温暖化プロパガンダで日本国民の命と財産を習近平に供そう曲

ベートーヴェン「ピアノ協奏曲第3番」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

性懲りもなく、人殺し左翼が温暖化対策を喚き立てているようだな。


温暖化対策―地球益に背を向けるな
このままでは、イソップ物語「ウサギとカメ」のウサギになってしまうのではないか。
かつて公害防止や省エネルギーの技術で環境先進国を自任した日本だが、いま地球温暖化に対する取り組みが鈍すぎる。
二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスについて、政府は2020年以降の削減目標をいまだに打ち出していない。
温室効果ガスは、大半が経済活動に伴って排出されるため、その削減は容易なことではない。だが、国際社会はそれでも温暖化対策に正面から向き合おうとしている。人類全体への脅威と認めたからだ。
国内経済ばかり考え、地球全体の利益、地球益に背を向ければ、国際的な信用を失う。

政府は十分な削減目標を早く掲げるべきである。
日本はもはや排出水準が突出して低い国ではない。その点で誤解が根強く残っている。
確かに温暖化が世界的な課題として広く意識されるようになった1990年ごろ、日本はGDP当たりの温室効果ガス排出量が世界で最も少ない水準だった。石油危機を契機に官民で省エネに励んだ結果、世界をリードしていた。
だが、今は先進7カ国では英仏伊に抜かれ、ドイツが迫る。残る米国、カナダとの差も詰まった。ほとんど足踏みの日本を尻目に、各国が着実に排出削減策を進めてきた結果である。
温暖化対策の新たな枠組み作りで、各国は2020年以降の削減目標をできるだけ早く国連に提出することになっている。
欧州連合(EU)は「30年に1990年比で少なくとも40%減」、米国は「25年に05年比26~28%減」との目標を出した。ロシアも「30年に90年比25~30%減」を提出済みだ。削減努力を続ける決意表明である。
世界第5位の排出国である日本はどうするのか。
英国のエネルギー気候変動相が日本の環境相や外相、経済産業相に「30年に05年比40%減」と数字を挙げて、早期提出を促す異例の書簡を寄せた。国際社会のいらだちは高まっている。
温暖化は海面上昇や風水害、干ばつなどを通して、直接、間接に人命を脅かす。
将来取り返しのつかない事態に陥らないように努めるのは、いまの世代の義務である。
世界は、二酸化炭素排出が少ない低炭素社会へと大きくかじを切ろうとしている。
石油危機後に成し遂げたことを思い出し、高い目標を掲げ、官民で努力しよう。それが新たなビジネス機会にもつながる。


(2015年4月12日の朝鮮日刊新聞社説)

IPCC第5次報告書の市民向け要約」の図11-6、図11-11、そして、図11-19に見えるとおり、IPCCは未だにホッケー・スティックにしがみついてる。
つまり、IPCCに依れば、20世紀の気温上昇は専ら人為的排出CO2が原因。
けど、「温暖化対策の愚」で解説しているとおり、20世紀の気温上昇0.8℃の少なくとも半分は自然要因。
だから、「IPCC第5次報告書の市民向け要約」の(11-3)式で解説しているとおり、IPCCの数式と数値を真に受けても気候感度は0.75℃。
IPCCが人為的排出CO2の影響を著しく過大評価し、温暖化を煽り立てていることは明白なんだね。
「その点で誤解が根強く残っている」だと?
テメエらの「誤解が根強く残っている」んだ、つ~の!

しかも、だ。
その「誤解」を許容するなら、「温暖化は海面上昇や風水害、干ばつなどを通して、直接、間接に人命を脅かす」の「温暖化」とは、すなわち、20世紀の気温上昇のこと。
実際、2013年11月12日の投稿11月13日の投稿で紹介したとおり、IPCCとその一党は、フィリピンの台風被害は温暖化が原因、と泣き叫んでた。
当然、それは20世紀の気温上昇が原因だ。
また、人殺し左翼自身がこんな記事を書いてるが。


サイクロン怪物化「家ぺちゃんこ」 バヌアツ被災1週間
タンナ島イサンゲル=郷富佐子
2015年3月21日11時3分
南太平洋の島国バヌアツを大型サイクロン「パム」が13日から14日にかけて襲ってから1週間。20日、最も被害が大きかった地域のひとつ、同国南部タンナ島に入った。水や電気は復旧しておらず、島民たちは救援物資を待っていた。
ココナツの葉と竹で建てた家々はつぶれ、木々はなぎ倒されて散乱している。「自宅はぺちゃんこで、畑の作物もすべて消えた。もうすぐ食料がつきてしまうが、野菜やイモの苗を植えても収穫までに3カ月かかる。どうすればいいのか」
南西地区に住むベティ・シモンズさん(41)が途方に暮れたように話した。サイクロンが来る直前に「ゴーゴー」という大きな風音で不安を感じ、子供4人とコンクリート造りの住民の家に避難した。今は近くの学校で寝泊まりする。
人口約2万7千の同島をパムが直撃し、猛烈な風雨となったのは、14日早朝から午後までの約9時間。地元タフェア州行政事務所のレイノルズ・スルマット州行政長官によると、島民の9割以上が住宅の全壊や一部崩壊で自宅に住めない状態で約20カ所の避難所で暮らす。「まず、避難所、食糧、薬の三つが必要だ」と訴えた。
島民のほとんどは農民で、自給自足の生活だ。サイクロンには慣れているが、みな「これまでにない恐ろしい強風だった」と口をそろえた。過去のサイクロンでは、簡素な家がつぶれたらすぐにつくり直した。だが、パムはココナツ畑も作物も全滅させ、家の材料も食料もない状態だ。
スルマット長官は「サイクロンが怪物化するのは、地球温暖化のせいではないか。サイクロンの季節が終わる4月末まで、次がもっと強かったらと、みな恐怖を感じている」と話した。


(朝日新聞デジタル)

これも20世紀の気温上昇が原因。
(もう一度言うけど、IPCCの人為的温暖化説という「誤解」を真に受けても、ホッケー・スティックという「誤解」を真に受けても、という話。既に、JoNovaが指摘しているとおり、バヌアツでは最近20年間に亘って長期的な海面上昇も海水温上昇も観測されていないから、「サイクロンが怪物化したのは、地球温暖化のせいではない」ことは明白。ところが、新聞社のくせに事実を報じず、「地球温暖化のせいではないか」などと煽り立て、意図的に「誤解」を蔓延さているわけで、「その点で」も、「その点で誤解が根強く残っている」という言い草が市民を欺こうと図る詐術にすぎないことは明らかだろ。)
だから、「温暖化は海面上昇や風水害、干ばつなどを通して、直接、間接に人命を脅かす」と言い立てるのなら、その主たる責任は20世紀の気温上昇を招いた国々にある。

そうすると、昨年11月21日の投稿12月1日の投稿で解説したとおり、我国に責任は無い。
「GDP当たり」で評価するなら、我国の責任は途上国よりも軽い。
米、中、露、英毒物、じゃなかった、英独仏が責任を負うんだね。
IPCCの人為的温暖化説が本当なら、米、中、露、英独仏が「直接、間接に人命を脅か」してるんだよ。
にもかかわらず、「その点で誤解が根強く残っている」と喚き立て、「だが、今は先進7カ国では英仏伊に抜かれ、ドイツが迫る。残る米国、カナダとの差も詰まった。ほとんど足踏みの日本を尻目に、各国が着実に排出削減策を進めてきた結果である」と喚き散らすのは、問題のすり替えをはかり、米、中、露、英独仏の責任を我国に転嫁する以外の何物でもねえ!

我国は責任が無いにもかかわらず、昨年11月21日の投稿で紹介したとおり、先進国から新興・途上国への資金支援に15億ドルも拠出した。
ところが、責任を負うべき「英国は11億ドル、ドイツやフランスはそれぞれ10億ドルを拠出」しただけ。
「国際社会はそれでも温暖化対策に正面から向き合おうとしている」だと?
破廉恥な嘘をつくな!
しかも、人口当たり(下の表の右側)なら、英国が最大の責任を負う。

2015041401
Environ.Res.Lett.,9(2014)014010」より

英国は我国の5倍以上の責任を負っている。
(もちろん、「人口当たり」に換算するのは、中禍人糞凶和国の責任を矮小化するためのトリックにすぎないのだけれど、IPCCとその一党は必ず「人口当たり」を持ち出してくるから、IPCCの人為的温暖化説を盾に「温暖化は海面上昇や風水害、干ばつなどを通して、直接、間接に人命を脅かす」と言い張るなら、英国が我国よりはるかに重い責任を負うことは否定できない。)
にもかかわらず、安倍こべに「英国のエネルギー気候変動相が日本の環境相や外相、経済産業相に『30年に05年比40%減』と数字を挙げて、早期提出を促す異例の書簡を寄せた」のは、我国に責任を転嫁して、己の責任を矮小化する以外の何物でもねえ!

IPCCの人為的温暖化説が本当なら、本当に「温暖化は海面上昇や風水害、干ばつなどを通して、直接、間接に人命を脅かす」のなら、己の責任を転嫁しようと図る英国こそ「国際的な信用を失う」はずだろ。
「国際社会はそれでも温暖化対策に正面から向き合おうとしている」と喚き立てているけど、責任が無いにもかかわらず莫大な資金を提供した国が「国際的な信用を失い」、責任が無いにもかかわらず莫大な資金を提供した国に対して「国際社会のいらだちは高まっている」のなら、それは正常な「国際社会」じゃない。
1月12日の投稿で指摘したとおり、英独仏は、己らがイスラム教徒を殺戮し、それがテロを招いたにもかかわらず、己らの罪を省みずに、しかも、パレスチナで子供を殺しまくっているユダヤと手を携えて、「国際社会のいらだちは高まっている」と喚き立てたんだね。
温暖化を煽り立て、我国に対して「国際社会のいらだちは高まっている」と喚き立てるのは、それと全く同じなんだよ。
己らの罪を覆い隠すために、特定の国、特定の民族、特定の宗教を攻撃対象にし、それを正当化するために、卑劣にも「国際社会」と嘯いているだけだ。

IPCCの人為的温暖化説が本当なら、本当に「温暖化は海面上昇や風水害、干ばつなどを通して、直接、間接に人命を脅かす」のなら、我国に対して「国際的な信用を失う」だの、「その点で誤解が根強く残っている」だの、「国際社会のいらだちは高まっている」だのと言えるはずがねえ。
IPCCの人為的温暖化説がデタラメだから、そんな台詞が出てくるんだよ。
昨年12月1日の投稿で採り上げた2014年11月29日の朝鮮日刊新聞社説は「報告書は産業革命以後の温暖化を2度未満に抑える重要性を説く」と喚き立てていたけれど、それなら、既に0.8℃上昇していることは決定的。0.8℃の気温上昇が無かったなら、我国がこれまでと同様にCO2を排出し続けても、気温は0.013℃上がるだけだから、「2度未満」に収まる。米、中、露、英独仏がCO2を排出し、既に0.8℃上がった結果、「2度未満に抑える」ことが困難になっているのだから、やはり、米、中、露、英独仏の責任が極めて重い。にもかかわらず、「ほとんど足踏みの日本を尻目に、各国が着実に排出削減策を進めてきた結果である」と喚き散らして、安倍こべに我国を罵るのは「2度未満に抑える重要性」を否定する以外の何物でもなく、やはり、人為的温暖化のデタラメを露呈している。)
温暖化を煽り立てて、我国から毟り盗ろうと目論んでいるから、そんな台詞が出てくるんだね。
「新たなビジネス機会にもつながる」とは、温暖化をでっち上げて、我国から毟り盗るという意味だ。
もっと、もっと我国から収奪したいのに、できないから「国際社会のいらだちは高まっている」んだよ。
「国際社会は温暖化対策に正面から向き合おうとしている」=「国際社会は我国の収奪に正面から向き合おうとしている」んだよ。
そんな「国際社会」は叩き潰してやる!

しかも、だ。
中禍人糞凶和国は我国の5倍以上の責任を負う。
そして、昨年11月21日の投稿で採り上げた日経記事に見えるとおり、今や世界最大のCO2排出国。
だからこそ、昨年9月18日の投稿で紹介したとおり、IPCCの報告書は「中国が主因」と名指しで批判したんだね。
ところが、昨年12月1日の投稿で紹介したとおり、中禍人糞凶和国は「30年ごろに排出量を減少に転じる」と、つまり、30年までは排出を増やすと明言した。
その挙句に、昨年12月7日の投稿で紹介したとおり、あろうことか、安倍こべに我国を批判したんだよ。
IPCCの人為的温暖化説が本当なら、本当に「温暖化は海面上昇や風水害、干ばつなどを通して、直接、間接に人命を脅かす」のなら、中禍人糞凶和国こそ「国際的な信用を失う」はずであり、中禍人糞凶和国に対して「国際社会のいらだちは高まっている」はずだろ。
にもかかわらず、「左翼」は、中禍人糞凶和国には頬かむりを決め込み、安倍こべに我国に対して「国際社会のいらだちは高まっている」と言い放ったんだね。

もう、分かっただろ。
日本は悪い国だ、日本人は悪い民族だという意識に取り憑かれた「左翼」は、我国を貶め、我国を苦しめるために、温暖化を煽り立てているんだね。
「地球益に背を向けるな」という言い草はそれを裏づける。
COP15の際に鳩の糞山が「地球益」と嘯いてた。

2015041402

その結果、どうなったか。
昨年1月9日の投稿で紹介したとおり、奸凶NGOが、「ハトヤマハドコデスカ」=「オカネハドコデスカ」、と騒ぎ立て、先進国が途上国の地球温暖化対策を支援する資金の4割を我国が出したんだね。
20世紀の温暖化に責任の無い我国が、4割も負担したんだよ。
だったら、我国は「地球益」に最大の貢献をしたことになる。
にもかかわらず、「左翼」は「地球益に背を向ければ、国際的な信用を失う」と言い放ったんだね。
2013年9月25日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞社説は「在日コリアンを排除しようなどという考えは、一般の市民感覚からはかけ離れている」と喚き立ててたけど、最大の貢献をしている我国に対して「国際社会のいらだちは高まっている」と喚き立て、「我国を排除しようなどという考えは、一般の市民感覚からはかけ離れている」な。
「左翼」が我国を憎み、我国を貶めようとしていることは明らかだろ。

この社説は、我国を貶め、日本国民を苦しめようと企む「反日」が温暖化を煽り立てていることを、ハッキリと示してる。
「国際社会のいらだちは高まっている」と罵った直後に、「温暖化は海面上昇や風水害、干ばつなどを通して、直接、間接に人命を脅かす」と言うのは、我々日本国民が世界の人々を殺している、と言う以外の何物でもねえ。
「反日」が如何に日本を憎んでいるかは明らかだろ。
って言うと、昨年9月3日の投稿で採り上げた2014年5月2日の朝鮮日刊新聞社説に見えるとおり、「左翼」は「『多様な価値を認め合う民主主義社会』がいま、揺らいでいる。深刻なのは、自分たちと違う価値観の人々の存在そのものを否定し、攻撃する動きが勢いを増していることだ」と泣き喚くわけだけど、我国が莫大な資金を拠出しているにもかかわらず、それを黙殺して「国内経済ばかり考え、地球全体の利益、地球益に背を向ければ、国際的な信用を失う」と言い張ることこそ、「自分たちと違う価値観の人々の存在そのものを否定し、攻撃する」以外の何物でもねえ!
しかも、2011年8月30日の投稿で紹介したとおり、国民は麻生政権が示したCO2排出15%削減でさえ削減幅が大きすぎると批判していたんだね。
にもかかわらず、2011年3月21日の投稿で紹介したとおり、鳩の糞山が「朝日地球環境フォーラム」で、民意を無視して、25%削減を公言したんだよ。
そして、「地球益」などとほざいて、COP15で毟り盗られたんだね。
「左翼」は民意を踏み躙るお膳立てをしたんだよ。
新聞社のくせに、「民意に背を向けるな」と言わず、安倍こべに率先して民意を踏み躙りながら、「国内経済ばかり考え、地球全体の利益、地球益に背を向ければ、国際的な信用を失う」と喚き立てて、尚も民意に「背を向け」ているんだね。
「地球益に背を向けるな」だと?
テメエら「反日左翼」こそ「『多様な価値を認め合う民主主義社会』に背を向けるな」!

ひと一人の命は地球よりも重い、と言うけど、「地球全体の利益、地球益」という言葉はそれと相容れない。
今現在、世界中で多くの人が日々の生活にも困窮している。
後進国だけじゃねえ。
2月15日の投稿で紹介したとおり、先進国でも深刻な状況になっている。
我国も然り。
小泉エセ改革以降、貧困が益々拡大している。
「将来取り返しのつかない事態に陥らないように努めるのは、いまの世代の義務である」と喚き立てているけど、そのような人々に「将来」を考える余裕は全く無い。
今現在が成り立たないのなら、「将来」も無いからだ。
たとえIPCCの人為的温暖化説が本当だとしても、そのような人たちには、温暖化対策よりも「国内経済」が重要。
そのような人たちにとって、経済問題は「直接、間接に人命を脅かす」からだ。
昨年2月5日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎は「温暖化が影響する豪雨、熱波、干ばつ、台風、高潮、海面上昇などの被害は、脆弱な生態系や社会システムの中で暮らす貧しい国々の人々により多く降りかかります」と喚いてたけど、「豪雨、熱波、干ばつ、台風、高潮」がなくても、貧困者は生活に苦しんでいる。貧困は「豪雨、熱波、干ばつ、台風、高潮」以前の問題だ。また、(人為的)温暖化が無くても「豪雨、熱波、干ばつ、台風、高潮」は起こる。貧困ゆえに「豪雨、熱波、干ばつ、台風、高潮」の被害を受けやすい危険地帯に住まざるを得ないのだから、「貧しい国々の人々により多く降りかかります」と言い立てるのは貧困の問題を矮小化する卑劣な詭弁以外の何物でもない。昨年8月22日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎は「そもそも公平性とは? 立場入れ替え可能性の確保」と言い立てていたけれど、自分が貧困者であれば「国内経済ばかり考え、地球全体の利益、地球益に背を向ければ、国際的な信用を失う」との言い草を容認できるか、自問してみればいい。できるはずがねえ。)
にもかかわらず、「国内経済ばかり考え」との言い草は、そのような人たちを顧みないことを露呈してるな。
一人一人の生活・一人一人の利益に「背を向け」て、「地球全体の利益、地球益に背を向ければ」と言い張るのは全体主義の論理以外の何物でもねえ!
2012年11月12日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞社員の平均年収は1300万円。
そんな裕福な連中が、貧困を顧みず、上から目線で「国内経済ばかり考え、地球全体の利益、地球益に背を向ければ、国際的な信用を失う」と公言して憚らない。
かつての戦時下と全く同じだろ。
「地球全体の利益、地球益に背を向ければ」との言い草は、国益の名の下に戦争に突き進んだのと全く同じだな。
ファッショだ!
テメエらこそ『多様な価値を認め合う民主主義社会』を否定してるんだ。

2011年8月18日の投稿9月11日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞こそは、率先して原発安全神話を垂れ流し、福島原発事故を招いたA級戦犯。
原発事故は正に「取り返しのつかない事態」だ。
既に「取り返しのつかない事態に陥っている」にもかかわらず、己らがそれを招いたにもかかわらず、「将来取り返しのつかない事態に陥らないように努めるのは、いまの世代の義務である」と喚き立てるのは、既に起こっている「取り返しのつかない事態」を顧みない証拠、つまり、日本国民の生活・財産・命を顧みない証拠だ。
それどころか、原発事故という「取り返しのつかない事態」を矮小化し、国土をさらに汚染し、国民をさらに被爆させる以外の何物でもない。
それは日本国民を憎んでいるからだ。
日本人を殺したいと本気で思っているからだ。
テメエらは「反日」=「鬼畜」だ!

朝鮮日刊新聞だけじゃねえ。
温暖化を煽り立てている連中は全て反日鬼畜。
現に、昨年7月4日の投稿1月7日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎も上記社説と全く同じことを喚いてた。
(1月7日の投稿で採り上げた文章は朝鮮日刊のWEBRONZAにも掲載されている。)
江守正多は「地球温暖化懐疑論批判」でその虫国野郎に協力した。
さらに、昨年11月2日の投稿2月22日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞と結託して、国民を欺いてる。
昨年8月18日の投稿で紹介したとおり、狸のポポンタ舎も気候ネットワークも朝鮮日刊新聞と結託している。

上記の社説は、温暖化を煽り立てているのが「反日」であることを、そして、連中の鬼畜性を余すところ無く明らかにしたと言える。
「国際社会のいらだちは高まっている」だと?
善良な日本国民のテメエら反日鬼畜への「いらだちは高まっている」んだ!
テメエらを放置すれば、「将来取り返しのつかない事態に陥る」
温暖化を煽り立てる反日鬼畜を断罪せよ!
それは「いまの世代の義務である」!

広告