安倍・マリア

シューベルト「アヴェ・マリア」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

前回の投稿で、「地球温暖化との戦いとテロとの戦いを分けることはできない」と喚き立てたオランドを糾弾したら、その翌日にこれだ!


温暖化とテロ 連帯すべき二つの脅威
地球温暖化との戦いと、テロとの戦いを分けることはできない。我々が立ち向かわなければならない二つの大きなグローバルな挑戦だ」
同時テロが起きたばかりのパリで始まった国連気候変動会議(COP21)で、議長国フランスのオランド大統領が、開幕の演説で力を込めた。
その認識を共有したい。
温暖化とテロは21世紀の世界が直面する喫緊の課題であり、一国だけでは対応できない世界共通の脅威である。
COP21を契機に、国際社会はその危機感を改めてともにし、連帯して向き合う決意を新たにする必要がある。
確認したいのは、二つの脅威が実は関連していることだ。

温暖化がテロや紛争の土壌を生み出すという考え方は、これまでも複数の国際的な報告書などで指摘されてきた。
たとえば、こんな道筋だ。
気温の上昇で雨の降り方など気候が変動し、干ばつや洪水、海面上昇などを引き起こし、水不足や食糧不足を招く。
その被害は、とりわけ貧困層ほど大きくなる。難民が生まれ、政治の不安定化や国家機能の喪失につながる。
そこにテロや紛争のリスクが芽生える可能性が出てくる。統治の行き届かない空白地帯にテロ組織が入り込み、貧困にあえぐ人びとを巻き込んで、テロの温床が形作られていく――。

このような悪循環はどこで起きるかわからない。中東やアフリカかもしれないし、アジアかもしれない。気候変動のリスクは、国境も意味をもたない。
だとすれば、各国がそれぞれの国益を追い求める従来の発想を乗り越える必要がある。先進国と途上国の垣根も、取り払わなければならない。
国家の単位では対応しきれない問題でもある。国際機関やNGOなどとともに、国家を超えた枠組みで取り組まなければ、解決の糸口はつかめない。
温暖化防止も、テロ対策も、容易な解決策はない難題だ。各国が得意分野を生かした役割分担をしながら、息長く、粘り強く立ち向かうしかない。
安倍首相はCOP21の首脳演説で「先進国、途上国がともに参画する新たな枠組みを築くべき時だ」と訴え、途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする方針を表明した。
人道支援の分野を中心に、日本として、さらに何ができるか。何をすべきか。
NGOなど民間の意見にも耳を傾けながら、具体的な連帯の方策を探る必要がある。


(2015年12月2日の朝鮮日刊新聞邪説)

左翼は「ファシストの認識を共有したい」んだよ。
またもや、「国際社会はその危機感を改めてともにし、連帯して」と喚いてるけど、それは「ファシストと連帯して」と言うことだ。
前回の投稿で採り上げた論説が指摘したとおり、己らが「テロリストを生みだしていく温床をつくりだした」にもかかわらず、それを省みない輩が「地球温暖化との戦いと、テロとの戦いを分けることはできない」と言い張ったのは、そして、「その認識を共有したい」と喚き立てるのは、己らが「地球温暖化との戦い」をでっち上げ、つまり、温暖化プロパガンダを垂れ流して、「国際社会はその危機感を改めてともにし、連帯して向き合う決意を新たにする必要がある」と言い立てていることを完全に露呈してる。

11月6日の投稿で紹介したとおり、「中東地域全体を包含するその他の研究論文では、(シリアの旱魃は)気候変動による影響ではないと主張している」
シリアの旱魃は自然災害。
9月16日の投稿で解説したとおり、米国でも旱魃と人為的排出CO2との因果関係は非常に弱い。)
「その被害は、とりわけ貧困層ほど大きくなる」から、欧米はシリア国民を援けるべきだった。
「貧困にあえぐ人びとを巻き込んで、テロの温床が形作られていく――」のなら、尚更のこと。
ところが、11月3日の投稿でも指摘したとおり、欧米はシリア国民を援けず、安倍こべに、旱魃につけ込んで、アフガニスタン、イラク、リビアに続いて、シリアへも戦争を仕掛けたんだね。
前回の投稿で採り上げた論説が指摘していたとおり、「欧米的都合の前では、イスラム世界は欧米諸国が処分してもかまわない場所として扱われてきたのである」
「気温の上昇で雨の降り方など気候が変動し・・・テロの温床が形作られていく――」は、その真実を覆い隠すための醜悪で卑劣で邪悪極まる詭弁。
それを、殊更に「確認したいのは、二つの脅威が実は関連していることだ」と言い立てて、市民を欺こうと図るんだよ。
この狡猾さが左翼だ!

前回の投稿で指摘したとおり、奸凶NGOは「テロの後、人々の結束はより強まった。気候変動問題でも連帯を示せると思う」と言い張ったけど、それは「地球温暖化との戦いと、テロとの戦いを分けることはできない」と全く同じであり、つまりは「ファシストの認識を共有したい」ということ。
平和を希求する善良な市民はそんな奸凶NGOとは絶対に「連帯」しない。
「連帯」できない。
平和を希求する善良な市民は「COP21を契機に、その危機感を改めてともにし、連帯して奸凶NGOに向き合う決意を新たにする必要がある」
安倍こべに「NGOなど民間の意見にも耳を傾けながら、具体的な連帯の方策を探る必要がある」と喚き立てるのは、市民と対決する、ということ。
それは理の当然。
「地球温暖化との戦い」は「市民との戦い」なのだから。

シリアで空爆をしているオランドと「その認識を共有したい」「連帯して向き合う決意を新たにする必要がある」は集団的自衛の思考そのもの。
こんな連中が安保法制反対と喚いてたんだね。
6月29日の投稿で採り上げた邪説は「傲慢と怠慢。安保関連法案をめぐってはリスク論議が盛んだ。しかし、異論には耳を貸さず、力で踏みつぶせばいいのだという政治家に、国民の生死がかかった判断を委ねてしまうことこそ、最大のリスクだ」と喚き散らしてたけど、「力で踏みつぶせばいいのだという政治家=オランド」の「認識を共有したい」「連帯して向き合う決意を新たにする必要がある」ということは、「安倍の認識を共有したい」ということ。
7月17日の投稿で採り上げた邪説では「口先だけの『熟議』ではなく、主権者である国民の声を聞くことを安倍政権に求める」と喚き立ててたけど、上の社説では「主権者である国民の声を聞くこと」とは決して言わず、「NGOなど民間の意見にも耳を傾けながら、具体的な連帯の方策を探る必要がある」と喚いてる。
つまり、「主権者である国民の声」を聞く必要はない、ということ。
やはり、「安倍の認識を共有したい」んだよ。

もちろん、それは朝鮮日刊新聞だけじゃない。
前回の投稿で「イスラム国よ、東京でテロをするなら、朝鮮日刊新聞本社を狙え」と言ったけれど、腐乱巣大使館の前で、腐乱巣は戦争を止めろ!、ファシスト・オランドを倒せ、とデモすれば、我国がテロに巻き込まれることはない。
(逆に、「その認識を共有したい」と言えば、テロの対象になる。私めが「イスラム国よ、東京でテロをするなら、朝鮮日刊新聞本社を狙え」と言った翌日に、朝鮮日刊新聞が「その認識を共有したい」と言い立てたのは、「朝鮮日刊新聞本社を狙え」の正しさを立証したと言える。)
安保法制反対デモの連中は「集団的自衛権は安全保障どころか、安倍こべに、我国がテロに巻き込まれるだけ」と言い立てていたけど、それなら、腐乱巣大使館の前でデモしろ。
けど、しない。
絶対にしない。
それは、9月16日の投稿9月19日の投稿9月21日の投稿、そして、9月29日の投稿で指摘したとおり、安保法制反対デモがTPPから目を逸らすための翼賛デモにすぎないことを露呈したと言える。
7月29日の投稿で指摘したとおり、TPPこそ戦争への道。
「アベ政治を許さない」と泣き喚いてたけど、実は、「安倍の認識を共有したい」んだよ。
9月2日の投稿で紹介したとおり、山口組チンピラ二郎は「(安倍を)たたき斬ってやる」と喚いてたけど、実のところ、アヤツは「日本国民をたたき斬ってやる」と宣言してたんだね。

「地球温暖化との戦いと、テロとの戦いを分けることはできない」は欧米の権力者だけじゃない。
前回の投稿で採り上げた論説が「欧米的価値観に普遍的価値があると思っているかぎり、そこからくり出されてくる政策はイスラム社会の人びとにとっては傲慢なものでしかないにもかかわらず、『普遍的価値』の問い直しはこの価値によってつくられている欧米社会を崩壊させるからである」と指摘していたとおり、それは欧米死民の問題。
実際、腐乱巣死民は、オランドこそテロの元凶、戦争犯罪人・オランドを倒せ、と声を上げたことは一度もない。
それどころか、1月12日の投稿で紹介したとおり、殺戮者・オランド、殺戮者・ネタニヤフと「連帯」してデモする体たらく。
ところが、2012年4月3日の投稿で紹介したとおり、大穢健三郎はそんな国に出かけて行って、「今回の事故で明らかになったのは、日本社会の民主主義が脆弱なものであったということです・・・こんなに深く日本の民主主義が未熟であったことを感じたことはありませんでした」と日本国民を罵った。
つまり、死民が殺戮者・オランドと「連帯」する腐乱巣は成熟した民主主義、と言うんだね。
11月10日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎は「原発なしの温暖化対策こそが平和と民主主義と経済発展を取り戻す」と喚いてたけど、その「民主主義」も同じ。)
7月17日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「それが安倍政権の民主主義だというなら、決してくみすることはできない」と喚き立てたけど、「それが大穢健三郎らの民主主義だというなら、決してくみすることはできない」な。

温暖化を煽り立て、再生エネ+電力自由化を喚き立てる左翼リベラルは、実のところ、「安倍の認識を共有したい」のであり、実は、市民の敵。
「COP21を契機に、市民社会はその危機感を改めてともにし、連帯して左翼リベラルに向き合う決意を新たにする必要がある」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。