気候ネットワークが「人や自然を傷つける電気を使いたい」と狂騒曲

モーツァルト「ピアノ協奏曲第25番」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

「若宮戸再生不可能エネルギー」の件だけど、日経テクノロジーが現場の状況を詳しく報じているので、保存しておこうかね。


鬼怒川の氾濫で太陽光設備が浸水、建設時の工事に問題視も
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2015/9/13 14:20

2015091401
川の水が流れ込んだ鬼怒川沿いの太陽光発電所
手前が低圧連系の太陽光発電所、奥が出力1.8MWのメガソーラー。9月12日午後に撮影

関東や東北では9月10日、台風18号の影響による記録的な豪雨が続き、茨城県常総市では、鬼怒川の堤防が決壊したり、堤防を越えて川の水が溢れ出る「越水」による被害が生じた。
堤防の決壊や越水は、常総市内で数カ所に及んだ。溢れ出た場所のうちの1カ所は、鬼怒川の東側に位置する若宮戸地区にある、太陽光発電所に隣接する川岸だった。
水没した部分もある。

2015091402
手前のメガソーラーのアレイは倒壊して水没している。9月12日午後に撮影

太陽光発電所や周辺の土地だけでなく、近隣の地域に水が流れ込んだ。太陽光発電設備は、水没・浸水した。
この太陽光発電所に関して、元々、自然堤防の役割を担っていた丘陵部を、太陽光発電所の施工時に切り崩したことが、今回、越水を引き起こした要因の一つとなった可能性があると、複数の一般メディアが報じている。
人工の堤防がない場所のため、自然堤防を削ったことによる洪水の危険性を、周辺住民が通報したり、市議会などで指摘されていたとしている。これに対し、削られた部分に土囊を積み上げて処置していた。

2015091403
丘陵による自然堤防を削って施工
右奥に断面が見える丘が本来の高さ。手前左から続く、自然堤防を削って土嚢を積んだ部分と、周囲の自然堤防の高さは大きく異なる。9月12日午後に撮影

自然堤防の役割を担っていた丘陵部は、太陽光発電所の西側にあたる場所で、約150mにわたり、高さ約2m削られていた。現地で見ると、掘削後に積んだ土嚢と、周囲の自然堤防の高さの差は、相当に大きい。
鬼怒川の水が溢れ出た後の2日間、晴れの日が続いたこともあり、12日午後には、この太陽光発電所では、水没・浸水したままの場所は、一部に縮小していた。
太陽光パネルは、隣り合う形で大きく二つのエリアに設置されていた。
一つは、川に近い西側で、出力50kW弱の三つの太陽光発電所が低圧連系している。土地区分や連系設備の状況から、いわゆる「低圧分割案件」の可能性もある。
もう一つは、川から遠い東側で、高圧連系した出力1.8MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)である。

フェンスからパネルまで、基礎ごと押し流されて倒壊

2015091404
低圧連系の太陽光発電所は、ほぼすべての設備が倒壊
フェンスから太陽光パネルまで、基礎ごと元の位置から流されている。フレームだけが架台に残り、カバーガラスやセル、バックシートが引き剥がされているパネルも多い。9月12日午後に撮影

鬼怒川により近いこともあって、低圧連系した太陽光発電所は、フェンスから太陽光パネルまで、あらかた基礎ごと地面から押し流され、倒壊していた。3本ある低圧連系用の電柱のうち1本も傾いていた。
基礎は、コンクリート2次製品による置き基礎と見られる。太陽光パネルは、ソーラーフロンティア製である。

2015091405
泥や草木と太陽光発電システム、防草シートまで一体となって倒壊
濁流の凄まじさを物語る。9月12日午後に撮影

太陽光パネルは、架台に固定されたまま元の位置から流されているものが多い。一部は、架台から外れていたり、フレームだけが架台上に残っていたりした。
川から溢れた水は、土砂や草木を巻き込んで流れてくるため、架台やパネル、フェンスなどには泥や草木がこびり付いており、濁流の凄まじさを物語る。

2015091406
メガソーラー側には原形をとどめているアレイも
低圧連系の発電所よりも、川から遠い位置にある。9月12日午後に撮影

一方、メガソーラーは、設置範囲が広いこともあり、場所によって損壊の程度は異なっている。
川に近い西側では、低圧連系の太陽光発電所と同じように、フェンスから太陽光パネルまで、倒壊している設備がほとんどだった。
しかし、それ以外の場所では、水没や浸水の被害を受け、泥に埋まり草木が付着しているものの、ほとんどのパネルは架台に固定され、原型をとどめているように見える。
メガソーラーの基礎は、スクリュー杭を採用しているとみられる。太陽光パネルはカナディアン・ソーラー製だった。


(日経テクノロジーonline)

温暖化信者の左翼脱原発派は、若宮戸の水害は太陽光発電自体の問題じゃありまシェ~~~ン・ソーラーパネル・カム・バッ~~~ク、と泣き喚くだろうけど、それは破廉恥で卑劣極まる言い逃れ以外の何物でもねえ。
2012年11月12日の投稿で紹介したとおり、利用されずに残っている干拓地にメガソーラーを建設し、また、7月17日の投稿で紹介したとおり、閉鎖されたゴルフ場にもメガソーラーを建設し、有効利用と嘯いてるけど、自然を破壊して造成された干拓地やゴルフ場を利用するということは、太陽光発電は自然破壊を前提にしている、ということだろ。

昨年9月19日の投稿で紹介したとおり、頭狂新聞は、ゴルフ場に敷き詰められた太陽光パネルを指して、「日差しを浴びてきらめくさまは、小さな湖のようだ」と囃し立ててたけど、朝鮮日刊新聞もこんなこと書いてる。


ゴルフ場跡埋め尽くす太陽光パネル 原発事故で閉鎖
2015年8月21日15時52分
空から見ると、豊かな水をたたえた棚田のように見えるのは、今年3月に発電を開始した福島県須賀川市の「サニーソーラー福島中央発電所」の太陽光パネル群。
ゴルフ人口の減少や、東京電力福島第一原発の事故が追い打ちとなって閉鎖したゴルフ場を再活用した発電施設。日照時間を長く確保できる山の上の好立地にあり、およそ10万5千枚のパネルで一般家庭なら1日当たり約8千世帯分の発電量が見込めるという。
ゴルフ場跡地の利用は、1カ所の面積は約100ヘクタールあるとされ、事業者にとってはまとまった土地を確保でき、新たな造成や開発が少なくてすむ利点がある。日本ゴルフ場経営者協会(東京都千代田区)によると、今年3月末で全国110カ所余りで計画があり、すでに約60カ所が発電所に転用されたという。(仙波理)

2015091407
ゴルフ場跡地にできた「サニーソーラー福島中央発電所」=福島県須賀川市、朝日新聞社ヘリから、仙波理撮影


(朝日新聞デジタル)

「豊かな水をたたえた棚田のように見える」と囃し立ててるけど、放射性物質で汚染されたからメガソーラ、ということは、核汚染を前提にしたメガソーラー、ということに他ならないんだね。
温暖化信者の左翼脱原発派の目には、核汚染が「豊かな水をたたえた棚田のように見える」んだよ。
自然破壊を前提にした太陽光発電、という真実を物の見事に露呈してるな。

若宮戸の自然堤防はソーラーパネル設置以前から削られていたらしい。


【鬼怒川堤防決壊】ソーラーパネル設置が影響の”人災”か
2015年9月12日 10時00分
決壊した常総市の鬼怒川の堤防付近は、地元で最も危ないと言われ続けた場所だった。
常総市議会会議録などによると「堤防のない部分が1キロメートルあった」。だが、民有地部分は買収しなければ堤防建設ができず、手がつけられていなかった。さらに、決壊した場所に近い地域では昨年3月、民間の太陽光発電事業者がソーラーパネル設置のため、自然の丘陵部を幅約150メートル、高さ約2メートルにわたって掘削していたことも判明した。
この件はすでに常総市議会で問題視されており、国土交通省へ要望を出している最中だった。国土交通省広報課によると「常総市からの要請に伴い、あくまで一時的な措置として(業者側が)昨年7月に土のうを設置。土のうは2段で、高さ2メートルほどだった」という。
その後、11月にも市から堤防設置の訴えがあったが、こちらはまだ着手されていなかった。
国土交通省の担当者は「下流の方が水量が多いため、通常堤防は順次下流から整備していく。鬼怒川については筑西市、結城市の一部など他にも無堤箇所があり、そちらを優先的に進めている最中だった」と語った。
常総市では2001年に堤防計画ができたが、06年に石下町が常総市に合併する過程でうやむやになってしまったという。以来、若宮戸地区の堤防の必要性を訴えてきた風野芳之常総市議会議長(72)はこう語る。
「この一帯は、もともと無堤地帯が960メートルも続いていて、いつ川があふれるかという状態だった。私が子供のころまでは高さ30メートルほどの山があったが、良質の砂が取れるということで山を切り崩してしまった。これまでにも決壊こそなかったものの、3~4年前にも河川があふれて近隣のニワトリ小屋が浸水した。それでもまだ丘というか、丘陵は残っていたが、それが今回の(ソーラーパネル設置の)件でいじっちゃったものだから…。当時の市長と一緒に何度も書類を送りましたよ」
この部分が決壊しなくとも、観測史上1位の降水量を記録した大雨だけに、別の部分から川があふれていた可能性もあるが…。


(東スポ)

だから水害は太陽光発電が原因じゃない、のではなくて、若宮戸の水害は太陽光発電が自然破壊を前提にしているという真実をハッキリと示しているんだよ。

しかも、昨年6月17日の投稿9月1日の投稿11月20日の投稿今年7月17日の投稿、そして、8月10日の投稿で指摘したとおり、太陽光発電は積極的に自然を破壊しているんだね。
(家族から聞いた話だけど、太陽光発電で八ヶ岳の美しい風景が失われつつあり、訪れた観光客も怒っていると、テレビ番組で報じていたらしい。そのうち、観光客も来なくなり、ホテルも倒産して、太陽光発電パネルで埋め尽くされ、災害が起こって、荒野になっちまうんじゃねえか。)
自然を破壊したら水害が起こるのは理の当然。
若宮戸の水害は再生エネ=環境破壊という真実の必然的帰結だ、つ~の!

にもかかわらず、気候ネットワークはこんなことほざいてやがる。

「人や自然を傷つける電気は使いたくない」だと?
真心からそう思っているのなら、少なくとも、若宮戸の再エネ業者を激しく批判するはず。
ところが、頬かむりを決め込んでる。
他の地域で太陽光発電が自然を破壊しているのを批判したこともない。
前回の投稿で紹介したとおり、気候ネットワークのブスは「ドイツでも数年前に新設された石炭火力が、再生エネの飛躍で資産価値を失っています。世界の動きを見ていないのか、政府がついているから大丈夫だと思うのか」と喚き立てたけど、5月14日の投稿で紹介したとおり、ドイツでは「再エネ発電施設の建設にあたり森林などの伐採を行えば、その6倍の植林を行うことを義務付けている」のに、それには知らぬ顔の半兵衛を決め込んでる。
「人や自然を傷つける電気は使いたくない」が醜悪な欺瞞にすぎないことは明らかだろ。
若宮戸の件で、再生エネが「人や自然を傷つける電気」に他ならないことが露呈してしまったので、誤魔化そうとしてるんだね。

人や自然を傷つける気候ネットワークは解散しやがれ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。