IPCC信者が民間軍事会社を恋う狂曲

マーラー「交響曲第4番」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

昨日の投稿で指弾したばかりなのに、人殺し「左翼」がこんなこと書いてる。


過激派の伸長―人質事件は終わらない
過激派組織「イスラム国」の犠牲になったとされる日本人2人を追悼する集会が今月、各地で開かれた。人びとは合言葉をプラカードに掲げて参加した。
I am Kenji
I am Haruna
後藤健二さん(47)、湯川遥菜さん(42)と無念の思いを共有し、テロと暴力の根絶を目指す――。「私は健二」「私は遥菜」には、市民のそのような決意がにじんでいる。
この事件の急展開から半月余りが経ち、日々忙しい日本社会で2人のことが語られる機会も少し減った。しかし、中東の現地で「人質事件」はまだ、過去のものとはなっていない。
2人のように、「イスラム国」に拘束されたジャーナリストらが、依然として解放を待ち望んでいるとみられている。何より、地元の何百万人もの市民が、事実上の人質状態に置かれている。
今回の事件を機に、「イスラム国」による恐怖支配の下で暮らす彼らにも思いをはせたい。その苦悩を共有してこそ、国境を超えた連帯が生まれ、「イスラム国」壊滅への道が開けるに違いない。
「私は……」の言葉には、背景や事情は異なろうとも被害者や犠牲者に寄り添いたい、といった意識が込められている。2001年の米同時多発テロの際、仏ルモンド紙は1面に「我ら皆米国人」と題する社説を掲げた。先月フランスで週刊新聞社「シャルリー・エブド」などが襲われた連続テロでは、「私はシャルリー」が合言葉となった。
同じ言葉を、「イスラム国」支配下の人びとにも送りたい。支配地域から漏れ聞こえてくる情報や証言からも、大変な悲しみと怒り、不安を抱えていることがうかがえる。
「イスラム国」支配の恐怖に加え、地元の市民は米主導の有志連合軍による空爆にもさらされている。二重の苦難。後藤健二さんがフリージャーナリストとして伝えようとしたのも、さまざまな苦難からの解放を願う人びとの姿でなかったか。
人質は「イスラム国」に限らない。ナイジェリアでは昨年4月、イスラム過激派「ボコ・ハラム」によって200人以上の女子生徒が誘拐された。この事件が未解決のまま、現地では子どもたちを対象にした新たな誘拐も起きている。
彼女ら彼らもKenjiやHarunaと同様、一人ひとりがかけがえのない名前と人生を持つ。一日も早い解放に向けて何ができるか、模索したい。


(2015年2月16日の朝鮮日刊新聞社説)

けど、「湯川遥菜」と名乗る「なりすまし」はこんな野郎だ。


湯川さん設立の軍事会社顧問「震えが止まらない」
2015年1月25日1時7分
湯川さんが設立した民間軍事会社の顧問で元茨城県議の木本信男さん(70)は25日午前0時半すぎ、水戸市内の自宅で報道陣の取材に応じた。テレビのニュースに「はあ」と深いため息をつき、「まいったな」と言った。
終始うつむき、声を絞り出した。「震えが止まらない。(湯川さんが)一生懸命、夢を追いかけていることを知っていたので、少しでも力になれたらと思っていたのに……」。そして、言葉をつないだ。「間違いであってほしい」

2015021601
報道陣の取材に応じる木本信男さん=25日午前0時34分、水戸市千波町、角詠之撮影


(朝日新聞デジタル)

昨日の投稿で紹介した朝鮮日刊新聞記事に見えるとおり、「後藤健二」と名乗る「なりすまし」はそんな輩と「友人」で、そんな輩を「捜しにシリアに入った」んだよ。
にもかかわらず、「I am Kenji」「I am Haruna」と言い立てるのは、「I am 民間軍事会社」と言うことだ。
「後藤健二さん(47)、湯川遥菜さん(42)と無念の思いを共有し」と言うのは、「民間軍事会社の思いを共有し」と言うことだ。
であるから、「『私は健二』『私は遥菜』には、市民のそのような決意がにじんでいる」と言うのは、「市民には民間軍事会社と共に進軍する決意がにじんでいる」と言うことに他ならない。
2013年7月6日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞社説は「かつての天皇制のもとで軍国主義が招いた惨禍の教訓が、その背景にある。特に9条は、二度と過ちを繰り返さないという国際社会への約束という性格もある。国民の多くは、それを大切なことだとして重んじてきた」と喚き散らしていたにもかかわらず、こんなこと言ってるんだね。
これが左翼9条護憲派の正体だ!
2013年7月6日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞社説は「憲法99条にはこうある。『天皇又(また)は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ』。『国民』とは書かれていないのだ」と喚いてた。ということは、逆に言えば、民間軍事会社が戦争するのは9条に反しない、ということ。だからこそ、「後藤健二さん(47)、湯川遥菜さん(42)と無念の思いを共有し」と喚いてるんだね。戦争の民営化、それが左翼9条護憲派の正体。)

昨日の投稿で指摘したとおり、グローバルエリートとその走狗である欧米政府は、イスラムを敵に仕立て上げ、それを攻撃して、己らの収奪を覆い隠そうと図った。
「後藤健二さんがフリージャーナリストとして伝えようとしたのも、さまざまな苦難からの解放を願う人びとの姿でなかったか」と嘯いてるけど、問題の本質に頬かむりを決め込んで「『私は健二』『私は遥菜』には、市民のそのような決意がにじんでいる」と煽り立てるのは、グローバルエリートに収奪されている市民をグローバルエリートが仕掛けた戦争に賛同させ、市民をグローバルエリートに隷属させようとの意図に他ならない。
「何より、地元の何百万人もの市民が、事実上の人質状態に置かれている」と言い立てて、市民を隷属させようとするんだね。
これが左翼9条護憲派の正体だ!

ユダ金はグローバルエリートの中核。
だからこそ、「イスラエル国」がパレスチナで子どもを虐殺しているにもかかわらず、1月12日の投稿で紹介したとおり、その「イスラエル国」と欧米が「私はシャルリー」と言い立て、「国境を超えた連帯が生まれ、『イスラム国』壊滅への道が開ける」と喚いてたんだね。
それは、グローバルエリートが己らの収奪を正当化するために、イスラムを敵に仕立て上げ、攻撃していることをハッキリと示してるな。
にもかかわらず、1月15日の投稿で紹介したとおり、「左翼」は「『イスラエル国』による恐怖支配の下で暮らす彼らにも思いをはせ」るどころか、安倍こべに「独仏首脳が、イスラエルとパレスチナの指導者が隊列を組む姿に目を見張る」と囃し立てたんだね。
そして、今回も「先月フランスで週刊新聞社『シャルリー・エブド』などが襲われた連続テロでは、『私はシャルリー』が合言葉となった。同じ言葉を、『イスラム国』支配下の人びとにも送りたい」と囃し立ててる。
これが左翼9条護憲派の正体だ!

2015011202

2月13日の投稿でも指摘したけど、このファシズム翼賛メディアが温暖化プロパガンダを主導してきたんだよ。
それは温暖化プロパガンダがグローバルエリートによる戦争に他ならないことをハッキリと示してるな。
2013年9月20日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞記事は「一人ひとりが地球を守る」を喚き立ててたけど、それは「『私は健二』『私は遥菜』には、市民のそのような決意がにじんでいる」と煽るのと全く同じプロパガンダ。
CO2の温室効果は飽和に近いから、「地球が将来どのような気候になるのは人類ではない」にもかかわらず、昨年2月26日の投稿で紹介したとおり、「地球が将来どのような気候になるのは科学者ではない。地球に暮らすすべての人々の意思、そして、行動が決めるんです」と煽り立ててたけど、それも「『私は健二』『私は遥菜』には、市民のそのような決意がにじんでいる」と煽るのと全く同じプロパガンダ。

「I am not Kenji」
「I am not Haruna」
「I am not 人殺し」
「I am 温暖化懐疑論者」

「Kenji」「Haruna」という「醜悪な名前と人生」を盾に「彼女ら彼らもKenjiやHarunaと同様、一人ひとりがかけがえのない名前と人生を持つ」と言い放つIPCC信者に「かけがえのない名前と人生」などありはしない!
この意識を「共有し、温暖化テロとグローバル資本の暴力の根絶を目指す」のだ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。