Goldenberg変奏曲

バッハ「ゴルトベルク(Goldberg)変奏曲」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

Goldenbergと名乗るおばさんがこんなこと書いてる。


Billionaires Secretly Funded Vast Climate Denial Network
The conservative dark-money group Donors Trust contributed huge sums to battle against climate-change science.
―By Suzanne Goldenberg
| Fri Feb. 15, 2013 3:01 AM PST
Conservative billionaires used a secretive funding route to channel nearly $120 million to more than 100 groups casting doubt about the science behind climate change, the Guardian has learned.
The funds, doled out between 2002 and 2010, helped build a vast network of think tanks and activist groups working to a single purpose: to redefine climate change from neutral scientific fact to a highly polarizing “wedge issue” for hardcore conservatives.
The millions were routed through two trusts, Donors Trust and the Donors Capital Fund, operating out of a generic town house in the northern Virginia suburbs of Washington, DC. Donors Capital caters to those making donations of $1 million or more.
Whitney Ball, chief executive of the Donors Trust, told the Guardian that her organization assured wealthy donors that their funds would never by diverted to liberal causes.
“We exist to help donors promote liberty which we understand to be limited government, personal responsibility, and free enterprise,” she said in an interview.
By definition that means none of the money is going to end up with groups like Greenpeace, she said. “It won’t be going to liberals.”
Ball won’t divulge names, but she said the stable of donors represents a wide range of opinion on the American right. Increasingly over the years, those conservative donors have been pushing funds towards organizations working to discredit climate science or block climate action.
Donors exhibit sharp differences of opinion on many issues, Ball said. They run the spectrum of conservative opinion, from social conservatives to libertarians. But in opposing mandatory cuts to greenhouse gas emissions, they found common ground.
“Are there both sides of an environmental issue? Probably not,” she went on. “Here is the thing. If you look at libertarians, you tend to have a lot of differences on things like defense, immigration, drugs, the war, things like that compared to conservatives. When it comes to issues like the environment, if there are differences, they are not nearly as pronounced.”
By 2010, the dark money amounted to $118 million distributed to 102 think tanks or action groups which have a record of denying the existence of a human factor in climate change, or opposing environmental regulations.
The money flowed to Washington think tanks embedded in Republican party politics, obscure policy forums in Alaska and Tennessee, contrarian scientists at Harvard and lesser institutions, even to buy up DVDs of a film attacking Al Gore.
The ready stream of cash set off a conservative backlash against Barack Obama’s environmental agenda that wrecked any chance of Congress taking action on climate change.
Those same groups are now mobilizing against Obama’s efforts to act on climate change in his second term. A top recipient of the secret funds on Wednesday put out a point-by-point critique of the climate content in the president’s State of the Union address.
And it was all done with a guarantee of complete anonymity for the donors who wished to remain hidden.
“The funding of the denial machine is becoming increasingly invisible to public scrutiny. It’s also growing. Budgets for all these different groups are growing,” said Kert Davies, research director of Greenpeace, which compiled the data on funding of the anti-climate groups using tax records.
“These groups are increasingly getting money from sources that are anonymous or untraceable. There is no transparency, no accountability for the money. There is no way to tell who is funding them,” Davies said.
The trusts were established for the express purpose of managing donations to a host of conservative causes.
Such vehicles, called donor-advised funds, are not uncommon in the United States. They offer a number of advantages to wealthy donors. They are convenient, cheaper to run than a private foundation, offer tax breaks, and are lawful.
That opposition hardened over the years, especially from the mid-2000s, when the Greenpeace record shows a sharp spike in funds to the anti-climate cause.
In effect, the Donors Trust was bankrolling a movement, said Robert Brulle, a Drexel University sociologist who has extensively researched the networks of ultra-conservative donors.
“We don’t know where a lot of the money is coming from, but we do know that Donors Trust is just one example of the dark money flowing into this effort.”
“This is what I call the countermovement, a large-scale effort that is an organized effort and that is part and parcel of the conservative movement in the United States ” Brulle said. “We don’t know where a lot of the money is coming from, but we do know that Donors Trust is just one example of the dark money flowing into this effort.”
In his view, Brulle said: “Donors Trust is just the tip of a very big iceberg.”
The rise of that movement is evident in the funding stream. In 2002, the two trusts raised less than $900,000 for the anti-climate cause. That was a fraction of what Exxon Mobil or the conservative oil billionaire Koch brothers donated to climate skeptic groups that year.
That accounted to 46 percent of all their grants to conservative causes, according to the Greenpeace analysis.
The funding stream far outstripped the support from more visible opponents of climate action such as the oil industry or the conservative billionaire Koch brothers, the records show. When it came to blocking action on the climate crisis, the obscure charity in the suburbs was out-spending the Koch brothers by a factor of 6 to 1.
“There is plenty of money coming from elsewhere,” said John Mashey, a retired computer executive who has researched funding for climate contrarians. “Focusing on the Kochs gets things confused. You can not ignore the Kochs. They have their fingers in too many things, but they are not the only ones.”
It is also possible the Kochs continued to fund their favorite projects using the anonymity offered by Donor Trust.
But the records suggest many other wealthy conservatives opened up their wallets to the anti-climate cause―an impression Ball wishes to stick.
She argued the media had overblown the Kochs support for conservative causes like climate contrarianism over the years. “It’s so funny that on the right we think George Soros funds everything, and on the left you guys think it is the evil Koch brothers who are behind everything. It’s just not true. If the Koch brothers didn’t exist, we would still have a very healthy organization,” Ball said.


(Mother Jones)

えぇぇ~~~!
私めのところには一銭も来てないよ。

なぜだよ~~~!
なぜ俺様のところに来ないんだ?
IPCC党を完膚なきまでに叩きのめしたのは俺様だぞ!

な~んにも、判っちゃいねえな。
仕方ないから、説明すっか。

IPCC党が、20世紀の気温上昇は主に人為的排出CO2が原因ざます~~~、と言い立てているのに対して、懐疑論者は、20世紀の気温上昇は主に自然要因でCO2の影響は弱い、と反論してる。
ところが、だ。
殆どの懐疑論者はIPCCの言い分、大気中CO2濃度が倍増すればCO2の温室効果は1℃上がる、を真に受けているんだな。
例えば、オーストラリアの懐疑論者David Evansが書いた「The Skeptic’s Case」を見ると。

2013022801

大気中CO2濃度が倍増すればCO2の温室効果は1℃上がるけれど、フィードバックは負、と言うんだね。
けど、それは誤り。
IPCCの主張するとおり、CO2の温室効果はフィードバックで3倍に増幅される。

それを説明するために、もう一度「The Skeptic’s Case」を見ると、注釈に次のような記述がある。


More generally, if the CO2 level is x (in parts per million) then skeptics estimate the temperature increase due to the extra CO2 over the pre-industrial level of 280 ppm as 0.72ln(x/280). For example, skeptics attribute a temperature rise of 0.72ln(392/280) = 0.24C to the increase from pre-industrial to the current CO2 level of 392 ppm.


(「The Skeptic’s Case」の注釈4)

サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”(の第7節と第11節)を読んだ人は気がついたと思うけど、0.24℃という値は私めが導いた値と全く同じ。
であるから、懐疑論者も、20世紀の気温上昇0.8℃の半分は自然要因で、残り半分は人為的要因だけど、その中の0.16℃はCO2以外の人為的要因、と認めているんだな。
ところが、”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の第7節で解説したとおり、自然要因の0.4℃というのは、20世紀前半に太陽の活動が強まり、それがフィードバックで3倍に増幅された結果なんだね。

言っておくけど、私めはIPCCの主張を鵜呑みにしているわけじゃないぞ。
2月23日の投稿で解説したとおり、北半球高緯度の気温を見れば、少なくとも20世紀前半の気温上昇は自然要因と認められる。
全球平均気温で見れば、それは0.4℃。
これを太陽の活動で説明しようとすれば、フィードバックは×3になるんだよ。
逆に、懐疑論者の主張する×0.5なら、20世紀前半の気温上昇を説明できない。
もう判ったと思うけど、自然要因が大きいという主張とフィードバックは負という主張は相容れないんだな。
懐疑論者は自己矛盾に陥っているんだね。

懐疑論者の頼みの綱は例の宇宙線云々という議論だけど、宇宙線の寄与がありえても、負のフィードバックはありえない。
なぜならば、フィードバックは水蒸気の寄与が主で、且つ、全温室効果33℃に占める寄与は水蒸気が一番大きいから。
昨年4月9日の投稿で紹介したとおり、IPCC党も「大気による温室効果の寄与率を見ると、水蒸気が約6割、二酸化炭素が約3割」と、つまり、水蒸気の寄与はCO2の寄与よりもずっと大きいと認めていたけど、水蒸気フィードバックが強い正だからこそ、水蒸気の温室効果が強いんだね。
逆に、フィードバックが負なら、CO2の温室効果は水蒸気より大きいはず。
20世紀の気温上昇に占めるCO2の寄与は0.24℃にすぎない、と言いながら、CO2の温室効果はIPCCが主張する値よりもずっと大きい、と言い張ってるんだな、懐疑論者は。
これはもう笑い話だろ。

けど、「20世紀の気温上昇に占めるCO2の寄与は0.24℃」は観測に裏づけられた事実。
ということは、「大気中CO2濃度が倍増すればCO2の温室効果は1℃上がる」が間違っているんだね。
0.24℃という値を「大気中CO2濃度が倍増すればCO2の温室効果は1℃上がる」という誤った論理で説明しようとしたから、フィードバックが負という誤った結論になってしまったんだな。

大気中CO2濃度が倍増してもCO2の温室効果は1℃も上がらないんだよ。
なぜならば、サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”で解説したとおり、そして、昨年11月14日の投稿で解説したとおり、CO2の温室効果は飽和に近いから。
もちろん、IPCC党は、CO2の温室効果は飽和しないざますぅ~~~、と喚き立てているけど、2011年12月17日の投稿昨年1月13日の投稿、そして、昨年2月4日の投稿で論じたとおり、飽和論に対するIPCC党の反論は科学的な議論の体を為していない。
それは飽和論に反論できないことを露呈してる。
反論できないから、昨年1月11日の投稿で紹介したとおり、自称「地球温暖化の研究に真面目に取り組む科学者」が悪態を吐き散らしたんだよ。
であるから、もはや決着はついているのであり、人為的温暖化論の虚構は明らかであるのみならず、懐疑論者の誤りもまた明らかなんだね。
自称「地球温暖化の研究に真面目に取り組む科学者」は「地球温暖化にかかわる研究をしている科学者を笑いものにしているのか、温暖化懐疑論を笑いものにしているのか、よくわかりません」などと泣き言を垂れていたけど、真の科学は客観的であり、そうである以上、たとえIPCCに批判的でも、IPCCと同じ誤りを犯した者はIPCCと共に葬り去ってしまうんだよ。

IPCC党を震え上がらせたのは、誰あろう、私めだぞ!
1月14日の投稿で紹介したとおり、「地球温暖化懐疑論批判」が消えてしまったのが何よりの証だろ。
役立たずの懐疑論者どもに金をばら撒くんじゃねえ!
1億ドルは俺の物だ!
俺様に1億ドルよこせ~~~!

へ~ん、だ!
毛唐の金なんか貰わねえよっ!

広告

おお、左翼よ、原発事故と丸紅を愛しうる限り愛せ

リスト「愛の夢、第三番」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

これを見てちょ。


丸紅、大雪山で地熱発電へ地表調査
2013/2/26 20:33
丸紅は北海道上川町の大雪山国立公園内で今春以降、地熱発電事業化に向けて地表調査を始める。自然再生エネルギーへの取り組みを強化する狙い。国立公園内での地熱開発の規制が昨春緩和されてから、事業化に向けた具体的な調査が始まるのは全国で初めてになる。
上川町白水沢地区で地熱発電を検討する丸紅は26日、同町で開かれた地熱発電の協議会で調査概要を説明した。同地区近くにある層雲峡温泉や町関係者らが了承し、同社は今後、環境省に調査の許可を申請する。
調査は現地の地下構造や熱源分布などを調べる。調査に1~2年程度かけ、その後、蒸気量を調べるための試験掘削や環境影響評価(アセスメント)などもする。事業化までに8年以上はかかるもようだ。
火山が多い日本は地熱資源が豊富とされるが、国立公園内での地熱発電が厳しく制限され、普及が進んでいなかった。同町でも地熱資源が国立公園内にあり、開発に多額の費用がかかることなどから過去に事業化を断念した経緯がある。
東日本大震災後、再生可能エネルギーへの関心が高まり、国は昨春、国立公園内での地熱開発の規制を緩和した。


(日本経済新聞 電子版)

あ~、あ~、あ~。
丸紅の強欲さには呆れ返るな~。
そして、自然エネルギー・電力自由化を煽り立てる「左翼」にも呆れ返るな~。
大雪山の自然よりも丸紅様の利益が大事、丸紅様がインフラを牛耳る社会を目指す。
それが「左翼」の本音。

既に昨年11月12日の投稿2月20日の投稿で指摘してきたから、もう新たに言うべきことは無いけど、電力自由化に関して面白い論文(早稲田大学の博士論文)を見つけたので、それを紹介しよう。
(私見では、政治学者だから経済的分析は甘い。けど、市場原理主義に骨の髄まで冒された我国の経済学者どもは、その典型が「金子KO負け」と吉田文和だけど、新自由主義としての電力自由化を論じたりはしないので、これは貴重な文献だと思うぞ。)


<経済学者の連帯感に基づく運動>
以上見てきたように、1980年代にイギリス、アメリカで始まったエネルギー・電力市場自由化の動きは世界に広まったが、ここでこの動きの性格について論ずることにしよう。この運動を支えた原理は、市場メカニズムを貫徹することが、経済効率を高めるとともに、自由主義、民主主義を支える基盤として不可欠であるというものであり、シカゴ学派に共有されている知的信条であった。
・・・中略・・・
電力市場自由化の世界的な動きは、経済学者の職業的連帯感のようなものによる、競争は善という暗黙の了解の存在により、特にエピステミック・コミュニティーをつくるまでもなく、世界の多くの経済学者が支持するという基盤に支えられたものであった。


(「エネルギー・地球温暖化問題と知識」の152頁~153頁)


<エネルギー市場自由化への対応>
日本における1980,90年代のエネルギー部門自由化の動きは、内発的なものではなく、1970年代におけるイギリスの経済的苦境とそれに対するサッチャー政権の対応、1980年代におけるアメリカの財政赤字、貿易赤字への対応、PURPAに端を発する電力市場の自由化に由来するところが大きい。
・・・中略・・・
アメリカも経済活動の活性化をはかるために、市場原理を最大限活用するという政策を採用し、イギリスとともに、市場自由化は、世界経済の活性化につながり、自由と民主主義の実現のために有効な手段であるとして世界中にこの政策を取り入れるよう働きかけた。
・・・中略・・・
バブルの崩壊、不況の長期化、円高の進行、アメリカからの圧力などにより、政府は経済構造の改革に本腰を入れるようになったのである。日本経済の諸々の危機の打開は規制緩和による市場原理の活用によるほかはない、経済の構造を変えなくてはいけない、高コスト体質を直さなくてはいけないという声が、多くのエコノミストから発せられ、これをマスコミが煽った。
・・・中略・・・
電力、ガスの場合、長い間地域独占が認められ、安定供給の責任が果たされてきた。そこに降って湧いたように外国と比べ、電気、ガス料金が高い、それは独占の結果であるというクレームをアメリカからつきつけられ、それに日本の消費者、経済学者の一部が反応した。


(「エネルギー・地球温暖化問題と知識」の192頁~193頁)


<日米構造協議>
このように進んできた日米構造協議のなかで、エネルギーが重要な対象分野として取りあげられるようになるのは、日米構造協議第3ラウンドとなる1997年6月、デンバーサミットの際、橋本総理とクリントン大統領の間で合意された「日米間の新たな経済パートナーシップのための枠組みのもとでの規制緩和及び競争政策に関する強化されたイニシアティブ」(通称「強化されたイニシアティブ」)である。実際は、ここでも当初はエネルギーは入っておらず、翌1998年5月のバーミンガムサミットの際の日米首脳会議で、追加されたものである。
・・・中略・・・
1999年10月、アメリカは、第1回日米エネルギー専門家会合を前に、本格的な規制改革要望書である「日本における規制撤廃、競争政策、透明性及びその他の政府慣行に関する日本政府への米国政府の要望書」を提出した。これには電気通信分野等に加え、エネルギー分野に関しても大幅、かつ本格的な規制緩和の要望が盛り込まれていた。具体的には、電力分野に関しては、①独立した規制機関の設置、②透明、非差別的な託送サービスの提供、③公正な託送料金の設定、④自由化の点検スケジュールの設定など、またガス分野については、①LNG受け入れ基地と輸送ネットワークへの合理的な料金でのアクセスを可能にする競争的な市場の構築、②長距離パイプラインの建設促進と新規参入者のアクセスを容易にする制度の整備などを要望していた。
・・・中略・・・
アメリカの日本に対する電力・ガス部門の自由化に対する強い要求の背後には、ブッシュ政権に多額の献金を行い、同政権に太いパイプを持っているエンロン社が動いていたことはよく知られているが、2000年8月エンロンジャパン社は、総合資源エネルギー調査会都市熱エネルギー部会都市ガス事業料金制度分科会中間とりまとめに関するパブリックコメントを提出し、LNG基地の開放等を強く要求するとともに、2001年5月には、「日本電力市場の改革への提案」を発表している。このような状況のなかで、第4回専門家会合が、2001年6月に開かれ、アメリカは、アンバンドリングについて「経営分離を検討し、・・・主要な電力会社にあっても託送網が独立した法人によって管理運営されるようにする」という法的分離を提案してきた。第4回共同現状報告(2001年6月)では、エネルギー分野の自由化・規制改革に関する外国の事例からの教訓の重要性の認識、電力・ガス市場整備課の体制及び公正取引委員会との連携、公正取引委員会の機能評価、パブリック・コメント手続き、電力規制改革の継続推進、電源開発の民営化、ガス規制改革の継続推進が報告された。
・・・中略・・・
2000年の夏から冬にかけてのカリフォルニアの電力危機で同州が自由化を中止したこと、自由化の急先鋒であったエンロン社が2001年12月に倒産したことなどでアメリカ側の矛先きも鈍ってきた。


(「エネルギー・地球温暖化問題と知識」の195頁~197頁)

2月3日の投稿で紹介したけど、正にアメ公の要求どおり、「法的分離」を推し進めようとしているんだね、経済産業破壊省は。
にもかかわらず、2月10日の投稿で採り上げた2013年2月10日の朝鮮日刊新聞社説は「なかでも、電力会社の発電部門と送配電部門を別会社にする『法的分離』を明記した意義は大きい」と囃し立てていたわけで、電力自由化を煽り立てる「左翼」が新自由主義の狗に他ならないことがハッキリしたな。
2011年9月11日の投稿10月3日の投稿昨年1月26日の投稿5月21日の投稿7月9日の投稿7月30日の投稿8月2日の投稿8月24日の投稿9月22日の投稿、そして、10月16日の投稿で紹介したとおり、「左翼」は、民主主義、民主主義、と喚き立ててきたけど、それは「市場メカニズムを貫徹することが、民主主義を支える基盤として不可欠である」という意味における、「市場自由化は民主主義の実現のために有効な手段である」という意味における「民主主義」なんだね。

カリフォルニアの電力危機とエンロンの倒産で「アメリカ側の矛先きも鈍って」、意気消沈してたけど、原発事故に乗じて息を吹き返してきたんだな。
「脱原発」と嘯いてるけど、実は、原発事故万々歳。
それが自然エネルギー・電力自由化を煽り立てる「左翼」の本音。
昨年1月29日の投稿で紹介した、チョンコロ韓直人の嬉しそうな顔がその証。
2011年8月18日の投稿9月11日の投稿で紹介したとおり、原発の広告を垂れ流して国民を騙した朝鮮日刊新聞が、つまり、原発事故を引き起こした犯人である朝鮮日刊新聞が電力自由化を煽り立てているのがその証。
そして、大穢健三郎が、昨年4月3日の投稿で紹介したとおり、「私が最も絶望させられたのは、電力会社、政府の役人、政治家、メディア関係者が結託して放射能の危険を隠すために行った『沈黙による陰謀』とも呼ぶべき行為です」と言いながら、朝鮮日刊新聞を糾弾するどころか、昨年9月10日の投稿で紹介したとおり、あべこべに、電力自由化を推し進めるための「脱原発基本法案」を画策したのもその証。

原発事故を悦び、丸紅に奉仕する「左翼」を一匹残らず社会から駆逐せよ!

再生可能エネルギーは原子力の影法師

シューベルト「白鳥の歌」より「影法師」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

昨年10月31日の投稿で糾弾したのに、日本物理学会元会長の惚け爺が性懲りもなくしゃしゃり出てきやがったぞ。


原発の早期再稼働を提言=有識者グループ
2013/02/25-19:01
企業経営者や学者、元官僚でつくる「エネルギー・原子力政策懇談会」の有馬朗人会長(元東大総長)は25日、首相官邸で安倍晋三首相と会い、原発の早期再稼働を求める提言書を提出した。有馬会長によると、安倍首相は「大変重要な問題と考えている」と語った。
提言では、原発の危険性に関して「ゼロにするという不可能な命題(の解決)を目指すのではなく、どのように軽減するかを検証すべきだ」と指摘。原子力規制委員会が具体的な安全基準を早期に策定する必要があると訴えた。再生可能エネルギーについては「安価かつ安定的な電源となることは当面困難」としている。


(時事ドットコム)

キャ~、すてき、有馬朗人大先生!
はよ、棺桶に入れ、惚け爺!!

片や、原発が必要と言い立て、片や、つまり、左翼は、再生可能エネルギーで脱原発依存、と喚き立てる。
一見、両者は水と油だけど、実は、違うんだな。
再生可能エネルギーが「安価かつ安定的な電源となることは当面困難」はそのとおりだけど、2011年4月26日の投稿8月30日の投稿2012年1月5日の投稿7月11日の投稿7月25日の投稿9月4日の投稿、そして、9月7日の投稿で指摘したとおり、原発が無くても、再生可能エネルギーが無くても、電力は足りている。
にもかかわらず、原発か再生可能エネルギーかと喚き立ててるのは、国民を欺く以外の何物でも無く、その意味において、原発依存派と「再生可能エネルギーで脱原発依存派」は同じ穴の狢。

原発依存派は311以前の状態を維持できれば満足。
一方、昨年9月10日の投稿9月12日の投稿、そして、11月11日の投稿で解説したとおり、再生可能エネルギーは、実のところ、「脱原発」を阻害するだけだから、「再生可能エネルギーで脱原発依存派」の「脱原発」もまやかし。
再生可能エネルギー買い取り制度で利を貪ることが目的だから、「脱原発」が実現できなくてもいいんだよ、「再生可能エネルギーで脱原発依存派」は。
だから、結局は、じゃあ、中間を採りましょう、てなことになる。
って言うか、原発か再生可能エネルギーかと喚き立てて、じゃあ、中間を採れば?、と国民に言わせる。
国民を騙して利を貪るという点において、両者の利害は一致しているんだね。

原発依存派と「再生可能エネルギーで脱原発依存派」は、実のところ、裏で手を握っているんだよ。
その証拠が人為的温暖化プロパガンダ。
朝鮮日刊新聞は、2011年3月25日の投稿で採り上げた2011年3月25日の社説で「太陽光や風力、燃料電池など新エネルギーの利用を増やし、地球温暖化防止に必要な低炭素社会への地ならしにもしたい」だの、2011年4月15日の投稿で採り上げた2011年4月4日の社説では「CO2を出す化石燃料依存へと、単純な先祖返りはできない。ならば太陽光、風力、地熱など再生可能な自然エネルギーを総動員する必要がある」だの、2011年8月6日の投稿で採り上げた2011年6月19日の社説でも「原発事故を目の当たりにしたいま、地球温暖化を防ぎながら、原子力への依存度を下げていくには、自然エネルギーの普及を急がねばならない」と喚き立てていたけど、2011年3月22日の投稿で紹介したとおり、有馬朗人を推し立てて温暖化対策を正当化しようと図ったんだね。
また、2月6日の投稿で紹介したとおり、WWFは温暖化対策を盾に石炭火力発電を妨害しようと図ったけど、2011年4月13日の投稿で紹介したとおり、311の直前、東電に第20回地球環境大賞を授与してた。

で、石炭火力に関して、この記事を見てちょ。


原町発電所、復旧 「被災火力」で電力供給 原発動かず、綱渡り続く東北
2013年2月22日(金)07:57
厳しい寒さと積雪が続く東北の電力需給は、東日本大震災から2年近くたったいまも綱渡りが続いている。東北電力は財務の悪化から値上げ申請に踏み切ったが、原発の再稼働がなければ供給力不足の改善は見込めない。被災地を含めた冬の電力供給を支えているのは、津波で破壊され、やっと復旧したばかりの石炭火力発電所だ。(田辺裕晶)
東北電力が21日に報道陣に公開した原町火力発電所(福島県南相馬市、出力200万キロワット)。白くて真新しい発電所の傍らに、骨組みだけになった建屋の残骸が残り、津波の爪痕をまざまざと見せつけていた。
当初は今年夏までを予定していた工期を約半年短縮し、原町2号機が昨年11月、1号機が今年1月に何とか発電を再開した。2号機は3月末にも正式運転に移行する。
震災で被害を受けた東北電の火力発電所4カ所全てが、ひとまず復旧を果たす。樋口康二郎所長は「一日も早く復旧するという皆の心意気が後押ししてくれた」と振り返る。
東北電力管内では今冬、需給が最も厳しかった昨年12月11日でも供給予備率は6.9%を保った。ただ、原町2号機の発電再開がなければ最低限必要な3%を割り込む恐れもあった。
平成23年3月11日、震度6弱の激しい揺れの後、18メートルの大津波が発電所を飲み込んだ。がれきと化した車がタービン建屋の壁を突き破るなど、さまざまな設備が被害を受け、所員1人が亡くなった。
水は翌12日に引いたが、原町は福島第1原発から30キロメートル圏内にあり、所員は待避を余儀なくされた。がれきの撤去など復旧に向けた動きが始まったのは、約2カ月後の5月に入ってから。昼夜2交代で工事を進めた。
東北電力では、東通原発(青森県)の再稼働が原子力規制委員会の活断層調査で計画した27年7月から遅れる可能性が高い。厳しい需給と火力燃料費の増大による経営圧迫が続く。
燃料に安価な石炭を使う原町1、2号機のフル稼働は、石油などに比べて1日当たり2億円の燃料費圧縮につながる。樋口所長は「正式運転再開に向け安全運転に努め、安定供給に貢献したい」と決意を述べた。


(産経新聞)

被災地の生活・経済再建を支えるため、懸命に働く電力会社社員。
本当に、本当に、頭が下がるな。

とうとう、東北電力も値上げを申請するようだけど、石炭火力で「1日当たり2億円の燃料費圧縮」ができないと、値上げ幅は大きくなり、被災地の生活・経済再建はますます遠のく。
ところが、昨年9月25日の投稿で紹介したとおり、張寿川は「国内で温室効果ガスが減らない要因の一つの石炭火力重視もおかしい」と非難したんだね。
それは原町発電所に頼る被災者を罵り、そして、切り捨てる以外の何物でも無いだろ。
人間のクズめ!
しかも、被災者を切り捨てようと図りながら、昨年9月4日の投稿で紹介したとおり、あべこべに「それは、後世に大きなツケを残す結果となると同時に、今回の悲劇を被った人への裏切りともなる」と言い放った!
どこまで卑劣な野郎なんだ!!

張寿川の卑劣さ邪悪さは突出しているとは言うものの、人為的温暖化を煽り立てている連中は皆同じ穴の狢。
2月16日の投稿で紹介したとおり、気候ネットワークの糞婆も、この期に及んで、京都議定書に復帰しろ、と喚き立てていたけど、やはり、原町発電所を誹謗し、被災者を罵る以外の何物でも無いな。
しかし、それはIPCC党が、そして、IPCC信者が被災者の生活と命を顧みないことを完全に露呈したんだね。
人為的温暖化プロパガンダが国民の財産・命を損なうことを完全に露呈したんだね。

被災地の生活・経済を再建するため、そして、真の「脱原発」を実現し国民の健康と命を守るため、IPCC党とIPCC信者を一匹残らず社会から駆逐しなければならない!

お頭(つむ)カルメンの死

ビゼー「カルメン」より最終場

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

ググってたら、リークされたIPCC第5次報告書草案に関して、こんなこと書いてるブログを見つけたよ。


ブログやメールを書いたことがある人は、投稿や送信前に、自分か書いた内容をチェックする習慣があると思います。
本や報告書やニュースレターなど、大勢の人の目に触れる文書の場合は、他の人に内容をチェックしてもらった経験のある人も、多いのではないかと思います。
なぜ私たちはこのようなことをするのかと言えば、誰も最初から完璧な文章を書く事などできないからです。
さて、今週IPCCの次期報告書のドラフト(草稿)がネット上に流出し、ちょっとした騒ぎになりました。
そのような情報を広めることに反対なので、このブログからのリンクは貼りませんが、そのサイトがあることは確かめました。
サイトの管理者は、IPCC報告書のドラフトの中から、持論に都合が良い箇所だけを抜き出し、地球温暖化懐疑論を展開しています。
しかし、IPCCの報告書というのは、そもそも沢山の研究をまとめて評価したものなので、いろんな見方のできる研究が含まれているのは当然で、一部を抜粋してIPCCの見解とするのは間違っています。
また、「ドラフト」を書く際は、ちょっとでも迷ったらとりあえず残しておく、という方針の執筆者もいますし、最終的には削除される情報も沢山あります。
今回特に残念なのは、リークする人も問題なのですが、リークした報告書を読んだマスコミが、報告書の内容を報道してしまったこと。
IPCCの次期報告書(第5次評価報告書)は、大勢の科学者と政府関係者の厳しいチェックを経た後、来年~さ来年にかけて発表される予定です。
完成に向け、だんだんと緊張感が高まってくる時期なのに、こんな騒ぎがおこって残念でなりません。
IPCCの報告書が気になる皆様、ドラフト情報なんて気にしないで、ぜひ最終版の完成を楽しみにしていてください。


(「IPCC最新報告書流出騒動」)

これを書いたのは、女の環境学者のようだな。
こんな手合いに一々反応するなよ、という意見もあろうかと思うけど、昨年12月22日の投稿12月24日の投稿、そして、12月26日の投稿でIPCC第5次報告書を糾弾した手前、看過できんな。
女だからって容赦はせんぞ。

「最終的には削除される情報も沢山あります」と言い立てているけど、事実は全く逆で、昨年12月22日の投稿(の図2)で解説したとおり、北極圏のデータだけが削除されてたんだね。
2月11日投稿で採り上げた「地球温暖化との闘い」の「あとがき」が「北極海は、温暖化による気温上昇の影響を特に受けやすいとされており、北極海の氷の面積は、温暖化の進行を示す重要な指標として私たちに警告を発しているのです」と喚き立てていたとおり、人為的温暖化の影響は北半球高緯度に最も顕著に現れるはずであるにもかかわらず、その肝心のデータだけが抜けていたんだね。
おかしいだろ。
2月23日の投稿で解説したとおり、実のところ、北半球高緯度の気温は人為的温暖化と矛盾するんだよ。
だから、隠したんだな。
つまり、「持論に都合が悪い箇所だけを抜き出し、地球温暖化論を展開しています」ということ。

さらに、[Knight et al. (2009)]の論文を引用しながら、気候モデルで気温上昇が15年間停滞することは無い、という部分には言及していない。
これも意図的。
1月13日の投稿の図1で示したとおり、現実には、気温上昇はこの15年間停滞している。
だから、気候モデルは、つまり、人為的温暖化論は既に破綻している。
けど、その事実を知られてはまずい。
そこで、[Knight et al. (2009)]の都合の悪い部分には知らぬ顔の半兵衛を決め込んだ。
やはり、「持論に都合が悪い箇所だけを抜き出し、地球温暖化論を展開しています」。

なぜ、人為的温暖化論は破綻しているのか、と言うと、昨年11月14日の投稿、そして、サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”で解説したとおり、CO2の温室効果は既に飽和に近いから。
その証拠に、昨年10月9日の投稿で紹介したとおり、海洋貯熱のデータから導き出された放射強制力は気候モデルの値よりかなり弱い。
ところが、これまた昨年12月22日の投稿で指摘したとおり、IPCC報告書はその事実にも頬かむりを決め込んでいた。
やはり、「持論に都合が悪い箇所だけを抜き出し、地球温暖化論を展開しています」。

ドラフトだから、不完全だから、というような言い訳が通用しないことは明らかだろ。

「一部を抜粋してIPCCの見解とするのは間違っています」と言い立てているけど、上で指摘した以外の部分に関しては旧態依然。
昨年12月24日の投稿で紹介したとおり、未だに法華スティクにしがみついて、南無妙法CO2、南無妙法CO2、と唱えているんだね。
昨年12月26日の投稿で紹介したとおり、①氷河期の凍てついた気候から現在のような温暖な気候になったのは、大気中のCO2が増えたから → ②石油や石炭を燃やして大気中のCO2が増えると気温が上がる → ③20世紀の気温上昇は人間が原因、という論理も旧態依然。
それらは人為的温暖化をでっち上げるために必須であり、ドラフトだから、不完全だから、じゃない。

そもそも、なぜ北極圏のデータが落ちているのか?、なぜ気候モデルで気温上昇が15年間停滞することは無いという指摘に言及しない?、なぜ海洋貯熱のデータから導き出された放射強制力に言及しない?、という批判に晒されてこそ、より説得力のある報告書に仕上がるはずであり、そうであれば、むしろ、積極的に公開すべきだろ。
にもかかわらず、あべこべに「そのような情報を広めることに反対」だの、「今回特に残念なのは、リークする人も問題なのですが、リークした報告書を読んだマスコミが、報告書の内容を報道してしまったこと」だの、「ドラフト情報なんて気にしないで」と喚き散らしているんだな。
けど、それは「持論に都合が悪い箇所だけを抜き出し、地球温暖化論を展開しています」を正当化する以外の何物でも無く、であるから、IPCCの非科学性を裏づけただけ。
バカな女だな~。
正真正銘の「お頭カルメン」だね。

「ぜひ最終版の完成を楽しみにしていてください」だと?
おお、楽しみにしてるぜ。
完成版でも「持論に都合が悪い箇所だけを抜き出し、地球温暖化論を展開しています」ことに変わりはねえよ。
人為的温暖化を煽り立てるための報告書が、それらに言及するはずがないから、な。
最終版完成時に、「お頭カルメン」が憤死するのを「楽しみにしていてください」ね。
キャハハ。

ブン、ブン、ブン、文化人が飛ぶ

リムスキー=コルサコフ「熊蜂は飛ぶ(歌劇「サルタン皇帝の物語」の中の一節)」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

これを見てちょ。


「福島原発の跡地、観光地に」 風化防げ、文化人ら構想
2013年2月22日13時16分
【塩倉裕】東京電力福島第一原発の事故跡地を、廃炉化や除染が進んだ将来は「観光地」に?――そんな構想を批評家の東浩紀さんら東京の文化人グループが提起し、話題を呼んでいる。「不謹慎だ」との批判も覚悟のうえで、福島の未来への思考を促す試みだ。地元の住民と対話しつつ、「広島の原爆ドームのように世界遺産になる可能性も見据え、議論を始めよう」と訴えている。
構想は「福島第一原発観光地化計画」と名付け、「25年後の福島」を思い描く。27年前に事故を起こした旧ソ連のチェルノブイリ原発には今では世界から観光ツアー客が集まる。そんな事実を紹介しつつ、雑誌やツイッターで呼びかけた。
「記憶の風化を防ぐため、事故跡地を更地にするのではなく、世界の人々がそこを訪れ、歴史を学べる観光地にしたほうがいい。民間発の復興案です」と東さんは語る。


(朝日新聞デジタル)

「不謹慎だ」とかいうような話じゃねえぞ。
2月18日の投稿でも指摘したけど、福島に原発を押しつけたのはテメエら東京の人間なんだよ。
そうである以上、テメエらは「廃炉化や除染」、そして、事故の賠償のための費用を負担する責務がある。
であるから、如何にしてその費用を低く抑えるかを考えねばならない。
負担が増えれば「廃炉化や除染」は進まない。
そのことを考えるならば、負担を増やし、真の「原発ゼロ」を阻害するだけの自然エネルギー・電力自由化は阻止しなければならない。
「文化人」なら、尚さら、自然エネルギー買い取り制度を撤回しろ、電力自由化を撤回しろ、と声を上げねばならない。
それなくして「廃炉化や除染が進んだ将来」など無い!
それなのに、「福島原発の跡地、観光地に」などとほざいてるんだな、コヤツらは。

2013022401

昨年5月10日の投稿で指摘したとおり、今を見据えることなくして「将来」を描くことなどできはしない。
今を考えようとしない輩に「将来」を語る資格は無い。
原発事故に便乗して、自分を売り込もうとしてるだけだろ、テメエらは!

ブン、ブン、ブン 文化人が飛ぶ
福島のまわりに 原発事故がさいたよ
ブン、ブン、ブン 文化人が飛ぶ

ドイツ唱歌「Summ,Summ,Summ」

カス!
正真正銘のカス!
コイツらを福島第1原発の原子炉に放り込んで、頭に1mシーベルトほど浴びせてやれ。
そしたら、もう少しまともな思考ができるようになるだろ。
ついでに、大穢健三郎も、な。

IPCC党諸君の完敗宣言を喜んで受けよう

ビゼー「カルメン」より「闘牛士の歌(諸君の乾杯を喜んで受けよう)」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

IPCC党のアホがまたまた喚き立てているようだな。


気候変動の影響で今後も異常気象が増加
Jane J. Lee
February 20, 2013
山火事、干ばつ、暴風雨、・・・。2012年は異常気象を伝えるニュースが相次いだが、最新の研究によると、気候変動の影響により、過酷な天候は今後も増加していくという。
2月15日、アメリカのマサチューセッツ州ボストンで開催されたアメリカ科学振興協会(AAAS)の年次大会において、「国内至る所で厳しい異常気象が発生しているが、どのようなタイプの異常気象に直面するかは地域によって大きく異なる」との報告があった。
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の地球科学者ドナルド・ウェブルズ(Donald Wuebbles)氏は、「全土で熱波の発生頻度が高まっており、西部ではこの10年前後に熱波発生数の最高記録が打ち立てられている」と話す。
一方、中西部や北東部ではそれぞれ45%増、74%増となっているが、1950年以降最悪の集中豪雨も経験している。
テキサス州カレッジステーションのテキサスA&M大学の気候学者ジョン・ニールセン・ギャモン(John Nielsen-Gammon)氏は、「2011年にテキサス州を苦しめた厳しい干ばつは、ニューメキシコ州、ルイジアナ州、オクラホマ州、メキシコ北部にまで広がっている」と話す。
イリノイ大学のウェブルズ氏は、「気候変動の発生とその急速な進展は科学的に明らかで、誰も否定できない。“地球の気候に変化が起きており、人間の活動の結果である”という見解は、専門家の間でも一致している」と強調する。
2011年と12年には、干ばつ、熱波、暴風雨、竜巻、洪水、ハリケーン、山火事など、大規模な異常気象により、年間約600億ドル(約5兆6000億円)、総計約1200億ドル(11兆2000億円)の被害が発生した。
米国海洋大気庁(NOAA)国立気候データセンター(NCDC)によると、金額ベースでアメリカ史上最悪レベルの異常気象だという。
オバマ大統領は、2月12日夜(日本時間13日午前)に行った一般教書演説において、「今や気候変動に対処しなければならない時期にきている」こと、そして「議会の承認が得られなくても、必要な取り組みを行う」と明言した。
大統領の提案には、就任1期目に議会で廃案となったキャップアンドトレード(排出量取引)のような制度や、石炭火力発電所に対する新たな規制、省エネやクリーンテクノロジー向け研究開発投資の推進などが盛り込まれている。
ウェブルズ氏は次のように話す。「大統領が真剣に取り組む姿勢を見せたことはうれしいが、一般の人々が科学的に正確な情報にアクセスできることが重要だ。受け入れやすいだけの誤った主張は容認しがたい」。


(National Geographic News)

昨年4月20日の投稿でも指摘したけど、要するに、コンピュータは「神」であり「誰も『神』を否定できない」、コンピュータが「神」であるという点に関しては「専門家の間でも一致している」と言いたいんだね、IPCC党は。
じゃあ、その「神」は何をお告げになったか?
昨年12月22日の投稿で紹介したとおり、気温上昇が15年間も停滞することは無い、という御託宣を下されたんだね。
実際、IPCCの「神」に依れば、大気中CO2濃度が倍になればCO2の温室効果は1℃増し、それがフィードバックで3倍に増幅されるから、2月15日の投稿で説明したとおり、この15年間で(全球平均)気温は0.3℃上がっているはず。
ところが、1月13日の投稿の図1で紹介したとおり、1998年以降の15年間、気温上昇は停滞している。
ということは、「大気中CO2濃度が倍になればCO2の温室効果は1℃増す」という御託宣が嘘だったか、もしくは、「フィードバックで3倍に増幅される」という御託宣が嘘だった、ということになる。
その証拠に、1月28日の投稿で紹介したとおり、気候感度は2℃より低い、と言い出し始めたんだね。
まあ、この一事だけを以ってしても、「神」の化けの皮が剥がれつつあることは明らかだけど、じゃあ、「大気中CO2濃度が倍になればCO2の温室効果は1℃増す」という御託宣は正しいのか?

20世紀の気温上昇は専ら人為的排出CO2が原因と仮定し、その御託宣を受け容れるならば、サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の図12-2で示したとおり、確かに、気候感度は2℃より低い。
けど、20世紀の気温上昇はCO2だけが原因じゃない。
それは北半球高緯度の気温を見れば判る。
IPCCの「神」に依れば、北半球高緯度は人為的排出CO2に因る温暖化が顕著に現れるはず。
であるから、20世紀の気温上昇は専ら人為的排出CO2が原因ならば、北半球高緯度の現在の気温は20世紀前半よりもかなり高いはず。
ところが、下図を見れば判るとおり、1940年前後の気温が現在と同じほど高い。
1月13日の投稿でも紹介したけど、今回は最新のデータを掲載。)

北半球高緯度の気温推移

北半球高緯度の気温推移

であるから、少なくとも20世紀前半の気温上昇は自然要因と認められる。
ということは、20世紀の気温上昇0.8℃の少なくとも半分は自然要因、ということになるな。

結局、20世紀の気温上昇は専ら人為的排出CO2が原因という仮定は誤りだから、気候感度1.8℃は誤り。
ということは、「大気中CO2濃度が倍になればCO2の温室効果は1℃増す」という御託宣が嘘、ということだね。
つまり、大気中CO2濃度が倍になっても、CO2の温室効果は1℃も上がらないんだよ。
実際、昨年10月9日の投稿で紹介したとおり、海洋貯熱のデータから導き出された放射強制力は「神」の御託宣よりもかなり弱い。
じゃあ、なぜ「神」の御託宣は間違っていたのか?
それは、昨年11月14日の投稿で解説したとおり、CO2の温室効果はほぼ飽和しているから。
サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の第10節と第11節で解説しているとおり、このことは理論的に証明できるんだな。

「誰も(神を)否定できない」のではなく、真実は、すなわち、科学は「神」をも否定するんだよ。
IPCC党の崇め奉る「神」が唯の木偶(でく)にすぎないことは「科学的に明らかで、誰も否定できない」んだな。
IPCC党の言い立ててる「科学的に明らか」とは、実のところ、「幸福の科学」の「科学」と同一。

我国のIPCC党員も、2011年11月4日の投稿で紹介したとおり「気象学者は二酸化炭素がふえれば温室効果が強まることには自信をもっている」だの、昨年4月9日の投稿で紹介したとおり「地球温暖化が、主に人間の活動が産み出す温室効果ガスによってもたらされていることは、もはや疑う余地がありません」だのと喚き立てていたけれど、昨年8月26日の投稿でも指摘したとおり、IPCC党は、気温上昇が15年間停滞しているという事実に、CO2の温室効果が飽和しているという事実に、つまり、彼らの崇め奉る神が唯の木偶だったという事実に動揺し、「自信をもっている」だの、「疑う余地がありません」だの、「誰も否定できない」だのと自らに言い聞かせ、自らを慰め、自らを納得させて、尚も木偶に向かって念仏を唱えているだけなんだよ。
2月2日の投稿で紹介したとおり、コンピュータシミュレーションでも気温上昇が20年間停滞することもあるんだ、と言い張ってる野郎がいたけど、あんなバカなことを言い立てること自体が、15年間の気温上昇停滞が人為的温暖化論に致命傷を与えたこと、そして、IPCC党が狼狽していることを露呈しただけ。
結局、まともな科学的反論もできず、ひたすら「科学的に明らかで、誰も否定できない」だの、「もはや疑う余地がありません」だのと念仏を唱えているだけという点に関しては「専門家(=IPCC党)の間でも一致している」んだね。
つまり、その非科学性は「専門家(=IPCC党)の間でも一致している」んだね。

さらに、昨年1月11日の投稿で紹介したとおり、まともな科学的議論もできないくせに、「読者に理屈を理解してもらうよりは、むしろ笑いをとろうとしているように思われます。『Really crazyだ!』と言ってもらいたいのでしょうか」と悪態を吐き散らすだけという点に関しても「専門家(=IPCC党)の間でも一致している」んだよ。
その証拠に、昨年2月11日の投稿2月13日の投稿で指摘したとおり、IPCC党の誰一人として、自称「地球温暖化の研究に真面目に取り組む科学者」を批判しなかった。
その結果、本来ならば研究者生命を断たれて然るべきであるにもかかわらず、2月11日の投稿で紹介したとおり、未だに国民の血税でのうのうと生活し、それどころか、尚も人為的温暖化を煽り立てているような有様なんだね。
つまり、その破廉恥さ卑劣さは「専門家(=IPCC党)の間でも一致している」んだよ。
けど、それは人為的温暖化の破廉恥さを露呈したのであり、つまり、人為的温暖化の虚構を露呈したのであり、であるから、IPCC党の敗北宣言に他ならない。

IPCC党の完敗に乾杯!

アテネと福島の廃墟

ベートーヴェン「アテネの廃墟」より「トルコ行進曲」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

これを見てちょ。


ギリシャ、危機から脱するために成長が必要=仏大統領
2013年02月20日 10:41 JST
[アテネ 19日 ロイター] ギリシャを訪問したフランスのオランド大統領は19日、ギリシャの財政改革は緊縮策のみでは達成できないと述べ、成長を促す必要性を強調した。
オランド大統領は「ギリシャに成長と雇用が戻ることを確認しなければならない」とし、「欧州は一層の成長が必要。これが財政赤字の削減目標を達成する方法だ」と述べた。ギリシャに対して民営化や観光業、公共部門の立て直しという点で協力する構えがあることを示した。
ギリシャはオランド大統領の今回の訪問が、投資の促進につながることを期待している。
ギリシャのサマラス首相は共同記者会見で、債務危機の際にギリシャがユーロ圏にとどまることを支援したフランスの動きに言及し、「われわれは欧州にとどまるために必要不可欠な支援を過去数カ月にわたってフランスから得た。現在も危機脱出に向けた支援を受けている」と述べた。
オランド大統領は、ギリシャが取り組みを進め、約束を果たすべきだとしながら、これまでも相当な努力がなされたと評価した。欧州ではこのような試練の経験はなく、ギリシャの側に立つべきだと述べた。
ギリシャの景気悪化やユーロ圏からの離脱懸念により、仏銀行大手クレディ・アグリコル、ソシエテ・ジェネラルはギリシャ部門を現地の競合先に売却した。これに対しオランド大統領は19日、フランスの企業がギリシャ事業に復帰し、民営化の一環で売却される国営企業の入札に参加することを見込んでいると述べた。


(ロイター)

徹底的に潰しておいて、「危機から脱するために成長が必要」と嘯き、だから「ギリシャに対して民営化や観光業、公共部門の立て直しという点で協力する」と言い立て、「ギリシャの側に立つ」と甘言を垂れ、その実は「民営化の一環で売却される国営企業の入札に参加することを見込んでいる」、つまり、奪い盗る、と。
これぞネオリベファッショの常套手段。
(ここにも「左翼」の本質的なネオリベ体質とファッショ体質が露われている。)

もう気がついたと思うけど、我国における電力自由化が正にこれなんだね。
実際、2011年8月18日の投稿で採り上げた2011年7月26日の朝鮮日刊新聞社説は「法的整理が先延ばしになるほど東電の評価が下がり、公的な負担が増す危険がある。すぐにも準備を始めるべきだ」と喚き立てていた。
そして、1月15日の投稿で取り上げた2013年1月14日の朝鮮日刊新聞社説は「電力改革―経済再生の推進力に」だの、2月10日の投稿で採り上げた2013年2月10日の朝鮮日刊新聞社説は「新しい経済のための新しい自民党を見せてもらいたい」だのと煽り立てていた。
つまり、電力自由化で国民負担を減らし、さらに、投資を呼び込んで「成長を促す」と嘯いてるんだな。
けど、2011年4月15日の投稿で紹介したとおり、311以前から電力自由化を喚き立てていたわけだから、「公的な負担が増す危険がある」という言い草が方便にすぎないことは明らか。

福島原発事故の賠償・除染・収束、そして、他の原発廃炉の費用を工面するために送電網を売ったとしても、それを外資に握られると、実際、2月10日の投稿で紹介したとおり、外資(投資ファンド)は送電網を狙っているし、何よりも当の朝鮮日刊新聞が、送電網をTCI様に譲れ~~~、と喚き立てていたわけで、そうなると、日本国民は収奪され続けることになる。
「公的な負担が増す危険がある」どころか、益々格差が拡大し、「貧窮に喘ぐ国民が増す危険がある」。
って言うか、それこそが電力自由化の目的。
だからこそ、昨年3月7日の投稿で紹介したとおり、俳優の渡辺謙が「雪の中に集う金持ちたち」の前で「私たちはもっとシンプルでつつましい、新しい『幸福』というものを創造する力があると信じています」と誓わされ、2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年7月13日の朝鮮日刊新聞社説が「多くの国民も電力の源についてとくに考えずに、好きなだけ電気を使う生活を楽しんできた」と国民を罵り、その挙句に、昨年11月17日の投稿で採り上げた2012年11月17日の社説で「国民に痛みを強いることを避けて通れない」だの、昨年12月5日の投稿で採り上げた2012年12月4日の社説で「国民に『痛み』を求める」だのと言い放ったんだね。

徹底的に潰しておいて、「経済再生」だの「新しい経済」だのと騙し、さらに、国民の財産と命を奪う。
2011年8月18日の投稿9月11日の投稿で紹介したとおり、原発の広告を垂れ流して国民を騙した朝鮮日刊新聞が、つまり、原発事故を引き起こした犯人である朝鮮日刊新聞が電力自由化を煽り立てているのがその最大の証。
もちろん、朝鮮日刊新聞だけじゃない。
共産党や社民党は人為的温暖化を煽り立てて、原発を正当化するのに一役買った。
つまり、原発事故を招くのに一役買った。
そして、昨年9月10日の投稿で紹介したとおり、やはり、電力自由化を画策した。
それには、東北に原発を誘致した主犯の一人である小沢チョンチョン一郎も加担してた。
昨年9月11日の投稿で紹介したとおり、共産党は加担しなかったけど、昨年6月11日の投稿8月13日の投稿で紹介したとおり、虚人=飯田哲也を支持したから、また、東京都知事選では宇都宮釣天井を支持したから、やはり、電力自由化に与している。)

我国をギリシャのようにする。
我国を廃墟と化す。
それが電力自由化の、そして、それを煽り立てている反日ネオリベ左翼の目論見。

断固として電力自由化を阻止し、反日ネオリベ左翼を葬り去るべし!

前へ 過去の投稿