安保法案反対デモが「世界は着実に温暖化が進んでいるように見える」と杞憂曲

モーツァルト「ディヴェルティメント(嬉遊曲)KV138」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

性懲りもなく、人殺し左翼が今年も企ててるぞ。


温暖化回避、パリから再出発 朝日地球環境フォーラム2015
2015年9月16日05時00分
国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)は11月末からパリで開かれ、
新たな温暖化対策の国際的な枠組みを決める。
京都議定書の発効から10年。「パリ合意」で、脱炭素社会への道筋は描けるのか。
10月1、2日の「朝日地球環境フォーラム2015」では、
各分野の専門家が地球の将来を語り合…

2015091801
温暖化対策をめぐる国際交渉<グラフィック・甲斐規裕>


(朝日新聞デジタル)

で、紙面ではこの記事の下でこんなこと書いてる。

2015091701
図1 2015年9月16日の朝鮮日刊新聞朝刊紙面より

8月7日の投稿で紹介したとおり、NOAA・NCEPと人工衛星の観測(RSS)に依れば、「今年7月、世界の平均気温は過去最高ではなかった」
8月22日の投稿8月26日の投稿で説明したとおり、「今年7月、世界の平均気温は過去最高だった」はでっち上げ。
IPCC第5次報告書の市民向け要約」の[注12]で解説しているとおり、RSSからENSOを取り除けば、1993年から気温上昇は停滞しているんだね。

確かに「東京では過去最長の8日連続となった」けど、その後は気温が下がりっぱなし。

2015091802
図2 「8月の天候 上旬は猛暑 下旬ヒンヤリ」より

2月23日の投稿で指摘したとおり、都市化の影響を除けば、東京では半世紀以上も気温は上昇していない。
人為的排出CO2に因るはずの温暖化は観測されていないんだね。
それなのに、「科学の予想通り、世界は着実に温暖化が進んでいるように見える」だと!
2013年12月8日の投稿で紹介したとおり、「知る権利を取り戻せ」と泣き叫んでたくせに、安倍こべに国民を騙そうとしてるんだね。

って言うと、「海面水位は92年以降で約8㌢上昇した」と泣き喚くわけだけど、8月29日の投稿9月9日の投稿で説明したとおり、それには自然要因とCO2以外の人為的要因が大きく、人為的排出CO2の影響は弱い。
それでも懲りずに、尚も、こんなこと喚いてやがるけど。


朝日地球環境フォーラム2015
2015年9月16日05時00分
■1日目(全体討論) 開会13:00 テーマ「脱炭素社会へ向けて/パリ合意への期待」
2大経済大国の米国と中国が協力する姿勢を示していることから、パリ合意への期待が高まっています。米中は脱炭素社会への道筋を歩むのか、フランス、日本からの意見も交え議論します。

2015091803
人気リゾート、フィリピン・ボラカイ島。砂浜は海岸浸食の危機にある


(朝日新聞デジタル)

フィジーの嘘がばれ、タロ島の嘘がばれ、キリバスの嘘がばれ、トンガの嘘がばれたら、今度はフィリピン・ボラカイ島。
じゃあ、ボラカイ島が目の前に見えるパナイ島マライ(MALAY)の潮位計の記録を見てみるか。

2015091804
図3 「Permanent Service for Mean Sae Level」より

なんだよ、殆ど記録が無いじゃん。
2011年(12月が欠損)から2013年4月まで。
こんなんで、「(人為的温暖化に因る海面上昇で)砂浜は海岸浸食の危機にある」と言えるはずねえだろ!
「ボラカイ島の砂浜は海岸浸食の危機にある」は「法螺かい」?

フィリピンでまともに記録が残ってるのはマニラだけ。
というわけで、マニラの潮位計の記録を見てみると。

2015091805
図4 「Permanent Service for Mean Sae Level」より

8月29日の投稿で紹介したとおり、NASAが「未来の海面上昇、100センチは不可避」と喚き立ててたけど、1900年以降、マニラでは既に1m近く潮位が上昇してる!

くわっ!
たいへんだ!
これは温暖化ですぅぅぅぅぅ~~~~~!
私めが間違ってました。
ごめんなさい。

な~ん、ちゃって。

2015091806
図5 「Disasters,30(2006)118」より

マニラの著しい潮位上昇は地下水の汲み上げによる地盤沈下が原因でした。

上でも述べたとおり、ボラカイ島はパナイ島マライの目の前にあり、その間の海峡は非常に狭い。
さらに、周辺海域はボラカイ島とパナイ島以外にも大小の島々が散在しているから、瀬戸内海と同じで、潮の流れが強いと思われる。
しかも、図3を見ると、1年間の潮位の変動が大きい。
「人気リゾート」らしいから、港の拡張などで海外線を少しいじるだけでも、潮の流れが変化してしまう。
それが「砂浜は海岸浸食の危機にある」原因。

9月9日の投稿でも指摘したけど、上の記事は左翼自身が安保法案で批判してきた政府の態度そのものだろ。
「違憲法案」と泣き喚いてるけど、都合の悪いデータには頬かむりを決め込んで「今年7月、世界の平均気温は過去最高だった」だの、データの一部分だけを切り出して「東京では過去最長の8日連続となった」だの、データの表面だけを見て「海面水位は92年以降で約8㌢上昇した」だのと喚き散らした挙句に、「科学の予想通り、世界は着実に温暖化が進んでいるように見える」と言い張るのは、安保法案を合憲と言い張るのと全く同じ。
(左翼リベラルは、「科学の予想通り、世界は着実に温暖化が進んでいるように見える」は大多数の気候学者が同意していることで、大多数の憲法学者も安保法案を違憲と断じている、と言い立てるだろうけど、7月29日の投稿で指摘したとおり、その憲法学者の誰一人として小泉チョン一郎の郵政解散を違憲と断じなかったのだから、その連中は江守正多と同レベルの阿呆。昨年2月2日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎は「例えば、1000人の気候科学の専門家が合意している状況で、1人の専門外の方が異論を唱えた時、はたして新聞はとりあげるべきでしょうか」と泣き喚いてたけど、10が一つでも10、ゼロは1000足してもゼロ。数は問題じゃない。数を問題にするのは「赤信号みんなで渡れば怖くない」と同じであり、それなら、与党の強行採決も正当化できる。「科学の予想通り、世界は着実に温暖化が進んでいるように見える」と言い張るのは、安保法案反対が欺瞞にすぎないことを露呈してるんだね。)

9月9日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「将来世代も含め、人々の命と暮らしを守る。そんな長期的な視点で、各国が合意のために一層の努力をすべきである」と喚き立ててたけど、「科学」を騙りながら、「科学が求める深刻な影響を回避」だの、「科学をベースにした国際的な合意」だのと言い立てて、「人々の命と暮らしを守る」と嘯くのは、これと全く同じ。


安保法案が参議院特別委で可決、与党は週内成立目指す
2015年9月17日 17:45 JST
安全保障の関連法案は17日午後、参議院特別委員会で採決が行われ、与党などの賛成多数で可決した。同日に参議院本会議が開かれる見通しで、与党は週内の成立を目指す。民主党など主要野党は参議院で安倍晋三首相に対する問責決議案、衆議院で内閣不信任決議案などを提出して抗戦する構え。
与党側筆頭理事の自民党の佐藤正久氏は可決後、「この法案は国民の命と幸せな暮らしを守るための絶対に必要な法案という思いで、与党一丸となって今回の可決になった。本会議でしっかり成立させる」と語った。
もともと16日夕方に始まる予定だった特別委員会は、17日も混乱した。議論は尽きていないとして審議継続を求める主要野党は、特別委員会で締めくくりの総括質疑を開くことに反発。この日午前に開会を宣言した鴻池祥肇委員長に対し、不信任動議を提出した。
委員会は動議の否決後、すぐに採決を行った。与野党の議員が入り乱れて委員長席に詰め寄る中、法案は賛成多数で可決された。
野党側の理事を務める民主党の福山哲郎氏は「可決はされていない。暴力的な採決が無効だと強く主張する」と語った。


(ロイター)

6月17日の投稿で指摘したけど、この「朝日地球環境フォーラム」の大スポンサーはトヨタ。
「科学の予想通り、世界は着実に温暖化が進んでいるように見える」と喚き立て、「だが、悲観することばかりではないだろう」と、市民を脅し賺(すか)した挙句に、「97年にトヨタ自動車が量産した初のハイブリッド車はこの7月、世界類型で800万台を突破した」とトヨタ礼賛。
実は市民を全く見ていないくせに、「人々の命と暮らしを守る」と嘯くのも安保法案と同じ。
しかも、6月18日の投稿で紹介したとおり、国民の大半は「(温暖化対策は)生活の質を脅かす」と考えているのに、「エネルギーも、交通も、ライフスタイルも、すでに温暖化する地球を無視しては成り立たない。そんな世界に私たちは生きている。世界を脱炭素に社会に向かわせるのは、市民や企業の行動だ」と喚き散らす。
(しっかし、このプロパガンダはゲッベルスも顔負けだな。)
民意を全く顧みないのも安保法案と同じ。

朝鮮日刊新聞だけじゃねえ。
9月2日の投稿でも指摘したけど、安保法案に反対している連中は、すなわち、再生エネ+電力自由化を煽り立てている連中。
7月9日の投稿8月16日の投稿で指摘したとおり、石炭火力があれば脱原発は実現できるにもかかわらず、再生エネ+電力自由化を煽り立てるのは、温暖化プロパガンダに根ざしているわけだから、安保法案に反対している連中は、すなわち、温暖化信者。
実際、環境NPOと安保法案は何の関係も無いのに、気候ネットワークも「安全保障関連法案(安保法案)に反対する環境NGO共同声明」を出してる。
(安保法案に反対する声明を出しても、消費税増税、TPP、マイナンバーに反対する声明は出さない。消費税増税、TPP、マイナンバーを後押しするための安保法案反対に他ならないことが、ここでも分かる。)
2013年12月5日の投稿で紹介したとおり、気候ネットワークの鬼婆も「結局被害を受けるのは私たち国民なのです」と喚いてたけど、それは佐藤正久の台詞と全く同じ。

しかも、現実に「人々の命と暮らし」を奪っているのは、温暖化を煽り立て安保法案に反対している左翼リベラルの方。
9月11日の投稿9月12日の投稿、そして、9月14日の投稿で紹介したとおり、「ほぼゼロだった太陽光発電も1億8千万㌔ワットになった」と喚き立てた結果、大水害を招いてしまったんだね。
6月29日の投稿7月1日の投稿、そして、8月13日の投稿で指摘したとおり、再生エネ+電力自由化は原発事故収束を阻害するだけなのに、「京都議定書が採択された97年、800万㌔ワット以下だった世界の風力発電は、14年に3億7千万㌔ワットになり、原発と肩を並べた。ほぼゼロだった太陽光発電も1億8千万㌔ワットになった」と煽り立て、昨年4月1日の投稿5月7日の投稿11月26日の投稿今年6月23日の投稿、そして、9月14日の投稿で紹介したとおり、福島県民を騙して、「人々の命と暮らし」を奪っている。
昨年8月2日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「原発被災地となった福島県南相馬市では、太陽光発電所とそこでできた電力を使った植物工場を運営しながら、子どもたちが体験学習できる場がある。代表理事の半谷栄寿さんは地元出身で東京電力の元役員。事故の反省から事業を起こした。目標とするのは電気の仕組みや活用法の学習を通じて『自分で考え行動する』人材を育てることだという」と囃し立ててたけど、そいつも「朝日地球環境フォーラム2015」に招かれてる。)

温暖化を煽り立て安保法案に反対している左翼が「東京では過去最長の8日連続となった」と喚き立てる理由は、上で述べたとおり、一つには、データの一部分だけを切り出して、「科学の予想通り、世界は着実に温暖化が進んでいるように見える」と煽り立てるためだけど、もう一つの理由は東京オリンピックを正当化すること。

2015091807

4月19日の投稿で採り上げた「教えて!温暖化対策」の第3回でも「7日、都内で開かれた20年の東京五輪・パラリンピックの環境負荷低減を考えるシンポジウム。山本良一・東京大名誉教授は声に力を込めた。『日本には世界に冠たる環境技術がいくらでもある。ないのは志だ』」と喚いてたけど、志がないのはテメエだ!
前にNHKの「クローズアップ現代」で見たけど、南海地震で30mの津波に襲われると予想されている高知県で、老人ホームが高台に移転しようと計画した。
そのための高台整地費用の3分の2は国が出してくれるけど、条件がある。
周囲の住宅と共に移転しないと費用を出してくれない。
そうなると、住民は住宅を建て替えないといけない。
けど、高知県は我国で最も貧しい県。
住民にそんなお金は無い。
って言うか、高知県でなくても、そんな余裕のある市民は殆どいない。
結局、その老人ホームは借金して高台に移転せざるを得なかった。
とは言うものの、その費用は、たったの7億。
東京オリンピックを開催する金があれば、老人ホームが幾つも移転できるな。
2012年3月11日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「津波対策を進めるなら、高速道路よりも高台移転の支援を優先すべきではないのか」と喚いてたけど、それなら、「東京五輪・パラリンピックの環境負荷低減よりも高台移転の支援を優先すべきではないのか」

安保法案に反対してみせることで、己らこそが「人々の命と暮らし」を守るかのごとくに装い、その実は、「人々の命と暮らし」を奪おうとしているんだよ、温暖化を煽り立て安保法案に反対している左翼リベラルは。
安保法案反対デモを血祭りに上げよ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。