IPCC報告書市民向け要約を読み終わるまで、誰も寝てはならぬ

プッチーニ「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」

今日今晩は。
神戸ハーバーランド大学教授の「馬鹿んち」です。

STAP 温暖化!

「IPCC第5次報告書-似非科学の惨めな残骸」を全面的に書き換えました。
標題も「IPCC第5次報告書の市民向け要約」に変えました。

福島第1原発はもう手がつけられない状態に陥りつつあるな。
国家・国民の総力を結集しなければならない。
それなのに、奸兇省はこんなことしやがった。


温暖化対策予算案10%増 環境省、14年度
2014/3/14 18:57
環境省は14日、政府による2014年度の地球温暖化対策関係予算案の総額が計9065億円と、13年度当初予算比10%増となったと発表した。4月からの地球温暖化対策税の税率引き上げを背景に、経済産業省、農林水産省、環境省を中心に再生エネルギーの導入や省エネ支援、森林保全などの取り組みを強化するため総額が膨らんだ。


(日本経済新聞)

CO2を排出し続けても、基本的に何の問題も無いにもかかわらず、「温暖化対策」とやらに国家・国民の力を殺ぐのは原発事故収束を阻害する以外の何物でも無い!
「温暖化対策=核汚染」なんだよ!
一刻も早く温暖化プロパガンダを葬り去らないと、取り返しのつかないことになるぞ。

だから、「IPCC第5次報告書の市民向け要約」を読んで、これは正しいと思ったら、ぜひ、拡散して頂きたい。
当サイトを引用する必要も、当サイトへのリンクを張る必要もない。
正しいと思ったら、自分の考えとして発信してもらって結構。
と言うか、大いに歓迎。
より多くの国民に真実を知ってもらい、温暖化プロパガンダを葬り去ろう!

STAP 温暖化!

広告

1件のコメント (+ 自分のものを追加)

  1. takazo
    3月 31, 2014 @ 21:15:30

    本当にこの人為的温暖化論というエセ科学は許せないです。温暖化対策として、どこにどれだけの金が流れているのかを検証する必要があるかと思います。デタラメな金の使い方をしていることを白日のもとに晒して、国民一人一人の目を覚ましてもらう必要があるかと。

    返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。