優雅なインドの温暖化詐欺で沈みゆく国々

ラモー「優雅なインドの国々」より

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

またぞろ、IPCC党がアホなこと言ってるようだな。


インド洋は太平洋が冷えるのと同時に温められている
Nature Geoscience
2015年5月19日
Indian Ocean heats up as the Pacific cools
1998年以降、地表の温暖化が減速した時期に太平洋に流入した熱の余剰分はインド洋に輸送されたという報告が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、過去15年ほどの期間に太平洋で熱の吸収が強化されたが、そこで観測された熱の蓄積は減少しているという報告と矛盾しない。
大気最上層の観測は地球が継続して温暖化していることを示唆しているにも関わらず、全球の平均地表温度は1998年以降ほとんど一定値を保っている。この熱の多くは太平洋に流入していると考えられているが、実際の観測結果は太平洋の熱容量の減少を示している。
Sang-Ki Leeたちは、全球海洋-氷モデル・シミュレーションとともに観測データを解析し、太平洋の熱吸収の増加は、インドネシア多島海を通るインド洋への熱輸送の増加によって埋め合わされていることを見つけた。
インド洋での熱の増加は、全球海洋上層700mでの熱容量の70%に相当する。著者たちは、もし輸送が継続するならば、インド洋での熱の蓄積は、20世紀中頃からすでに十分加熱されている大西洋に反映されると示唆している。
関連する News&Views で Jerome Vialard は「過去10年間にわたりインド洋に蓄積された熱が、中断期が終わった後の急速な温暖化に寄与するかどうかは、(継続した)観測によってのみ分かるだろう」と書いている。


(natureasia.com)

2013年3月5日の投稿12月10日の投稿2014年1月15日の投稿1月21日の投稿2月17日の投稿6月12日の投稿8月30日の投稿、そして、12月9日の投稿で紹介したとおり、IPCC党は、気温上昇が停滞してるのは太平洋に熱が潜ったからですぅぅぅ~、と泣き叫んできたわけだけど、ついに、太平洋に熱は溜まっていない、と認めざるを得なくなったんだね。
ハイエイタスに窮したIPCC党は嘘をついて誤魔化してきた、ということだな。
IPCC党は、「太平洋に流入した熱の余剰分はインド洋に輸送された」のだから、嘘は吐いてませ~~~ん、と泣き喚くだろうけど、そんな言い訳が通用すると思うか!
たとえ、それを真に受けたとしても、この論文以前には分かっていなかったのだから、太平洋に熱が溜まっていないのに、「この熱の多くは太平洋に流入していると考えられ」るはずがねえ。
テメエらIPCC党が嘘を吐いて誤魔化してきたことが今回の論文で露呈したんだ!

さらに、IPCC党は、2014年6月12日の投稿で紹介したとおり、「そのときに全球海洋の700m以深で蓄熱量が増大していることを示した・・・2000年代のSST上昇傾向が小さいのは地表気温と同様であり、その代わりに海洋深層に熱がより多く蓄えられていることを意味している」だの、8月30日の投稿で紹介したとおり、「1970年代以降、海面水温と700~2000mの蓄熱量は、長期的には上昇傾向を示すものの、1990年代は海面水温の上昇傾向が大きく蓄熱量の増加傾向は鈍っていたのが、2000年代になると逆に蓄熱量の増加が顕著になることが見出されている」だのと言い張っていたけれど、「インド洋での熱の増加は、全球海洋上層700mでの熱容量の70%に相当する」ということは、「海洋深層に熱がより多く蓄えられている」も嘘だった、ということ。
この論文はハイエイタスに対するIPCC党の言い逃れを正当化したつもりになってるけど、「この熱の多くは太平洋に流入している」は「この熱の多くは太平洋の深層に流入している」ということなのだから、実は、IPCC党の言い逃れを否定してしまったんだよ。

実際には、上記の議論以前の問題。
前回の投稿で採り上げた解説が指摘していたとおり、「ハイエイタスが内部変動によるものだとすると、当然の帰結として1970年代から1990年代までの急激な温暖化の約半分が内部変動によるもの」だから、つまり、IPCCはCO2の影響を著しく過大評価しているのだから、「地表の温暖化が減速した時期に太平洋に流入した熱の余剰分」も著しく過大評価されている。
だから、「太平洋の熱吸収の増加は、インドネシア多島海を通るインド洋への熱輸送の増加によって埋め合わされている」わけねえ。
「インド洋は太平洋が冷えるのと同時に温められている」っていうのは、実は、「インドのセクハラ魔王の下半身は太平洋が冷えるのと同時に温められている」という意味なんだよ。
キャハハ。

ついでに言うと。
前回の投稿で採り上げた解説は「この論文をさらに発展させた Watanabe ほかでは」と書いてたけど、上記の論文では「Watanabe ほか」だけが引用されていない。
IPCC党の中でさえ評価が低いんだな、木本昌秀の論文は。
木本ちゃんてば、引用されなかったので、ショックで寝込んじまって「微動だにしていない」んじゃねえか?
可愛そうな、木本ちゃん。
キャハハ。

ついでに、もう一つ。
5月17日の投稿で指弾したばかりなのに、人殺し左翼が、また、こんな記事を書いてる。


(耕論)温暖化、沈む国救えるか アノテ・トンさん、ジョン・バーネットさん
2015年5月22日05時00分
南太平洋の14の島国の首脳らが集う「太平洋・島サミット」が、22日から福島県いわき市で開かれる。主要議題のひとつは気候変動。地球温暖化による海面上昇で現実になりつつある「沈みゆく国」を、救うことはできるのか。
■脱出でなく、尊厳ある移住を アノテ・トンさん(キリバス大統領)
キリバスはサンゴ…


(朝日新聞デジタル)

温暖化対策の愚」の図6-3の黄色の線に見えるとおり、全球平均気温は1980年以降に急上昇しているけど、キリバスの現在の海面は1980年と殆ど同じ。
「現実になりつつある『沈みゆく国』」だと?
温暖化詐欺で「沈みゆく国」だろ!
現実には起こり得ないことが「現実になりつつある」んですぅぅぅ~、と喚き立てるのが「地球温暖化」、ということだよ。
2014年1月15日の投稿で指摘したとおり、ゲームのルールを自分(=グローバルエリート)たちに都合よく作りあげて、公共セクターから大きな”贈り物”を搾り取るために、危機が「現実になりつつある」と思い込ませるための「地球温暖化」なんだね。
「地球温暖化による海面上昇で現実になりつつある『沈みゆく国』」という言い草は「地球温暖化」の正体を物の見事に露呈したと言えるな。

それにしても、そこまでデタラメほざくか?、と呆れ返るけど、そこまでして「地球温暖化」を煽らざるを得ないほどに、IPCCは追い詰められてしまった、ということ。
「現実になりつつある『沈みゆく国』」という言い草は、「現実になりつつある『沈みゆく地球温暖化詐欺』」を反映しているんだね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。