けど、国民の支払う電気代がチョンコロ孫不正義の懐に転がっても、それが福島原発事故の収束や被害者の救済に資することは無いし、原発の廃炉に資することも無い、つまり、真の「脱原発」に資することは全く無い。
国民の支払う電気代が「脱原発」に役立たなければ、その分だけ、「脱原発」のための国民負担は増える。
つまり、チョンコロ孫不正義が儲ける分だけ、「脱原発」のための国民負担は増える。
チョンコロ孫不正義が利を貪る分だけ、国民の安全・安心が遠ざかる。

でっち上げにすぎない人為的温暖化で国民を騙し、二重三重に国民から収奪し、真の「脱原発」を阻害しているんだな、犬畜生・左翼と犬畜生・IPCC党は。
にもかかわらず、すなわち、「人為的温暖化プロパガンダによる影響は、すでに私たちの生活を脅かしつつある」にもかかわらず、あべこべに「気候の異変による影響は、すでに私たちの生活を脅かしつつある。この1年、『気候異変』と向き合い、考えてみたい」などと言い張って、またもや、国民を欺くプロパガンダを垂れ流そうと企てるのは、本気で日本国民を噛み殺したいからに他ならない。
単なる犬畜生ではなく、狂犬だね、人為的温暖化を煽り立ててる左翼とIPCC党は。

IPCC党が狂犬以外の何物でも無いという真実は、張の分際で我国の原点を示す地名を名乗っている卑劣で邪悪な虫国野郎に、ハッキリと見て取れるな。
真の「脱原発」を実現するには、国民負担を最小限にすることが必須だから、久保田宏・東京工業大学名誉教授も指摘しているとおり、原発は安い石炭火力で置き換える必要がある。
実際、昨年9月25日の投稿で紹介したとおり、ドイツは原発を石炭火力で置き換えようとしている。
しかも、原発の無いオーストラリアでさえ石炭火力に注力している。


石炭火力発電、日豪でCO2ゼロへ実験
2012/12/15 19:08
【ビロエラ=柳迫勇人】Jパワーなど日本とオーストラリアの官民は15日、豪州の石炭火力発電所で、発電時に発生する二酸化炭素(CO2)排出量をゼロにする「CCS」技術の実証実験を始めた。窒素を取り除いた空気で石炭を燃やし、高濃度のCO2を分離・回収して地下に貯蔵する。約2年の実証実験を経て2020年をメドに商用化をめざす。
実験場所は豪北東部クイーンズランド州ビロエラにあるカライドA石炭火力発電所(発電容量3万キロワット)。総事業費は2億4100万豪ドル(約210億円)の見通し。


(日本経済新聞)

人為的に排出されたCO2が重大な気候変動を引き起こすことなどあり得ないから、CO2の地下貯蔵はエネルギーと資金の無駄遣い(だからこそ、210億もかかる)以外の何物でも無く、愚の骨頂だけど、我国の技術を利用しているわけで、我国が石炭火力を使ってはいけないという謂れは無いだろ。
にもかかわらず、張寿川は「国内で温室効果ガスが減らない要因の一つの石炭火力重視もおかしい」と喚き立てて、石炭火力を妨害しようと図り、その挙句に、「脱原発」の実現可能性をも顧みず、すなわち、日本国民の命をも顧みず、「国際社会は責任放棄と非難し始めている」と罵り、日本を貶めようと図ったんだね。
日本国民を噛み殺したいようだな、狂犬・張寿川は。
前回の投稿で論じたとおり、狂犬・左翼が自然エネルギーを煽り立てる目的の一つは、東シナ海の海洋資源を中禍人糞凶和国に差し上げることであり、だからこそ、虫国野郎が朝鮮日刊新聞の紙面上で我国に噛みついたんだね。
しかも、己こそ日本国民に噛みつく狂犬のくせして、あべこべに「人が犬に噛みついたのノリだけで温暖化懐疑説を取り上げることだけは是非ともやめて欲しいというのが私たちの切実な願いである(「地球温暖化懐疑論批判」の「議論2」)」などと言い放ったんだな。

人為的温暖化を煽り立てる狂犬・左翼と狂犬・IPCC党を一匹残らず駆逐しなければならない!
日本国民の命と財産を守るために。

前へ 過去の投稿