この左翼の宮殿の中で、日本国民への復讐を誓う

プッチーニ「トゥーランドット」より「この宮殿の中で」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

卑劣な「左翼」が性懲りもなく発送電分離を煽り立てているようだな。


発送電分離―「骨抜き自民」の返上を
政府が示した電力システム改革案を、自民党の合同部会が了承した。
電力会社が強く抵抗する発電と送電の分離については、実施時期をあいまいにしたと取られかねない表現へ修正された。
部会長らは「大きな改革の方向性に変更はない」と強調するが、疑念はぬぐえない。
電力システム改革は、福島の原発事故を教訓にした新しいエネルギー政策の基盤であり、安倍政権が掲げる経済再生のカギでもある。
「結局、骨抜きにした」と言われないよう、残る党内手続きから今後の法案審議や改革の着実な実施まで、与党として責任ある行動を求める。
文言修正は語尾を変えた程度で、中身は政府案を踏襲した。発送電分離に反対を唱えていた一部議員に矛を収めてもらい、全体をまとめるための方便と見ることもできる。
ただ、これまでも言葉をあいまいにし、後から解釈を広げられるようにして、さまざまな構造改革をなし崩しに形骸化してきたのが自民党だ。
「参院選が終わるまでの我慢ではないか」との見方もあり、予断を許さない。
発送電分離への反対論の中には「原発の再稼働も、原発や火力などの将来的な電源配分も決まっていないのに、なぜこの改革だけ進めるのか」との声があったという。
だが、電源に余裕がないからこそ、電力システム改革が大きな意味をもつ。
多様な電源を分散して設けたり、消費者が賢く節電したりしやすい環境を、急いで整える必要があるからだ。送電網を発電部門から切り離し、中立的な存在にすることは、そのための大きな柱である。
改革によって、新しいビジネスや地域の活性化につながるような工夫を引き出したい。
情報開示が進んで、消費者が自由に電源を選べるようになれば、どんな電源配分が望ましいかについても、おのずと合理的な結論が導かれるはずだ。
もちろん、電力の安定供給に支障があってはいけない。技術的な課題があればきちんと克服し、法整備を順序立てて進める必要がある。
息の長い改革になる。そのためにも全体像を示し、工程表をあらかじめ設けておくのは当然のことだ。
「骨抜き」「既得権保護」の汚名を返上し、新しいエネルギー社会の構築に力を注ぐ。
自民党にとっても、またとない機会ではないか。


(2013年3月21日の朝鮮日刊新聞社説)

2011年4月26日の投稿8月30日の投稿2012年1月5日の投稿7月11日の投稿、そして、9月4日の投稿で紹介したとおり、自然エネルギーが無くても、「電力システム改革」が無くても、そして、原発が無くても電力は足りている。
朝鮮日刊新聞自体が、2012年7月25日の投稿で採り上げた2012年7月18日の社説で「電力事情が最も厳しい関西電力管内では、需要がピークの午後4時台で約2500万キロワットと供給力の89%だった。余力は約300万キロワット。原発約3基分に相当する」と、そして、9月7日の投稿で採り上げた2012年9月5日の社説でも「関電の供給力は連日250万キロワット以上余裕があり、計算上は大飯原発3、4号機(計236万キロワット)を再稼働しなくても乗り切れたことになる」と認めていたんだね。
しかも、2011年4月15日の投稿で紹介したとおり、311以前に、電力システム改革をして送電網をTCI様に譲り渡せ~~~、と喚き立てていたのだから、「電源に余裕がないからこそ、電力システム改革が大きな意味をもつ」が真っ赤な左翼の真っ赤な嘘にすぎないことは明らかだろ。
さらに「消費者が自由に電源を選べるようになれば」も真っ赤な左翼の真っ赤な嘘。
2月3日の投稿2月9日の投稿3月3日の投稿、そして、3月6日の投稿で糾弾したにもかかわらず、尚も執拗にこんな嘘を垂れ流しているんだな。

このように徹頭徹尾、国民を騙している者が「与党として責任ある行動を求める」などと言い立ててようとも、それが、つまり、発送電分離が国民への「責任ある行動」でないことは明らかだな。
「電力システム改革は、福島の原発事故を教訓にした新しいエネルギー政策の基盤であり、安倍政権が掲げる経済再生のカギでもある」と言い立てているのはネオリベ。
だからこそ「さまざまな構造改革をなし崩しに形骸化してきたのが自民党だ」と喚き立てているんだね。
この真実を覆い隠すために、「多様な電源」だの「中立的な存在」だのと「言葉をあいまいにし」て国民を丸め込もうとしてきたんだよ。

相も変わらず「『既得権保護』の汚名を返上し、新しいエネルギー社会の構築に力を注ぐ」などと喚き散らしているけど、2012年12月3日の投稿で指摘したとおり、日本国民一人一人の必死の生活とそこから出てくるニーズ、それこそが「既得権」。
その「既得権」を、つまり、「日本国民一人一人の必死の生活」を破壊すること。
それが「新しいエネルギー社会の構築」。
だからこそ、「構造改革」の名の下に国民生活が破壊されてきたにもかかわらず、あべこべに「さまざまな構造改革をなし崩しに形骸化してきたのが自民党だ」と喚き立てているんだね。

「消費者が賢く節電したりしやすい環境を、急いで整える必要があるからだ」と嘯いているけど、2012年1月5日の投稿で採り上げた2011年12月14日の朝鮮日刊新聞社説は「電気代が安い時間帯を選んでエアコンを動かすなど、もっと賢い節電を考えられる」と言い張ってた。
つまり、貧乏人は真夏の真昼間にエアコンを使わない。
それが「消費者が賢く節電したりしやすい環境」。
「新しいエネルギー社会の構築」が「日本国民一人一人の必死の生活」の破壊に他ならないことは明らかだろ。

小泉エセ改革の時にも自民党の大多数は、実のところ、構造改革に反対だった。
ところが、「左翼」が「既得権益の保護」だ、抵抗勢力だ、と喚き立てて、構造改革に反対する保守勢力を国民の敵に仕立て上げ、国民を欺いて構造改革を推し進め、国民生活を破壊してきたんだな。
今回、またしても「電力会社が強く抵抗する発電と送電の分離」だの、「発送電分離に反対を唱えていた一部議員」だのと喚き立てているのは、その時と全く同じ構図。

2012年5月21日の投稿で採り上げた2012年5月5日の朝鮮日刊新聞社説は「新たなエネルギー社会をどう構築するか。私たち自らが考え、合意形成をはからなければならない」と言い立てていたけど、発送電分離に関しては如何なる「合意形成」もはかられていない。
ところが、2012年12月8日の投稿で指摘したとおり、選挙の最中であるにもかかわらず、経済産業省は電力自由化を既成事実化しようと図った。
2012年8月24日の投稿で採り上げた2012年8月23日の朝鮮日刊新聞社説は「ものごとを政治家と既得権を持つ組織の代表や一部の専門家で決め、ふつうの市民はかかわりにくいのが、従来の『ムラ社会』型の意思決定の仕組みだ」と喚き立てていたけど、経済産業省のシナリオどおりの「電力システム改革案を、自民党の合同部会が了承した」ことこそ「ものごとを政治家と既得権を持つ組織の代表や一部の専門家で決める」ことに他ならない。
にもかかわらず、「残る党内手続きから今後の法案審議や改革の着実な実施まで、与党として責任ある行動を求める」と言い張るのは、「ふつうの市民はかかわりにくいのが」発送電分離であることを立証した。
けど、それは理の当然。
「日本国民一人一人の必死の生活」を破壊するためには、国民を排除するしかないんだね。

国民合意が無い以上、「発送電分離に反対を唱えていた議員」も民意を反映しているにもかかわらず、それを誹謗するのは、議会制民主主義を封殺し、国民を排除して「新たなエネルギー社会=新自由主義構造改革路線」を推し進めるため。
2012年7月9日の投稿で採り上げた2012年7月4日の朝鮮日刊新聞社説が「むしろこの動きを、既存の政治回路ではとらえ切れない声を直接聴く仕組みづくりにつなげるべきである」だの、7月30日の投稿で採り上げた2012年7月30日の朝鮮日刊新聞社説が「有権者が、選挙で選んだ自分たちの代表(議員)を通じて政策を実現する。その間接民主主義の回路が機能せず、自分たちの声が政治に届かない。そんないらだちが、人々を直接民主主義的な行動に駆り立てているのではないか」だの、8月2日の投稿で採り上げた2012年8月2日の朝鮮日刊新聞社説が「官邸や国会の壁を隔てて対峙してきた政治と市民の間に、小さな窓が開いたように思う」だのと官邸前不倫デモを持て囃していたのも、新自由主義勢力の指令で発送電分離を煽り立ている者を民主主義の代表に偽装して民主主義を乗っ取るために、議会制民主主義を貶めようとの魂胆だったんだね。

自分達こそ民主主義の「骨抜き」を企みながら、あべこべに「『骨抜き自民』の返上を」だと!
どこまで腐ってるんだろうね、「左翼」ちゅうのは。

大穢健三郎一派と朝鮮日刊新聞に代表される「左翼」は、上で指摘したとおり、新自由主義の走狗に他ならないけど、連中を突き動かしているのは日本国民への憎しみ。
こちらのブログを見れば判るとおり、極左は電力自由化に反対しているけど、大穢健三郎一派と朝鮮日刊新聞が我国「左翼」の主流。私めは「極右+極左=中道」だな。)
「左翼」は、日本は悪い国だ、日本人は悪い民族だ、という歪んだ意識に取り憑かれている。
日本国民は苦しんで当然と思っている。
原発事故を利用して日本人を苦しめてやろうと心に誓ったんだね、「左翼」は。
「またとない機会ではないか」と言い放ったのはそれ故。

真の「原発ゼロ」を実現し、国民の財産と命を守るため、自然エネルギー・電力自由化を煽り立てる「左翼」を駆逐せよ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。