習近平の犬がクレバスに落ちて狂死曲

エネスク「ルーマニア狂詩曲第1番」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

8月4日の投稿で解説したのに、その尻から、氷河がぁぁぁ!、と喚いてやがる。


世界各地を熱波襲う イランで体感温度74度、インド2300人死亡、アルプスの氷河ピンチ
2015.8.5 20:03
日本で猛暑日が続く中、世界各地も記録的な熱波に見舞われている。イランでは体感温度74度という「天文学的」(米紙ワシントン・ポスト)な暑さを記録したほか、欧米では山火事が相次いだり氷河の解けるペースが速まったりしている。
イラン南西部のペルシャ湾に面したバンダルマズハーでは7月31日に気温が46度となり、湿度などを加味した体感温度は74度に達した。同紙によると体感温度に関する公式記録はないが、2003年7月にサウジアラビアで観測された81度に次ぐ数値とみられる。
AP通信などによると、イラクの首都バグダッドでは7月30日、気温が52度に達した。政府は酷暑の予想を受け、同日から4日間を公休日とすることを急遽(きゅうきょ)決定。03年のイラク戦争以降、同国では発電設備の破壊などで電力不足が深刻化し、クーラーや扇風機が満足に使えない状態だ。
ただ4日には南部アマラで、暑さと電力不足に不満を募らせた市民らが街頭でアバディ政権を批判するなど反政権デモが頻発。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の支配地域奪還を目指す政権にとり頭の痛い問題となっている。
一方、インドでは1年で最も気温が高くなる4~6月、熱波による死者数が記録のある1990年以降最悪となり、インド政府は5日、2037人が熱中症などのため死亡したと発表した。パキスタンでは6月、南部シンド州を熱波が襲い、州当局によると1200人以上が死亡する過去最悪の事態となった。
欧米でも熱波の影響は深刻だ。米ニューヨークでは7月29日、同日の気温としては過去3位タイとなる35.6度を記録。オーストリアでは気象当局が「過去248年の観測史上で最も暑い7月」と認定した。
スペインでも7月上旬、気温が記録的な水準に上昇。国内各地では山林火災が発生し、焼失面積は少なくとも計1万5千ヘクタールとも報じられている。
欧州の専門家は最近の調査の結果、世界各地で近年、氷河が解けるペースが加速していると指摘。アルプス地方では「氷河が数キロも後退している」とし、特に深刻な現象とも警告した。(西見由章、ニューデリー 岩田智雄、ベルリン 宮下日出男)


(産経ニュース)

「人為的温暖化」という言葉は出てこないけど、「イラン南西部のペルシャ湾に面したバンダルマズハーでは7月31日に気温が46度となり」だの、「インドでは1年で最も気温が高くなる4~6月、熱波による死者数が記録のある1990年以降最悪となり」だの、「パキスタンでは6月、南部シンド州を熱波が襲い」だの、「米ニューヨークでは7月29日、同日の気温としては過去3位タイとなる35.6度を記録」だの、「オーストリアでは気象当局が『過去248年の観測史上で最も暑い7月』と認定した」だの、「スペインでも7月上旬、気温が記録的な水準に上昇」だのと喚き散らした後で、「アルプス地方では『氷河が数キロも後退している』とし、特に深刻な現象とも警告した」と言うのは、温暖化、つまり、人為的排出CO2で「アルプスの氷河ピンチ」、と言うことに他ならねえ。

「アルプスの氷河ピンチ」の原因はスス、だと言ってるだろ!
何回言ったら分かるんだ!!
クレバスに落ちて死ね!!!

「イラクの首都バグダッドでは7月30日、気温が52度に達した」だと?
砂漠だから暑いに決まってら。
アスファルトとコンクリートで覆われた日本の都会も砂漠と同じ。
午後3時ごろにJR大阪駅の正面で寒暖計を持って立ってみな。
50度はいくぞ。

「日本で猛暑日が続く」のは水蒸気が原因。

2015080701
図1 7月29日の東京都心の天気・気温・湿度(「水曜 日差し+ムシムシ=不快な暑さ」より)

空を見上げれば分かるな。
今年はスッキリとした夏の青空が見えない。
空が白っぽい。
夜も、お月様は見えるけど、お星様は見えない。
水蒸気が多いから。

梅雨明け後も太平洋高気圧が弱いから、台風が10号、11号、12号と立て続けに接近・上陸し、日本の上空に莫大な水蒸気を持ち込んだ。
その後も、台風の卵の熱帯低気圧が近づいて来て、

2015080702
図2 2015年8月4日12時の天気図

2015080703
図3 2015年8月5日15時の天気図

和歌山を直撃。

2015080704
図4 2015年8月6日3時の天気図

豪雨になった。(「和歌山県で記録的短時間大雨」)
WUWTで紹介されてるけど、日本の研究者が「熱帯低気圧は寒冷化で増える」という論文を出したようだ。
意味深だな。

水蒸気が多いから、図1に見えるとおり、夜になったら曇りやすい。
雲が大気の窓を塞いでしまい、放射冷却が弱まり、夜間も気温が下がらない。
(もちろん、都市化の影響も大。)
だから、お日様が昇ると直ぐに30℃近くになり、水蒸気の温室効果も重なって、真昼間は猛暑になるんだね。
CO2なんて、関係ねえ。

確かに、欧州の7月の気温は高かった。

2015080705
図5 2015年7月の世界の気温偏差(NOAA・NCEP

けど、米国の殆どは平年より低め。
イラクは気温が高かったけど、パキスタンとインドの北半分は平年より低い。
全球平均気温偏差は0.155℃。
2010年以降では一番高いけど、2009年は0.25℃だった。(コチラで確認してね。)
2008年は0.199℃。
2007年は0.287℃。
2006年は0.191℃。
2005年は0.265℃。
2003年は0.248℃。
2002年は0.331℃。
2001年は0.245℃。
1998年は0.229℃。
気温上昇は停滞し続けている。

人工衛星のデータを見ても同じ。

2015080706
図6 人工衛星から観測された全球平均気温偏差(「Climate4you」より)

で、本題に戻って。
「欧州の専門家は最近の調査の結果、世界各地で近年、氷河が解けるペースが加速していると指摘」に関しては、AFPの記事がもっと詳しく書いてる。


氷河融解縮小、観測史上最低水準に 研究
2015年8月4日 09:18 発信地:パリ/フランス
世界の氷河は、過去120年の観測史上、最低の水準にまで縮小しているとの研究報告が3日、発表された。氷河融解のペースについては、21世紀の最初の10年間での加速が確認されたという。
学術誌「Journal of Glaciology(氷河学)」に掲載された論文によると、氷河の厚みは現在、平均で年間50~150センチのペースで減少しているという。
論文主執筆者で、スイスにある研究機関「世界氷河モニタリングサービス(World Glacier Monitoring Service、WGMS)」のミヒャエル・ゼンプ(Michael Zemp)所長は「これは、20世紀における氷河の厚みの平均減少速度の2~3倍に相当する」と語る。
世界10億人以上の、特にアジアや南米で暮らす人々は、飲料水の半分以上を雪や氷河氷の季節融解によって得ていることが、これまでの研究で明らかになっている。
世界の氷河の現在の融解速度は、科学的観測の対象となった過去120年間、あるいはおそらくもっと長い期間において、前例のないレベルに達しているとゼンプ所長は指摘した。
さらに、消失ペースが加速されていることにより、たとえ地球温暖化による世界気温の上昇が続かなかったとしても、多くの地域では氷河の縮小が止まらない動向が発生している。
今回の論文では取り上げられていないが、過去5年間の予備分析データは、氷河質量の急速な減少が現在も続いていることを示唆している。
氷河氷の消失量について、1998年に観測された20世紀の最高記録は「2003年、2006年、2011年、2013年と続けて更新され、また2014年にも更新される可能性が高い」とゼンプ所長は話している。


(AFP)

幸いにして、この論文は公開されているので、中身が確認できる。
検索したら、「anthropogenic」という単語が出てくるのは、次の一節だけ。


Attributing glacier mass budgets to anthropogenic forcing requires the application of numerical modelling. Recently, Marzeion and others (2014) showed that glacier mass changes in the late 19th and the first half of the 20th century can be explained satisfactorily by natural variability, whereas the ice loss of the past few decades requires that anthropogenic forcing be included.


(「Journal of Glaciology,61(2015)745」より)

この「Marzeion and others (2014)」は「IPCC第5次報告書の市民向け要約」の[注23]で採り上げている論文だね。
それに依れば、「1851年から、2010年までの氷河減少は自然変動が大きく、人間活動の影響の割合は25%にとどまった」
しかも、その「人間活動の影響」の大部分はスス。
「1991年から2010年までの20年間だけに着目したところ、氷河減少の原因の69%が人間活動だった」と言い立ててたけど、それは、新たにインドや中禍人糞凶和国が大量のススを撒き散らし始めたから。
ススは日射(と大気からの下向き赤外放射)を吸収して氷を解かすのみならず、氷河がススで汚れるとアルベドが下がる。
8月4日の投稿で指摘したとおり、アルベドが高い地域ではアルベド低下に因る気温上昇は大きい。
それが原因でさらに氷河が解ける。
この悪循環、すなわち、フィードバックを考慮すれば、「氷河減少の原因の69%が人間活動だった」としても、その主因はススであり、CO2の影響は弱い。
だから、「たとえ地球温暖化による世界気温の上昇が続かなかったとしても、多くの地域では氷河の縮小が止まらない」んだよ。

さらに、論文の図を見ると。

2015080707
図7 「Journal of Glaciology,61(2015)745」より

AFP記事に「1998年に観測された20世紀の最高記録は2003年、2006年、2011年、2013年と続けて更新され」と書いてるのは、上図の黒色の細い実線を指しているのだろうけど、1940年代後半は2003年や2006年と同じ、または、それ以上に「氷河氷の消失量」が多い。
(「今回の論文では取り上げられていないが」と書いているとおり、グラフは2010年までだから、「2011年、2013年と続けて更新され」は定かでない。)
それが、1960年以降は「氷河氷の消失量」が減少し、その後、1990年半ば以降に再び「氷河氷の消失量」が増加し出した。
ということは、8月4日の投稿でも指摘したけど、自然変動(AMO)が寄与している、ということ。

IPCC党は、1960年以前はデータ(破線)が少ないから、グラフが激しく上下しているだけ、と言い張るだろうけど、そうだとしても、1990年半ばまでは縦軸の目盛の0と-0.5の間を行き来していたはず。
それが1990年半ば以降に-0.5よりも下がったのは、インドや中禍人糞凶和国が大量のススを撒き散らし始めたことと合致してるな。
4月19日の投稿で採り上げた「教えて!温暖化対策」の第2回の円グラフに見えるとおり、中禍人糞凶和国のCO2排出量はインドよりも圧倒的に多い。
ということは、ススも中禍人糞凶和国の方が圧倒的に多い、ということ。
「世界の氷河の現在の融解速度は、科学的観測の対象となった過去120年間、あるいはおそらくもっと長い期間において、前例のないレベルに達している」原因は中禍人糞凶和国だ!

昨年2月5日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎は「人間の行為が他の人間を苦しめて命を奪うという根本的な事実や関係性を見えなくしてしまったように思います」と泣き喚いてたけど、「世界10億人以上の、特にアジアや南米で暮らす人々は、飲料水の半分以上を雪や氷河氷の季節融解によって得ている」のだから、「人間を苦しめて命を奪う」のは中禍人糞凶和国。
ところが、昨年9月18日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎は「中国は、日本など先進国では想像できないような対策をすでにやっている・・・大気汚染や温暖化の元凶である石炭火力発電所は、日本で新設が計画される一方で、中国では多くの大、中都市での新設は原則禁止となりつつある」と言い張り、そして、昨年7月8日の投稿で紹介したとおり、「日本は国内で建設しようとしているばかりか、海外にも政府支援のもと輸出しようとしています。国際社会の流れに完全に逆行しています」と、安倍こべに我国を罵り、その挙句に、これまた、昨年2月5日の投稿で紹介したとおり、「日本においては、『地球にやさしい』という曖昧でフワッとした言葉が、温暖化問題における加害者としての責任意識の欠落をもたらしたように思います」だの、1月7日の投稿で紹介したとおり、「温暖化問題は、温室効果ガスの排出によって多くの人命が奪われるという、いわば大量殺人を未然に防ぐかどうかの『正義』の問題だという認識を持ち得なかった。誰が加害者で誰が被害者か、誰が利益を得て誰が殺されるのか、などを深く考えなかった」だのと喚き散らしたんだね。
つまり、我国が「人間を苦しめて命を奪う」、と言い放ったんだよ。
地球温暖化懐疑論批判」を主導したのは、他ならぬ、この虫国野郎だぞ。
IPCC第5次報告書政策策定者向け要約の執筆者である江守正多は虫国野郎に協力したんだぞ。

人為的温暖化説の正体は明らかだろ。
IPCC党は殺戮者・習近平の犬にすぎない。
クレバスに突き落とすべし!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。