「習近平から目線」の講釈師様、あなたのような人でなしのお方は

ヨハン・シュトラウス「こうもり」より「侯爵様、あなたのようなお方は」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

何なの?、この涼しさは。
それなのに、性懲りも無く、暑苦しい虫国野郎が。


日中環境協力 上から目線の発想やめよ
明日香寿川(あすか・じゅせん)/東北大学教授(環境エネルギー政策論)
2014年8月29日
明日香寿川さん
中国の大気汚染、特に微小粒子状物質PM2.5などの越境汚染について、日本の政治家の反応は分かれる。「中国はけしからん。厳重に抗議すべきだ」と「日本が援助し解決すべきだ」というものだ。
これらはいずれも「上から目線」だと思う。越境汚染により他国に悪影響を与えているという認識は中国にもある。しかし、自らが苦しんでいる中国の人々は、 「けしからん」と言われても「分かっている」という反応しかしようがない。原発事故を外国人に「けしからん」と言われても、多くの日本人の心に深く響かないのと同じだ。
また、中国の大気汚染問題は、日本が援助を行って解決するような単純な問題ではない。技術がすべてを解決する問題でもなく、日本の技術の優位性が必ずしも高いわけでもない。
円借款による援助が終わり、日中の環境協力の舞台は「会議」になりつつある。今年4月、韓国で開かれた日中韓環境相会議では、中国の大臣が出席せず、日中 の二国間会議も開かれなかった。背景には、現在の政治的緊張関係の影響と、たとえ会議をしても建設的な議論にならないという判断が中国側にあったのだろう。
十分であるかの判断は難しいものの、中国は、日本など先進国では想像できないような対策をすでにやっている。数年前には各地で、省エネ目標 達成のために強制的に電気や熱の供給が止められた。北京では自動車のナンバープレート取得は抽選制であり、日本では産業界の反対で阻止された温暖化ガスの 排出量取引制度も、七つの大都市圏で導入された。大気汚染や温暖化の元凶である石炭火力発電所は、日本で新設が計画される一方で、中国では多くの大、中都市での新設は原則禁止となりつつある。その結果、2014年上半期の石炭消費量の増加率は、1980年代に改革開放で高度成長が始まって以来、初のマイナスとなった。
環境協力は、共通の敵に立ち向かうという名目のもと、かつて欧州で東西冷戦の終結に貢献した。それをアジアで実現するためには、まず各国が同じ目線に立つことが必要だ。
環境問題の多くはエネルギー資源問題である。日中双方にとって、エネルギー開発や海洋の共同利用は大きな経済的メリットがある。つまり、環境問題と他のイ シューとを戦略的に結びつけるのだ。こうした形で日中が環境協力を進めれば、ともにメンツを失わない形で、緊張緩和を進めるための糸口になりうるだろう。

あすか・じゅせん 東北大学東北アジア研究センター教授。1959年、東京生まれ。東京大大学院工学系研究科博士課程修了。専門は環境エネルギー問題の政治経済学、中国の環境問題。


(「AWJフォーラム」より)

コヤツは何て言ってた?
2月5日の投稿で紹介したとおり、「その人たちにとっては、人間による温暖化ガスの排出は、自分たちの生活や命を脅かす犯罪行為です」と喚き散らしてたんだね。
それなら「その人たち(=日本人)にとっては、人間(=虫国人)によるPM2.5の排出は、自分たちの生活や命を脅かす犯罪行為です」
それなのに、中禍人糞凶和国のことになると、「しかし、自らが苦しんでいる中国の人々は、『けしからん』と言われても『分かっている』という反応しかしようがない」などと居直るんだね。
加害者と被害者を同列に扱うんじゃねぇ!

それでも尚、虫国の一般国民も被害者なんですぅぅぅ~、と泣き叫ぶのなら、虫国鬼業と虫国凶産党こそが加害者であり、糾弾すべきなのに、「中国は、日本など先進国では想像できないような対策をすでにやっている」と言い立てて、虫国鬼業と虫国凶産党を必死に擁護。
しかも、「対策をすでにやっている」と言い立てて、その実は、「日本では産業界の反対で阻止された温暖化ガスの排出量取引制度も、七つの大都市圏で導入された」と、人為的温暖化プロパガンダを盾に我国を貶めようと図る。
下図に見えるとおり、我国の石炭火力技術はすでに大気汚染を克服しているにもかかわらず、「大気汚染や温暖化の元凶である石炭火力発電所は、日本で新設が計画される一方で、中国では多くの大、中都市での新設は原則禁止となりつつある」と喚き散らして、やはり我国を貶めようと図る。

2014091801世界の火力発電からのSOx、NOx排出レベルの比較、「ドイツの電力事情⑧-日本への示唆 今こそ石炭火力発電所を活用すべきだ-」より

我国の石炭火力の技術的優位性は明白であるにもかかわらず、虫国鬼業と虫国凶産党を正当化するために、「日本の技術の優位性が必ずしも高いわけでもない」と喚き散らしてるんだよ。
(上図には中禍人糞凶和国が見えないけど、比較にならないほど高いから、論外だから、記入していないだけ。)

虫国野郎は何て言ってた?
2月5日の投稿で紹介したとおり、「しばしばこのような比較が、最初に結論ありきで、豊かな国に住む人々が自らの温暖化対策を実施しないための方便に使われるのは残念です」と喚き立てていたな。
それはコチラの言う台詞だ、つ~の!
「日本では産業界の反対で阻止された温暖化ガスの排出量取引制度も、七つの大都市圏で導入された。大気汚染や温暖化の元凶である石炭火力発電所は、日本で新設が計画される一方で、中国では多くの大、中都市での新設は原則禁止となりつつある」←「しばしばこのような比較が、最初に結論ありきで、中禍の国に住む人々が自らの大気汚染対策を実施しないための方便に使われるのは残念です」

「STOP THE 温暖化詐欺」で解説しているとおり、IPCCの人為的温暖化説は全くのデタラメだから、「『日本の温暖化対策はけしからん』と言われても『IPCCの嘘は分かっている』という反応しかしようがない」けど、IPCCの人為的温暖化説を真に受けたとしても、4月17日の投稿で紹介したとおり、「『日本の温暖化対策はけしからん』と言われても『我国の無罪は分かっている』という反応しかしようがない」んだね。
その後に発表された論文を見ても、やはり、我国はカナダに次いで責任が低い。)
しかも、4月18日の投稿で紹介したとおり、中禍人糞凶和国の大気汚染こそが異常気象の元凶。
(左翼リベラルは、そんなの右翼の靖国参詣新聞が騒ぎ立てているだけですぅぅぅ~、と泣き叫ぶだろうけど、このことは既に2005年の気象庁報告書にも記されているんだよ。)
だから、もはやIPCCですら中禍人糞凶和国を名指しで糾弾している。


温暖化加速、危険性増す 国連報告書案、「中国が主因」
2014.8.27 12:15
国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が今秋策定する統合報告書で、温室効果ガスの増加に伴う温暖化の加速を指摘し、農作物への影響や異常気象など一層の危険を警告していることが分かった。原案を入手したニューヨーク・タイムズ紙電子版が26日報じた。
温室効果ガスの排出量は増加の一途で、中国が多くを占める。先進国の削減量を途上国の増加量が上回っているという。ただ産業革命前の水準から2度未満の気温上昇に抑えるという目標は依然、技術的には可能で、今後10~20年の政策にかかっていると強調した。
原案は今週、各国政府に送られ、10月のコペンハーゲンでの会合で議論する。国連は9月に温暖化の特別会合を予定している。
原案によると、地球規模の温室効果ガスの排出量は1970年から2000年にかけては年1.3%増だったが、00~10年は2.2%増に急上昇。10年以降はさらに加速しているとみられる。


(共同)

「『日本の温暖化対策はけしからん』と言われても『中国が元凶と分かっている』という反応しかしようがない」んだね。
「まず各国が同じ目線に立つことが必要だ」ということは、国際社会が協力して中禍人糞凶和国を糾弾するということだ。
ところが、虫国野郎は安倍こべに、2012年9月4日の投稿で紹介したとおり「少なくとも安易な石炭火力増設は国際社会が許すことはなく」だの、2012年9月25日の投稿で紹介したとおり「国際社会は責任放棄と非難し始めている」だの、7月8日の投稿で紹介したとおり「国際社会からの批判にも馬耳東風です」だのと喚き散らしていたんだね。
「何処から目線」で「上から目線の発想やめよ」などとほざいてる?
テメエこそ「習近平から目線の発想やめよ」!

「原発事故を外国人に『けしからん』と言われても、多くの日本人の心に深く響かないのと同じだ」と抗弁してるけど、それなら、「その人たち(=多くの日本国民)にとっては、原発事故による放射性物質の排出は、自分たちの生活や命を脅かす」のだから、「自らが苦しんでいる日本の人々は、『日本の温暖化対策はけしからん』と言われても『分かっている』という反応しかしようがない」はずだろ。
ところが、今回も「日本では産業界の反対で阻止された温暖化ガスの排出量取引制度も」だの、「大気汚染や温暖化の元凶である石炭火力発電所は、日本で新設が計画される一方で」だのと喚き散らしてる。
「原発事故を外国人に『けしからん』と言われても、多くの日本人の心に深く響かないのと同じだ」と言いながら、その実は、「自らが苦しんでいる日本の人々」を全く顧みないんだよ、虫国野郎は。
だからこそ、真っ先に「自らが苦しんでいる中国の人々は、『けしからん』と言われても『分かっている』という反応しかしようがない」と喚き立てているんだね。
日本人の命などどうでもいい。
それが虫国野郎の基本理念。

虫国野郎は何て言ってた?
2月5日の投稿で紹介したとおり、「90年代になって、日本では『環境』という言葉が『公害』という言葉に代わり、私たちは時間的・空間的により広く問題を認識するようになりました。しかし、逆にこの事が、人間の行為が他の人間を苦しめて命を奪うという根本的な事実や関係性を見えなくしてしまったように思います」と喚き立ててたな。
ところが、どうだ。
「自らが苦しんでいる中国の人々は、 『けしからん』と言われても『分かっている』という反応しかしようがない」だの、「環境協力は、共通の敵に立ち向かう」だの、「まず各国が同じ目線に立つことが必要だ」だのと喚き立てて、中華人糞共和国が加害者であるという事実をぼかした挙句に、「環境問題の多くはエネルギー資源問題である」と言い立てて、「公害」を「環境問題」に一般化し、「人間(虫国人)の行為が他の人間(日本人)を苦しめて命を奪うという根本的な事実や関係性を見えなくしてしまった」んだね。
「何処から目線」で「上から目線の発想やめよ」などとほざいてる?
「人でなし目線の発想やめよ」!

「上から目線の発想やめよ」ということは、国民の目線に立つ、ということだ。
何よりも先ず、国民の生活を守る、ということだ。
中禍人糞凶和国は東シナ海・南シナ海での侵略を止めて、大気汚染対策に専念するということだ。
一方、我国は原発事故収束に専念する。
自国民の生活を守ることに専念することが、他国民の利益にもなる。
それが「まず各国が同じ目線に立つ」ということだ。
自国の力が足りなければ協力を求める、ということだ。
にもかかわらず、安倍こべに「自らが苦しんでいる中国の人々は、『けしからん』と言われても『分かっている』という反応しかしようがない」と言い張り、「日本では産業界の反対で阻止された温暖化ガスの排出量取引制度」だの、「大気汚染や温暖化の元凶である石炭火力発電所は、日本で新設が計画される一方で」だのと我国を罵り、「共通の敵に立ち向かう」と言い立てて、中禍人糞凶和国の責任を我国に転嫁した挙句に、「こうした形で日中が環境協力を進めれば、ともにメンツを失わない形で、緊張緩和を進めるための糸口になりうるだろう」と言い立てるのは、中禍人糞凶和国の侵略を既成事実化し、且つ、侵略を後押しする以外の何物でも無い。
(「日本の技術の優位性が必ずしも高いわけでもない」のなら、我国が協力する余地は殆ど無いにもかかわらず、「こうした形で日中が環境協力を進めれば」と言い立てるのは、コヤツの邪悪な目論見を露呈してる。)
「何処から目線」で「上から目線の発想やめよ」などとほざいてる?
己の「習近平から目線」を覆い隠し、且つ、正当化するために「上から目線の発想やめよ」と嘯いてるんだろ!
我国を中禍人糞凶和国に売り渡すために温暖化を煽ってるんだね、虫国野郎は。
だからこそ、自分自身が東北の住人なのに「原発事故で苦しんでいる日本の人々」を顧みず、真っ先に「自らが苦しんでいる中国の人々は、『けしからん』と言われても『分かっている』という反応しかしようがない」と喚き立てたんだね。

「原発事故を外国人に『けしからん』と言われても、多くの日本人の心に深く響かないのと同じだ」と喚き散らしているけど、何処の「外国人」がそんなこと言ってる?
張千李万の分際で、我国の原点を示す地名を名乗る「虫国人」が「少なくとも安易な石炭火力増設は国際社会が許すことはなく」だの、「国際社会は責任放棄と非難し始めている」だの、「国際社会からの批判にも馬耳東風です」だのと喚き散らしてるんだろ!
テメエのような「外国人に『けしからん』と言われても、『張壽川は習近平の回し者だと分かっている』という反応しかしようがない」んだよ!

「上から目線の発想やめよ」ということは、国民の目線に立つ、ということだ。
「まず各国が同じ目線に立つことが必要だ」ということは、国民の目線に立つ、ということだ。
日本国民の命を顧みない野郎がどの面下げて「上から目線の発想やめよ」だの、「まず各国が同じ目線に立つことが必要だ」だのとほざいてる?

はい、この面です。

2014091802

ウ~ム。
この面なら、さもありなん。

信じられんことだけど、この中禍人糞凶和国の回し者が我国の政治に関与してたんだよ。


(eコラム)京都議定書とは何だったのか 編集委員・石井徹
2014年9月10日16時30分
1997年の地球温暖化防止京都会議(COP3)に集った官庁やNGO、メディアなどの関係者約70人が5日、東京都内で17年ぶりに一堂に会した。外務省の担当官が企画した「同窓会」だ。
議長で環境庁長官だった大木浩さん(87)は「地球温暖化は予想を超えて進行している。この会が現実を見つめ直す機会になる…

2014091803
COP3「同窓会」に集まった人たち=東京都内


(朝日新聞デジタル)

左端に何か異様なのが写ってるな、と思ったら、虫国野郎。
(虫国野郎の右の女とその右のジジイの間に見えるのは気候ネットワークの鬼婆か?)
奸凶省は、中禍人糞凶和国の回し者であることが明白な野郎と手を握って、国民を騙してきたんだね。
気温上昇はこの16年間以上停滞しているのに、尚も「地球温暖化は予想を超えて進行している」と嘘を言ってるな。
4月1日の投稿で指摘したとおり、奸凶省の人食い虫は、原発事故もどうでもいいんだよ。
日本国民はどうでもいいんだよ。
己の利権のみ。
「同窓会」ということは、国民の与り知らぬところで、一部の者のみが国を売る行為を働いた、ということだ。
(こんな「同窓会」に集ったという事実は、「上から目線の発想やめよ」だの、「まず各国が同じ目線に立つことが必要だ」だのが卑劣な欺瞞にすぎないことを証明したね。)
私腹を肥やせるのなら、国をも売る連中。
だからこそ、中禍人糞凶和国の回し者とつるむんだね。
奸凶省の寄生虫どもは死に値する!

「京都議定書とは何だったのか」
京都議定書とは我国の民主主義の否定だった。
京都議定書とは日本国民の生活・財産の否定だった。
上の写真に写っている国賊どもは全員誅戮せよ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。