チョン一郎への怒りは原町石炭火力発電所の炎のように福島県人が心に燃え

モーツァルト「魔笛」より「夜の女王のアリア」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

これを見てちょ。

2014011201

当ブログでは当初から、「脱原発=自然エネルギー+電力自由化」は小泉エセ改革を推し進めること、と糾弾し続けてきたわけだけど、「脱原発」は「小泉エセ改革」の度合いが極めて高いという意味において、「小泉度」という言葉は正鵠を得てるな。

で、我国の「小泉度」を高めるため、東京都知事選にもチョン一郎がしゃしゃり出てきた、と。


小泉氏と国民運動に
2014年1月11日 朝刊
細川護熙元首相が東京都知事選出馬の意向を固めたのは、安倍政権が原発維持政策を推し進めることに危機感を強めたからだ。政界復帰に慎重だった細川氏の背中を押したのは、同じく原発ゼロを訴える小泉純一郎元首相(72)だった。
細川氏は昨年十月、小泉氏を訪ね、意見交換したと本紙のインタビューで明かした。細川氏はその中で「核廃棄物の最終処分場がないのにもかかわらず、再稼働を進めることに反対なのは小泉さんと同じだ」と連携に意欲を見せていた。
ただ、政界復帰や小泉氏と脱原発新党を結成することは否定していた。「原発ゼロ」を浸透させるには、政党レベルではなく、国民的な運動に発展させる必要があるとの判断からだ。
安倍晋三首相が昨年九月に東京電力福島第一原発事故の汚染水漏れに関し「状況はコントロールされている」と発言したことについて、細川氏は取材に「詭弁(きべん)だ」と批判。在野で原発ゼロを訴え続けたが、安倍政権は原発維持政策を変えなかった。
都知事選は二〇二〇年に五輪を控えた「首都の顔」を選ぶ選挙で、関心は高い。原発ゼロを訴えて当選すれば影響は計り知れないし、出馬するだけでも、選挙戦で原発ゼロを訴えることで世論を喚起でき、国民運動を盛り上げられる。
細川氏は「年齢や当選後、都議会自民党とどう付き合うか悩んでいた」(周辺)という。だが、小泉氏が側近を通じ出馬を促し続けたことで意思を固めた。


(東京新聞)

もちろん、朝鮮日刊新聞は、チョン一郎様が「主役」だ~~~い、と大はしゃぎ。

2014011202
2014年1月11日の朝鮮日刊新聞朝刊紙面より

「脱原発=自然エネルギー+電力自由化」は小泉エセ改革を推し進めることという意味において、確かに、チョン一郎は「主役」だと言えるけど、本当の「陰の主役」はチョン一郎を陰で操るグローバル資本。
にもかかわらず、「陰の主役は小泉氏」と言い立てて真実を覆い隠す「左翼」。
昨年12月8日の投稿で紹介したとおり、その「左翼」が「国民の知る権利」と喚き立ててる。
なぜか?
国民に事実を知らせているかのごとくに装って、その実は、真実を隠して「国民の知る権利を奪い」、国民を欺いているんだね。
2012年6月24日の投稿7月9日の投稿8月2日の投稿8月7日の投稿8月24日の投稿9月2日の投稿10月29日の投稿昨年1月15日の投稿2月18日の投稿3月11日の投稿3月16日の投稿3月17日の投稿、そして、4月1日の投稿で指摘したとおり、国民を騙して、国民自らが「脱原発=自然エネルギー+電力自由化」を求めたことに、国民が自ら小泉エセ改革を望んだことにしてしまう。
それが「小泉氏と国民運動に」の意味するところ。

みんな、東京都知事選はタモリに投票しろ!
都知事候補で「小泉度ゼロ」はタモリだけ。
その証拠に朝鮮日刊新聞はこんな社説を書いてる。


東京都知事選―多彩な候補を歓迎する
2月9日の東京都知事選に向け、候補者がようやく出そろいつつある。
舛添要一元厚労相や宇都宮健児前日弁連会長らが立候補の意向を表明したほか、細川護熙元首相も出馬を考えていることが明らかになった。
巨大な首都のかじ取り役を決める大事な選挙だ。多彩な候補が名乗りを上げることは歓迎したい。
舛添氏は自公政権で厚労相を務めたが、2009年の野党転落後に「自民党の歴史的使命は終わった」と離党届を出し、除名された。昨年の参院選は出馬を断念。ただ、世論調査の「首相にしたい政治家」の常連だったこともあり、今回も早くから有力候補とされてきた。
一方、93年に非自民連立政権の首相となった細川氏には、民主党が立候補を働きかけている。細川氏には「脱原発」を争点化する狙いがあり、同じ考えの小泉元首相との連携を模索しているという。
実現すれば最大の電力消費地・東京で、エネルギー政策が大きな争点に浮上する可能性もできてきた。脱原発は宇都宮氏も掲げているが、元首相が訴えるインパクトは大きい。東京の都市計画や人々の価値観、ライフスタイルに関わる重いテーマである。
課題はこれだけではない。
2010年から40年にかけて都民の高齢化率は20%から34%に上がると推計されている。この高齢化にどう対応するのか。
20年東京五輪へのインフラ整備と、30年以内に70%の確率で起こるとされる首都直下地震への備えをどう両立させるか。
暮らしに直結する問題が論じられなければならない。
都知事選は政党にとっては鬼門だ。支援する候補を決めても、著名人が後から名乗り出て圧勝する。こんなパターンが、95年に青島幸男氏が当選して以来たびたび起きた。
有権者が1千万人を超え、政党の組織力だけでは勝ち目がないという特殊事情はある。とはいえ、知名度頼み、風頼みの選挙を重ねていては、やがて都政の劣化を招くだろう。
青島氏は、公約の世界都市博中止こそ実現したが、その後は精彩を欠いた。石原元知事は、4期目の途中で国政に転じた。そして猪瀬前知事の金銭スキャンダルだ。
今の東京に、任期途中での知事交代を繰り返す余裕はない。
知名度に踊らされることなく、政策をじっくりと吟味する。有権者の側も、こんな態度を養いたい。


(2014年1月10日の朝鮮日刊新聞社説)

「多彩な候補が名乗りを上げることは歓迎したい」と言いながら、タモリを黙殺。
タモリは「小泉度ゼロ」だから。
2012年8月23日の投稿9月10日の投稿で紹介したとおり、釣天井健児大穢健三郎と共に「脱原発基本法」の首謀者であり、「脱原発基本法」の目的は再生可能エネルギー・電力自由化だから、釣天井健児の「小泉度」は高い。
宇都宮城にうっかり足を踏み入れると、チョン一郎の乗った釣天井が頭の上から落ちてきて押し潰されるぞ。
「多彩な候補」と言いながら、その実は、「小泉度」一色に塗り潰す。
多彩だの、多様だのと嘯いて国民を欺くのは左翼リベラル(実は、反日ネオリベ)の十八番。

東京都知事選は「小泉度」か、「反小泉度」かの選択。
みんな、「小泉度ゼロ」のタモリに投票しろ!
って言うと、左翼リベラル(実は、反日ネオリベ)は、タモリは「変な論文」書いたからダメですぅぅぅ~、と喚き立てるわけだけど。
何をぬかすか!
タモリの「変な論文」にはちゃんとこう書いてあったんだよ。


このマインドコントロールから解放されない限り我が国を自らの力で守る体制がいつになっても完成しない。アメリカに 守ってもらうしかない 。アメリカに守ってもらえば日本のアメリカ化が加速する。日本の経済も、金融も、商慣行も 、雇用も、司法もアメリカのシステムに近づいていく。改革のオンパレードで我が国の伝統文化が壊されていく。日本ではいま文化大革命が進行中なのではないか。日本国民は20年前と今とではどちらが心安らかに暮らしているのだろうか。日本は良い国に向かっているのだろうか 。


(「日本は侵略国家であったのか」より)

タモリは小泉エセ改革に憤ってるんだね。
実際、航空幕僚長を更迭されて辞職した後の講演会でこう明言してた。


国防について、「アメリカに守ってもらうということは、いろんな対米交渉で最終的にアメリカの言うことを聞かざるを得ない。郵政民営化も、NTT分割、労働者派遣法も、談合摘発も米国から要求されていた」とし、「自分の国を自分で守れる方向に行かなければ駄目だ」と強調。


(「伊勢新聞」より)

「変な論文」の「日本国民は20年前と今とではどちらが心安らかに暮らしているのだろうか」の「20年前」はNTT分割を指しているんだね。
(正しくは、「NTT分割」ではなく「日本電信電話公社分割」だけど。)
だから、左翼リベラル(実は、反日ネオリベ)が激昂した。
実際、日本経済破壊新聞以上に「郵政民営化も、NTT分割、労働者派遣法も」煽り続け、「小泉度」だの、「陰の主役は小泉氏」だのと囃し立てる朝鮮日刊新聞は「空幕長更迭―ぞっとする自衛官の暴走」だの、「自衛隊―隊員教育の総点検を急げ」だの、「前空幕長―「言論の自由」のはき違え」だの、「東京裁判60年―歴史から目をそらすまい」だのと立て続けに喚き散らしてた。
けど、2011年4月15日の投稿9月11日の投稿、そして、昨年12月8日の投稿で指摘したとおり、「脱原発=自然エネルギー+電力自由化」を煽り立てる左翼リベラルこそ、かつての戦争を引き起こした社会を再現しようと目論んでいるんだよ。

昨年2月27日の投稿で紹介したとおり、電力自由化も「日米構造協議」の要求。
だから、チョン一郎が「脱原発」を標榜してるんだよ。
判ったか!
判ったら、「小泉度ゼロ」のタモリに投票しろ!
って言うと、左翼リベラル(実は、反日ネオリベ)は、2012年8月11日の投稿で紹介したとおり、「原発は直接命に関わる問題。自分の中で優先順位は一番です」、タモリは原発を容認しているから絶対ダメなんですぅぅぅ~、と泣き喚くわけだけど。
何をぬかすか!
小泉エセ改革の下で多くの国民が死に追いやられたんだよ!
小泉エセ改革を推し進めることは「直接命に関わる問題」なんだよ!
チョン一郎は100シーベルトだ、つ~の!
ところが、「脱原発」を喚き散らしている左翼リベラルの誰一人として、チョン一郎がしゃしゃり出てくるとはどういうことだ?、お前なんか引っ込んでろ!、と言わない、誰一人として。
事実、タモリと同様に「郵政民営化も、NTT分割、労働者派遣法も、談合摘発も米国から要求されていた」と弾劾していたはずの共産党までが、昨年12月4日の投稿で紹介したとおり、チョン一郎様、すてき~~~、と摺り寄る有様。
世も末だね。

けど、世を終わらしてはいかん!
だから、「小泉度ゼロ」のタモリに投票しろ!
って言うと、左翼リベラル(実は、反日ネオリベ)は、「脱原発」が重要なんですぅぅぅ~、チョン一郎を利用してでも、「脱原発」を実現すべきなんですぅぅぅ~、と泣き叫ぶわけだけど。
何をぬかすか!
チョン一郎を利用してるんじゃなくて、テメエらがチョン一郎に、と言うよりも、チョン一郎を陰で操るグローバル資本に利用されているだけだろ。
って言うか、実は、テメエらはチョン一郎とグル。
2011年4月26日の投稿8月30日の投稿2012年1月5日の投稿7月11日の投稿9月4日の投稿昨年2月26日の投稿、そして、3月29日の投稿で紹介したとおり、原発が無くても電力は足りているのだから、もちろん、自然エネルギーが無くても、電力自由化しなくても電力は足りているのだから、「原発ゼロ」に自然エネルギーも電力自由化も必要ない。
にもかかわらず、脱原発=自然エネルギー+電力自由化と言い立てるテメエらは、原発事故に乗じて自然エネルギー+電力自由化を推し進めようとしているのであり、「原発は直接命に関わる問題。自分の中で優先順位は一番です」は卑劣極まる欺瞞にすぎない。
昨年12月8日の投稿で指摘したとおり、自然エネルギー買い取り制度だの電力自由化だのの「変革を伴わずとも危機を抑制(=原発ゼロを実現)できる可能性がある」にもかかわらず、原発事故は「改革(=自然エネルギー買い取り制度+電力自由化)を推進するための機会として見なしており」、それを「無駄にしてしまうことを恐れている」んだね、左翼リベラルは。
実際、たとえ自然エネルギーを推進すべきだとしても、2011年8月10日の投稿8月18日の投稿8月26日の投稿10月31日の投稿2012年3月20日の投稿7月5日の投稿7月31日の投稿9月10日の投稿、そして、昨年9月27日の投稿で指摘したとおり、自然エネルギーに依る発電を何年以内に何%にすることを電力会社に義務づければ、それで済む話。
電力会社に発送電分離を法的に強制できるのに、自然エネルギーを強制できないはずがないだろ。
(自然エネルギー高値買い取りは電気代に転嫁される。だから、実のところ、市民には強制するけど、企業には強制しない、というのが自然エネルギー買い取り制度。これは極めて重要な事実。自然エネルギー買い取り制度を煽り立てた左翼リベラルは、市民に強制し、企業には強制しないことを正当化している連中なのであり、つまり、市民の敵なんだね。)
にもかかわらず、電力自由化を喚き立てるのは、2012年9月10日の投稿2013年2月20日の投稿、そして、3月7日の投稿で指摘したとおり、電力会社の正の資産と負の資産を切り分け、グローバル資本が正の資産を分捕るためであり、そして、そのために、負の資産である原発を国民に押しつけることが目的。
「郵政民営化も、NTT分割、労働者派遣法も」当に其れだった。

原発事故で何が明らかになったか?
「郵政民営化も、NTT分割、労働者派遣法も」、それを推し進めた陰の原動力は、実のところ、左翼リベラルだった、ということ。
自然エネルギー・電力自由化を煽り立てる左翼リベラルのような人間のクズどもがいるから、チョン一郎とか「暗い目をした男」なんかが表舞台に出て来たんだね。

そもそも、福島に原発を押しつけたのは東京都民であり、東京都民は原発事故の加害者。
であるから、昨年2月18日の投稿3月6日の投稿、そして、3月11日の投稿で指摘したとおり、その東京都民が電力自由化を言い立てるのは許すべからざる暴挙。
ところが、昨年3月25日の投稿4月3日の投稿で紹介したとおり、猪豚は、東京から脱東電、と言い立てて、電力自由化を推し進めようと図ったんだね。
そして、それが猪豚辞任の原因となった。
上で一部分を紹介した1月11日の朝鮮日刊新聞記事に依れば「猪瀬直樹・前知事(67)は副知事だった2012年6月の株主総会で、稼働率が低いなどとして東電病院(新宿区)の売却を要求。東電は売却を決めた」。
その東電病院売却こそが猪豚の「金銭スキャンダル」だろ。
つまり、東京が電力自由化を率先して推し進めるという暴挙こそが猪豚辞任の本質なんだよ。
にもかかわらず、その事実を直視するどころか、安倍こべに、猪豚と同じく電力自由化に猪突猛進する「脱原発依存派」は市民の敵であり、であるから、チョン一郎と同じ穴の狢であり、だからこそ、チョン一郎さま~~~、とはしゃいでるんだな。

タモリは福島県出身。
福島県出身者が東京都知事になるべき。
みんな、タモリに投票しろ!
俺もタモリに投票するぜ。

えっ?
タモガミ?
タモリじゃないの?

ふ~~~ん。
そうなんだ。
まあ、俺は都民じゃないから、俺には関係ねえや。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。