「ゆすり」と「たかり」の徒除

ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」の「第2楽章(アダージョ・ソステヌート)」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

これを見てちょ。


南極:日本が新基地計画 温暖化予測に活用
政府が、南極大陸に日本の新たな基地建設を計画していることが明らかになった。2020年代前半の完成を目指し、新基地では、人類が手にしたことのない約100万年前の最古の大気を閉じ込めた氷を掘り出して、過去の気候変動の解明と将来予測に役立てる。完成すれば、1995年に開設した「ドームふじ基地」以来となる。【田中泰義】
◇100万年前の氷掘削
南極では、降り積もった雪が重みで固まって「氷床(ひょうしょう)」になる。そこには大気も一緒に気泡の状態で閉じ込められ、深い部分を分析すれば、過去の気温や二酸化炭素濃度などを知ることができる「タイムカプセル」になる。
政府の南極地域観測統合推進本部は今月、加速する地球温暖化を踏まえ、16年度からの6年間に、南極で地球規模の環境異変を調べる観測計画を進めることを了承。計画の柱に、約100万年前の大気の採取を掲げた。これまでの最古の大気は欧州チームが南極で採取した約80万年前のものだ。
氷床の氷は自らの重みで圧縮され、100万年前の大気を閉じ込めた氷は、岩盤に近い深さ約3000メートルに存在すると考えられる。岩盤付近は地球内部の熱が伝わり、氷が解けやすい環境だが、南極内陸にあるドームふじ基地から数十キロ地点は、氷床の底面付近も解けていない可能性が高いことが分かった。
また、斜面にある氷床は海へ向かって徐々に流れ出す。古い年代の氷を手に入れるには、氷床の底面までほぼ水平に氷が積み重なる内陸での掘削が望ましい。日本は06年、ドームふじ基地で約72万年前の氷柱(直径約10センチ)の掘削に成功しており、より内陸の新基地で最古の氷の採取に挑む。新基地には10人程度が滞在し、氷の掘削作業にあたる。
氷を構成する酸素や水素の同位体の比率を調べると、過去の気温が分かる。80万年前ごろは気温が低い「氷期」と、暖かい「間氷期」が約10万年周期で繰り返すようになった時期とされる。国立極地研究所の白石和行所長は「最古の氷から地球の営みを知り、温暖化予測に役立てたい」と話す。

2014062501
南極氷床の内部の様子


(毎日新聞 2014年6月23日 7時00分(最終更新 6月23日 10時22分))

三つの事を指摘しておこうか。

第一点。
周知のとおり、アル・ゴアが、南極氷床から導き出された過去40万年間の気温とCO2濃度の変動が連動しているグラフを示し、CO2を排出したから気温が上がったんですと言い立てた。
けど、IPCC人為的温暖化説の当否を判断する際に、過去の気温は二次的な意味しかない。
重要なのは20世紀の気候変動。
温暖化対策の愚」及び「IPCC第5次報告書の市民向け要約」で解説しているとおり、20世紀の気候変動を見据えれば、人為的排出CO2に因る気温上昇は、最大に評価しても、0.4℃にすぎないこと、従って、気候感度は0.75℃にすぎないこと、従って、IPCCが人為的排出CO2の効果を著しく過大評価して、世界を脅しているだけだということが分かるんだね。
この事実から目を逸らすために、またもや、「最古の氷から地球の営みを知り、温暖化予測に役立てたい」と言い立てているんだよ。

第二点。
IPCCは、第5次報告書で反論を封じ込め、世界を完全に丸め込むつもりだった。
ところが、「IPCC第5次報告書の市民向け要約」を読めば分かるとおり、全く逆に、IPCCのデタラメが白日の下に曝け出されてしまったんだね。
慌てふためいたIPCC党は、5月14日の投稿6月1日の投稿で紹介したとおり、温暖化で南極の氷床が解けいるんだぁぁぁ~、世界は水没するんだぁぁぁ~、と血眼で喚き散らしている。
「最古の氷から地球の営みを知り、温暖化予測に役立てたい」には、南極に目を向けさせ、温暖化で南極氷床が解けていると思い込ませようとの意図もある。
けど、「IPCC第5次報告書の市民向け要約」の[注16]で紹介しているとおり、南極氷床融解の主たる原因は火山活動。
6月1日の投稿の直後に、新しい論文(Proceedings of the National Academy of Sciences)が現れて、地熱が原因であることはもはや確実となった。
人為的排出CO2で南極氷床は解けないという事実は「微動だにしていない」。
キャハハ。
そこで、上の記事をよくよく見ると。
「岩盤付近は地球内部の熱が伝わり、氷が解けやすい」と認めてるな。
実は、人為的CO2排出が原因で南極氷床が解けているのではない、と分かってるんだね。

第三点。
IPCC第5次報告書の市民向け要約」でも紹介してるとおり、IPCCは、20世紀の気温上昇は人間がCO2を排出したことが原因であり、それは95%以上確実だ、と言い立てている。
それが本当なら、今さら「過去の気候変動の解明と将来予測」の必要なんて無いだろ。
一方、1月15日の投稿で紹介したとおり、IPCC第1作業部会の「政策策定者向け要約」の執筆者である江守正多は「人類は現在、岐路に立たされているといえます」と喚き立てていたし、2月26日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞も「地球の危機だ」と喚き散らしていたけど、それが本当なら、もう「過去の気候変動の解明と将来予測」の余裕なんて無いだろ。
本当に「人類は現在、岐路に立たされている」のなら、「南極大陸に日本の新たな基地建設」の予算は温暖化対策に回すべきなのに、悠長に「最古の氷から地球の営みを知り、温暖化予測に役立てたい」などと、なぜ言える?

もはや明らかだな。
1998年以降の16年間以上、気温上昇はほぼ停滞しているのに、「加速する地球温暖化」と脅し、「人類は現在、岐路に立たされている」と喚き、1月15日の投稿で紹介したとおり、「われわれ全員がどんな選択に『賭ける』かを考え、社会全体の意志として進むべき道を決めていかなくてはならないのです」だの、2月26日の投稿で紹介したとおり、「地球が将来どのような気候になるかを決めるのは科学者ではない。地球に暮らすすべての人々の意思、そして、行動が決めるんです」だのと国民をゆすり、「温暖化予測に役立てたい」と国民にたかる。
「ゆすり」と「たかり」。
それが人為的温暖化の正体なんだね。
それが人為的温暖化を煽り立てている気候学者の正体なんだよ。
STAP温暖化!


誰も あると思ってない 幻のSTAP (ルポ迫真)   日経新聞
5月末、理化学研究所研究ユニットリーダーの小保方晴子(30)が久しぶりに、発生・再生科学総合研究センター(神戸市、CDB)に姿をみせた。向かった先はC棟にある応接室。ここで待機し、STAP細胞の作り方をアドバイスする。ムーミンの絵柄で飾られた自分の研究室に立ち寄ることは許されなかったが、検証実験への参加は事実上、始まった。
A棟の4階で実施されている検証実験は難航していた。STAP細胞どころか、らしき細胞もできない。担当のCDBプロジェクトリーダー、丹羽仁史(50)はあきらめ顔で「もう限界だ」。小保方に助言を求めることになった。
6月12日の第三者の有識者による理研改革委員会の最終会合。急きょ呼ばれた理研統合生命医科学研究センター(横浜市)の上級研究員、遠藤高帆が言い放った。「ES細胞が混じったとしか考えられない」
ネット上に公開されたSTAP細胞の遺伝子情報を解析すると、8番染色体に異常が見つかった。この染色体異常があるとマウスは生まれない。論文にはSTAP細胞は生まれたばかりのマウスから作ったと書いてある。STAP細胞は別の万能細胞であるES細胞ではないかとの重大な疑義が、一層深まった。
STAP細胞を「ない」と言い切ることはできないが、「ある」と考える研究者は小保方以外に今の理研にもういない。
生物学の常識を覆す「夢の細胞」として登場したSTAP細胞。日本を代表する研究機関である理研の若手研究者が作ったといわれるが、実は彼女が留学したハーバード大学が深く関わる。
麻酔科医でもある教授のチャールズ・バカンティが約10年前に唱えた仮説が下敷きになっている。彼の研究室で小保方は修業した。作製法を記した論文の筆者をどうするかも彼が決めた。
背中から人間の耳がはえたようにみえるマウスを作製し、再生医療の分野で有名になったバカンティは、研究の中身より見せ方にこだわる。この耳も型のなかにウシの軟骨細胞を入れて作り、背中にくっつけたもの。仲間の評判は芳しくない。
もう1人、STAP研究の利用をもくろんだのがCDB副センター長の笹井芳樹(52)。ES細胞研究の第一人者で、論文が載ったネイチャー誌とも関係が深い。「論文を書かせたら右に出る者はいない」といわれ、STAP研究を「世紀の大発見」にした。
CDBで国から研究費を集める担当もしている。論文掲載が内定していた1月下旬には、早速、小保方を引き連れ、医療戦略を練る内閣官房を訪れた。「すごい研究成果をもうすぐ発表します」と興奮気味だった。
翌月のバレンタインデーには、首相官邸での総合科学技術会議の会合に小保方が出席することまで決まっていた。普通はノーベル賞受賞者級しか呼ばれない。論文の画像に不自然な点があるとの指摘が出て、会合当日にキャンセルになった。
研究の白紙を意味する論文の取り下げに「成果が誤りという説得力のある証拠がない」と拒み続けてきたバカンティが、ネイチャー誌に5月末、撤回を申し出た。編集部の判断で取り下げられるという「不名誉な結末」になる可能性が強まってきたからだ。
後ろ盾を失った小保方は、自らSTAP細胞を作るしか、残された道がなくなった。検証実験への参加をちらつかせて論文の撤回を迫る理研。「本意ではない」としながらも同意書に署名した。
STAP研究では、論文作成と並行して、特許も出されている。
2012年4月、バカンティ、小保方らを発明者とし、ハーバード大が中心となって米国特許を仮出願した。笹井らが論文を完成させたことを受け、13年4月、ハーバード大と理研が米特許庁に共同で国際出願した。出願者には、小保方が再生医療研究に取り組むきっかけを作った東京女子医科大学、発明者には笹井の名前も記された。
新薬や治療法の開発を変える万能細胞は「金のなる木」ともいえる。特許が成立すれば、再生医療ビジネスを勝ち抜く切り札となる。今年1月末にはSTAP論文の発表を受け、再生医療銘柄で株価が急騰した。
特許の扱いについて理研の広報担当者は「来春、検証実験の結果がまとまってから判断する」と語る。論文は撤回するのに、特許の取り下げはまだ決断できずにいる。
STAP細胞は登場から4か月余りで一つの仮説にすぎなくなった。幻となった新型万能細胞への期待と思惑が、STAP騒動をどんどん大きくしていった。


(日経の記事ですが、日経のサイトからは全文が読めないので、コチラのブログから勝手に「貼る子」させて頂きました。)

はい、はい、そうですね。
「STAP温暖化はIPCC第5次報告書登場から4か月余りで一つの空説にすぎなくなった」ですよ。
もう「誰も あると思ってない 幻のSTAP温暖化」
「STAP温暖化を『ない』と言い切ることはできるが、『ある』と考える研究者は江守正多以外に今の『政策策定者向け要約』執筆者にもういない」。
キャハハ。

けど、4月1日の投稿へのコメントも指摘しているとおり、STAP温暖化は「金のなる木」だから、「ゆすり」と「たかり」は諦めない。
「馬鹿んち」ですら「不名誉な結末」を恐れたけど、人為的温暖化を煽り立てる連中に科学者としての矜持は欠片も無い。
5月29日の投稿でも指摘したけど、あるのは欲だけ。
「『ゆすり』『たかり』への期待と思惑が、STAP温暖化騒動をどんどん大きくしていった」んだよ。
始めに紹介した記事はそのことを示してるんだね。

1月9日の投稿で紹介したとおり、人為的温暖化プロパガンダという「ゆすり」「たかり」の最大の標的は我国。
それをさらに裏づけるのがこれだ。


日本名指し、来年3月までに温暖化目標案を 環境保護団体が主張
2014.6.15 00:12
2020年以降の新たな地球温暖化対策の国際枠組み作りを議論しているドイツ・ボンの気候変動枠組み条約会合の会場で、世界の環境保護団体の連合組織「気候行動ネットワーク」が14日記者会見し、温暖化対策の新たな目標案の提出時期を明確にしない日本を名指しし「来年(15年)3月末までに提出すべきだ」と訴えた。
各国は、29年以降の目標案を、基本的に15年3月末までに国連に出すことに昨年、合意した。だが日本は国内検討が始まっておらず、出す時期を明言していない。
今回の会合では、米国や欧州連合(EU)が期限を守る意向を表明。中国も「来年の早い段階で出す」と説明し、15年末の新枠組み合意に向けた機運が高まっている。
会見で、世界自然保護基金(WWF)中国のメンバーが「日本は逆行している」などと指摘した。

2014062502
ドイツ・ボンで気候行動ネットワークが行った記者会見=14日


(共同)

中禍人糞凶和国の大気汚染が日本国民の健康を害し、さらに、4月18日の投稿で紹介したとおり、異常気象の元凶であるにもかかわらず、安倍こべに「世界自然保護基金(WWF)中国のメンバーが『日本は逆行している』」と喚き散らしたという事実は、と言うか、わざわざ「中国のメンバー」にそんなことを言わせたという事実は、環境が全く眼中に無いことを物の見事に露呈してるな。
1月15日の投稿で指摘したとおり、IPCCを背後で操っているのはグローバルエリート。
「グローバルエリートの期待と思惑が、STAP温暖化騒動をどんどん大きくしていった」んだよ。
昨年2月27日の投稿で紹介したとおり、電力自由化は新自由主義の所産。
6月20日の投稿で指摘したとおり、人為的温暖化プロパガンダの目的の一つは電力自由化。
「自然保護」の組織であるにもかかわらず、WWFが電力自由化を煽り立てているという事実はその決定的な証拠。
ところが、先進国の中で電力自由化に踏み切っていない国がある。
それは日本。
「日本は新自由主義に逆行している」。
グローバルエリートはそれを容認しない。
4月17日の投稿で紹介したとおり、STAP温暖化を真に受けたとしても、我国は無罪なのに、「日本は逆行している」とゆするのはそれ故。
「電力自由化への期待と思惑が、STAP温暖化騒動をどんどん大きくしていった」んだよ。

けど、グローバルエリートの「ゆすり」「たかり」だけじゃない。
中禍人糞凶和国は凶産国だから、電力自由化と無縁。
にもかかわらず、電力自由化を煽り立てているWWFの「中国のメンバーが『日本は逆行している』」と罵って憚らない。
(もう一度、言うけど、WWFがわざわざ「中国のメンバー」を選んで、「日本は逆行している」と言わせたという事実は決定的に重要。)
それは、4月19日の投稿で指摘したとおり、STAP温暖化が中禍人糞凶和国の「ゆすり」「たかり」であることを物語ってる。
だからこそ、中禍人糞凶和国の石炭火力が日本国民の健康を害し、異常気象を引き起こしているにもかかわらず、さらに、6月17日の投稿で紹介したとおり、ドイツは石炭火力への依存を高めているにもかかわらず、虫国野郎の張壽川が、2012年9月4日の投稿で紹介したとおり、「少なくとも安易な石炭火力増設は国際社会が許すことはなく」だの、2012年9月25日の投稿で紹介したとおり、「国際社会は責任放棄と非難し始めている」だのと喚き立て、その挙句に、2月9日の投稿で紹介したとおり、我国を悪魔呼ばわりしたんだね。
だからこそ、2月5日の投稿2月9日の投稿で紹介したとおり、夷罠深書店という反日出版社が張壽川を使って人為的温暖化を煽り立てているんだよ。
だからこそ、朝鮮日刊新聞という反日メディアが、昨年10月5日の投稿で紹介したとおり、人為的温暖化を煽り立て、2月24日の投稿で紹介したとおり、「日本が国際的な流れから離れて独自の道を進む『ガラパゴス化』しつつあることを印象づけた」だの、5月9日の投稿で紹介したとおり、「2度世界の真逆を行く日本」だのと、我国を誹謗し続けているんだね。
だからこそ、昨年12月5日の投稿で紹介したとおり、奇行ネットワークの鬼婆が朝鮮日刊新聞紙上で「日本の環境政策は中国と比べても時代遅れ、と言われるようになりました」と喚き立てていたんだね。
って言うか、中禍人糞凶和国のスパイと反日組織・団体が我国を貶め、それに呼応して、「中国のメンバーが『日本は逆行している』」と誹謗中傷したんだよ。
「中禍人糞凶和国による侵略と略奪への期待と思惑が、STAP温暖化騒動をどんどん大きくしていった」んだよ。

STOP「ゆすり」「たかり」!
STOP中禍人糞凶和国!!
STOP反日!!!

広告