反戦が奏でる戦争ソナタ

プロコフィエフ「ピアノソナタ第7番(通称、戦争ソナタ)」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

前回の投稿で採り上げたノルウェーの研究に関して、「暖戦」の戦士=「反戦」がこんなこと言ってるようだな。


Norway climate study sparks debate over global warming urgency
Posted By Michael Bastasch On 11:34 AM 01/29/2013
Researchers in Norway recently found that global warming is less severe than previously predicted by the United Nations climate authority, causing skeptics to argue that a growing body of data is on their side while experts cast doubt on the results.
“It’s one in a substantial number of papers appearing in scientific literature within the last year or two, reducing the forecast global warming for the 21st century,” Patrick Michaels, director of the Center for the Study of Science at the Cato Institute, told The Daily Caller News Foundation in an interview.
“This is just more evidence that the sensitivity was overestimated,” he added.
However, some have urged caution in interpreting the results in the study, as it has not yet been peer-reviewed.
“But this episode underlines the problems of so-called science by press release,” writes Dr. Roz Pidcock for the Carbon Brief. ”With such a complex and sometimes controversial topic, research findings need to be carefully treated. As with all scientific research, if results are not yet published or peer reviewed, they are worth treating as preliminary.”
“You should be very skeptical ― it has no good basis,” James Hansen, climatologist and head of the NASA Goddard Institute for Space Studies, told TheDC News Foundation in an email.
Bloomberg reports that the United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change found that global temperatures may rise 3 degrees ― with a range of 2 degrees Celsius to 4.5 degrees Celsius ― by 2050 Celsius if carbon dioxide levels doubled. However, after applying post-2000 temperatures, Norwegian researchers found that may rise only 1.9 degrees Celsius.
“The Earth’s mean temperature rose sharply during the 1990s,” said Terje Berntsen, a University of Oslo professor who worked on the study. “This may have caused us to overestimate climate sensitivity.” Climate sensitivity refers to the total amount of global warming projected if atmospheric carbon dioxide levels are doubled.
Eystein Jansen, research director at the Bjerknes Centre for Climate Research, told New York Times blogger Andrew Revkin that, ”it is way to early to say that this study has any more weight than other studies with low or higher sensitivity. My bet still goes along the 3 degree line as the most plausible, all things considered.”
However, Michaels argues that since the 2007 IPCC estimate, studies lowered their warming forecast because the sensitivity of temperature to CO2 emissions has been overestimated. In a Washington Times op-ed, Michaels provides a partial list:
“Richard Lindzen gives a range of 0.6 to 1.0 C (Asia-Pacific Journal of Atmospheric Sciences, 2011); Andreas Schmittner, 1.4 to 2.8 C (Science, 2011); James Annan, using two techniques, 1.2 to 3.6 C and 1.3 to 4.2 C (Climatic Change, 2011); J.H. van Hateren, 1.5 to 2.5 C (Climate Dynamics, 2012); Michael Ring, 1.5 to 2.0 C (Atmospheric and Climate Sciences, 2012); and Julia Hargreaves, including cooling from dust, 0.2 to 4.0 C and 0.8 to 3.6 C (Geophysical Research Letters, 2012).”
“Forecasts for the 21st century that were made in the late 1990s had better be revised downward because it’s very clear that we are going to go pretty close to a quarter of a century, at least, without a warming trend,” Michaels told TheDC News Foundation.
Michaels made the same claim in a 2002 study that also found that global warming “will be modest and near the low end” of what the IPCC had projected in it’s third assessment on climate change. Now, a growing number of scientists are starting to revise down their warming estimates for the 21st century.
“It’s appropriate to jump off a ship when it begins to take on water,” Michaels said, “If you look at the monthly temperature anomalies from the University of East Anglia you see no significant trend in any direction going back to the fall of 1996 which would put us at 17 years of no trend.”


(Daily Caller News)

他にこんなことも言ってた。


2013年は過去最高の暑さになる、NASA
2013年01月16日 13:23 発信地:ワシントンD.C./米国
【1月16日 AFP】2012年の世界の気温は平均を上回る高さだったが、今後10年間はさらに気温が上がる可能性が高いと、米科学者らが15日、発表した。
米航空宇宙局(NASA)によると、2012年の世界の平均気温は統計を取り始めてから9番目に高い14.6度で、20世紀の平均より0.6度高かった。20世紀平均を上回るのは1976年から36年連続。統計の始まった1880年以来、世界の平均気温は0.8度上昇したという。
NASAゴダード宇宙研究所(Goddard Institute for Space Studies)のジェームズ・ハンセン(James Hansen)所長は記者会見で、2013年の世界の平均気温が2010年の過去最高記録を破る可能性が高いと語った。
海洋が暖まっている。これは地球がバランスを失っていることを示している。放出されるエネルギーより入るエネルギーの方が多くなっている。それゆえ、今後10年間が過去10年間より暖かくなることを確信を持って予測できる
主流科学者の大半は、世界の気温上昇および異常気象増加の原因が産業の排出する二酸化炭素などの温室効果ガスにあると考えている。


(AFP/Shaun Tandon)

1月13日の投稿の図14で示したとおり、気候感度3℃というIPCCの主張は20世紀第4四半期の気温上昇をほぼ再現できる。
IPCC党が「世界の気温上昇および異常気象増加の原因が産業の排出する二酸化炭素などの温室効果ガスにある」と言い張る最大の論拠はそれなんだね。
(但し、サイドバーにアップロードしている”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の第1節、昨年9月19日の投稿10月13日の投稿で解説したとおり、「主流科学者の大半」というのは真っ赤な嘘。)
一方、気候感度が3℃ならば、つまり、IPCCが正しいのならば、この15年間に気温は0.3℃上昇しているはず。
つまり、「反戦」は10年前にも「今後10年間が過去10年間より暖かくなることを確信を持って予測できる」と公言していたはず。
ところが、同じく1月13日の投稿の図1で紹介したとおり、この15年間、気温上昇は停滞している。
CO2が倍増すればCO2の温室効果は1℃増すというIPCCの「basis」が正しいと仮定した上で、この事実を説明しようとすれば、前回の投稿で説明したとおり、そして、ノルウェーの研究者達が言うとおり、気候感度は2℃未満にならざるを得ないんだよ。
けど、「反戦」は「You should be very skeptical ― it has no good basis」と言い張るんだね。

私めは「反戦」を信頼するよ。
どういうことかと言うと。
IPCC第5次報告書草案(昨年12月26日の投稿参照)の「water vapour is a strong and fast feedback that amplifies any initial forcing by a typical factor of three」という主張は正しいんだね。
けど、気候感度は3℃じゃない。
この15年間の気温上昇停滞でそれは完全に否定された。
昨年12月22日の投稿で指摘したとおり、IPCCの気候モデルでも15年間も気温上昇が停滞することはあり得ない。
そうである以上、CO2が倍増すればCO2の温室効果は1℃増すというIPCCの人為的温暖化説が「it has no good basis」であることは明らかだな。
昨年11月14日の投稿で解説したとおり、CO2の温室効果は飽和に近いんだね。
1℃上がる余地など残っていないんだよ。
「海洋が暖まっている。これは地球がバランスを失っていることを示している」などと喚いているけど、昨年10月9日の投稿で解説したとおり、海洋のデータはIPCCが「it has no good basis」であることを示しているんだね。

確かに「1880年以来、世界の平均気温は0.8度上昇した」けれど、その半分は自然要因。
前回の投稿で指摘したとおり、それは北半球高緯度の気温からも裏づけられる。
こちらのブログを見れば判るとおり、IPCC党のMojib Latifも認めている。
しかも、”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の第7節で解説したとおり、残り半分のうちの4割はCO2以外の人為的要因。
それはコチラの論文でも裏づけられている。
これらの事実を考慮すれば、”「地球温暖化懐疑論批判」の不都合な真実”の第11節で解説したとおり、CO2倍増時の気温上昇は0.4℃。
既に飽和に近いから、それ以上CO2が増えても気温は殆ど上がらない。
従って、「産業の排出する二酸化炭素などの温室効果ガス」が重大な気候変動を引き起こすことなどあり得ない。

にもかかわらず、「反戦」が人為的温暖化を煽り立てる理由はコレ。


米国で原発の閉鎖相次ぐ―天然ガス価格急落でコスト逆転
2013年1月30日 15:49 JST
By REBECCA SMITH
1950年代には、原子力発電は安価な電力の供給源と期待された。しかし現在、米国の電力会社は予想もしなかった事態に直面している。一部の天然ガスの発電所では発電コストが原発よりも安くなっているのだ。このため、発電会社の中には原発の閉鎖を考えるところも出てきている。
米国のほとんどの原発は、歴史的な安値に落ち込んでいる天然ガス発電所と熾烈な戦いを演じている。天然ガス発電所は、一部の小型原発や高コストの修理が必要な原発よりコスト面で有利となっている。米国では、原発の発電量の約40%は自由市場で売電されているが、自由市場では石炭火力発電所も天然ガス発電所との競争に四苦八苦している。
UBSインベストメント・リサーチによると、財務的にぜい弱と見られている原発は、エクセロン社所有のイリノイ州クリントン原発(運転年数25年)とニューヨーク州ギナ原発(同43年)、さらにエンタージー社のバーモント州ヤンキー原発(同40年)とニューヨーク州フィッツパトリック原発(同38年)。また、修理費用が高額になると見込まれているのは、エディソン・インターナショナル社のカリフォルニア州サンオノフレ原発と、デューク・エナジー社のフロリダ州クリスタルリバー原発で、いずれも現在は運転を停止している。
閉鎖を発表する会社も出てきている。ドミニオン・エナジー・リソーシズ社は昨年10月に、ウィスコンシン州ケワウニー原発を13年半ばに廃炉にすると発表した。同原発は、運転許可期間をあと20年も残している。同社は廃炉にする理由として、同原発を利用するよりも公開市場で電力を購入した方が安上がりなことを挙げる。
エクセロンも、ニュージャージー州オイスタークリーク原発を、運転許可の失効まで10年を残して、19年に閉鎖する計画だ。ただ同社広報担当者は、「現在の市場環境ではそれ以外の原発については、閉鎖は計画していない」としている。
連邦政府の試算によると、エネルギー源別の発電の固定費用は天然ガスがメガワット当たり約1万5000ドルで、石炭が3万ドル、原発が9万ドルとなっている。原発はこのほか警備費用がかさみ、放射性物質を扱うため装置導入コストも高くなる。
一方、原発では燃料費はコストとして大きくない。これに対し、天然ガス発電では燃料費は最大のコスト要因だが、現在それが急落している。エネルギー情報局(EIA)によれば、米国の昨年のスポット物天然ガス価格は平均31%低下し1英熱量単位(BTU)当たり2.77ドルとなった。
原発は1年半ごとの定期点検以外休まずに稼働するため電力の市場価格が高ければ利益を出しやすい。しかし電力価格の低下には弱い。原子力による発電量は昨年の1~11月に前年同期比2.5%減少した。一方、天然ガス発電所の発電力は24%増加した。
天然ガス価格の下落に伴い電力の卸売価格も低下しており、昨年の米市場の卸売価格は15~47%下落し、最大で2008年の半分に落ち込んだ。消費者もこの恩恵を受けているが、送電費用が上昇していることもあり恩恵は一部にとどまっている。
今後も原発の閉鎖が相次げば、電力会社は温暖化ガスの削減が困難になる。議会やオバマ政権が温暖化ガス削減を打ち出せば、「原発の価値が高まる」と、非営利環境保護団体の天然資源保護協議会(NRDC)のDan Lashof氏は言う。


(ウォールストリートジャーナル)

昨年9月25日の投稿で紹介したとおり、「反戦」は「核の戦士」。
1月27日の投稿で紹介したとおり、レイモンド・ピエールベールもケビン・トレンバースも核の犬。
何に対して「You should be very skeptical」であるかはもはや明らかだな。

核のために人為的温暖化をでっち上げるんじゃねえ!
ほら、ほら、シロクマちゃんも怒ってるぞ。

2013020101

まだ己の非を認めないつもりだな。
それなら、シロクマパンチを喰らえ!

2013020102

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。