負け犬IPCC党の大吠え「ハイエイタス」狂騒曲

バッハ「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」

うぜえ、ほんとに、うぜえ。
何がって、これだよ。


地球温暖化は止まったのか
東京大学大気海洋研究所・渡部雅浩准教授にハイエイタス現象を聞く
田中 太郎
2014年1月16日(木)
深海が熱を吸収している
このところ地球温暖化問題など忘れてしまいそうなほどの寒さです。実際に、21世紀に入ってから、地球の気温上昇は止まっているそうですね。
渡部:一昨年ぐらいから話題になっているのですが、温室効果ガスの濃度は上がり続けているのに、気温上昇率は21世紀に入ってから10年当たり0.03℃とほぼ横ばいの状態になっています。ハイエイタス(地球全体の気温上昇の停滞状態)と呼ばれている現象です。
下のグラフのように、気候モデルによるシミュレーションでは1960年から2030年まで一貫して気温は上昇すると予測しています。しかし、2000年ごろまでは実際に観測される気温の長期変化をよく再現していましたが、最近10年ほどは温暖化傾向を過大に再現してしまっています。それ以前の10年間に比べて88%も誤差が大きくなっているのです。
どうしてこのような現象が起こるのですか。
渡部:ハイエイタスの原因には、「太陽活動が不活発な周期に当たっている」「成層圏で水蒸気が減っている」など諸説あります。しかし、いずれも現象のすべてを説明できるものではなく、主因とは考えられません。
地球全体のエネルギー収支のデータを見ると、正味では入ってくるエネルギーの方が多く、2000年以降も地球が温められています。したがって、外因と内因に分ければ、内因に変化があると考えられます。そこで私たちが注目したのは、海の深層部分の熱吸収が活発になっているのではないか、ということです。

海の熱吸収が活発になった結果、温暖化が止まったように見えたのですね。
それを直接的に説明できる証拠は、地球全体の海面の水位の変化です。人工衛星のデータでは、水位は一方的に上昇し続けています。水位が上がる最も大きな要因は海水が温まって膨張することですが、海面の温度はそれほど変化していません。どこか別の場所が温まっているはずです。それが水深700~2000メートルの深層だったのです。
海水温の観測データを見ると、2000年以前は海面の水温が上昇しているのに対して深層はそれほどではありません。しかし2000年を境に、海面の水温上昇が収まって深層の水温が急速に上昇しています。ここ十数年で深層の熱吸収が活発化しているということです。太平洋を南北に切って立体的に見ると、断面にはU字型に温かい水域があります。

太平洋十年規模変動と連動
それは、シミュレーションではなく、観測から分かったのですか。
渡部:講演などでもよく「そんなに深い海まで観測できるのですか」と聞かれるのですが、世界の海には現在、水深2000メートルまでの水温と塩分が観測できるアルゴフロートという観測機器が3000台以上浮かんでいて、ほぼ地球全体をカバーできるようになっています。

下の方の水温がどうして上よりも温まるのかがよく分からないのですが。
渡部:海流が熱を運んでいると考えられますが、残念ながら海の流れのデータはないので、シミュレーションでどれだけ綿密に説明できるかに取り組んでいる段階で、まだ解明中です。

ハイエイタスは終わるのでしょうか。
渡部:深層が温まるという現象は、10~20年周期で起こる太平洋の海面水温の自然変動(PDO:太平洋十年規模変動)と連動しています。言い換えれば、熱帯地域の水温が低く、日本などの中緯度地域が高くなっている時期にハイエイタスが起こっています。このことから、少なくとも部分的には自然変動であると推定できます。
私たちは10年先の近未来の気候予測がどれだけできるのかを研究しています。通常、気候モデルは直近の観測値を与えず、19世紀から現在まで連続して計算を行うのですが、今回はハイエイタスを反映させるために最近の海洋の観測値をあらかじめモデルに与えておいて計算してみました。
その結果、あっという間に気温は元の上昇トレンドに戻ってしまいました。ハイエイタスが終わり、海が熱を吸収しなくなって、再び気温上昇が始まったと読み取れます。ただ、世界で10以上のグループが近未来予測をしていますが、いずれも元の上昇トレンドに戻るものの、その時期はばらばらです。ハイエイタスが終わる時期がいつかまでは予測できないのが現状です。

深層が熱を貯めすぎると、猛暑や豪雨などの極端現象(異常気象)が増える恐れはありませんか。
渡部:表面の水温変化の方が直接的な影響は大きいでしょうね。昨年の猛暑が温暖化によって引き起こされたとどれくらい言えるのかを分析をしてみると、猛暑の1つの原因は太平洋高気圧が非常に強かったためで、それは太平洋西部のインドネシアあたりの水温が高く、対流活動が活発だったからといわれています。インドネシアあたりの水温が高いのは、十年規模変動に伴うものです。
日本への影響に限れば、ハイエイタスが終われば今ほど猛暑をつくりやすいコンディションにはならないと言えるでしょう。

温暖化=異常気象という言い方はできない
温暖化と異常気象を結びつけない方がいいのでしょうか。
渡部:温暖化=異常気象という言い方はできないと思います。1か0ではなく、いろいろな要因が混ざっており、温暖化で説明できる部分がそのうちの何%という見方しかできないのではないでしょうか。
フィリピンを襲った台風30号は記憶に残っていますが、国内の複数の研究機関が協力して、あのようなスーパー台風が起こる確率が温暖化によってどの程度増えたのかという計算をちょうど始めたところです。温暖化の本当の影響は時間をかけないと分からないと思います。
そもそも、どうしてハイエイタス現象を解明しようと思ったのですか。
渡部:私たちの研究は、気候モデルを使って未来の温暖化を予測することです。未来を予測するには、少なくても過去を再現できなければモデルに説得力を持たせられません。そこで、大本に立ち返ってハイエイタスの原因を確かめてみたのです。
今回、気候モデルに観測データを与えて計算する新しいタイプの温暖化予測をしないと、ハイエイタスを再現できないことが分かりました。気候モデルの使い方に新しい工夫が必要です。

昨年から今年にかけて発表されているIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書には、ハイエイタス現象が盛り込まれているのでしょうか。
渡部:IPCCの第5次報告書にはハイエイタス現象はあまり反映されていません。報告書の執筆中に起こった議論であり、報告書には評価が定まったものが優先に書き込まれるからです。その次の報告書には盛り込まれるかもしれません。


(日経ビジネスONLINE)

はぁ?

「大本に立ち返って」考えるというのはだな、基本原理に「立ち返って」考える、ということなんだよ。
人為的(排出CO2)温暖化の基本原理では、大気中CO2濃度が増し、その結果、気温が上がり、その結果、大気からの下向き赤外放射が増すから、海に余分な熱が溜まる。
つまり、「気温上昇が始まった」から、「海の熱吸収が活発になった」。
それなのに、「海の熱吸収が活発になった結果、温暖化が止まった」って、何それ?

「評価が定まったものが優先に書き込まれる」IPCCの第5次報告書に依れば、「ハイエイタス」以前から「水位は一方的に上昇し続けています」

2014012201
図1 IPCC第5次報告書第3章の図3.13(c)

だから、「海の熱吸収が活発になった結果、温暖化が止まった」などと言えるはずがない。

ついでに、「地球全体のエネルギー収支のデータを見ると」、

2014012001図2 「Nature Geoscience,5(2012)691」より

昨年10月5日の投稿で採り上げた2013年10月2日の朝鮮日刊新聞記事に見えるとおり、IPCC報告書政策策定者向け要約に依れば、「気候システムに蓄えられたエネルギーの90%以上を海が占める」。
だから、上図の「Surface imbalance」が「エネルギー収支」を示しているはずだけど、「Surface imbalance」は正か負かさえ不明。
つまり、「正味では入ってくるエネルギーの方が多い」のか、「正味では出て行くエネルギーの方が多い」のか判らない。

実際、下のグラフを見れば判るとおり、2000年以前には、「深層の水温」は計測されていない。

2014012002
図3 IPCC第5次報告書第3章の図3.A.2

「世界の海には現在、水深2000メートルまでの水温と塩分が観測できるアルゴフロートという観測機器が3000台以上浮かんでいて、ほぼ地球全体をカバーできるようになっています」けど、アルゴフロートの本格稼動は2003年以降。
だから、「海水温の観測データを見ると、2000年以前は海面の水温が上昇しているのに対して深層はそれほどではありません。しかし2000年を境に、海面の水温上昇が収まって深層の水温が急速に上昇しています」かどうか判らない。

「大本に立ち返って」考えるというのはだな、人為的(排出CO2)温暖化のメカニズム、そして、PDOのような周期的自然変動のメカニズム、それぞれの論理を明確にすることなんだよ。
上で述べたとおり、人為的温暖化では、「気温上昇が始まった」から、「海の熱吸収が活発になった」。
逆に、自然変動の場合は、「海が熱を吸収しなくなって、気温上昇が始まる」。
だから、「あっという間に気温は元の上昇トレンドに戻ってしまいました。ハイエイタスが終わり、海が熱を吸収しなくなって、再び気温上昇が始まったと読み取れます」ということは、「元の上昇トレンド」、すなわち、20世紀第4四半期の急激な気温上昇に自然変動が寄与していたと「読み取れます」。
気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」の図9-6を見れば分かるとおり、それは「60~70年周期で起こる海面水温の自然変動」だから、PDOではなくAMO(大西洋数十年規模変動)。
(但し、上記の日経ビジネスONLINEの記事の1日前に、佞チャーに掲載された解説を見ると、PDOも60年周期になってる。そのグラフでも「Warm-phase PDO」と「Earth warmed rapidly」が同期しているから、やはり、20世紀第4四半期の急激な気温上昇に自然変動が寄与していたと「読み取れます」。)

昨年10月1日の投稿で紹介したけれど、それは我国の海面水位の変化からも窺い知れる。
それを見ると、「水位は一方的に上昇し続けていません」。
20世紀前半に「一方的に上昇し続け」た後は「一方的に下降し続けて」、その後、1980年以降、再び「水位は一方的に上昇し続けています」。
1950年前後の水位と現在の水位は殆ど同じ。
つまり、我国の水位は「60~70年周期で起こる海面水温の自然変動」が支配的。
我国だけじゃない。
Geophys.Res.Lett.,39(2012)L18607」に依ると、1900年以降の記録が残っている潮位計の殆どで「60~70年周期の変動」が確認できる。
「60~70年周期の変動」だから、近年に限れば「水位は一方的に上昇し続けています」と見えるだけ。
図1は「記録」ではなく、モデルの「推測」にすぎないんだよ。

結局、「60~70年周期で起こる海面水温の自然変動」がピーク状態にあるから、「温暖化が止まったように見えたのですね」。
「海の熱吸収が活発になった結果」じゃねえ。

「元の上昇トレンド」、すなわち、20世紀第4四半期の急激な気温上昇には「60~70年周期で起こる海面水温の自然変動」が寄与していたから、気温上昇への人為的排出CO2の効果は弱い。
気温上昇への人為的排出CO2の効果が強いのなら、「60~70年周期で起こる海面水温の自然変動」がピーク状態にあっても、「ハイエイタス」は起こらないはずだから、実は、「温暖化が止まったように見えた」現象こそが人為的排出CO2に因る気温上昇であると「読み取れます」。
それは10年当りで0.05℃。
(上記の記事では、10年当り0.03℃、と書いてるけど、1月9日の投稿で紹介したとおり、IPCC第1作業部会共同議長のポンコツ機関車トーマスも「1998~2012年の気温上昇率は年0.005度」と言ってた。)
1月6日の投稿で解説したとおり、IPCC第5次報告書に基いて気候感度を計算しても、全く同じ結論が導き出されるんだね。
「報告書には評価が定まったものが優先に書き込まれるから」、IPCC党はこの結論を否定できないんだよ。

今現在、「60~70年周期で起こる海面水温の自然変動」がピーク状態にあるから、海面水温はこれから低下に転じる。
人為的排出CO2に因る気温上昇は10年当りで0.05℃にすぎず、30年でも0.15℃だから、60年周期の自然変動の振幅が0.15℃なら、少なくとも、気温上昇停滞は当面続く。
にもかかわらず、「あっという間に気温は元の上昇トレンドに戻ってしまいました」のは、そして、「世界で10以上のグループが近未来予測をしていますが、いずれも元の上昇トレンドに戻る」のも、CO2の温室効果を過大評価しているからにすぎない。
「今回はハイエイタスを反映させるために最近の海洋の観測値をあらかじめモデルに与えておいて計算してみました」と言い立てているけど、それは、「ハイエイタス」の原因はPDOだけど、それ以前の気温上昇は専ら人為的排出CO2が原因であり、自然変動は寄与していない、と言い張っているだけ。
その場しのぎにPDOを持ち出してきただけなんだよ。
その証拠に、1月15日の投稿で紹介したけど、英国気象庁のJulia Slingoも指摘していたとおり、「ハイエイタス」の原因がPDOなら、それ以前の気温上昇にPDOが寄与していたはずなのに、コヤツはそのことに難く口を閉ざしている。
「IPCCの第5次報告書にはハイエイタス現象はあまり反映されていません」と言ってるけど、CO2の温室効果を過大評価するという「温暖化詐欺の大本」は「微動だにしていない」んだね。
だから、「今回、気候モデルに観測データを与えて計算する新しいタイプの温暖化予測をしないと、ハイエイタスを再現できないことが分かりました。気候モデルの使い方に新しい工夫が必要です」と言うのは、私達IPCC党は今後もエセ科学に邁進します、と宣言してるだけ。

おい、渡部雅浩。
ハイエイタスの原因がPDOなら、それ以前の気温上昇にもPDOが寄与しているはずであり、それは正に「海が熱を吸収しなくなって、再び気温上昇が始まった」ことを意味するにもかかわらず、それにはだんまりを決め込んで、「2000年ごろまでは実際に観測される気温の長期変化をよく再現していました」と、つまり、20世紀の気温上昇は専らCO2が原因だと言い張り、「あっという間に気温は元の上昇トレンドに戻ってしまいました」と言い放つのは、テメエが物事を「1か0か」でしか考えられないバカにすぎないことを露呈してるな。

2014012003

涼しい顔で「あっという間に気温は元の上昇トレンドに戻ってしまいました」と言い放っているのを見ると、このバカ、PDOが原因で「ハイエイタス」が起こったけど、それ以前の気温上昇にPDOは寄与していないと、本気で思ってるようだな。
まあ、コンピュータは「1か0」で動いてるから、コンピュータが創り出した仮想世界に浸りきって、「あっという間に気温は元の上昇トレンドに戻ってしまいました」と言い放つコンピュータオタクが「1か0」でしか考えられないのは理の当然だけど。

このバカは、亀よりのろい木本昌秀のイソギンチャク、じゃなかった、腰巾着。
「大本に立ち返ってハイエイタスの原因を確かめてみたのです」じゃなくて、実は、「木本に立ち返った」だけ。
おい、腰巾着。
昨年9月7日の投稿12月10日の投稿で紹介したとおり、テメエの親亀は、異常気象は温暖化が原因だぁ~~~、と喚いてたんだよ。
ということは、テメエの親亀は気候を「1か0」で考えている、ということだな。
だから、「大本に立ち返って」考えようともせず、「木本に立ち返って」考えるテメエも気候を「1か0」で考えている、ということだな。

親亀こけたら、「あっという間に」、皆こけた。
キャハハ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。