温暖化教争曲

リスト「ピアノ協奏曲第1番」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

めっきり、秋らしくなりましたですな。
爽やかですな。
と、思いきや、鬱陶しい連中がいるぞ。


申請人はホッキョクグマ 電力会社に「すみか返して」
2011年1月22日15時6分
地球温暖化ですみかを追われたホッキョクグマを申請人にして、日本環境法律家連盟(事務局・名古屋市)が日本の電力会社を相手取り、温室効果ガスの削減を求める公害調停を起こすことがわかった。総務省の公害等調整委員会に今夏にも申請する予定で、温暖化の被害を受けやすい農業や漁業関係者にも参加を呼びかける。
22日午後、同連盟が東京都内で開くシンポジウムで発表する。同連盟は、気温上昇で北極の氷が解けてホッキョクグマのえさ場が不足しているほか、コメの品質低下や漁獲量の減少も招き、ホッキョクグマや農漁業者らが安全な大気環境で生きる権利が侵害されたとしている。温室効果ガスを「大気汚染物質」と認めた2007年の米連邦最高裁の判断にならい、気温上昇の原因の温室効果ガスは大気汚染物質だと主張、温室効果ガスを大量排出する電力会社に削減を求める。
同連盟事務局長の籠橋隆明弁護士は「温暖化問題はみんなの責任だという議論になっているが、それだけでは解決できない。石炭火力発電所を最新型の液化天然ガスに転換するなどで、二酸化炭素を20年までに07年比で62%を削減できる」と訴える。(長富由希子)


(asahi.com)


「温暖化公害にあたらず」判決
2014年9月10日 16時50分
地球温暖化が進むなか、温室効果ガスの排出を電力会社などに削減させるための公害調停を行うよう国の公害等調整委員会に弁護士のグループが求めていた裁判で、東京地方裁判所は「温暖化は法律で定める『公害』にあたらない」と判断して、訴えを退けました。
この裁判は地球温暖化問題に関心のある弁護士のグループが温室効果ガスである二酸化炭素の排出を国内のすべての電力会社などに削減させるよう、国の公害等調整委員会に公害調停を求めていたものです。
弁護士グループは当初、原告に温暖化で生存が脅かされているホッキョクグマを加えましたが、原告に適さないとして裁判から除かれたため、その後は温暖化に伴う海面上昇で国全体が海に沈んでしまうおそれがある南太平洋の島国ツバルの国民を加えて、公害調停の必要性を訴えていました。
10日の判決で東京地方裁判所の八木一洋裁判長は「公害調停の対象となる『公害』は、環境基本法で大気汚染や土壌汚染などで人の健康や生活環境に被害が出るものと定めている。二酸化炭素はそれ自体が有害とはいえず、地球温暖化は大気汚染などの『公害』にはあたらない」と判断して、訴えを退けました。
判決後に会見した原告の弁護士グループの市野綾子弁護士は「温暖化が待ったなしの状態であると考えて訴えを起こしたが、土砂災害で大きな被害が出た広島市の豪雨など、危険が現実のものとなっている。今回の判決は温暖化対策につながる公害調停への道を閉ざすものだ」と批判し、控訴する考えを示しました。


(NHK)

9月7日の投稿で紹介したとおり、亀よりのろい木本昌秀が「(広島市の豪雨は)地球温暖化による気温の上昇で、日本付近の大気に含まれる水蒸気の量が増加していることも要因の1つだ」喚いてたけど、そして、このスベタはそれを真に受けて「土砂災害で大きな被害が出た広島市の豪雨など、危険が現実のものとなっている」と泣き叫んでいるわけだけど、んなわけねえだろ。


広島市北部、未明に100ミリ超える雨 陸自に派遣要請
2014年8月20日8時13分
広島市北部で20日未明、1時間に100ミリを超える猛烈な雨を記録し、広島地方気象台は「数年に一度」とされる記録的短時間大雨情報を出した。この雨の影響で住宅に土砂が流れ込み、広島市消防局によると、少なくとも10人が生き埋めになっているとの情報が入っており、救助活動が続いてる。
広島県危機管理監によると、20日午前4時までの1時間に、広島市安佐北区三入東で121ミリ、同区可部町上原で115ミリ、同区役所で102ミリの雨を観測した。
大雨の影響で、広島市安佐北区、安佐南区、佐伯区と安芸高田市八千代町で計約5300戸が停電となった。湯崎英彦・広島県知事は20日午前6時半、松井一実・広島市長の要請を受けて、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。
気象庁によると、日本海付近に停滞する前線に南からの湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になったため、局地的に大雨が降ったという。同時刻に近接する観測点で数ミリしか降っていないところもあり、気象庁は「不安定な状況下ではいつどこに雨雲が発生してもおかしくなく、短時間に極めて狭い範囲に雨が集中した」とみている。


(朝日新聞デジタル)

「日本付近の大気に含まれる水蒸気の量が増加していることも要因の1つ」なら、近隣でも豪雨になっとるわ。
デタラメほざくな!
自然現象を利用して「温暖化」を煽り立てているわけで、そのことだけを以ってしても、木本らのIPCC党が人為的排出CO2の効果を過大評価していることは明らかだな。

しかし、ここで重要なのは次の点だ。
「公害」というのは、企業が環境汚染物質を垂れ流して利を貪り、その結果、市民に犠牲を強いたということ。
だから、CO2排出は「公害」と言うのなら、それは市民の責任じゃない。
ところが、どうだ。
自然エネルギー買い取り制度で市民に責任を負わせている。
温暖化対策税で市民に責任を負わせている。

もう一度言うぞ。
「公害」の本質は、企業が利を貪るために市民に犠牲を強いた、ということ。
ところが、どうだ。
自然エネルギー買い取り制度で、チョンコロ孫不正義が利を貪り、市民に犠牲を強いている。
本当に、CO2排出は「公害」と考えているのなら、買い取り制度の廃止と温暖化対策税の廃止も求めなければならないはずだろ。
ところが、それはしない。
それだけは絶対にしない。
2011年3月22日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞も(CO2)温暖化を水俣病に擬(なぞら)えていたけど、6月17日の投稿で紹介したとおり、安倍こべに「再生エネを拡大する固定価格買い取り制度や地球温暖化対策税については、買い取り価格や税率の引き下げなど抜本的な見直しを打ち出しているのだ」と罵っていたんだね。。
気候ネットワークの鬼婆は水俣病訴訟原告の弁護士だったにもかかわらず、固定価格買い取り制度・温暖化対策税を正当化しているんだね。
2月5日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎も「90年代になって、日本では『環境』という言葉が『公害』という言葉に代わり、私たちは時間的・空間的により広く問題を認識するようになりました。しかし、逆にこの事が、人間の行為が他の人間を苦しめて命を奪うという根本的な事実や関係性を見えなくしてしまったように思います」と、つまり、温暖化は「公害」と喚き立てていたけど、やはり、固定価格買い取り制度・温暖化対策税を正当化して「人間の行為が他の人間を苦しめて命を奪うという根本的な事実や関係性を見えなくしてしまった」んだね。
さらに、2012年11月17日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞社説に至っては「国民に痛みを強いることを避けて通れない」と明言してた。

固定価格買い取り制度や温暖化対策税で国民から搾り取るための温暖化プロパガンダに他ならないことは明らかだろ。
この裁判は人為的温暖化の、そして、それを煽り立てている連中の醜悪で邪悪な本性を物の見事に露呈したんだよ。
7月18日の投稿で指摘したとおり、人為的温暖化を「公害」に見せかけることで、大衆の利益の代弁者のようにふるまい、市民を欺こうと図ったんだね。
こらっ!、市野綾子。
テメエのようなスベタには白くまパンチをお見舞いしてやる。

2013020102

喰らえ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。