民主主義幻覚セレナード

チャイコフスキー「弦楽セレナード」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

性懲りもなく、人喰い鬼婆が出て来たぞ。


(秘密保護法案)環境問題も対象に 浅岡美恵さん
2013年12月3日00時26分
■NGO気候ネットワーク代表・浅岡美恵さん
法案が成立すると、自分がいつどこで秘密と関係して、処罰の対象になるか分からなくなります。余計なことにはかかわらないようにしようという「お上意識」が台頭するでしょう。これでは民主主義が深まるとは言えません。
しかも、特定秘密の対象となる外交の分野は恐ろしく幅広い。環境問題も対象となります。ほとんどの環境問題は1カ国で済みません。特に地球温暖化は、安全保障や経済の問題でもあるからです。
これまでも政府は、一部の業界をかばって二酸化炭素の排出実態を隠してきました。最近も、2020年の温室効果ガスを90年比で3.1%増加させる「削減目標」を発表しましたが、プロセスも根拠も示されていません。
環境の情報は、国民の共有財産です。情報が公開されて初めて国民は政策づくりに参加し、環境を守ることができます。そう考えてNGOの活動を続けてきました。
法案が成立すると、官僚たちはさらに何でも隠せると考えるでしょう。日本の環境政策は中国と比べても時代遅れ、と言われるようになりましたが、さらに遅れることになると心配しています。
日本の新しい目標は、ポーランドで開かれた国連の気候変動会議(COP19)でも交渉の足を引っ張りました。日本ひいては世界の温暖化対策が遅れれば、大きな台風に見舞われたフィリピンの人々のように、結局被害を受けるのは私たち国民なのです。

2013120501


(朝日新聞デジタル)

「STOP THE 温暖化詐欺」で解説しているとおり、そして、ブログ投稿でも解説してきたとおり、人為的排出CO2が重大な気候変動を引き起こすというIPCCの人為的温暖化説は全くのでっち上げにすぎない。
テメエのようなババアに何が判るんだ?
私めの解説に反論できる?
できないだろ。
たぶん、プランク関数も知らんだろ。
実は、何が地球温暖化なのかすら判ってないんだね、この糞ババアは。
にもかかわらず、「特に地球温暖化は、安全保障や経済の問題でもあるからです」などと決めつけ、「国民は政策づくりに参加し」と煽り立てる。
「これでは民主主義が深まるとは言えません」

もちろん、3月29日の投稿で紹介したとおり、この糞ババアは「科学的知見の大勢がどこにあるのかを踏まえ」と言い立てるわけだけど、それは、私めのようなトウシロは口を挟むな、と言うことであり、つまり、「一般市民は余計なことにはかかわらないようにしよう」と言うことに他ならない。
「これでは民主主義が深まるとは言えません」

ところが、私めのようなトウシロには「余計なことにはかかわらないようにしよう」と言い張りながら、3月7日の投稿で紹介したとおり、自分は中央環境審議会の委員だった。
テメエは国民の代表でも何でもないぞ!
専門家でも国民の代表でもないくせに、「政策づくり」にかかわるのは、「国民は政策づくりに参加」を否定する以外の何物でも無い。
(このババアは弁護士で、水俣病裁判に関わったから、環境の専門家を気取ってるんだろうけど、上で指摘したとおり、何が地球温暖化なのかすら判ってない。かなり以前だけど、裁判が確定した水俣病訴訟のニュースを見てたら、原告側の女性弁護士が、私の報酬は2億円です、とか言って嬉々としてたのを見てビックリした。それって貧困ビジネスじゃん、って思ったけど、もしかしたら、あれはこのババアだったんじゃねえか。)
って言うか、このババア、自分こそが国民の代表であると思い上がり、自分が中央環境審議会の委員になることが「国民は政策づくりに参加」だと思い上がってるんだね。
その「上から目線」は官僚の「お上意識」と何ら変わらない。
にもかかわらず、安倍こべに「官僚たちはさらに何でも隠せると考えるでしょう」と言い立て、自分の「お上意識」を覆い隠して、自らを正当化。
「これでは民主主義が深まるとは言えません」

「一部の業界をかばって二酸化炭素の排出実態を隠してきました」だの、「官僚たちはさらに何でも隠せると考えるでしょう」だのと、特定の者を槍玉に挙げて自らを正当化し、自らの主張を押し通そうとするのは、小泉チョン一郎や大阪死長の手口。
「これでは民主主義が深まるとは言えません」

そこで、またもや、三橋貴明のブログからポール・クルーグマンの解説を引用。


ノア・スミスは、最近、緊縮財政に関する興味深い「本当の理由」、緊縮財政が失敗しようとも支持される理由を説明していた。エリートは厳しい経済的苦難を「改革」、要するに「彼ら」が望む変革を意味するわけだが、改革を推進するための機会として見なしており、改革が実際に経済成長をもたらすのか、もたらさないのかは知らないが、いずれにせよそうした変革を伴わずとも危機を抑制できる可能性がある、あらゆる政策に反対するとのことだ。
私は「緊縮財政派」が、反緊縮的なマクロ政策が国家に対し、制度改革なしで危機を「何とか凌ぐ」ことを可能にしてしまうことを懸念していると推測している。言い換えれば、彼らは景気刺激策が(彼らにとり)都合がいい危機を無駄にしてしまうことを恐れているのではないか。


(「図解 逆説の経済学――メディア・評論家に歪められた真実」より)

な、判るだろ。
前回の投稿でも言及したけど、20世紀の気温上昇0.8℃のうち、人為的排出CO2の寄与は0.3℃にすぎない。
フィリピンを襲った台風が温暖化の結果だとしても、それは本質的に自然要因。
にもかかわらず、「日本ひいては世界の温暖化対策が遅れれば、大きな台風に見舞われたフィリピンの人々のように、結局被害を受けるのは私たち国民なのです」との言い草は、「(彼らにとり)都合がいい危機を無駄にしてしまうことを恐れている」んだね。

11月13日の投稿で指摘したとおり、台風被害を拡大させたのは「フィリピンの人々」を収奪するフィリピンの政治家と官僚。
にもかかわらず、しかも、「官僚たちはさらに何でも隠せると考えるでしょう」とほざきながら、その事実には知らぬ顔の半兵衛。
「結局被害を受けるのは私たち国民なのです」と喚き立てれば「何でも隠せると考える」のはテメエだろ!

「日本ひいては世界の温暖化対策が遅れれば、大きな台風に見舞われたフィリピンの人々のように、結局被害を受けるのは私たち国民なのです」という台詞は、人為的温暖化プロパガンダが新自由主義の所産に他ならないことを物の見事に露呈してる。
2011年3月18日の投稿で採り上げた2009年9月14日の朝鮮日刊新聞社説に見えるとおり、IPCCの真の目的は「グリード」
その証拠に、前回の投稿の図1に見えるとおり、「IPCCは一部の業界(=排出量取引・自然エネルギー買い取りで濡れ手に粟の利を貪るグローバル金融資本)をかばって、二酸化炭素の排出が続いているにもかかわらず気温上昇が鈍っている実態を隠してきました」
そして、前々回の投稿前回の投稿で解説したとおり、ハイエイタスに関するIPCC党の説明には「論理のプロセスも科学的根拠も示されていません」
「国民は政策づくりに参加」というのは、実のところ、国民はグローバル資本に奉仕せよ、ということなんだね。
人為的温暖化の「実態を隠す」ために、そして、気候ネットワークの「実態を隠す」ために、「一部の業界をかばって二酸化炭素の排出実態を隠してきました」と喚いてるわけだ。
2月27日の投稿で紹介したとおり、ネオリベは「市場メカニズムを貫徹することが、民主主義を支える基盤として不可欠である」「市場自由化は民主主義の実現のために有効な手段である」と言い立てているわけだけど、「これでは民主主義が深まるとは言えません」も実は同じ意味なんだよ。

専門家と称する人間が一方的に垂れ流す情報は「国民の共有財産」じゃない。
国民が常に批判の目を向けて取捨選択した情報が「国民の共有財産」
専門家と称する人間が一方的に垂れ流す情報を「共有」すれば、「結局被害を受けるのは私たち国民なのです」
原発事故が正にそれ。
片や、IPCC党が垂れ流す情報を「共有」し、片や、原発安全神話を「共有」してしまった結果が原発事故なんだね。
そして、この糞ババアも「特に地球温暖化は、安全保障や経済の問題でもあるからです」と喚き立てて、その片棒を担いできたんだね。
もちろん、この糞ババア、私は原発に反対ですぅぅぅ~、と喚き立てるだろうけど。
2011年8月18日の投稿9月11日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞こそは、原発安全神話を垂れ流して原発を「国民の共有財産」に仕立て上げ、福島原発事故を招いた主犯格。
にもかかわらず、このババア、2012年10月15日の投稿9月23日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞の取材に応じ、そして、今回、またもやご登場。
原発事故の加害者と一体化しながら、安倍こべに「結局被害を受けるのは私たち国民なのです」などと喚き散らす鬼婆を信用すると、「結局被害を受けるのは私たち国民なのです」

しかし、このババアの怖さはそれだけじゃないぞ。
中禍人糞凶和国こそ「何でも隠せると考えるでしょう」の典型であり、「情報が公開されて初めて国民は政策づくりに参加し」の対極であり、「自分がいつどこで秘密と関係して、処罰の対象になるか分からない」国だろ。
にもかかわらず、安倍こべに「日本の環境政策は中国と比べても時代遅れ」と言い放った。
こういう台詞を平然と吐き散らす輩がいるから、秘密保護という動きが出てくるんだよ。
このババア、怖すぎる!
ブル、ブル。
余りの恐ろしさに寒気がする。
もっとCO2を出して暖かくしてちょ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。