わが谷はセシウムで汚染された緑なりき

リスト「巡礼の年・第1年:スイス」より「オーベルマンの谷」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

完狂省の寄生虫めがっ!


山口・新発電所:環境相、石炭火力認めず CO2削減対応遅れ
山口県宇部市で大阪ガスなどが計画する大型石炭火力発電所(総出力120万キロワット)について、望月義夫環境相は12日、環境影響評価(アセスメント)法に基づき、「現段階では是認しがたい」とする意見書を宮沢洋一経済産業相に提出した。東京電力福島第1原発事故後、コストが安いものの二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力の新設計画が相次ぐ中、CO2削減に向けた電力業界の対応が遅れていることが背景にある。
政府は2030年までに温室効果ガス排出量を13年比26%削減するという新目標案をまとめており、望月氏はこの日の閣議後記者会見で、「このまま石炭火力の立地が進めば、国の削減目標の達成が危ぶまれる」と述べ、電力業界に実効性のある業界全体の削減目標を早期に作るよう求めた。
計画では、大阪ガス、Jパワー(電源開発)、宇部興産が出資する「山口宇部パワー」が出力60万キロワットの発電所を2基造る。17年冬に着工し、1号機を23年夏、2号機を25年夏に稼働させる予定。発電効率の高い方式を採用する計画だが、天然ガス火力発電に比べ約2倍のCO2を排出する。
石炭火力の新設計画に環境相が反対意見を示すのは、09年に福島県いわき市で計画され、中止になった小名浜発電所以来2回目。意見書に法的拘束力はなく、現在、大手電力会社と新規事業者が削減目標作りの調整を進めており、ただちに計画が中止に追い込まれるわけではない。
環境省によると、国内の石炭火力の設備容量は計約4000万キロワット。着工済みやアセス手続き中の石炭火力は少なくとも1300万キロワット以上ある。政府は30年時点の総発電量に占める石炭火力の割合を26%としているが、計画を含め全ての石炭火力が稼働すると目標を超える。【阿部周一】


(毎日新聞 2015年06月12日 東京夕刊)

温暖化プロパガンダの邪悪極まる本性を物の見事に露呈したな。

老朽化した福島第1原発を停止して、いわき市に石炭火力発電を建設していれば、破滅的な原発事故は防げたんだね。
ところが、完狂省が温暖化プロパガンダを使って中止に追い込み、福島第1原発を温存させ、その結果、原発事故が起こった。
これは絶対に否定できない客観的事実。
温暖化プロパガンダが原発事故を招いたんだ!

石炭火力を妨害し原発事故を招いたということは、尚も石炭火力を妨害することは核汚染を拡大させ、被曝を拡大させる、ということ。
既に何回も書いてきたけど、原発事故の収束には国民負担が避けられない。
ただでさえ、収束のめどが立たないのに、負担が重くなり、国民が負担に耐えかねれば、原発事故の収束は覚束なくなる。
4月20日の投稿で紹介したとおり、「石炭火力の燃料コストが液化天然ガス(LNG)火力の半分、石油火力の4分の1」だから、国民負担を軽減し、原発事故収束を促進するには、石炭火力以外の選択肢は無い!
にもかかわらず、石炭火力建設を妨害するのは、国民を被曝させ続ける以外の何物でもねえ!

それどころか、再生可能エネルギー、と喚き立てて、安倍こべに、国民の負担を増やしている。
その一方で、昨年4月17日の投稿で紹介したとおり、己らの懐を肥やしている。
完狂省の寄生虫どもは真に死に値する!!

完狂省の寄生虫どもと結託して石炭火力を妨害しているのが、人殺し左翼。
昨年2月24日の投稿で紹介したとおり、「日本が国際的な流れから離れて独自の道を進む『ガラパゴス化』しつつあることを印象づけた」だの、昨年6月17日の投稿で採り上げた記事に見えるとおり、「CO2を大量に排出する石炭火力発電を増やし続けたツケに見える」だの、4月20日の投稿で採り上げた記事でも「欧米は石炭に対する規制を強めている・・・ところが、日本は世界の流れと逆に進んでいる」だの、4月23日の投稿で採り上げた記事でも「石炭火力が設備、発電量ともに3倍以上になり、排出量の増加が、原発による削減効果を打ち消したためだ」だのと喚き散らしたんだね。
ところが、2011年8月18日の投稿9月11日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞は、温暖化プロパガンダを主導すると共に、率先して原発安全神話を垂れ流して、福島原発事故を招いたA級戦犯。
温暖化プロパガンダが原発事故を引き起こしたこと、核汚染を拡大させ、被曝を拡大させることは明らかだろ。
昨年12月1日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「日本の原発停止によって増えた二酸化炭素の排出量は、国内全体の約1割でしかない。残り約9割の排出対策を語れない理由にはならない」と喚き立ててたけど、それなら、「CO2を大量に排出する石炭火力発電を増やし続けたツケに見える」だの、「石炭火力が設備、発電量ともに3倍以上になり、排出量の増加が、原発による削減効果を打ち消したためだ」だのと喚き散らすのはおかしい。)

もう一匹の生き証人が虫国野郎だな。
2012年9月4日の投稿で紹介したとおり、「少なくとも安易な石炭火力増設は国際社会が許すことはなく」だの、2012年9月25日の投稿で紹介したとおり、「国内で温室効果ガスが減らない要因の一つの石炭火力重視もおかしい」だの、昨年7月8日の投稿で紹介したとおり、「石炭火力発電は温暖化ガスの排出量が極めて大きく、いったん導入されると何十年も稼働するために、温暖化を促す最悪の発電設備です。EU(欧州連合)も世界銀行も公的支援をやめるといっています。しかし、日本は国内で建設しようとしているばかりか、海外にも政府支援のもと輸出しようとしています。国際社会の流れに完全に逆行しています」だの、1月7日の投稿で紹介したとおり、「この石炭火力発電所新設に関しては国内での議論は乏しく、国際社会においてはほとんど認識されていない。しかし、いずれは国際社会が知ることになり、そうなれば『日本は温暖化政策を完全に放棄した』という批判は必至である」だのと喚き散らしてたんだね。
ところが、昨年9月18日の投稿9月21日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎は「原子力ムラ」の同窓生だった。

にもかかわらず、安倍こべに「本来であれば、様々な点でそれぞれ敵対関係にあるはずの日本政府、エネルギー産業、反原発・温暖化懐疑論者によって『日本は温暖化対策ですでに頑張っている』『日本はこれ以上頑張らなくてよい』という神話が作られ、事実上の『共闘』が行われてきた。それは、結果的に再生可能エネルギーや省エネの導入を遅らせて原発推進派の権力維持に役だってしまった」と言い放ったんだよ。
しかも、その文章は朝鮮日刊新聞のWEBRONZAに掲載されてる。
福島原発事故のA級戦犯と手を組んで、反原発・温暖化懐疑論者は原発推進派の権力維持に役だっている、と罵っているわけだから、それが全く事実に反していること、そして、虫国野郎の底無しの醜悪さも明らかだろ。
「事実上の『共闘』が行われてきた」との卑劣極まる言い草は、温暖化プロパガンダが原発事故を招いたこと、そして、核汚染を拡大させ、被曝を拡大させることを、ハッキリと示しているんだね。

日本国民は、自身の生活と健康を守るために、石炭火力発電を断固として支持しよう。
そして、原発事故を引き起こし、尚も、国民を被曝させようと図る、完狂省のダニ、左翼、IPCC党を一匹残らずこの世から消し去るのだ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。