左翼と経済産業省の電力自由化合奏狂走曲

ヘンデル「合奏協奏曲」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

経済産業破壊省と売国ネオリベ・伊藤元重が尚も電力自由化を既成事実化しようと躍起になってるようだな。
(しっかし、伊藤元重のようなゴキブリ一匹処分できない安倍はやっぱり蚤の心臓だね。小心者ほど人前では強がって見せたがるんだよ。ゴキブリすら処分できないような臆病者に日本を取り戻すことが出来るはず無い。)


電力会社:発送電分離は最短で4年後 経産省方針
経済産業省は2日、電力会社の送配電部門と発電部門を切り離して新規参入を促す「発送電分離」を、17~19年度に実施する方向で調整に入った。家庭が電力会社を自由に選べるようにする小売りの全面自由化は16年度から段階的に実施し、最終的には電気料金の規制も撤廃する。今通常国会に提出する電気事業法改正案付則に改革スケジュールを明記する方針だ。
一連の改革は、大手電力会社が一定区域内の電力供給をほぼ一手に担う「地域独占」体制に変化を迫り、太陽光などの再生可能エネルギーの普及や電気料金の引き下げにつなげるのが狙いだ。8日に開かれる同省の有識者会議「電力システム改革専門委員会」(委員長・伊藤元重東大教授)の報告書案に工程表を盛り込み、2月中旬の正式決定を目指す。
経産省は改革を3段階で進める計画だ。今国会に提出する法案は、大手電力会社の営業地域を超えて全国で電力需給を調整する「広域系統運用機関」を15年度に設立することが最大の柱になる。
一方、同改正案の付則にはその後の改革時期を明記。これまで大手しかできなかった一般家庭や小規模店舗への電力販売を16年度をめどに自由化し、現在は法人向けに電力を販売する特定規模電気事業者(PPS)などにも門戸を広げる。従来は電力会社ごとに与えていた免許制度も、発電、送配電、販売など事業別に与えるよう改める。
最終段階では、電力事業への新規参入を促すため、大手の送配電部門を分社化する「法的分離」を実施。火力のほか太陽光、風力などの再生エネ発電で参入が相次ぐ新会社にも送配電網を低料金で開放するよう促す。実施時期を17~19年度としたのは、システム構築などの準備に時間がかかるためだ。
発送電分離に対しては、大手電力会社が「電力の安定供給に責任が持てなくなる」などと強く反発している。法案の付則という形で改革スケジュールを明記する背景には、「電力会社寄り」との印象を払拭(ふっしょく)したい安倍政権の意向があるとみられる。【小倉祥徳】


(毎日新聞 2013年02月02日 21時13分(最終更新 02月02日 22時32分))

で、やはり、「左翼」が電力自由化を煽り立てているぞ。


発送電分離、5年後めど 経産省検討、改正法案付則に
2013年2月1日5時31分
【藤崎麻里、堀口元】経済産業省の有識者委員会は31日、電力会社から送配電部門を切り離す「発送電分離」を5年後の2018年度をめどに始めるよう求めることにした。これに伴い、電力会社のほかにも家庭向け電力の販売を認める「小売り自由化」を3年後の16年度から段階的に進める。経産省はこれに沿った計画を今国会に提出する電気事業法改正案の「付則」に盛り込む方針で、電力改革が具体的に動き出す。
電力システム改革専門委員会(委員長・伊藤元重東大大学院教授)が2月8日にまとめる報告書案に「工程表」として示す。経産省は、発送電分離の関連法案が多く法改正の作業に時間がかかるため、今国会はまず、法律の主な事項(本則)を補う付則に進め方や時期を盛り込む。
これで、政府は付則に基づいて法改正の準備を進めなければならなくなる。ただ、電力業界の反発で法改正が遅れたり骨抜きになったりするおそれが残る。

2013020301


(朝日新聞デジタル)

昨年3月20日の投稿6月2日の投稿、そして、7月2日の投稿で解説したとおり、「色々な発電会社から選ぶことができる」は真っ赤な左翼の真っ赤な嘘
(しかも、国民に高値買い取りを強要しながら、「価格競争が生まれる」などと嘘を吐きやがる。昨年9月10日の投稿で解説したとおり、自然エネルギーの電力だけを選ぶことは出来ないから、全国民に高値買い取りを強要しているわけで、電力自由化と高値買い取りは表裏一体。だからこそ、片や「色々な発電会社から選ぶことができる」などと嘯き、片や「価格競争が生まれる」などと嘯いて国民を謀ろうとするわけ。つまり、嘘を正当化するために嘘を吐くんだね、「左翼」は。)
1月15日の投稿で採り上げた2013年1月14日の朝鮮日刊新聞社説でも「競争が促進され、利用者の選択肢も増える」と嘘をかましていたけど、今度は、絵を書いて国民を謀ろうと図った。
(視覚に訴えるのは効果が高い。)
執拗に国民を騙そうとしているわけで、此処に電力自由化の、そして、それを煽り立てる「左翼」の邪悪な本性がハッキリと露われているんだよ。

電力自由化を正当化するためには国民を欺く必要がある、ということだな。
けど、国民を欺く必要があるということは、電力自由化が国民のプラスにならない、ということを露呈してるだろ。
実際、昨年8月31日の投稿9月10日の投稿9月12日の投稿、そして、11月11日の投稿で解説したとおり、電力自由化は、真の「脱原発」を阻害し、国民の生活と健康を脅かすだけ。
昨年11月17日の投稿11月20日の投稿で指摘したとおり、電力自由化の阻止こそ「脱原発」の第1条件であり、逆に、電力自由化を煽り立てる「左翼」は「脱原発」の敵。
もちろん、2011年4月15日の投稿で採り上げた2011年4月4日の朝鮮日刊新聞新聞社説や、2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年7月13日の朝鮮日刊新聞社説や、昨年5月21日の投稿で採り上げた2012年5月5日の朝鮮日刊新聞社説や、7月9日の投稿で採り上げた2012年7月4日の朝鮮日刊新聞社説に見えるとおり、狡猾な「左翼」は「脱原発」を嘯いているけど、執拗に嘘を垂れ流して国民を謀ろうとするような輩が、国民を顧みるはずが無いだろ。

2011年10月3日の投稿で採り上げた2011年9月21日の朝鮮日刊新聞社説や、昨年7月30日の投稿で採り上げた2012年7月30日の朝鮮日刊新聞社説や、昨年8月2日の投稿で採り上げた2012年8月2日の朝鮮日刊新聞社説や、8月24日の投稿で採り上げた2012年8月23日の朝鮮日刊新聞社説に見えるとおり、「左翼」は民主主義を振りかざして「脱原発」を嘯いているけど、執拗に国民を欺き続けるような、しかも、「色々な発電会社から選ぶことができる」という国民の権利と自由に関して平然と嘘を吐くような輩が、民主主義と相容れるはずが無い。
国民を欺いているという事実を覆い隠し、真の「脱原発」を阻害しているという事実、すなわち、国民の財産と命を侵害しているという事実を覆い隠し、しかも、それを民意に見せかけようとするために、殊更に民主主義を喚き立てているんだね。
そこまで卑劣なんだよ、「左翼」は!

「これで、政府は付則に基づいて法改正の準備を進めなければならなくなる」と言い張るのは、経済産業省が、つまり、官僚が決めたとおりにしろ、と言う以外の何物でも無いだろ。
チョンコロ民主党政権の時は、政治主導、政治主導と煽り立てておきながら、平然とそんな台詞を吐くんだね、「左翼」は。
昨年6月13日の投稿で採り上げた「天声人語」は「はたまた『ムラ役場』たる経産省あたりの筋書きなのか」と言い立てていたけど、「これで、政府は付則に基づいて法改正の準備を進めなければならなくなる」とは正に「経産省あたりの筋書き」であり、「左翼」がそれを援護射撃しているわけで、「左翼」が原子力ムラと裏でつるんでいること、であるから、「左翼」の煽り立てる「脱原発」の虚構が露呈してるな。
また、電力システム改革専門委員会はチョンコロ民主党政権時の遺物であるにもかかわらず、つまり、昨年12月17日の投稿で指摘したとおり、国民は電力自由化を求めてはいない(だからこそ、「色々な発電会社から選ぶことができる」などと甘言を囁いて、国民を誘導しようと図るんだな)から自民党が勝ったにもかかわらず、「これで、政府は付則に基づいて法改正の準備を進めなければならなくなる」と言い張るのは、政権交代の民意を否定する以外の何物でも無い。
しかも、昨年12月8日の投稿で指摘したとおり、法律を制定する国権の最高機関たる国会を決めるための選挙の最中に、電力システム改革専門委員会が電力小売りの全面自由化案を了承するという暴挙に出たにもかかわらず、「これで、政府は付則に基づいて法改正の準備を進めなければならなくなる」と言い張るのは、国会を否定する以外の何物でも無いだろ。
何としてでも民主主義を否定しなければならないという「左翼」の意識が露骨に表れてるな。

執拗に嘘を吐き続けて国民を欺きながら、「おそれが残る」との言い草は何だ!
つまり、民主主義を否定できない「おそれが残る」と言うんだね、「左翼」は。
そこまで邪悪なんだよ、「左翼」は!

「色々な発電会社から選ぶことができる」などという真っ赤な左翼の真っ赤な嘘に騙されるな。
電力自由化の邪悪な真実に目覚めよ。
そして、電力自由化を断固として阻止し、執拗に国民を欺き続ける「左翼」を葬り去るべし。
それこそが民主主義だ!
それこそが国民の財産と命を守る唯一の道だ!

左翼は外、電力自由化は外、福は内。

広告