「太陽光発電が普及したから猛暑でも電力にゆとり」の幻想曲

モーツァルト「幻想曲 K475」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

性懲りも無く、左翼脱原発派が再生エネを正当化するために嘘を吹聴しているようだな。


太陽光、ピーク時肩代わり 夏の電力需給 猛暑、晴れて本領
2015年8月8日05時00分
真夏の昼間はエアコンなどで電力使用が1年で最も多くなる。今年は記録的な猛暑が続き、国内では原発がまだ1基も動いていないのに、電力各社はなぜ余裕のある電力供給を続けていられるのだろうか。
東日本大震災後に原発が止まり、原発をもたない沖縄を除く大手電力各社は、コストが高く老朽化した石油火…

2015081001
国内の太陽光発電の導入量は急速に伸びている


(朝日新聞デジタル)


猛暑でも電力安定 太陽光発電、導入量10倍 節電効果、需要十数%減
2015年8月8日05時00分
東京都心で7日、最高気温35度以上の「猛暑日」が過去最長の8日連続となるなど、各地で記録的な猛暑が続くなかで、大手電力各社は比較的余裕のある電力供給を続けている。すべての原発は止まったままだが、太陽光発電の普及や節電の定着で、真夏の電力不足の心配は遠のいている。▼3面=ピーク時肩代わり

2015081002
愛知県田原市にある国内最大級のメガソーラー


(朝日新聞デジタル)


太陽光発電の普及・節電定着…猛暑でも電力にゆとり
平林大輔
2015年8月8日05時03分
東京都心で7日、最高気温35度以上の「猛暑日」が過去最長の8日連続となるなど、各地で記録的な猛暑が続くなかで、大手電力各社は比較的余裕のある電力供給を続けている。すべての原発は止まったままだが、太陽光発電の普及や節電の定着で、真夏の電力不足の心配は遠のいている。
電力供給にどれだけ余裕があるかは、その日の電気の供給力と、一日で最も電力の需要が多いピーク時を比べた「最大電力使用率」でわかる。東京電力や関西電力の場合、これが90%以上だと電力の余裕が「やや厳しい」、95%以上だと「厳しい」とされる。100%に近づくと、必要な電力に供給が追いつかず、停電の恐れがでてくる。
7日までの1週間で、東京、中部、関西、九州各電力の最大使用率をみると、95%以上になったのは1日の中部電だけだった。東電では90%以上が4日あり、あとは90%未満の「安定的」だった。

2015081003
主な電力会社のこの1週間の最大電力使用率


(朝日新聞デジタル)

7月6日の投稿7月9日の投稿、そして、7月17日の投稿で、太陽光発電が送電網に流れていないことを見破られてしまったので、こんな記事を書いて、尚も国民を欺こうとしてるんだろ。
いい加減にしろ!
テメエらが掲載してる写真とグラフは「猛暑でも電力安定 太陽光発電」「太陽光発電の普及・節電定着…猛暑でも電力にゆとり」の虚構を露呈してるんだ、つ~の!!
8月1日の中部電力の使用率は95%。
「愛知県田原市にある国内最大級のメガソーラー」の電気が送電網に流れているんなら、95%になるわけねえな。
しかも、中部電力管内の浜松は太陽光発電導入量日本一。
(ということは、浜松は日本一の自己中、ということ。)


浜松市:太陽光発電の導入量・件数が全国1位
浜松市は29日、市内の太陽光発電設備導入量(発電能力)が18万225キロワットで、市町村別で全国1位になったと発表した。一般家庭約5万7000世帯分の年間電力使用量に相当するという。事業用の太陽光発電所数を示す10キロワット以上の太陽光発電設備導入件数も3463件で、昨年に続き全国1位だった。
経済産業省が発表した今年3月末時点の「市町村別再生可能エネルギー導入件数・導入量」で明らかになった。同市の日照時間は全国平均より1割多い国内トップクラスのため、発電量も全国1位になる。
市エネルギー政策課によると、総合商社などが大規模な発電設備を運営する他都市と異なり、数多くの地元中小企業が発電事業所となっているのが浜松の特徴。さらに事業化支援・相談を受ける「浜松市ソーラーセンター」などの存在が効果を発揮しているという。
鈴木康友市長は「地域内の事業者が自ら発電を行うことは、地域経済の活性化にもつながる。今後も全国に先駆けた浜松独自のエネルギー政策を推進したい」と話している。【飯田和樹】


(毎日新聞 2015年07月29日 19時01分)

日本一なんだから、太陽光発電が送電網に流れているんなら、使用率が95%になるわけねえだろ!
95%になって、火力の発電量を増やしたから、その後は90%前後で安定してるんだね。
実際、2011年4月26日の投稿8月30日の投稿2012年1月5日の投稿7月11日の投稿7月25日の投稿9月4日の投稿、そして、2013年3月29日の投稿で紹介したとおり、原発が無くても電力は足りていた。
始めの記事で「国内の太陽光発電の導入量は急速に伸びている」と囃し立てているけど、2010年の段階で足りていたということは、太陽光発電がなくても電力は足りていた、ということ。
「猛暑でも電力安定 太陽光発電」「太陽光発電の普及・節電定着…猛暑でも電力にゆとり」なんて、全くのデタラメ!

さらに、同じ日の紙面を見ると。(上記2つ目の記事の「3面=ピーク時肩代わり」の関西版がこれ。)

2015081004
2015年8月8日の朝鮮日刊新聞朝刊紙面より

「オフィスの昼休みや工場の操業時間をずらす『ピークシフト』に取り組む企業もある」と言い立て、「企業・街も変わった」と囃し立ててるけど、「太陽光 ピーク時に支え」なら、「ピークシフト」は必要ないはずだな。
このことだけでも、「ピーク時に支え」がデマにすぎないことは明らかだけど、「震災前はほぼ1億7千万~1億8千万㌔ワットだったが、震災後は1億5千万㌔ワット台と十数%ほど減っている」ということは、一番上の記事のグラフに見える太陽光発電の導入量と同じ量だけ減っているということだから、太陽光発電は全く必要ない、ということ。
しかも、実際の発電量は導入量よりもずっと低いから、「震災前はほぼ1億7千万~1億8千万㌔ワットだったが、震災後は1億5千万㌔ワット台と十数%ほど減っている」ということは、消費電力は太陽光発電の数倍も減っているということに他ならない。
「ピーク時の電力供給を支える存在になりつつある」は真っ赤な左翼の真っ赤な嘘

さらに、7月6日の投稿で採り上げた「教えて!電源構成」の第2回と7月19日の投稿で採り上げた記事に続いて、またもや、橘川武郎。
東京理科大学だから理工系かと思いきや、コヤツは経済学部の出身。
電気のことを何も知らない輩が「太陽光発電増加などが大きな要因」と喚いていること自体が笑い種で、「ピーク時の電力供給を支える存在になりつつある」のデタラメを象徴してるな。
しかも、これまた、7月19日の投稿で紹介したとおり、「ものごとを多元的に検討することが企図されている。様々な価値観や異なる意見のせめぎ合いから導かれた結論の方が、間違いが少ないからだ」と喚き立てていたくせに、橘川武郎と澤昭裕を対峙させて、原発か再生エネかという「二元論」に持ち込もうと図ったんだね。
実際、7月19日の投稿でも、自民党とチョンコロ孫不正義の犬を対峙させて「二元論」に持ち込もうとしていたわけで、「二元論」にしてしまおうと目論んでいる時に限って、「多元的」と言い立てて市民を欺こうと図るんだよ、左翼脱原発派は。
そんな狡猾で卑劣な輩が「太陽光 ピーク時に支え」と喚き立てようとも、市民を欺くための詐術にすぎないことは明らかだろ。

4月26日の投稿でも言ったけど、積水ハウスや大和ハウスは、近隣住民に配慮せず住宅を建てまくって、街並みと住環境を乱してきた企業。
実際、地図を見れば分かるとおり、五條市は大阪と和歌山と奈良の3府県の県境で、紀ノ川の上流に位置するから広い平地は無い。
ということは、山林を削って造った、ということ。
「ドリームソーラーなつみ台Ⅱ」は環境破壊。
昨年6月17日の投稿9月1日の投稿、そして、11月20日の投稿で指摘したとおり、ため池に太陽光発電を浮かべるのは自然破壊。にもかかわらず、「兵庫県加西市のため池にできたメガソーラー」と囃し立てているわけで、左翼脱原発派が環境を顧みないこと、であるから、「脱原発」が全くの欺瞞にすぎないことは明らか。)
実は、分譲住宅地を造ったものの、殆ど売れなくて、太陽光発電パネルを並べたんだよ。

2015081005
傾斜や道路をそのまま生かした、奈良・五條の分譲住宅地を転用したメガソーラー」より

こんな辺鄙なところにローンを組んでまでして一戸建てを買ったものの、空き地だらけでうら寂しく、その上に、メガソーラーまで設置されて、住民は何て思ってるんだろうね。
空き地だらけで夜は物騒だから、せめて、蓄電池を設置して夜間の街灯に使うべきなのに、全量を「関西電力に売る」という強欲さ!
にもかかわらず、真っ先に「大和ハウス工業は・・・『ドリームソーラーなつみ台Ⅱ』を稼動させた・・・関西電力に売る」と持て囃しているわけで、そのことだけを以ってしても、左翼脱原発派の醜悪さは明らかだろ。

広告

1件のコメント (+ 自分のものを追加)

  1. ゼッツン
    9月 05, 2016 @ 23:48:09

    浜松市の住人です。僕の自宅周辺は 自然豊かで 夏場には玄関を開ければ カニや亀 ザリガニやスッポン等が良く歩いていました。
    湿地帯が多く 今では廃業になったウナギなどの養殖池が多いからです。
    その湿地帯や廃業になった養殖池を埋め立てて
    見渡す限りのメガソーラーになってしまいました。今ではもう カニや亀を見かける事は殆ど有りません。
    悲しい現実ですね。

    返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。