南国のバカ

ヨハン・シュトラウス「南国のバラ」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

IPCCの第5次報告書の、恐らく、完成版がリークされて、それを真に受けた南国のバカが騒ぎ立ててるから、ちょっと、言及しておこうかね。


温暖化報告書 地球の訴えに耳傾けよう
衝撃的な予測だ。今世紀末の地球の平均海面水位は最近20年間と比べて最大で81センチ上がり、平均気温は最大4.8度上昇する-。
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会の第5次報告書最新案で明らかになった近未来の地球の姿だ。
海面上昇で水没の危機にある南太平洋の島々の住民だけの問題ではない。温暖化が予測通りに進むと、環境や食糧などさまざまな分野で影響は深刻だ。人類全体で考え行動しなければならない時期に来ている。
報告書案は、人間の活動が原因で地球温暖化が起きている可能性は「極めて高い」(95%以上の確率)と、これまで以上に踏み込んだ表現で警告を発している。
二酸化炭素(CO2)の排出削減が急務の課題であることを示す内容で、今後の世界の温暖化対策の基礎資料となり、国際交渉でも基軸となるのは間違いない。
CO2などの温室効果ガスについて、日本を含む15の先進国と欧州連合(EU)は2020年までの自主的な削減目標を掲げることに国際合意している。日本は民主党政権時代に「1990年比25%削減」を掲げたが、東京電力福島第1原発事故を受けて政府は方針の見直しを国内外に表明した。削減目標は実質、白紙状態だ。
ただ、地球温暖化をめぐってはIPCCの評価に懐疑的な見解があるのも事実だ。温暖化の主因をCO2とする説には異論も多く、地球はむしろ寒冷期に向かっているという研究さえある。
温暖化防止の議論は原発容認論に結びつく危うさも孕(はら)んでいる。原発はCO2を排出しないクリーンエネルギーだとして、温暖化防止策として有効という論法だ。
日本は福島第1原発事故後、CO2削減の国際公約を後退させ、いまや原発回帰、原発輸出の道を歩んでいる。温暖化防止を逆手に取って原発政策を推進するとしたら、容認できるものではない。
政府は風力や太陽光など自然エネルギーの分野にこそ力を注ぎ、その上でCO2削減の目標を設定し国際的な責任と役割を果たすべきだ。
猛暑、ゲリラ豪雨、サンゴの白化現象…。国内だけでなく世界中の多くの人が、地球の異変を感じているはずだ。地球が何を訴え、何を求めているのか。われわれも想像力を働かせながら、いま何ができるかを考えたい。


(2013年8月25日の琉球新報社説)

「衝撃的なデマだ」!

「報告書案は、人間の活動が原因で地球温暖化が起きている可能性は『極めて高い』(95%以上の確率)と、これまで以上に踏み込んだ表現で警告を発している。二酸化炭素(CO2)の排出削減が急務の課題であることを示す内容」と喚き散らしてるけど、海外メディアは次のように報じているんだな。


気候変動の原因は「人間」、95%の確率 国連パネル草案
2013.08.21 Wed posted at 12:00 JST
国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、気候変動は人間の活動によって引き起こされている可能性が「95%」に上るとの報告書をまとめていることが21日までに分かった。CNNが草案の概要を入手した。
IPCCは1990年以降、気候変動の影響や予測などを評価する報告書を定期的に発表している。次回の第5次報告書は9月以降、段階的に発表される予定だ。
草案によると、IPCCは1951~2010年に観測された世界的な地表温度の上昇について、半分以上は人間活動の影響が原因だった可能性が「非常に高い」との見方を示す。前回の第4次報告書は、気候変動が人為的原因で引き起こされた可能性を「90%」としていた。
報告書の内容は発表までに修正される可能性もあるが、第4次報告書の作成にかかわった米気象協会のマーシャル・シェパード会長によれば、今回も人間活動の影響を強く指摘することは確実だという。
草案は、温室効果ガスの増加によって1950年以降の平均気温は約0.6度上昇したと指摘。2100年までにはさらに1~3.7度上がると予想している。
海面の上昇は現在の年間約3ミリからさらに加速する可能性が非常に高く、2100年までに50~97センチ上昇する見通しだという。
現状のまま、あるいはこれ以上のペースで温室効果ガスの濃度が上がり続ければ、全世界の気候システムに過去数百~数千年で例がないほどの変化が起き、それが何世紀も先まで残ることが考えられる。
海面上昇による脅威をめぐっては、英科学誌「ネイチャー・クライメート・チェンジ」の最新号に、水害で大きな被害が懸念される都市を挙げた研究が掲載された。最もリスクが高い都市は中国・広州とされ、米国のマイアミ、ニューヨーク、ニューオーリンズ、インドのムンバイがこれに続いている。


(CNN)

「1950年以降の平均気温は約0.6度上昇した」、そして、その「半分以上は人間活動の影響が原因だった可能性が非常に高い」ということは、「温暖化対策の愚」で指摘しているとおり、CO2に因る気温上昇は0.4℃、ということだろ。
フィードバックで3倍に増幅されるから、CO2単独の効果はたったの0.13℃。
一方、IPCCの人為的温暖化説に拠れば、CO2濃度が産業革命時の280ppmから今日の390ppmまで増すと、気温は0.48℃上がるはず。

       \displaystyle \frac{\ln \left( 390 / 280 \right)}{\ln 2} = 0.478

IPCC党はCO2の効果を著しく過大評価してるんだね。
なぜならば、CO2の温室効果は飽和に近いのに、IPCC党はそれを無視しているから。
と言うか、バカだから飽和を理解できないんだよ。
バカの銀メダリストが、2012年1月11日の投稿で紹介したとおり、破廉恥で愚劣極まる捨て台詞を吐き散らしたのは其れ故。

「95%」なんて、セコイこと言うなよ。
「100%」でも構わねえぞ。
「半分以上は人間活動の影響が原因だった可能性」が「100%」ということは、テメエらIPCC党がCO2の効果を過大評価している可能性が「100%」ということだから、な。
実際、CO2に因る気温上昇が0.4℃ならば、「ホッケー・スティック曲線の虚実」で解説しているとおり、CO2倍増時の気温上昇は0.7℃に止まる。
気候感度に関するIPCC学派の新論文」で解説しているとおり、IPCCの理論に基いても0.7℃なんだよ。
だから、「今世紀末の地球の平均海面水位は最近20年間と比べて最大で81センチ上がり、平均気温は最大4.8度上昇する」は「95%」、じゃなかった、「100%」の嘘。

もちろん、IPCC党は、CO2の効果がエアロゾルで減殺されたんだ~~~、と喚き立ててるけど、「海の真実」で解説しているとおり、それは醜悪なペテンにすぎない。
0.4℃の気温上昇は1980年と2000年の気温差。
この間にエアロゾルが増加したならば、CO2の効果がエアロゾルで減殺されたという理屈も成り立つけれど、実際には、エアロゾルは増加していない。
それどころか、1980年以降、地表に達する日射は増加してる。

2013082601
Bull.Amer.Meteor.Soc.,93(2012)27」より

だから、エアロゾルはむしろ減少したのであり、そうであれば、CO2に因る気温上昇が0.4℃より低い可能性が、つまり、「半分以下は人間活動の影響が原因だった可能性」が「95%」なんだね。
実際、「海の真実」で紹介しているとおり、海洋貯熱のデータから導き出される放射強制力は0.3W/(m^2)で、それに因る気温上昇は0.24℃にすぎない。
それなのに、「CO2削減の目標を設定し国際的な責任と役割を果たすべきだ」だと!
バカも休み休み言え、南国のバカがっ!
「風力や太陽光など自然エネルギーの分野にこそ力を注ぎ」なんて言い立ててるけど、昨年3月20日の投稿9月10日の投稿9月12日の投稿11月11日の投稿今年1月15日の投稿2月3日の投稿2月10日の投稿2月20日の投稿3月11日の投稿3月16日の投稿、そして、3月29日の投稿で指摘したとおり、それは「脱原発」を阻害するだけ。
テメエらこそ「原発事故を逆手に取って自然エネルギー政策を推進」してるんだろ。
それこそ「容認できるものではない」!
「温暖化防止を逆手に取って原発政策を推進する」のも、「原発事故を逆手に取って自然エネルギー政策を推進する」のも、原発廃止に反するという意味において、その本質は全く同じ。

「地球が何を訴え、何を求めているのか」などという、耳当りが良いだけで空疎な台詞はプロパガンダの典型だから、注意しろよ。
2012年1月19日の投稿で解説したとおり、IPCC党を背後で操っているのは、人為的温暖化を煽り立てれば「全世界をコントロールしやすい」と目論んでいる「闇の勢力」。
朝鮮日刊新聞なんかはその「闇の勢力」とツーカー、と言うか、朝鮮日刊新聞自体が「闇の勢力」の広報部隊だけど、上記社説は、地方新聞社にまで闇の力が及んでいることを物語ってるな。

「温暖化の主因をCO2とする説には異論も多く」と言及したのは、せめてもの抵抗かな?
そうだとしたら、上記社説は、IPCC党に騙されるな、と訴えているのかもしれないね。