温室効果の飽和で強壮曲

ブラームス「ピアノ協奏曲第2番」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

前回の記事を投稿した後でパソコンの調子がおかしくなっちまったよ。
その日はもう午後10時をまわってたし、再起動したら元に戻るだろ、と安易に期待して、電源を落としたんだけど、次回起動したら、Windowsは起動するけど、ソフトが何一つ起動しねえ。
「システムの復元」を使えば元に戻るぜ、と思って、やってみたけど、戻らん。
何が悪いか分からん。
調べようにも、ブラウザが起動しないから、調べられない。
3日ほどいじってたら、とうとう、Windowsも起動しなくなっちゃった。
もはや、OSを再インストールするしかねえ。
と思ったら、げげっ!、内臓DVDも動かん。
元々、DVDは殆ど使わんから、いつ壊れたのか分からん。
未だにXPだし、この機会にパソコンを買い換えるか、と思ったけど、そんな金ねえよ!
IPCC信者の人殺しどもは、懐疑論者は石油・ガス業界から金をもらってるぅぅぅ~、と喚いてるけど、私めのところには一銭も来てねえからな。

これはIPCC党のサイバーテロだ!
当サイトはIPCCの人為的温暖化説をきっちりと科学的に批判してる。
自慢じゃねえが、科学的であることにかけては、わが国において右に出る者はいない。
当サイトを読めば、IPCCの非科学性、人為的温暖化のデタラメが分かるはず。
それを恐れたIPCC党が攻撃を仕掛けたんだろ。
絶対そうだ!
間違いねえ!

で、石油・ガス業界が金くれないから、パソコン買い換える金もないから、内臓DVDを買い換えるか、けど、それはちょっと面倒そうだし、じゃあ、外付けDVDを買うか、けど、余計な場所をとるし、と思いながら、パソコン付属のテクニカルマニュアルをパラパラとめくってたら、解決策が見つかった。
このパソコンのハードディスクには隠しパーティションがあり、そこに工場出荷時のイメージが保存されている。
BIOS起動直後に、「Ctrl」キーと「F11」キーを同時に押せば、それを呼び出せるようだ。
タイミングが難しくて、3回ほど繰り返した後で、ようやく呼び出せた。
ノートンのユーティリティが起動し、数分間で工場出荷時の状態に復元し、めでたく、Windowsが起動した。

ここまでは、呆気ないほどに簡単だったけど、この先が面倒だ。
工場出荷時のOSはXPのSP2だから、SP3をダウンロードしてインストールしなけりゃならん。
しかも、そのSP3もすべての更新が適用されてない。
すべての更新が終わるまでに3日かかった。
もちろん、その間にサウンドやビデオのドライバーも更新しなけりゃならんし、プリンタやスキャナのドライバを再インストールしなけりゃならん。

それでも元の状態に戻ったわけじゃない。
ダウンロードしていた論文、かなりの数になってたんだが、それがすべて消えちまった。
始めはバックアップを取ってたんだが、その後、面倒くさくなって、バックアップをとってなかった。
また必要に応じてダウンロードすれば済む話だけど、鬱陶しい。
それ以上に重要なのは日々集めている情報。
FirefoxのアドオンScrapBookを使って、ネット上の情報をスクラップしてるんだけど、これが失われたら、万事休す。
幸いにして、それは2月の上旬にバックアップを取ってたから、一月分の情報が失われただけで済んだのだけど、危ないとこだった。

で、何とか続けられそうな状態にまで戻せたんだが、その後、用があって、何日間か留守にし、帰宅したら、今度はインフルエンザ(B型)に罹っちまった。
今頃罹ったのが原因なのか、何か知らんが、一週間近くも寝込んじまったぜ。
その後、熱は下がったし、咳も止まったけど、未だに体力が回復しない。
ヘロヘロだ。

これはIPCC党のテロだな。
細菌兵器で俺を暗殺しようとしたんだろ。
絶対そうだ!
間違いねえ!

重ね重ね、よくもやってくれたな。
報復だ!
新兵器で殲滅してくれるわ!


Is there a point at which adding more CO2 will not cause further warming?

No. Adding more CO2 to the atmosphere will cause surface temperatures to continue to increase. As the atmospheric concentrations of CO2 increase, the addition of extra CO2 becomes progressively less effective at trapping Earth’s energy, but surface temperature will still rise.

Our understanding of the physics by which CO2 affects Earth’s energy balance is confirmed by laboratory measurements, as well as by detailed satellite and surface observations of the emission and absorption of infrared energy by the atmosphere. Greenhouse gases absorb some of the infrared energy that Earth emits in so-called bands of stronger absorption that occur at certain wavelengths. Different gases absorb energy at different wavelengths. CO2 has its strongest heat-trapping band centred at a wavelength of 15 micrometres (millionths of a metre), with wings that spread out a few micrometres on either side. There are also many weaker absorption bands. As CO2 concentrations increase, the absorption at the centre of the strong band is already so intense that it plays little role in causing additional warming. However, more energy is absorbed in the weaker bands and in the wings of the strong band, causing the surface and lower atmosphere to warm further.


(「Climate Change : Evidence & Cause」の「Q&A(8)」)

はい、はい、はい。
「As CO2 concentrations increase, the absorption at the centre of the strong band is already so intense that it plays little role in causing additional warming」と明言しましたですよ。
このブックレットは英国王立協会と米国科学アカデミーの名で公表されてる。
IPCCなんて、単に気候学者だけの集まりにすぎないから、他の(自然)科学者から見れば取るに足らない存在だけど、英国王立協会と米国科学アカデミーと言えば、すべての分野にまたがる学術組織であり、且つ、世界の学術組織の両雄とも言うべき存在だから、分厚いIPCC報告書よりもこの短いブックレットの方が学術的権威はずっと高いんだね。
それが「it plays little role in causing additional warming」と明言したわけだから、これは決定的でしょ。

じゃあ、なぜ「it plays little role in causing additional warming」なのか。
それを説明することは温室効果を説明することに他ならない。
それを理解することは温室効果を理解することに他ならない。
もちろん、「STOP THE 温暖化詐欺」を読んでいる人は理解してるよね。
けど、温暖化を煽り立てている連中、気候ネットワークの糞婆やスベタは全く理解していない。
って言うか、「it plays little role in causing additional warming」という事実すら知らないんだよ、あのバカ女どもは。
ということは、CO2の温室効果を全く理解していない、ということ。
ということは、何が人為的温暖化なのかを理解していない、ということ。
実は、何が人為的温暖化なのかすら分かっていないくせに、温暖化、温暖化、と喚き立ててるんだね、気候ネットワークの糞婆やスベタは。

昨年2月26日の投稿で紹介したとおり、IPCC党は「地球が将来どのような気候になるのは科学者ではない。地球に暮らすすべての人々の意思、そして、行動が決めるんです」と嘯いてたけど、それが本当なら、市民が温暖化の基本原理を理解しなければならない。
そのためには、市民に「it plays little role in causing additional warming」をきちんと説明しなければならない。
ところが、IPCC党は説明しない。
気候ネットワークのような連中を焚きつけて、温暖化を煽り立ててるだけ。
それは体制翼賛運動以外の何物でもねえな。
昨年1月15日の投稿で指摘したとおり、「地球に暮らすすべての人々の意思、そして、行動が決めるんです」と脅して、国民自らに「ゲームのルールを自分(=グローバルエリート)たちに都合よく作りあげ」させ、「公共セクターから大きな”贈り物”をしぼりとる」ための温暖化プロパガンダに他ならないことは明らかだろ。

しかも、だ。
実は、IPCC党の気候学者自身が「it plays little role in causing additional warming」という事実を知らないんだよ。
実際、私めの知る限り、連中がこれまでに「it plays little role in causing additional warming」と明言したことは一度も無いし、「地球温暖化懐疑論批判」は逆にこんなこと書いてたんだね。


これを見ると、確かに波数630から700/cm 付近では吸収が飽和している。しかし、この図17は二酸化炭素による赤外線の射出をゼロとして、吸収の効果のみを表したものである。実際の大気では、地表面から射出された赤外線は大気中の温室効果ガスによる吸収・射出を繰り返して大気上端に到達する。大気中の二酸化炭素濃度が増加すると、この吸収・射出の平均回数が増加することにより、温室効果は増加する。したがって、大気全層による一回の吸収が飽和しているからといって、二酸化炭素がこれ以上増加しても温室効果は増加しないと考えるのは誤りである。


(「地球温暖化懐疑論批判」の「議論27」より)

「波数630から700/cm 付近では吸収が飽和している。しかし・・・この吸収・射出の平均回数が増加することにより、温室効果は増加する」と言うのは、「the centre of the strong band」に限っても温室効果は飽和しない、と言うことだから、「it plays little role in causing additional warming」は嘘、と言うことに他ならないだろ。
けど、どちらが信用できるかは言うまでもねえな。
先にも指摘したとおり、英国王立協会&米国科学アカデミーの科学的権威に「地球温暖化懐疑論批判」ごときが楯突いても無駄だ。
(もちろん、権威があるから正しい、とは限らんけど、昨年2月2日の投稿で紹介したとおり、「地球温暖化懐疑論批判」の筆頭著者である虫国野郎自身が「例えば、1000人の気候科学の専門家が合意している状況で、1人の専門外の方が異論を唱えた時、はたして新聞はとりあげるべきでしょうか」と言い立てて、権威を笠に着てたのだから、英国王立協会&米国科学アカデミーの科学的権威の前にひれ伏すしかないはずだな。)

ということは、江守正多は「it plays little role in causing additional warming」を知らない、ということだな。
ということは、気候ネットワークの糞婆やスベタだけじゃなく、江守正多も何が人為的温暖化なのか分かっていない、ということだ。
にもかかわらず、2013年11月25日の投稿で紹介したとおり、安倍こべに「最新の論文をもとに科学的な説明を試みても温暖化を信じない人は聞く耳をもたないのではないか」と喚き散らしてたんだね。
その破廉恥さには開いた口が塞がらんけど、その江守がIPCC報告書政策策定者向け要約の執筆者なんだよ。
何が人為的温暖化なのか分かっていないマヌケ野郎がIPCC報告書政策策定者向け要約の執筆者なんだね。
IPCCの非科学性は明らかだろ。

もちろん、虫国野郎も「it plays little role in causing additional warming」を知らない。
だから、実は、何が人為的温暖化なのか分かっていない。
にもかかわらず、昨年2月2日の投稿で紹介したとおり、「ただ、温暖化問題に関して、もう少し勉強してから記事を書いてほしいというのは決して過大な要求ではないと思います」などとほざいてたわけだ。
増田耕一に至っては、私めが「it plays little role in causing additional warming」を強調しているにもかかわらず、2012年1月11日の投稿で紹介したとおり、「笑いをとろうとしているように思われます。『Really crazyだ!』と言ってもらいたいのでしょうか」と喚き散らしたんだね。
そんな愚劣で下劣で卑劣極まりない連中が温暖化を煽り立てているんだよ。
その事実だけでもう十分だろ。

「STOP THE 温暖化詐欺」を読んでいる人には今さら説明する必要もないけど、アホの江守や、気候ネットーワークのバカ女のために、上記ブックレットに関してさらに説明しておくと。

実は、「the absorption at the centre of the strong band is already intense」だから、「it plays little role in causing additional warming」というわけじゃないんだね。
CO2だけじゃあ、「it plays little role in causing additional warming」にならない。
15μm帯域にも水蒸気の赤外吸収があるから、「it plays little role in causing additional warming」なんだよ。
しかも、水蒸気の役割はそれだけじゃない。
「it plays little role in causing additional warming」なのは、「the centre of the strong band」からの赤外放射が黒体放射換算で既に215Kにまで落ち込んでいるからだ。
温室効果飽和に対する愚かな反論」の図5-2でも示しているけど、もう一つ、増田耕一お奨めの「A First Course in Atmospheric Radiation」の図を紹介しておこうかね。
ホームページから図だけをまとめたファイルがダウンロードできる。)

2015041001
図1 「A First course in Atmospheric Radiation」より

215Kという値は対流圏上端の気温であり、その値は水蒸気の存在に依存している。
水蒸気は「it plays little role in causing additional warming」に二重に寄与してるんだよ。

一方、上図にも見えるとおり、「15 micrometres, with wings that spread out a few micrometres on either side」からの放射は未だ215Kにまで落ち込んでいないから、確かに「more energy is absorbed in the wings of the strong band, causing the surface and lower atmosphere to warm further」ではあるけれど、「ホッケー・スティック曲線の虚実」で解説しているとおり、「it plays little role in causing additional warming」を説明できる理論では、「15 micrometres, with wings that spread out a few micrometres on either side」を考慮しても、気候感度(IPCCの「過渡的気候応答」に相当)は0.7℃にすぎない。
IPCC第5次報告書の市民向け要約」の(11-7)式で計算しているとおり、IPCCの数式と数値を使えば、気候感度はさらに低い0.65℃。
温暖化対策の愚」で解説しているとおり、これまでの人為的要因による気温上昇は最大限に評価しても0.4℃だから、「Adding more CO2 to the atmosphere will cause surface temperatures to continue to increase」だけれど、気温上昇は最大でも0.3℃に止まるんだね。
IPCCが主張するよりもはるかに低い。
IPCCは人為的排出CO2の影響を著しく過大評価してるんだよ。
確かに「There are also many weaker absorption bands」だけれど、それらは人為的なCO2排出では問題になり得ないし、実際、これまでの気温上昇に寄与していない。
だから、「more energy is absorbed in the weaker bands」と言い立てようとも、IPCCがCO2の影響を著しく過大評価しているという事実は覆らねえ。

「Is there a point at which adding more CO2 will not cause further warming?」という問いに対する答えは、気温がさらに0.3℃上がり得るという意味においては「No」だけれど、人為的排出CO2はもはや重大な影響を及ぼし得ないという意味においては、「Yes」と言っても間違いではないんだよ。
アホの江守よ、醜近平の回し者の虫国野郎よ、誤用経済学者の諸富徹よ、気候ネットワークのバカ女どもよ、テメエらの愚劣さ下劣さ卑劣さを思い知ったか!

広告

2件のコメント (+ 自分のものを追加)

  1. MA
    4月 11, 2015 @ 14:16:42

    最近、あらたな記事が出ないので重病にでもなったかと心配していました。これからも、おもろい記事期待してますよ。

    返信する

  2. tokyoboy
    4月 10, 2015 @ 20:35:53

    一か月ほど更新がなかったため,体調を崩されたのか,あるいは店じまいされたのかと心配していましたが,ハードの問題でしたか。背景がわかって安心しました。温暖化教(?)の関係者各位は,人によっては,いまさら発言を翻すと全人生の否定につながるのでしょうね。可哀想だとは思いますが,それもまぁ自己責任や自業自得か。ともあれ,ご健筆は日ごろ楽しみにしています。

    返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。