13奸楽器の再生可能エネルギーセレナード

モーツァルト「13管楽器のセレナード」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

人殺し左翼が性懲りも無く再生可能エネルギーを煽り立てていたようだな。


再エネと地域―「主権」育てる好機に
朝日新聞と一橋大学が共同で実施したアンケートで、回答した全国の自治体の8割が再生可能エネルギーの推進に意欲的で、地域振興に役立てようとしていることがわかった。
福島第一原発の事故から3年以上。発電の方法を見直す動きから、地域を自分たちの手で再構築する試みへと深化しつつある様子がうかがえる。
例えば、電力会社に電気を売って得た収益を福祉施設の運営に回したり、発電設備を維持し保守する会社をつくって雇用創出につなげたり。地域で資金を募って設立する市民共同型の発電所も増え、500を超える勢いだ。
いずれ電力が自由化されれば、電力会社や電源を選んで電気を買えるようになる。そんな将来をにらんで、農業や漁業、林業の生産者が遠隔地の消費者とつながり、直売する地場産品の中に、電気も組み込もうという構想も生まれている。
経済活動の枠組みには収まりきらない動きも現れている。
原発被災地となった福島県南相馬市では、太陽光発電所とそこでできた電力を使った植物工場を運営しながら、子どもたちが体験学習できる場がある。
代表理事の半谷栄寿さんは地元出身で東京電力の元役員。事故の反省から事業を起こした。目標とするのは電気の仕組みや活用法の学習を通じて「自分で考え行動する」人材を育てることだという。
これまでの電源開発は「つくる人」と「使う人」が分かれがちだった。とりわけ原発は、大量に電力を消費する都会向けにつくられてきた。立地条件も限られ、恩恵を受ける「地元」も一部にとどまった。
地域振興にしても、これまでは大企業を誘致したり補助金でハコモノをつくったりという他力本願型。その面でも原発誘致は典型だった。
確かに、安定的な電力供給という面では、再生可能エネルギーに技術的な課題は残る。固定価格での買い取り制度も、電源の開発費用が下がらないと料金負担が大きくなる欠点がある。
それでも、地域に普通にある資源をいかす再生可能エネルギーは、従来の発想を転換させて、地域に「主権」を育むきっかけになる。
自分たちで事業を進めれば難題や意見の相違にもぶつかる。どう乗り越え、いかに納得するか。小さな民主主義の実践が積み重なる。
自分たちの町や生活と関連づけてエネルギーをとらえる機運を歓迎したい。


(2014年7月27日の朝鮮日刊新聞社説)

醜悪で狡猾で卑劣な詭弁と欺瞞で埋め尽くされた社説であるにもかかわらず、誰も論じていないようだから、やっぱり、私めが論じるしかないだろ。

(1) 「電源を選んで電気を買えるようになる」のなら、「安定的な電力供給」が出来ず、「料金負担が大きい」再生可能エネルギーは買いたくないという権利が保証されねばならない。
ところが、「電源の開発費用が下がらないと料金負担が大きくなる欠点がある」と言うのは、「固定価格での買い取り制度」自体は正しい、と言うことに他ならず、再生可能エネルギーは買いたくないという権利を認めない、と言うことに他ならない。
「固定価格での買い取り制度」で国民に強要しているという事実から目を逸らすために、「電源を選んで電気を買えるようになる」と嘯いてるんだね。

(2) 「固定価格での買い取り制度」で強要するのは「主権」の侵害以外の何物でもない。
にもかかわらず、安倍こべに「地域に普通にある資源をいかす再生可能エネルギーは、従来の発想を転換させて、地域に『主権』を育むきっかけになる」と言い放つ。
殊更に「『主権』を育むきっかけになる」と嘯いて、その実は「主権」を踏み躙る。
「主権」を踏み躙るために、「『主権』を育むきっかけになる」と嘯いて国民を欺く。
その狡猾さ卑劣さは「左翼」固有のもの。

(3) 「自分たちの町や生活と関連づけてエネルギーをとらえ」るからこそ、「安定的な電力供給」が出来ないくせに「料金負担が大きい」再生可能エネルギーは許されないんだよ。
ところが、安倍こべに「自分たちの町や生活と関連づけてエネルギーをとらえる機運を歓迎したい」と言い立てて、再生可能エネルギーを正当化。
これまた、巧言を弄して国民を欺いているだけ。

(4) 「市民共同型の発電所」と言いながら、その実は、「固定価格での買い取り制度」を利用して、他の「市民」の所得を奪ってるだけだろ!
前回の投稿でも指摘したけど、「市民共同型の発電所」の関係者は、「自分たちの町や生活と関連づけてエネルギーをとらえる」と嘯いて、大衆の利益の代弁者のようにふるまい、その実は、文字通り「自分たちの生活」だけを考えているのであり、「自分たちの生活」のために一般市民の「生活」を犠牲にしているんだよ。
「市民」を看板にして、「市民」から貪る「プロ市民共同型の発電所」

(5) 「固定価格での買い取り制度」に基く再生可能エネルギーも「他力本願型」
その事実から目を逸らすために、「その面でも原発誘致は典型だった」と喚き立てるんだよ。
もちろん、「市民共同型の発電所」も「他力本願型」
その事実を覆い隠すために、「自分たちの町や生活と関連づけてエネルギーをとらえる」と嘯いてるんだね。
それどころか、「地域に『主権』を育むきっかけになる」と言い立てて、己の「他力本願」を「主権」に見せかけようと図る。
その卑劣さ!

(6) 「電力会社に電気を売って得た収益」じゃねえの!
市民に押し売りして、暴利を貪ったの!
それは「福祉」と相容れないの!
にもかかわらず、「電力会社に電気を売って得た収益を福祉施設の運営に回したり」と囃し立てているけど、それはワタミを正当化する以外の何物でも無い。


ワタミ、北海道にメガソーラー 60億円投資
2014/7/15 2:00
ワタミは2015年12月、北海道むかわ町に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する。出力は1万9000キロワットで、メガソーラーの建設は近隣の厚真町に続き2例目となる。投資額は約60億円。周辺を山林として整備して自治体と結びつきを強め、居酒屋などで扱う野菜や魚介の調達も増やす。
ワタミは、太陽光発電の企画・保守を手がける市民ソーラーシステム(札幌市)と共同出資する特定目的会社(SPC)を通じ…


(日本経済新聞 電子版)

「発電設備を維持し保守する会社をつくって雇用創出につなげたり」と囃し立て、「市民共同型の発電所」を持て囃している理由はこれだな。
「電力自由化+再生可能エネルギー」を煽り立てる「左翼」は、実のところ、ワタミを後押ししてるんだね。
「地域を渡辺美樹たちの手で再構築する試みへと深化しつつある」という事実を覆い隠すために、「地域を自分たちの手で再構築する試みへと深化しつつある様子がうかがえる」と嘯いて、市民を丸め込もうとするんだよ。

(7) 2012年9月22日の投稿で紹介したとおり、御前崎市民は「原発は怖い。でも原発と一緒に雇用までなくなっては困る」と、泊村民は「危険性を知った今も、住民の多くは原発がなければ暮らせないと思っている」んだね。
原発の「地元」は「自分たちの町や生活と関連づけてエネルギーをとらえ」てるんだよ。
しかも、「意見の相違にもぶつかる。どう乗り越え、いかに納得するか」であれば、「地元」が「いかに納得するか」が鍵であるにもかかわらず、一方的に「恩恵を受ける『地元』も一部にとどまった」と喚き立てて「地元」を愚弄する。
本当に「地元」が「恩恵を受ける」のなら、「大量に電力を消費する都会」が「地元」になればいいんだ。
自分達が「地元」になるのを嫌って、福島に原発を押しつけておきながら、「恩恵を受ける『地元』も一部にとどまった」と言い放って憚らない身勝手さ。
その身勝手な連中が再生可能エネルギーを煽り立てているんだよ。
実際、「固定価格での買い取り制度」に基く再生可能エネルギーこそ「恩恵を受けるのも一部にとどまる」
その事実を覆い隠すために、「恩恵を受ける『地元』も一部にとどまった」と喚き散らしてるんだね。
その挙句に、身勝手を「主権」と言い立てる。
何たる卑劣さ!

(8) 「意見の相違にもぶつかる。どう乗り越え、いかに納得するか」であれば、電力自由化、再生可能エネルギーの是非を議論しなくてはならない。
ところが、2011年9月29日の投稿で紹介したとおり、2011年6月29日の朝鮮日刊新聞社説は「再生エネ法も原発の是非はどうあれ、太陽光や風力の普及を図ることに異論はないはずだ」と言い放った。
昨年7月6日の投稿で紹介したとおり、電事法改正案が廃案になった時、2013年6月27日の朝鮮日刊新聞社説は「そんな参院ならば、もういらない」と言い放った。
その醜悪極まる言い草が示しているとおり、「電力自由化+再生可能エネルギー」には如何なる国民合意も無い。
2012年6月24日の投稿12月8日の投稿で指摘したとおり、「電力自由化+再生可能エネルギー」は国民不在の下に推し進められてきたんだね。
その事実から目を逸らすために、「小さな民主主義の実践が積み重なる」と巧言を弄して、国民を欺くんだよ。

(9) 「農業や漁業、林業の生産者が遠隔地の消費者とつながり」ということは、「『つくる人』と『使う人』が分かれている」ということだろ。
だから、「電気も組み込もうという構想も生まれている」ということは、「電気の生産者が遠隔地の消費者と(送電線)でつながり」ということに他ならない。
実際、2011年8月14日の投稿で紹介したとおり、2011年6月6日の朝鮮日刊新聞社説は「東北を太陽光発電のベルト地帯とする内館牧子さんの構想も魅力的だ」と囃し立ててた。
それなら、結局、原発と同じじゃねえか。
さらに、6月20日の投稿で採り上げた2014年6月12日の朝鮮日刊新聞社説は「これは改革の要となる『発送電分離』への布石でもある」と喚き立てていたけど、発送電分離は「『つくる人』と『使う人』が分かれ」ていることが大前提。
にもかかわらず、「これまでの電源開発は『つくる人』と『使う人』が分かれがちだった。とりわけ原発は、大量に電力を消費する都会向けにつくられてきた」と喚いてる。
電力会社を攻撃するための巧言にすぎないことは明らかだな。
実際、「『つくる人』と『使う人』が分かれがちだった」と言い立てるのなら、一新聞社の分際で市民に対して「地域に『主権』を育むきっかけになる」と高言して憚らない朝鮮日刊新聞は「その面でも典型だった」と言えるから、朝鮮日刊新聞の購読を止めるのが、「地域に『主権』を育むきっかけになる」はずだな。
朝鮮日刊新聞は廃刊しろ!

(10) 「これまでの電源開発は『つくる人』と『使う人』が分かれがちだった」と言い立てて、電力会社を攻撃するのは、グローバル資本を利するため。
「これまでは大企業を誘致したり」と喚き立てているけど、2012年11月12日の投稿で紹介したとおり、「左翼」が「電力自由化+再生可能エネルギー」を煽り立てた結果、丸紅が急速に電力を支配しつつあるんだね。
と言うよりも、それこそが「電力自由化+再生可能エネルギー」の目的なんだよ。
この真実から目を逸らすために、殊更に「地域を自分たちの手で再構築する試みへと深化しつつある様子がうかがえる」と囃し立て、「地域に『主権』を育むきっかけになる」だの、「小さな民主主義の実践が積み重なる」だのと巧言を弄して、国民を欺くんだよ。

(11) 原発事故が収束しない限り、「地域を自分たちの手で再構築する」ことはできないんだ、つ~の!
6月20日の投稿でも書いたけど、「電力自由化+再生可能エネルギー」は原発事故収束を阻害するだけ。
この真実を覆い隠すために、「深化しつつある様子がうかがえる」と巧言を弄して、国民を欺くんだよ。

(12) 東京電力の幹部は福島原発事故に責任を負わねばならない。
「地元出身」なら、なお更のことだな。
福島原発事故収束のために、そして、第1原発のみならず、第2原発の廃炉のために「考え行動する」のが「地元出身で東京電力の元役員」の責任だ、つ~の!
「太陽光発電所とそこでできた電力を使った植物工場を運営」は責任逃れ以外の何物でも無い!
朝鮮日刊新聞は何て言ってた?
2011年8月18日の投稿で採り上げた2011年7月26日の社説は「他の企業と同様に破綻処理をすべきだ」だの、2012年11月11日の投稿で採り上げた2012年11月9日の社説は「本来なら、破綻処理すべき企業である」だのと言い放ったんだね。
それなのに、「地元出身で東京電力の元役員」の責任に言及するどころか、安倍こべに「事故の反省から事業を起こした。目標とするのは電気の仕組みや活用法の学習を通じて『自分で考え行動する』人材を育てることだという」などと持て囃す有様。
原発事故を顧みないことを露呈してるな。
けど、それは理の当然。
上でも述べたとおり、「電力自由化+再生可能エネルギー」は原発事故収束を阻害するだけだから。
逆に言えば、「電力自由化+再生可能エネルギー」を煽り立てる「左翼」が「地元出身で東京電力の元役員」を持て囃したという事実は、「電力自由化+再生可能エネルギー」が原発事故収束を阻害する以外の何物でも無いことを裏づけたと言える。

(13) 私めは「ツィッター」とやらはしてないし、やる気も無いけど、ググってたら、こんなの見つけたぞ。

2014080201

「この画像/動画は不適切な内容を含んでいる可能性があります」ということは、おねえちゃんがメガソーラーの前でおっぱい丸出しな画像に違いねえと期待して、「表示する」をクリックしたら。

2014080202

これのどこが「不適切な画像」なの?
そうかい、そうかい!
再生可能エネルギーを煽り立てる「左翼」が、「太陽光パネル設置断固反対!」と言うのは怪しからん、そんな主張は封殺しろ、と要求したんだな。
言論封殺は「主権」の侵害、「民主主義」の否定以外の何物でもない!
「この画像/動画は不適切な内容を含んでいる可能性があります」は、再生可能エネルギーの邪悪な本性を、にもかかわらず、安倍こべに「地域に『主権』を育むきっかけになる」だの、「小さな民主主義の実践が積み重なる」だのと言い張る「左翼」の邪悪な本性をハッキリと示したと言える。

「主権」を取り戻し、「民主主義」を回復するために、「電力自由化+再生可能エネルギー」を煽り立てる「左翼」を一匹残らず葬り去るべし!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。