朝の嘘吐き新聞

ヨハン・シュトラウス「朝の新聞」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

前々回の投稿前回の投稿で海面上昇を採り上げたら、早速、人殺し左翼がこんな記事を書いてるぞ。
(件の論文はオーストラリアのIPCC党-我国のIPCC党と並んで世界で最も破廉恥な連中-が主導してるので、JoNovaも採り上げてる。英語が堪能な人はどうぞ。)


温暖化で沈む国」のいま 水没にらみ全島移住も
2015年5月17日03時08分
海岸の防護壁は崩れ落ち、無人の村の家々の中には貝殻が散乱している。ヤシの木は倒れている。
南太平洋の島国キリバス。アバヤン島沿岸のテブンギナコ村は200人以上が内陸部へ引っ越した。10年ほど前、大潮の際に海水が胸の高さに来るようになり、今では頭より高くなる。元村人のアアタ・マロイエタさん(68)が住む海から100メートルほど内陸の村でも最近、道が海水につかった。「でも逃げ場がない。島は真っ平らだから」
■主食を失う可能性も
キリバスの首都タラワ。沿岸部のビゲニコーラ集落に大量の海水が押し寄せたのは、3月のことだった。
「強風が吹き、夜中に床上まで海水が入ってきた。朝に水が引くまで皆で神に祈った。6歳の孫娘が『沈むのはいや。逃げる船をつくって』と頼むんだ。ここを離れる日が近づいていると実感した」。集落長のエリア・マエレレさん(65)は暗い表情で振り返った。
バヌアツなどを襲った大型サイクロン「パム」が、強い熱帯低気圧が来ない赤道地帯とされてきたキリバスもかすめたのだ。
集落では、10年ほど前から大潮のときに海水が入り始め、今ではひざ下まで浸水するようになっていた。「パムで海水が胸の高さに達したのは最終宣告なのか。気候変動はここでは現実だ。先進国は実態を知り、支援してほしい」。マエレレさんは訴えた。
33の環礁からなるキリバスはサンゴが堆積(たいせき)してできており、平均標高はわずか2メートルほど。気候変動による海面上昇の影響を受けやすく、「温暖化で最初に沈む国」の一つとされる。
政府は昨年、フィジーに約20平方キロの土地を買った。アノテ・トン大統領は「海面上昇や塩害で耕作地がなくなった場合の食料確保のためだが、最悪の場合は移住の場にと考えたこともある」と明かす。
温暖化の影響は島国の山間部でも指摘されている。パプアニューギニア(PNG)の山岳地帯にあるゲレミヤカ村。標高1600メートルを超える畑で、タイガーマン・テネンゲさん(34)は山肌にはりつくようにして草刈りをしていた。
年間を通して主食のサツマイモを栽培し、半月前には100キロ近く入る袋で13袋も収穫した。熱帯にありながら朝晩は肌寒いが、「この何年かは暖かくなったせいか3カ月に1度、収穫できる」と顔をほころばせた。
今は農民を喜ばせる「暖かい気候」への変化に、実は警鐘が鳴らされている。
アジア開発銀行(ADB)の2013年版「太平洋地域の気候変動経済」は、「最悪のシナリオでは、50年までにPNGのサツマイモ収穫量は50%減る」との見方を報告した。
ADBのエコノミスト、シンヤン・パーク博士は「長期的な温暖化の影響には干ばつなど降雨量の変化や作物の病気の流行も含まれる。さらに気温が上がれば、主食を失うことにもなりかねない」と指摘する。(アバヤン島・ゲレミヤカ村=郷富佐子)
■「生きるか死ぬかの問題」
小さな島国は温暖化の影響を特に受けやすく、「気候変動の最前線にいる」(国連の潘基文(パンギムン)事務総長)と言われる。世界的な対策をめぐる国際交渉でも、ほかの多くの途上国と一線を画して、より厳しい対策を求め続けている。
国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書によると、特に影響するのは海面水位の上昇だ。いまのまま温室効果ガスの排出増が続くシナリオでは、今世紀末に世界平均で最大1メートル弱の上昇が予測されている。
今世紀内を考えても、小さい国土で海岸の浸食が進むと、飲用にする地下水に塩分が混ざる。海水温が上昇すると、サンゴ礁の生態系が破壊され、これに頼っている観光や漁業は大きな打撃を受ける。
今年2月にスイスで開かれた会合では、小さな島国などでつくるグループ代表が「海面上昇は信じられていたよりも加速している。私たちにとって生きるか死ぬかの問題だ」と訴えた。
実際、フィジーでは住民が沿岸に住めなくなり高台移転した地域がある。人口約千人のソロモン諸島のタロ島は、水没をにらみ、将来の全島移住を決めた。
これまでの交渉で、19世紀後半の工業化以前と比べた気温上昇を「2度未満」に抑えることを大目標として合意しているが、小さな島国は、それでも不十分だとして「1・5度未満」を目標にするべきだと主張している。
国際社会は今年末に開かれる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で、京都議定書に代わるすべての国が参加する新しい国際枠組みの合意を目指している。島国の「悲鳴」は、世界に対し、直ちに行動に移るよう迫る役割を果たしている。(須藤大輔)
■太平洋・島サミットでも前面に
日本が太平洋の島国の首脳らを招いて3年ごとに開く「太平洋・島サミット」。22日に福島県いわき市で開幕する今回の会議で、日本政府は気候変動や防災対策の支援を前面に出す。
会議にはキリバスやPNGなど島国14カ国に加え、オーストラリアとニュージーランドが参加する。
東日本大震災の被災地での開催。各国首脳を被災現場に案内して、防災や復興の経験を伝える。
前回は「3年間で5億ドル」の経済支援を打ち出した。岸田文雄外相は15日の記者会見で「防災、気候変動、持続可能な開発に対する日本と太平洋島嶼(とうしょ)国との協力を強化する重要な機会だ」と強調した。
中国の海洋進出強化を念頭に、海洋での「法の支配」の重要性を確認する文言を共同宣言に盛り込むよう働きかける。戦後70年を迎え、マーシャル諸島など戦前に日本が統治していた国々でも知日派住民の高齢化が進む。新たな親日派をつくる取り組みも急務だ。
06年の軍事クーデター以降、招待を見送ってきたフィジーの首相を、昨年の民政復帰をふまえて9年ぶりに招待する。中国が近年、インフラ整備の資金供与などでフィジーへの関与を強めており、日本はサミットを通じて関係強化を狙う。(松井望美)

2015051701


(朝日新聞デジタル)

海の真実」の[注6]で紹介したとおり、ツバルの嘘がばれ、タロ島の嘘がばれちゃったから、今度はキリバス。
けど、「海の真実」の図8-13に見えるとおり、最近20年間はタラワ(TARAWA)でも海面は上昇していない。
実際は、下図に見えるとおり、1980年以降、海面は上昇していない。

2015051702図1 「Global and Planetary Change,80-81(2012)85」より

それ以前の30年間は上昇してたけど、その期間は全球平均気温が低下してたんだね。
実際、ツバルのフナフチ(FUNAFUTI)でも、ソロモン諸島のホニアラ(HONIARA)でも、海面が上昇してたのは1980年までの30年間で、その後の30年間に海面上昇は見えない。
「温暖化で沈む国」ではなく、実は、「寒冷化で沈む国」だった、と。
キャハハ。

4月14日の投稿で指摘したとおり、「バヌアツなどを襲った大型サイクロン」もCO2とは全く関係ない。
しかも、これまた「海の真実」で解説しているとおり、「Global and Planetary Change,72(2010)234」に依れば、太平洋の84%の環礁は面積が一定、もしくは、増加しているんだね。
WUWTで紹介されてるけど、それは最新の研究でも裏づけられているんだよ。
(但し、どちらの論文にも Paul Kench の名が見える。この分野の権威か?)
「温暖化で沈む国」ではなく、実は、「温暖化で浮上する国」だった、と。
キャハハ。

「ScienceDirect」のサイトを見ると、上記の「Global and Planetary Change,72(2010)234」は「Global and Planetary Change」誌の「Top 25 Hottest Articles」で堂々の第2位。
栄えある第1位は「Thermal pollution causes global warming」!
懐疑論者は皆、よく勉強してるね。
それに対して、気候ネットワークのようなIPCC信者どもは、「温暖化で沈む国」という見出しを見ると、何も考えずに、CO2で大変ですぅぅぅ~、と泣き喚くだけ。

最も悪質なのは、もちろん、左翼。
2013年12月8日の投稿で紹介したとおり、「知る権利を取り戻せ」と喚き立てていたくせに、キリバスの海面は上昇していないという事実を報じず、それどころか、安倍こべに「温暖化で沈む国」と煽り立てて、国民を欺くんだよ。
「知る権利を取り戻せ」と嘯いて、自分たちは国民に事実を知らせていると思い込ませ、その実は、事実を隠して国民を騙す。
それが左翼の役割。
反日左翼は絶対に消し去らねばならん!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。