喜べ、傲慢な温暖化教徒は日本海に沈んだ!

ヴェルディ「オテロ」より

来た、来た、来たぁぁぁ~!


世界は史上2位、日本は8位=平均気温13年確定値-気象庁
2014/2/3-16:57
気象庁は3日、世界と日本の2013年の平均気温確定値を発表した。世界は平年(1981~2010年の30年平均)を0.2度上回って1891年の統計開始以来2番目、日本は0.34度上回って1898年の統計開始以来8番目。順位は昨年暮れに発表した速報値と変わらなかった。
世界の平均気温を月別にみると、9月が平年を0.26度、11月が0.31度上回り、いずれも統計開始以来トップ。9~11月の3カ月間も0.26度上回りトップだった。一方、世界の陸地だけの年間平均気温は平年を0.34度上回り、4番目に高かった。
年平均気温の上昇ペースを100年当たりでみると、日本は1.14度と、世界の0.69度より速い。90年代から記録的な高温となる年が増えており、気象庁は二酸化炭素などの温室効果ガスによる温暖化と自然の周期的変動が重なったことが原因と分析している。


(時事ドットコム)

ついに、気象庁も「自然の周期的変動が重なった」と認めざるを得なくなったんだよ。
気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」で解説しているとおりだね。
その図9-5(または、図9-6)は2012年までだけど、2013年のデータを加えても、IPCCの人為的温暖化説はでっち上げであるという結論は「微動だにしていない」。
キャハハ。
(最新のデータと上記の記事を用いて、「気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」を書き換える必要があるし、「IPCC第5次報告書-似非科学の惨めな残骸」も改訂しないといけないんだけど、虫国野郎の件が残ってるし、朝鮮日刊新聞が冬季オリンピックを利用した醜い温暖化プロパガンダを始めたから、それも叩き潰しておく必要があるし、そして、「脱原発=自然エネルギー+電力自由化」も糾弾しないといけないし、なかなかそこまで手が回らない。)

「温室効果ガスによる温暖化」は確かだけど、その効果はIPCCが主張するよりもずっと弱い。
なぜなら、CO2の温室効果は飽和に近いから。
飽和に近いから、CO2を排出し続けても気温はあまり上がらない。
「自然の周期的変動」はこれから下降に転じるから、むしろ、気温は下がる。
但し、それだけなら、「寒冷化」と言うほどには下がらないけど、もし太陽活動がマウンダー極少期並に低下すれば寒冷化する。

人為的排出CO2が重大な気候変動を引き起こすというIPCCの人為的温暖化説はこれと同じレベルの話なんだよ。


「東海」併記法案成立へ 米バージニア州、下院も可決
2014年2月7日16時49分
米バージニア州議会の下院は6日、公立学校教科書で日本海を記載するときに「東海」の呼称も併記すると定めた法案を賛成多数で可決した。すでに上院が可決し、マコーリフ州知事も署名する意向を示しているため、近く成立する見通しだ。米国の州でこうした法案が成立すれば、初めてのケースとなる。
成立すれば、7月以降に新たに発行され、バージニア州内で使われる教科書には、日本海と東海の呼称が併記される。一方、米政府は「日本海」の呼称のみを使うこれまでの方針を変えていない。
法案は同州に住む韓国系米国人社会の働きかけで議会に提出された。米国勢調査局によると、同州の韓国系人口は全米で5番目に多い約8万2千人。一連の議会審議の中では、一部の議員が「州議会が関わるべき問題ではない」と反対したが、多数が支持に回った。法案提出者の一人のティム・ヒューゴ下院議員は6日、「すべての韓国系米国人にとって重要な一歩だ」との談話を発表した。
日本政府は佐々江賢一郎駐米大使が知事らに面会して反対を求めたほか、法律事務所と契約してロビー活動を展開したが、反対意見は議会で広がらなかった。(リッチモンド=大島隆)


(朝日新聞デジタル)

日本列島で隔てられているから、太平洋から独立した海域になっている。
我国が「日本海」と呼んでいるから「日本海」なのではなく、地球科学的に見て「日本海」なんだよ。

自分の国の東側にあるから「そのまんま東海」とか言い張るのはアホの極み。
愚劣な民族だな~、チョンコロは。
劣等民族に科学を説いても理解できるわけ無いから、お手上げだ。

こりゃ、「馬鹿死に屋」州。
自分の国の東にあるから「東海」なら、太平洋はアメリカの西にあるから、今後、日本人は太平洋を大西洋と呼ぶ必要がある、ということになるな。
(チョンコロは黄海を「西海」と呼んでる。朝鮮半島で日本海から隔てられて独立した海域になっているという意味からすれば、「黄海」を「西海」、または、「朝鮮海」と呼ぶ方がまだしも理に適っている。ところが、「馬鹿死に屋」州の教科書には「東海」だけ併記して「西海」は併記していない。それは「東海」の恣意性を完全に露呈している。)

「自然の周期的変動が重なった」事実を顧みずに、人為的排出CO2が重大な気候変動を引き起こすんですぅ~、と喚くのは、私達の国の東側の海だから「そのまんま東海」なんですぅ~、と泣き喚くのと、全く同じレベルなんだよ。
しかも、その非科学性において同じ、というだけじゃない。
「そのまんま東海」と泣き喚くのは、自分達の劣等性を自分達で宣伝する以外の何物でも無く、これ以上に恥ずかしいことは無いにもかかわらず、それにも気づかず、外国の教科書を書き換えさせて悦んでいるわけで、下劣の極み。
ところが、IPCC党も、昨年11月25日の投稿12月4日の投稿12月10日の投稿1月9日の投稿1月21日の投稿、そして、2月2日の投稿で紹介したとおり、「温暖化の科学が間違っている証拠になるとはまったく思わない」だの、「予測の分野では、スーパーコンピューターを使った日本の気候モデルは最先端にあります。今回も多くの論文が引用され、貢献できたと自負しています」だの、「微動だにしていない」だの、「あっという間に気温は元の上昇トレンドに戻ってしまいました」だの、「温暖化問題に関して、もう少し勉強してから記事を書いてほしいというのは決して過大な要求ではないと思います」だのと、わざわざ人前に出てきて、自慢げに自分で自分の馬鹿を晒している。
自分の馬鹿を晒して悦に入っているという点でも、IPCC党はチョンコロと全く同じレベルなんだよ。

恥ずかしすぎます!
チョンコロと同じなら、もう、経ヶ岬から身を投げるしかねえぞ。
成仏せいや。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。