究極自己中家庭交響曲

リヒャルト・シュトラウス「家庭交響曲」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

2月3日の投稿2月9日の投稿で糾弾したのに、また、また、また、また、また、真っ赤な左翼が真っ赤な嘘を吐いてるぞ。

2013030301

2013年2月28日の朝鮮日刊新聞朝刊紙面より

いい加減ウザイけど、この機会にもう一度まとめておこうかね。

「いろいろな発電会社に公平に送電網を使ってもらう」ということは、「いろいろな発電会社」が同じ一つの送電網に送電するということだから、発送電分離であろうがなかろうが、「いろいろな発電会社」が発電した電力はごちゃ混ぜになるということであり、であるから、特定の電力会社と契約していても、実は、他の電力会社が発電した電気も使っているんだね。
電力自由化で「ほかの電力会社から買うという選択肢」が虚構にすぎないことは明らかだろ。

どのようにして「自然エネで発電した電気だけを選ぶ」んだ?
あ~?
何とか言ってみろ、このバカ女がっ!

もちろん、「自然エネで発電した電気だけ」を流す送電網を整備すれば、「自然エネで発電した電気だけを選ぶことも可能になる」。
ところが、あべこべに「いろいろな発電会社に公平に送電網を使ってもらう」と言い立てているんだな。
ここに自然エネルギーと電力自由化(発送電分離)の本性が露われてる。

昨年3月8日の投稿3月26日の投稿で紹介したとおり、太陽光や風力で安定した発電はできない。
2月4日の投稿で紹介したとおり、0.1秒未満の電力低下でも重大な事態を引き起こす。
だから、本当に「自然エネで発電した電気だけを選ぶ」ようにすると、「なるべく太陽光や風力でつくった電気を使いたい」と思う消費者は一人もいない。
けど、「太陽光や風力でつくった電気」を売りつけたい。
だから、火力と同じ送電網に流すんだね。
昨年9月10日の投稿で指摘したけど、商品に不良品を混ぜて売るのと同じ。
不良品も「公平」に扱いなさい。
それが「公平に送電網を使ってもらう」ということ。
それどころか、買い取り制度は不良品を高値で売りつける。
そのために、火力と同じ送電網に流す。
同じ送電線に流してしまえば、不良品もそうでない商品も区別できなくなるから。
それが電力自由化(発送電分離)の目的。
その卑劣な意図を覆い隠すために、「公平に送電網を使ってもらう」などと聞こえの良い台詞を弄して、国民を誑(たぶら)かそうとするんだよ。

原発事故に乗じて利を貪る。
それが自然エネルギーと電力自由化の目的。
2011年4月26日の投稿8月30日の投稿2012年1月5日の投稿7月11日の投稿、そして、9月4日の投稿で紹介したとおり、原発が無くても、再生可能エネルギーが無くても、電力は足りているにもかかわらず、しかも、昨年7月25日の投稿9月7日の投稿で紹介したとおり、自分達が「電力事情が最も厳しい関西電力管内では、需要がピークの午後4時台で約2500万キロワットと供給力の89%だった。余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」だの、「関電の供給力は連日250万キロワット以上余裕があり、計算上は大飯原発3、4号機(計236万キロワット)を再稼働しなくても乗り切れたことになる」だのと、つまり、電力は足りていると言い立てていたにもかかわらず、「原発事故など電気が足りなくなったのをきっかけに、『電力自由化』の議論が進んだからだ」と言い立てるのは、原発事故に乗じて電力自由化を推し進めようとしていることを露呈してるな。

原発事故に乗じて利を貪る。
それは最も破廉恥で、最も醜悪で、最も狡猾で、最も卑劣で、最も邪悪な自己中。
けど、自己中はチョンコロ孫不正義や丸紅だけじゃない。
「料金プランなどをみて電力会社を選ぶことができる」と思い込む消費者も自己中。

福島に原発を押しつけたのは東電管内の消費者に他ならず、であるから、東電管内の消費者は原発事故の賠償・除染、そして、原発廃炉の費用を負担する責務を負う。
もちろん、税金を介して他の国民も援助するけど、東電管内の消費者は東電に電気代を支払うことで原発事故の賠償・除染、そして、原発廃炉の費用を負担すべき。
にもかかわらず、「東電管内なのに中部電など別の電力会社から電気を買えるようになる」ということは、自分は負担したくない、と言う以外の何物でも無いだろ!

もちろん、「なるべく太陽光や風力でつくった電気を使いたい」と言い張る消費者も同じ。
って言うか、それ以上に汚い。
「脱原発」のためには中部電力も原発を廃炉しなければならず、であるから、「東電管内なのに中部電から電気を買う」としても、一応は、廃炉の費用を負担することになる。
(もちろん、原発事故を起こした東電の負担が圧倒的に大きいから、「東電管内なのに中部電から電気を買う」ことは、自分だけ原発事故の責任から逃げることに他ならず、自己中に変わりは無いけど。)
ところが、太陽光や風力発電会社は原発事故や廃炉の費用を負担しないから、「なるべく太陽光や風力でつくった電気を使いたい」と言うのは、原発事故や廃炉の費用を一切負担したくない、と言う以外の何物でも無いだろ!
しかも、だ。
実は、全ての人が同じ「電気」を使っているにもかかわらず、「自然エネで発電した電気だけを選ぶ」と言い立て、「脱原発」を装い、原発事故や原発廃炉の責任逃れをしている己を美化しようと図るんだな。
もうこれ以上は無いと言う、究極の自己中。
それが「なるべく太陽光や風力でつくった電気を使いたい」と言い張る輩の正体。
卑劣な自己中を美化するための自然エネルギー。

それでも尚、「自然エネルギー発電会社などをどんどんつくってもらい、競争をして電気料金が下がる」から国民の負担は減る、と言い立てているけど、これまた、真っ赤な左翼の真っ赤な嘘。
上で述べたとおり、現在でも電力は足りているわけだけど、「どんどんつくってもらい、競争をして電気料金が下がる」ということは、現在よりもずっと供給過剰になる、ということだな。
ところが、自然エネルギー賛美者は何と言ってたか。
昨年2月9日の投稿で紹介したとおり、気候ネットワークの浅岡美恵は「『大きく、たくさん使う』生活から『小さく、あまり使わない』暮らしへと意識を変えるのは、地域社会の役割だ」と言い張った。
昨年3月7日の投稿で紹介したとおり、俳優の渡辺謙は「再生エネルギーに大きく舵を取らなければ、子供たちに未来を手渡すことはかなわないと感じています。私たちはもっとシンプルでつつましい、新しい『幸福』というものを創造する力があると信じています」と誓った。
そして、朝鮮日刊新聞自体が、2011年8月18日の投稿9月11日の投稿で紹介したとおり、自分達は原発の広告を垂れ流して甘い汁を吸っていたにもかかわらず、2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年7月13日の社説で「多くの国民も電力の源についてとくに考えずに、好きなだけ電気を使う生活を楽しんできた」と言い放った。
「どんどんつくって、電気料金が下がる」ほど供給過剰になるのなら、こんなこと言うはず無いだろ。
さらに、2012年1月5日の投稿で採り上げた2011年12月14日の朝鮮日刊新聞社説は「ピーク時の料金を高くするなど料金体系が多様化できる」と、そして、5月15日の投稿で紹介したとおり、吉田文和も「ピーク時間帯に料金を上げて節電およびピークシフトを促す」と言い立てていた。
自然エネルギーでは供給不足になると知っているから、こんなこと言うんだね。
「電気料金が下がる」などと嘯いて国民を騙し、その実は、片や、利を貪り、片や、自分だけ責任逃れを図ろうとしていることは明らかだろ。

2月10日の投稿で紹介したとおり、富士通総研の高橋洋によれば、電力自由化(発送電分離)が進んでいるドイツの送電会社は、実は、地域独占、且つ、総括原価方式。
つまり、我国の電力会社と同じ。
にもかかわらず、「『不当に高い価格で送配電網を使わせられているのではないか』という不満がたまってきた」と言い立てるのは、電力会社を貶める以外の何物でも無い。
自己中を正当化するために電力会社を貶めるんだね、自然エネルギー賛美者は。
って言うか、他者を貶めて自らを正当化すること自体が卑劣な自己中。
徹頭徹尾自己中なんだよ、自然エネルギー賛美者は。

昨年10月19日の投稿でも指摘したけど、朝鮮日刊新聞購読層の所謂「リベラル」は上で紹介した記事に共感し、自然エネルギー・電力自由化(発送電分離)に賛同する。
それは「リベラル」が自己中にすぎないことを物語っている。
実は、自己中が「リベラル」という皮を被っているだけ。
99%の「リベラル」はそれ。
2月27日の投稿で解説したとおり、電力自由化(発送電分離)はネオリベの策謀だけど、とどのつまり、自己中の所産。
たとえ、伊藤元重や「金子KO負け」や吉田文和植田和弘のようなネオリベ経済学者が電力自由化を煽ろうとも、朝鮮日刊新聞が電力自由化を煽ろうとも、共生の心に満ちた本当の日本人ならば、そんなプロパガンダに乗せられるはずない。
2011年4月15日の投稿で採り上げた2011年4月4日の朝鮮日刊新聞社説が「地球を子孫に残す共生の道」だの、昨年10月10日の投稿で採り上げた2012年10月8日の朝鮮日刊新聞社説が「グローバル化の時代を生きる若者に、異文化を理解し、共生する姿勢を育む」だのと言い立てていたことから判るとおり、「左翼」はグローバリズムを正当化するために「共生」を説くけれど、日本人同士の「共生」は決して口にしない。)
ところが、「リベラル」は己の自己中を満たすために自然エネルギー・電力自由化に賛同し、その結果、新自由主義が推し進められようとしてるんだな。
実は、新自由主義を蔓延させた元凶は「リベラル」。
奴らの自己中が新自由主義の源泉なんだよ!
原発事故に乗じた自然エネルギー・電力自由化はこの真実を白日の下に曝け出したんだね。

新自由主義の元凶=左翼リベラルを、原発事故に乗じて自己中を満たそうと図る左翼リベラルを、我国から駆逐せよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。