12万匹のブタが「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」と国会前で狂騒曲

モーツァルト「ピアノ協奏曲第12番」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

7月19日の投稿7月28日の投稿7月29日の投稿8月6日の投稿、そして、8月20日の投稿で糾弾したにもかかわらず、性懲りも無く、浅ましいブタどもが、ブ~、ブ~、と騒いでたようだな。
(警察は3万とか言ってるけど、上空から見ると数千人ほど。)


「戦争させない」デモが国会包囲 参加者12万人と主催者
2015年8月30日 17時42分
安全保障関連法案に反対する市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が30日、国会近くで大規模な集会を開いた。主催者は参加者数が約12万人と発表。国会議事堂を取り囲む形で集まった人たちで周辺は身動きも取れないほどになった。一斉行動も呼び掛け、実行委によると全国200カ所以上でデモや集会を実施。反対する民意の広がりを強くアピールし、安倍政権に廃案を求めた。
参院で審議中の法案をめぐっては、採決をにらんで与野党の攻防が激化している。
小雨交じりの国会近くは、議事堂の周囲だけでなく、霞が関の官庁街や日比谷公園方面にも参加者が詰め掛けた。


(共同)

で、案の定、人殺し左翼が囃し立ててる。


戦後70年の夏が過ぎ去ろうとしている。平和と安全保障と憲法、核兵器と原発、歴史認識。多くのことが語られた8月の言葉から▼『敗北を抱きしめて』の著者で米国の歴史家ジョン・ダワーさんは、「反軍事の精神」こそ日本のソフトパワーだと説く。「国民は70年の長きにわたって、平和と民主主義の理念を守り続けてきた。このことこそ、日本人は誇るべきでしょう」▼だが、安保関連法案の審議は進む。長崎市の田上富久(たうえとみひさ)市長は平和宣言で指摘した。「70年前に心に刻んだ誓いが、日本国憲法の平和の理念が、今揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています」▼「原発ゼロ」が終わった。前茨城県東海村長の村上達也さんは川内原発再稼働を批判する。福島の事故を忘れたのか、と。「我々はあの日を境に、以前と別の世界を生きている。そのことをこの国はかみしめるべきだ」▼戦後70年の安倍談話の評価は割れた。アメリカ政治外交史が専門の西崎文子(ふみこ)・東大教授は、「安全運転」の結果と読み解く。「過去の首相談話から大きく逸脱しなかったのは、安倍政権の安保政策や歴史認識に不安をいだく『国民世論』を無視できなくなったから」「違憲」の安保法案に反対する若者の声が高まる。憲法学者の樋口陽一さんは彼らに希望を見る。「一人ひとりが自分の考えで連帯する、まさに現憲法がうたう個人の尊厳のありようです。憲法が身についている、ということです」。民意の力の見せどころが続く。


(2015年8月31日の「天声人語」)

「まさに現憲法がうたう個人の尊厳のありようです」だと?
「民意の力の見せどころが続く」だと?
ほ~、そうか。
翌日の「天声人語」はこれだ。


アリという生きものからイメージするのは、律義な働き者である。勤勉の代名詞といっていい。昭和の大家だった俳人加藤楸邨(しゅうそん)は〈日本にこの生(き)まじめな蟻(あり)の顔〉と詠んだ。作者の日本人観であり、ユーモラスな自画像でもあろう▼ところで、アリの大敵にアリジゴクがいる。砂地などにすり鉢状の巣を掘って潜み、落ちてくるのを捕食する。巣は砂が崩れないぎりぎりの角度に作られていて、アリが脚を踏み入れると崩れるそうだ▼小さな働き者がころがり落ちる図は哀れだが、それが虫の話だとも思えなくなってきた。この国の借金は1千兆円を超えている。それに加えて、各省庁の来年度予算の概算要求は102兆円台で、過去最大になるという。「ぎりぎりの角度」に近づいてはいないのだろうか▼先進国中最悪の水準といわれ、国民1人がすでに約830万円もの借財を背負っている計算になる。今日をしのぐ借金を子や孫の世代の暮らしを質草にして重ねている格好だが、このままではいずれ限界はやってこよう▼国債の暴落や超インフレを懸念する声は常にあって、そうなれば国民生活は破綻(はたん)しかねない。「生まじめな蟻」と思っていた自画像は崩れて、砂の穴底へころがり落ちることになる▼「それ世の中に借銀(かりぎん)の利息程おそろしき物はなし」と井原西鶴は「日本永代蔵」で言う。このリアリストなら、何とかなるだろうという根拠のない楽観をきつく叱るに違いない。様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬはずと。


(2015年9月1日の「天声人語」)

「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」が「まさに安保法制反対デモがうたう個人の尊厳のありようです」

「痛み分け」とは、言うまでも無く、消費税増税。
消費税は社会的弱者・強者の区別無く課される。
2012年11月12日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞社員は平均年収1300万円で、4月28日の投稿で紹介したとおり、「1%の富裕層」
「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」と言い放つ「天声人語」執筆者はもっと高給取り。
痛くも痒くも無い。
己ら「1%の富裕層」の「生活」と社会的弱者の「生活」を区別せずに、「国民生活」と一括(ひとくくり)にしてるけど、消費税増税で痛むのは社会的弱者だけ。

しかも、社会的弱者は少数、ではない。
格差が拡大し、今や多くの国民が困窮している状態。
だから、「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」 → 「そうなれば国民生活は破綻しかねない」
「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」とは、すなわち、国民を痛めつけろ!、ということ。
その証拠に、2012年11月17日の投稿で採り上げた邪説は「国民に痛みを強いることを避けて通れない」と言い放ったんだね。
「今日をしのぐ借金を子や孫の世代の暮らしを質草にして重ねている格好だが」と喚き立てるのは、格差の問題から目を逸らすための卑劣な欺瞞にすぎない。

「民意の力の見せどころ」と言うのなら、消費税増税を阻止するのも「民意の力の見せどころ」のはずだけど、「民意の力の見せどころが続く」と囃し立てた翌日に、「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬはず」と喚いたということは、「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」が「民意の力の見せどころ」、ということ。
2012年8月12日の投稿で紹介したとおり、夷罠深は「消費増税にしても一体改革とだったら何とか容認しようという、かなり発達した民意」と言い切った。)
痛みに耐え忍べ!、それが「民意の力の見せどころ」だ!、ということ。
痛みに耐え切れない弱虫は死ね!、「それが個人の尊厳のありようです」、ということ。
これが安保法案反対デモの正体。

それは朝鮮日刊新聞だけですぅぅぅ~、などという言い逃れが通用すると思うなよ!


【安保法制】国会前集会発言集(1)「安倍は人間じゃない。たたき斬ってやる」山口二郎法政大教授
2015.8.31 17:27
安全保障関連法案に反対する市民団体が主催した8月30日の国会周辺の集会には、民主党の岡田克也代表ら野党幹部のほか、法政大の山口二郎教授や音楽家の坂本龍一氏、学生団体「SEALDs(シールズ)」のメンバーらが参加し、安倍晋三首相を「安倍」と呼び捨てにしながら、「戦争法案反対」「安倍政権打倒」などと訴えた。主な発言は次の通り。

山口二郎法政大教授
「安倍首相は安保法制、国民の生命と安全のためと言っているが、こんなものは本当に嘘っぱち。まさに生来の詐欺師が誠実をかたどったものだ。安倍政権は国民の生命、安全なんて、これっぽっちも考えていない。その証拠に先週、(東京電力)福島(第1)原発事故の被災者に対する支援を縮小する閣議決定した。線量が下がったから、もう帰れ。本当に人でなしの所業だ。
昔、時代劇で萬屋錦之介が悪者を斬首するとき、『たたき斬ってやる』と叫んだ。私も同じ気持ち。もちろん、暴力をするわけにはいかないが、安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる! 民主主義の仕組みを使ってたたき斬ろう。たたきのめそう。われわれの行動は確実に与党の政治家を圧迫し、縛っている。与党がやりたいこと、次から次へと先送りして、この戦争法案に最後の望みをかけているが、われわれも力でこの安倍政権のたくらみを粉砕し、安倍政権の退陣を勝ち取るために、今日の2倍、3倍の力で一層戦いを進めていこうではないか」


(産経ニュース)

山口組チンピラ二郎は何してたかな?


菅元首相「復活に期待する会」発足へ 呼びかけ人に党「ご意見番」の山口教授も
2014.10.15
菅直人元首相の後援組織による政治資金パーティー「菅直人の復活に期待する会」が11月25日に都内のホテルで開催される。政治団体「菅直人を応援する会」によると、首相退任後初のパーティーで、ライフワークの反原発の展望などについて語るという。
菅氏の「復活」にある党幹部は「もう少し静かにしてくれればいいのに…」とぼやいた。
「期待する会」の呼びかけ人には、山口二郎法政大教授らが名を連ねていることも判明した。山口氏は、党改革創生本部(本部長・海江田万里代表)の下に設置された「党改革創生会議」の議長代行を務める党再生の「ご意見番」。菅氏は、野党転落後に党員資格停止や幹事長注意を受けているだけに、海江田氏は顔に泥を塗られた格好となった。


(ZAKZAK)

消費税増税への道を切り開いたのは、他ならぬ、チョンコロ韓直人。
2012年7月21日の投稿で紹介したとおり、「『消費税はYES、原発はNO!』という政治姿勢を打ち出すことだ」と言い放ったんだね。
「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」を「民意の力の見せどころ」にするためのデモにすぎないことは明らかだな。
しかも、TPP参加への道を切り開いたのもチョンコロ韓直人。
7月19日の投稿で指摘したけど、安保法案反対デモの目的の一つはTPP推進。
実際、「過去の首相談話から大きく逸脱しなかったのは」、米国の意向を「無視できなくなったから」にすぎないのに、それを「『国民世論』を無視できなくなったから」と言い立てるのは、米国の要求であるTPP参加を「国民世論」にしてしまうため。
けど、7月29日の投稿で指摘したとおり、TPPこそ戦争への道。
「戦争させない」と嘯いてるけど、実は、戦争への道が「民意の力の見せどころ」。
これが安保法案反対デモの正体。
「(安保法案に反対するのは)国民の生命と安全のためと言っているが、こんなものは本当に嘘っぱち」

2013年7月6日の投稿で指摘したとおり、電力自由化はTPPと表裏一体。
電力自由化への道を切り開いたのもチョンコロ韓直人。
2013年2月27日の投稿で紹介したとおり、電力自由化も米国の要求。
安保法案は米国の戦争に手を課すことになるんですぅぅぅ~、と泣き喚きながら、その実は、米国の意向に沿って電力自由化を推進。
「『原発ゼロ』が終わった。前茨城県東海村長の村上達也さんは川内原発再稼働を批判する。福島の事故を忘れたのか」と喚いてるけど、電力自由化は脱原発を阻害するだけ。
それを尻目に、固定価格買い取り制度でチョンコロ孫不正義らが利を貪るだけ。
その固定価格買取を推し進めたのもチョンコロ韓直人。
2013年9月25日の投稿で紹介したとおり、チョンコロ韓直人はチョンコロ孫不正義とがっちり握手。
消費税増税で「痛み分け」を強要するのみならず、再生エネ+電力自由化で原発事故収束・廃炉を阻害し、その結果、国土は汚染し、国民は被曝し続けることになる。
「(安保法案に反対するのは)国民の生命と安全のためと言っているが、こんなものは本当に嘘っぱち」

実は何も考えていない、何も理解していないブタどもを「憲法が身についている、ということです」と煽(おだ)て上げて、翼賛デモを組織し、権力の意向を「民意の力の見せどころ」にする。
これが「一人ひとりが自分の考えで連帯する」の正体。

チョンコロ韓直人が端緒を開いてくれたおかげで、安倍のチョンカスが消費税増税、TPP参加、電力自由化に邁進できたんだね。
つまり、チョンコロ韓直人から安倍のチョンカスにバトンタッチしただけ。

アベ政治を許さない = 消費税増税凍結を許さない
アベ政治を許さない = TPP不参加は許さない
アベ政治を許さない = 電力自由化骨抜きを許さない
アベ政治を許さない = 固定価格買取を縮小して国民負担を減らすのは許さない
アベ政治を許さない = 「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」

「安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる! 民主主義の仕組みを使ってたたき斬ろう。たたきのめそう」と嘯くのは、「まさに生来の詐欺師が誠実をかたどったものだ」

「その証拠に先週、(東京電力)福島(第1)原発事故の被災者に対する支援を縮小する閣議決定した。線量が下がったから、もう帰れ。本当に人でなしの所業だ」と喚いてるけど、原発事故を引き起こしたのもチョンコロ韓直人。
2012年1月29日の投稿で採り上げた2011年6月2日の朝鮮日刊新聞邪説は「自民党がこれみよがしに攻め立てることへの違和感をぬぐえない。情報公開への消極姿勢も危機管理の甘さも、自民党政権でも指摘されてきたことだ。国策として原子力発電を進めたのも自民党だった」と、つまり、原発を推進してきたのは自民党だ、自民党が悪い~~~、と泣き叫んでたけど、それは卑劣極まる責任転嫁にすぎない。
「情報公開への消極姿勢も危機管理の甘さも、自民党政権でも指摘されてきたこと」を批判して政権を奪ったのだから、民主党が福島第1原発を止めねばならなかった。
止めなかったから事故が起こった。
もちろん、政権をとったからと言って、多くの制度や法律は一朝一夕では変えられないけど、既に事故隠しも発覚していたのだから、福島第1原発は直ぐにでも止められた。
その証拠に、福島第1原発事故後には、パフォーマンスで浜岡原発を止めさせた(それすらも米国からの指令だが)のだから、福島第1原発を止めなかったのは言い訳にならない。
しかも、4月23日の投稿で採り上げた「教えて!温暖化対策」の5回目が「これまでの政府の温室効果ガス削減目標は、原発の現実離れした建設計画の影響を受けてきた。京都議定書を受けた98年の地球温暖化対策推進大綱は『10年までに原発20基新設』に基づいていた。00年以降に設置許可が出た原発は4基だけだが、民主党政権の『20年に温室効果ガス90年比25%減』も『20年に9基、30年に14基以上新増設』が前提だった」と書いていたとおり、「国策として原子力発電を進めたのも自民党だった」どころか、「自民党以上に国策として原子力発電を進めたのは民主党だった」のだから、チョンコロ韓直人政権下で起こった福島第1原発事故の責任はチョンコロ韓直人が負わねばならない。
如何なる事故も、自然災害でさえも、時の政権が責任を負う。
それが憲政の常識。
だからこそ、国民は民主党にノーを突きつけ、原発事故の主犯であるチョンコロ韓直人は落選した。
チョンコロ韓直人が落選したのは、国民に「憲法が身についている、ということです」
(比例で復活したけど、それは国民を愚弄し、憲法を愚弄する以外の何物でもない!樋口陽一とかいう憲法学者は「憲法が身についていない、ということです」)
ところが、安倍こべに「菅直人の復活に期待する」
「山口に言いたい。お前は人間じゃない!」
お前は正真正銘の外道、山口組チンピラ二郎だ!

確かに、山口組チンピラ二郎は「人間じゃない」けど、共産党は消費税増税にも、TPPにも反対しているじゃないですカァ~、カァ~、カァ~、と鳴き喚いてもダメ!
消費税増税・TPPを推進する連中と行動を共にすれば、「現憲法がうたう個人の尊厳」「民意の力の見せどころ」という基本的価値観を共有することになる。
「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」と言い放つ連中が「現憲法がうたう個人の尊厳」を尊重している、と認めることになる。
「現憲法がうたう個人の尊厳」を守るために「様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ」ということになる。
そうなれば、消費税増税・TPPを止めることはもはや不可能。
「『様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬ』と言い放つ連中に言いたい。お前らは人間じゃない! たたき斬ってやる! 民主主義の仕組みを使ってたたき斬ろう。たたきのめそう」と言わない限り、消費税増税・TPPを阻止できないんだ、つ~の!

しかも、コチラを見れば分かるとおり、共産党も電力自由化に賛同した。
電力自由化は新自由主義の所産。
電力自由化に賛同する共産党は、実のところ、新自由主義協賛党。
それに関して、おもしろいブログを見つけたので紹介しよう。


自民党(皇国史観新自由主義政党)と社民党(無政府主義政党)が「脱原発には電力の自由化、なかでも、発送電の分離が不可欠だ」と主張している。
だが、電力の自由化は新自由主義政策である。
当然、発送電の分離もそうである。
・・・中略・・・
自民党(皇国史観新自由主義政党)と社民党(無政府主義政党)は「電力の自由化を行わない限り、電力各社は再生可能エネルギーへの転換を行わない」と言うが、そのように言い切る根拠は何処にあるというのか?
自民党(皇国史観新自由主義政党)と社民党(無政府主義政党)らは、「電力の自由化を伴わない既存の法律と制度の中では電力各社が再生可能エネルギーへの転換を行わない」と言うが、では、電力の自由化を伴わない法律改正と制度改革のもとに、行政指導や許認可権限の拡充によって、電力各社が「再生可能エネルギーへの転換」を行うように方向付けすることは不可能だというのか?
・・・中略・・・
驚くがよい!電力の自由化を主張する自民党(皇国史観新自由主義政党)と社民党の(無政府主義政党)らは、それに答える根拠を喪失しているのだ!
繰り返そう。
電力の自由化は新自由主義政策である。
そして、電力各社の再生可能エネルギーへの転換に、電力の自由化という新自由主義政策は不必要である。


(電力各社と電力の自由化「再生可能エネルギーへの転換は新自由主義政策を必要とするのか?」より)

私めは再生エネを否定してるけど、2011年8月18日の投稿8月26日の投稿10月31日の投稿2012年3月20日の投稿4月18日の投稿6月2日の投稿7月5日の投稿7月31日の投稿9月10日の投稿2013年7月6日の投稿9月23日の投稿9月27日の投稿昨年1月12日の投稿5月4日の投稿、そして、今年6月5日の投稿で、再生エネを普及させたいのなら、再生可能エネルギーに依る発電を何年以内に何%にすることを電力会社に義務づければいいだけ、法的に発送電分離を強制できるのなら、再生可能エネルギーを強制できないはずがない、と言い続けてきたわけだから、その点では共通してるな。
おもしろいねえ。
だってさ、これ書いてる人、「日本共産党員」と名乗ってるんだよ。
共産党幹部は隠れネオリベなんだね。

「驚くがよい!電力の自由化を主張する共産党(反皇国史観新自由主義政党)は、それに答える根拠を喪失しているのだ!」

安保法案反対デモの正体は明らかだろ。
「お前は人間じゃない! たたき斬ってやる!」だと?
お前らブタは屠殺場に送り込んでやる!
有難く思え!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。