シースルーが殺害予告を請う狂曲

ボロディン「交響曲第2番」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

前回の記事を投稿した後で、ニュースをチェックしたら、こんな記事が。


SEALDsの奥田さんに殺害予告届く 大学に書面
2015年9月28日20時02分
安全保障関連法案への反対運動をしてきた学生団体「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基さん(23)が28日、自身と家族に対する殺害予告の書面が届いていたことをツイッターで明らかにした。奥田さんは、神奈川県警港北署に被害届を提出したという。
奥田さんによると、「奥田愛基とその家族を殺害する」という趣旨の手書きの書面1枚が入った封書が25日、奥田さんが在籍する明治学院大に届いたという。同大広報課は「調査中」とし、詳細を明らかにしていない。
奥田さんは、国会前などで学生が主催した抗議行動の中心メンバー。参院特別委員会が今月15日に開いた中央公聴会に公述人として出席し、「国会を9月末まで延ばし、国民の理解を得られなかったのだから、廃案にするしかない」などと述べていた。


(朝日新聞デジタル)

国会前でデモしてた最中の「殺害予告」なら理解できるけど、安保法案が可決されちゃったのに、いまさら「殺害予告」なんて来る?
ありえんな。
キャハハ。
私めが繰り返し指摘し続けてきた甲斐あって、安保法制反対デモが消費税増税・TPP・電力自由化・マイナンバーを推進するための翼賛デモであったことに、多くの市民が気づき始めたんだね。
「シースルー」とやらの「奥田愛基」とやらの破廉恥で醜悪な正体に気づき始めたんだね。
「シースルー」とやらの「奥田愛基」とやらが、実は、権力の犬にすぎないことに多くの市民が気づき始めたんだよ。
正体がばれつつあるので、やらせの「殺害予告」で正体を覆い隠そうと図ったんだろ。

こりゃ、「シースルー」
そんな見え透いた手口に騙されると思ってんのか!

この「殺害予告」を報じた他の記事を見ると。


【安保法制】SEALDs(シールズ)の奥田さんに殺害予告 ツイッターで明かす
2015.9.29 06:00
国会前などで安全保障関連法案への反対運動をしてきた学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基(あき)さんと家族を殺害するとした予告があったことが28日、分かった。奥田さんが自身の短文投稿サイト「ツイッター」で明らかにした。
奥田さんのツイッターによると「学校の方に、僕と家族に対する殺害予告が来ました。何か意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌なので、一応身の回りに用心して、学校行ったりしてます」と記述。被害届を出すなどしたとみられる。
奥田さんは今月15日に開かれた参院特別委員会の中央公聴会に公述人として出席。「国民の理解を得られなかったのだから、廃案にするしかない」などと主張していた。


(産経ニュース)


シールズ・奥田さんらの殺害予告、大学に届く
2015年9月29日 12時02分
安全保障関連法案の反対運動を行ってきた学生団体「SEALDs」の中心メンバー奥田愛基さんと家族に対する殺害予告が、奥田さんが在籍する明治学院大に届いていたことが29日、わかった。
同大広報課によると、殺害予告があったことは24日に把握し、26日に文書で同大白金キャンパス(東京都港区)に届いた。同課は「詳細な経緯を確認中。警察に相談している」としている。


(YOMIURI ONLINE)


シールズ奥田さんに脅迫状 殺害予告、大学に文書届く
2015年9月29日 15時56分
安全保障関連法に反対する大学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基さん(23)の殺害を予告するような内容の脅迫状が24日夕、奥田さんが在籍する明治学院大(東京都港区)に届いていたことが29日、分かった。
明治学院大と奥田さん側は警視庁高輪署などに相談。同大は「言論の自由を封じるもので許し難い」とコメントし、キャンパスの警備を強化している。
奥田さんは28日、ツイッターで「僕と家族に対する殺害予告が来ました。何か意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌なので、一応身の回りに用心して、学校行ったりしてます」と発信した。


(共同)

記事の時刻を見比べると、朝鮮日刊新聞が異常に早かったことが分かるな。
9月2日の投稿9月16日の投稿で採り上げた「天声人語」は「シースルー」とやらの「奥田愛基」とやらを持て囃してたけど、その後も、WEBRONZAでこんなこと書いてる。


2015年安保、民主主義を再び始める若者たち
政権側が恐れる参加民主主義とは何か?
五野井郁夫
2015年9月18日

「民主主義ってなんだ?」「これだ!」(2015年、SEALDsのコールより)
“Tell me what democracy looks like?” “This is what democracy looks like!”(2011年以降、世界中のオキュパイ運動のコールより)

いまだに民主主義を、選挙で選ばれた人が国民に代わって政治を行う代議制民主主義(間接民主主義)のことだけだと勘違いしている人びとが時々いる。しかもこのような誤った認識は与党政治家に多いので、あの政治家は義務教育で何を学んできたのだろうと首をかしげることもしばしばだ。
むろん、現代社会において民主主義とは、なにも代議制民主主義だけではない。われわれは憲法上の当然の権利として選挙以外の時も政治に対して意見を述べ、政治参加することができる。たとえば陳情や請願、署名などがそうである。
同様にデモや集会なども、憲法21条にうたわれている民主的で正当な意思表示の手段だ。
このような選挙における投票以外の民主主義にまつわる広範な政治活動を、政治学では代議制民主主義との関係で「参加民主主義」と呼ぶ。
代議制だけに政治を狭く捉えがちなものの見方については、すでにルソーが『社会契約論』のなかで18世紀当時のイギリスの選挙制度を指して、人びとが自由なのは「議員を選挙する間だけ」にすぎず、いったん議員が選出されるとイギリス人は奴隷のようになってしまうと批判しているのはあまりにも有名だ。
だからこそ、政治家にすべて白紙委任したわけではないわれわれには、投票日以外の日常生活のなかでも、議会政治を見張り、つねに政治家に対して意見を伝える権利がある。
肝を冷やしているのはだれか
ひるがえって現代ではどうだろうか。アラブの春以降、世界中で若い人びとが声を再び上げ始め、各国で参加民主主義を牽引している。
こうした現象は日本でも同様だ。これまで日本の大人たちは、ときには嘆くような調子で「若い人は政治に関心がない」と、勝手にそうレッテル張りしてきた。だが、そんなことはないのは「2015年安保」の夏には充分理解できたことだろう。
ところで、今年5月以降のSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)や高校生団体のT-ns SOWL(ティーンズソウル)など10代後半-20代前半の若者が政治に再び参加し自身の意志をしっかり表明することによって、肝を冷やしているのはだれか。
それは、云うまでもなくまず、民意を無視し安保法案で強引に採決を通した与党自民党と公明党だろう。くわえて、若者を・・・

2015092901
国会前のデモで、安保法制反対を叫ぶ「SEALDs」メンバーの奥田愛基さん 2015年9月15日


(「2015年安保、民主主義を再び始める若者たち」より)

「肝を冷やしているのはだれか」って?
テメエらだろ。
安保法制反対デモが消費税増税・TPP・電力自由化・マイナンバーを推進するための翼賛デモに他ならないことを、「シースルー」とやらの「奥田愛基」とやらが権力の犬にすぎないことを多くの市民が気づき始めたことに「肝を冷やし」、朝鮮日刊新聞と手を組んで、やらせの「殺害予告」を仕組んだんだろ。
「シースルー」とやらの「奥田愛基」とやらを「一人の主権者として当たり前のことをしているのだという言葉がすがすがしい」と持て囃した朝鮮日刊新聞が、「殺害予告」を異常なまでに早く報じていたのはその証左。
2011年9月11日の投稿で採り上げた2011年8月15日の朝鮮日刊新聞邪説は「都合のいい情報は伝えるが不利なデータは隠す。さらにやらせ質問で世論を誘導。ウソを重ねた軍部の『大本営発表』顔負けだ」と喚き散らしてたけど、小泉政権の「やらせタウンミーティング」を企画・運営してたのは朝鮮日刊新聞傘下の朝日広告社。「殺害予告」が「大本営発表」にすぎないことは明らかだろ。)

「政権側が恐れる参加民主主義とは何か?」だと?
前回の投稿でも指摘したとおり、「政権側が恐れる」のはTPP反対デモ。
それを防ぐために、テメエらを使って「TPP参加民主主義」を画策したわけだ。
つまりは「政権側傘下民主主義」
その事実を覆い隠すために「政権側が恐れる参加民主主義とは何か?」と喚いてるんだよ。
その証拠に今日の朝鮮日刊新聞邪説はこんなこと書いてる。


TPP交渉―意思と知恵が問われる
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉は、近く参加12カ国の閣僚会合が開かれる。
「背水の陣」で臨んだはずの前回会合で大筋合意に失敗してから2カ月。今回も合意できないと、交渉が漂流する恐れが高まりそうだ。
世界貿易機関(WTO)での通商自由化交渉が停滞し、軸足は各国間や地域での交渉に移っている。成長著しいアジア太平洋地域が舞台のTPPの行方は、今後の各地の交渉の動向を左右する。アジアの活力を取り込みたい日本にとっても、避けて通れない課題である。
交渉を取り巻く政治状況は予断を許さない。
農業や自動車の分野でカギを握る国の一つ、カナダでは10月半ばに総選挙がある。今回の閣僚会合で合意できず、カナダの政権の枠組みが大きく変わることになれば、交渉が本格的に中断しかねない。来年になると、TPPを主導する米国の大統領選が本番を迎える。民主、共和両党の妥協は難しくなり、米議会による承認まで見すえた道のりは険しくなる。
甘利・TPP相は「今回の機を逃せば、交渉が年単位で先延ばしになりかねない」と指摘する。その危機感を他国の閣僚と共有し、会合に臨んでほしい。
各国が対立するテーマは、次第に絞られてきている。安価な後発薬の普及を左右する新薬のデータ保護期間など、知的財産権を巡る問題。マレーシアなど一部の国にとって難題である国有企業の扱い。7月の前回会合で争点になった、乳製品などの市場開放問題だ。
自動車の関税引き下げ・撤廃交渉に関連して、製品を「TPP産」として認める際に、TPP域内での部品調達比率をどの水準に設定するかという原産地規則を巡る協議も気がかりだ。
日本などは、タイなどTPP域外をからめた分業を念頭に、4割程度の比率を唱えている。これに対し、メキシコとカナダは共に加わる北米自由貿易協定(NAFTA)並みの6割程度を主張しているようだ。自国の自動車産業への配慮がある。
大詰めを迎えるにつれて、国内産業を保護しようと利害対立が激しくなるのが通商交渉の常だ。各国とも国内の雇用に一定の配慮が欠かせないとしても、広く消費者の利益を意識しないと交渉は前に進まない。
複雑な連立方程式に挑み、妥協を図る意思と知恵があるか。交渉参加国の中で突出した経済規模を誇る米国と日本の責任は大きい。今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい。


(2015年9月29日の朝鮮日刊新聞邪説)

4月22日の投稿で採り上げた2015年4月21日の朝鮮日刊新聞社説は「自らと異なる立場に対する敬意や尊重などかけらもない。『絶対権力』の振る舞いと見まごうばかりである」と喚き立ててたな。
「絶対権力」に「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」って、何それ?
6月29日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「安保関連法案をめぐってはリスク論議が盛んだ。しかし、異論には耳を貸さず、力で踏みつぶせばいいのだという政治家に、国民の生死がかかった判断を委ねてしまうことこそ、最大のリスクだ」と喚き散らしてたな。
「力で踏みつぶせばいいのだという政治家」に「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」と「判断を委ねてしまう」の?
7月28日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「民主的なプロセスを軽視すれば、民主的に選ばれたはずの自らの基盤も揺らぐ」と喚き立ててたな。
ということは、安保法案を押し通した安倍政権は「民主的に選ばれたはずの自らの基盤」が崩壊した、ということだな。
「民主的に選ばれたはずの自らの基盤」が無くなった政権に「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」って、何それ?
9月2日の投稿で紹介したとおり、山口組チンピラ二郎は「安倍は人間じゃない。たたき斬ってやる」と泣き喚いてたな。
「たたき斬ってやる」けど「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」って、何それ?
「人間じゃない」と断じた相手に「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」と懇願する輩も「人間じゃない」ね。
9月16日の投稿で採り上げた「天声人語」は「与野党の政治家に『知性と品性と理性』を尊重するよう呼びかけた」と囃し立ててたな。
ということは、安保法案を押し通した安倍政権には「知性と品性と理性」が全く無い、ということだな。
「知性と品性と理性」に欠ける政権に「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」と懇願する輩に「知性と品性と理性」があるのかね?
9月19日の投稿で紹介したとおり、山本太郎は「ふざけんな! アメリカ様に差し上げるお土産は返していただくしかない」と泣き叫んでたな。
「アメリカ様に差し上げるお土産は返していただくしかない」から「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」って、何それ?
「ふざけんな!」

7月17日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「それは憲法が権力を縛る立憲主義への反逆にとどまらない。戦後日本が70年かけて積み上げてきた民主主義の価値に対する、重大な挑戦ではないか・・・それが安倍政権の民主主義だというなら、決してくみすることはできない・・・主権者である国民の声を聞くことを安倍政権に求める」と喚き散らしてたな。
ということは、安保法案を押し通した安倍政権は立憲主義に反逆した、民主主義の価値を否定した、ということだな。
立憲主義に反逆した政権に、民主主義の価値を否定した政権に「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」って、何それ?
「決してくみすることはできない」政権に「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」って、何それ?
7月19日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「ところが安倍政権下、まさにその多元性が押しつぶされそうになっている・・・学者、学生、法曹界、無党派市民。各界各層、各地に抗議の動きが広がり続ける背景には、安保法案への賛否を超えて、この国の民主主義、立憲主義がこのままでは壊されてしまうとの危機感がある」と泣き叫んでたな。
ということは、安保法案を押し通した安倍政権は多元性を押しつぶした、ということだな。
民主主義・立憲主義を壊した、ということだな。
多元性を押しつぶした政権に、民主主義・立憲主義を壊した政権に「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」って、何それ?

「主権者である国民の声を聞くことを安倍政権に求める」=「今回の会合で大筋合意にこぎ着けてほしい」ということだろ。
多元性を押しつぶし、消費税増税・TPP・電力自由化・マイナンバーを「主権者である国民の声」にしてしまうための安保法制反対デモだった、ということだな。
「立憲主義への反逆」を立憲主義に見せかけるための、「民主主義の価値に対する、重大な挑戦」を民主主義に見せかけるための安保法制反対デモだった、ということだよ。

しっかし、「僕と家族に対する殺害予告が来ました」って、何だろうね?
コヤツってば、大学生で結婚して子どもまでいる、ってこと?
子どもまでいるんなら、生活費を稼ぐためアルバイトに明け暮れるはずだから、デモを主導する余裕なんてある?
やっぱり、金を貰ってデモしてるな、コイツ。
金の出所は内閣官房機密費だろ。

こりゃ、「シースルー」
テメエらの正体は透け透けの見え見えだ、つ~の!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。