政策策定者向け要約の執筆者は科学者とは違~ぬ

ラヴェル「チガーヌ」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

前回の投稿の翌日に、またぞろ、破廉恥野郎が喚いてるな。


太陽活動の弱まりの効果は、その大きさが問題
太陽活動の弱まりによって寒冷化がもたらされるという見方がある。太陽活動が現在弱まる傾向にあることは事実だ。
そして、17世紀ごろに太陽活動がきわめて不活発で(マウンダー極小期)、イギリスのテムズ川が凍結するほど地球が寒冷であったことがよく引き合いに出される。
では、現在弱まりつつある太陽活動はこのままマウンダー極小期並みの不活発期に突入し、近い将来に寒冷化をもたらすのだろうか。
太陽活動がこのまま弱まり続けるかどうかについては太陽物理の専門家でも予測が難しいと聞くが、ここではマウンダー極小期並みの不活発期が今世紀中に来るかもしれないことを前提に話を進めよう。その影響の大きさはいかほどだろうか。
木の年輪等を用いた北半球の過去の気温変動の復元研究(それはいわゆる「ホッケースティック」だから信じないという方は、こちらを)によれば、マウンダー極小期前後の「小氷期」の気温低下は1℃未満である。テムズ川の周辺では自然変動等の別の要因も重なってもっと寒かったかもしれないが、北半球平均ではこの程度ということだ。しかも、このすべてが太陽活動の効果でなく、火山噴火も寒冷化要因として効いていたと考えられる。
マウンダー極小期の寒冷化効果は0.1~0.3℃という研究もあるが、仮に最大限大きく見積もって、小氷期の1℃の寒冷化がすべて太陽活動のせいだったとしても、温室効果ガスの増加により今世紀中に予想される世界平均気温上昇(2℃~4℃程度)より小さい。つまり、太陽活動の弱まりが温暖化を一部打ち消すことはあっても、すべて打ち消して正味で寒冷化をもたらすとは考えにくい。
このことは、「宇宙線の減少による雲の減少」などの増幅効果がある可能性を考えたとしても同じである。今世紀に増幅効果が働くとすれば、17世紀にもそれが働いていたはずで、増幅された結果が1℃未満ということだからだ。
同様の趣旨の詳しめの解説がここにもある。
ちなみに、筆者は11月3日に名古屋大学の宇宙地球環境研究所の設立記念公開講演会によばれ、パネルディスカッションで上記の趣旨の発言をしたが、同席された太陽物理学者や古気候学者の方々もうなずいておられ、異論を聞くことはなかった。

次の氷期はあと1万年以上来ない
もうひとつ、寒冷化の主張でよく引き合いに出されるのは、1万年以上前にマンモスがいたころのような寒い「氷期」(よく「氷河期」というが、専門的には「氷期」)と現在のような暖かい「間氷期」が繰り返し訪れるというサイクルの存在だ。
長い氷期と短い間氷期がおよそ10万年周期で過去何回か繰り返されてきたことがわかっている。過去の例からいえば今の間氷期はそろそろ終わってもおかしくない。もうすぐ氷期が来るのだろうか。
結論からいえば、筆者の理解では、次の氷期は少なくともあと1万年くらいは来ない。
その理由を説明しよう。氷期-間氷期サイクルのペースメーカーは、ミランコビッチサイクルとよばれる天文学的な現象である。地球が太陽の周りを回る公転軌道の形や自転軸の傾きが、木星の重力などの影響を受けて周期的に変化する。これによって、地球に入射する太陽エネルギーの分布が変わる。たとえば間氷期に、北半球の夏の高緯度に入射する日射が少し減ると、雪が融け残って氷が年々拡大していき、氷期への移行が起こる(この過程で大気中のCO2濃度の減少などが気温変化を増幅する)。氷期から間氷期への移行はこの逆である。
そこで、天文学的な計算を行ってミランコビッチサイクルを将来まで予測してみると、次の氷期をもたらすような北半球夏の高緯度の日射の減少は、あと1万年以上来ないという結果が得られるということだ。しかも、そのような日射の減少が起きたとしても、温室効果ガスの増加が進んでいると、氷の拡大が進まない。つまり、地球の本来のリズムでいえば氷期が来るタイミングになったとしても、人間活動が原因で氷期が始まらない可能性もあるのだ。実際、現在北極圏のグリーンランドの氷床は減少が続いているわけだから、氷期の兆しはまったく見られない。

「人類世」が始まっている
人間活動の影響の大きさがマウンダー極小期やミランコビッチサイクルを凌ぐという指摘は、人間ごときの存在が惑星規模の出来事に影響を及ぼすはずがないと思っていた方々には、大きなパラダイム変化に映るのではないか。
たとえば氷期と間氷期の間のCO2濃度の差が100ppmほどであるのに対して、今の間氷期中に人間活動が増加させたCO2濃度はすでに120ppmほどである。このこと一つをとってみても、人間活動の影響の大きさに納得できるのではないか(CO2濃度変化は氷期-間氷期の原因ではなく増幅要因でしかないことに注意が要るが、変化規模のおおまかな目安としてこの比較は役に立つだろう)。
このようなことを指して、最近は「人類世」(Anthropocene)という言葉がある。地球の歴史は更新世(Pleistocene)、完新世(Holocene)などの地質時代に区分されているが、現代は、人類という一つの生物種が地球に大きな影響を及ぼすようになった新しい地質時代に入っているという認識を意味している。

科学への懐疑論から撤退が目立ち始めた
このように個別に検討していくと、寒冷化の可能性がゼロとはいわないにしても、「寒冷化に決まっている」という主張はさすがに無理筋であると筆者は思う。少し立ち止まって考えて頂ければ、多くの方が同様の結論に至るのではないだろうか。
実際、欧米でも温暖化の科学への懐疑論はさすがに分が悪くなってきたということで撤退が始まり、気候変動対策に反対する勢力の主張は、影響や対策に関する懐疑論に主戦場がシフトしてきたことが指摘されている。
たとえば、lukewarmers(「ぬるま湯温暖化派」とでも訳しておこうか)といって、人間活動が原因で温暖化することは認めるが、その影響はたいしたことがない、もしくは良い影響が多いという言説が増えてきたそうだ。
もしくは、green herring(red herringをもじったもの)といって、対策推進の主張から気をそらすためのシニカルな言説(「中国が真剣に取り組まなければ対策しても仕方ない」など)が増えているという指摘もある。この種の論者も人間活動による温暖化自体は認める傾向があるようだ。
(もちろん、これらはこれらでしっかり議論していく必要がある。影響、対策に関する筆者の主要な考えは少し前に書いたとおり。)
また、米国の温暖化懐疑論勢力の一部はキリスト教原理主義の宗教保守により支えられてきたと考えられるが、今年6月にローマ法王が地球温暖化の重大性を大々的に認め、温暖化を止めるための文化的革命まで世界人類によびかけてしまったものだから、宗教保守勢力の懐疑論離脱も進むことが想像される(ちなみに、イスラム、仏教、ヒンズーといった他の様々な世界宗教からも、宗教指導者による気候宣言が出されている)。
日本国内でも、たとえば池田信夫さんは2009年頃は温暖化の科学への懐疑論に同調的なことをよく書いておられたようだが、最近は人間活動による温暖化を認めているようにみえる。2013年に筆者がお会いしたときにも温暖化を前提に議論されていた。
池田さんといえば国際的な情報に通じており、論争における勘が鋭い方だろう。そういう方が、科学への懐疑論はさすがに筋が悪そうだとどこかで気づかれ、ポジションを修正されたのだとしたら、筆者から見てきわめてリーズナブルな変化だ。
温暖化の科学への懐疑を主張される方々の多くにとって、科学への懐疑は言いたいことの本質なのだろうか。ディベートのためのレトリックや理論武装ではないのか。周囲で撤退が始まり、梯子を外され、肝心の武装も穴だらけであることに薄々気づきながら、最後まで立てこもって守り続けるほどの価値のある主張なのだろうか。
そのような方々が本当に言いたいことは、温暖化対策の進め方への違和感などではないのだろうか。もしそうなのであれば、それをご自身の価値観とともにストレートに主張された方が、ご自身にとっても社会にとっても有益な議論になるのではないか。


(「それでも寒冷化が正しいと思っている方へ 世界でも撤退が目立つ温暖化科学への懐疑論」より)

底無しの破廉恥野郎だな。
こんなのにいちいち反論するのは大人気ないけど、コヤツはIPCC第5次報告書の政策策定者向け要約の執筆者だからね。
黙殺するわけにもいかんから、ちょっとだけ言っておくか。

前回の投稿で「何処だったか、忘れちゃったけど、確か、コヤツも何処かで同じこと言ってた」と書いたけど、やっぱり言ってるな、「火山噴火も寒冷化要因として効いていたと考えられる」って。
それがイカサマにすぎないことは、「IPCC第5次報告書の市民向け要約」の[注29]で解説済み。

ホッケー・スティック曲線の虚実」で解説しているとおり、イングランドにおける「マウンダー極小期前後の『小氷期』の気温低下は1.5℃である」
ちゃんと寒暖計の記録が残っているのに、「もっと寒かったかもしれない」などとほざいてるわけで、その一事だけを以ってしても、コヤツのデタラメさ、そして、「木の年輪等を用いた北半球の過去の気温変動の復元研究」の無意味さ、であるから、ホッケー・スティックの虚構は明らかだろ。
7月2日の投稿で解説したとおり、IPCCの気候モデルはイングランドにおける「マウンダー極小期前後の『小氷期』の気温低下」を再現できない。
前回の投稿で紹介したとおり、コヤツは「現在の気候モデルによるシミュレーションは、20世紀の気温上昇のみならず、現在の平均的な気候状態、日々から年々の自然変動の特徴、さらには過去1000年の気候変化や最終氷期などの古気候に至るまで、不確実性の範囲内で観測データと整合する」と喚いてたけど、それには「根拠を持って否ということができる」
イングランドが再現できないだけ、などというような言い逃れは通用しねえぜ。
イングランドの気温が再現できないのに、他の地域の平均気温は再現できるなどという科学的根拠は全く無い。
全球平均気温とは、すなわち、各地域の平均気温の総体。
イングランドの気温が再現できないということは、「マウンダー極小期前後の『小氷期』の気温低下」を再現できない、ということだ。
だからこそ、気候モデルでは19世紀以前がホッケー・スティックになる。
気候モデルが「過去の気温変動」を再現できないことを誤魔化すために、ハゲがホッケー・スティックを捏造したんだね。

イングランドの気温変動は全球平均の倍ほどあるから、確かに「マウンダー極小期前後の『小氷期』の気温低下は1℃未満である」
けれど、「ホッケー・スティック曲線の虚実」の図7-4に見えるとおり、イングランドのマウンダー極小期後の気温は20世紀前半の気温と同じほど高かった。
だから、20世紀前半の気候変動は太陽活動が主因。
「今世紀に増幅効果が働くとすれば、17世紀にもそれが働いていたはずで、増幅された結果が1℃未満ということだからだ」なら、その逆も成り立つはずで、「17世紀に太陽活動が働くとすれば、20世紀にもそれが働いていたはずで、その結果が20世紀前半の気候変動ということだからだ」

「同席された太陽物理学者や古気候学者の方々もうなずいておられ、異論を聞くことはなかった」って?
名古屋大学の宇宙地球環境研究所の面々は「ホッケー・スティック曲線の虚実」を読んで勉強しなさい!

IPCC第5次報告書の市民向け要約」の図11-7に見えるとおり、20世紀前半と後半の気温上昇率は同じ。
だから、20世紀の気温上昇0.8℃の半分は太陽活動が原因。
だから、「IPCC第5次報告書の市民向け要約」の(11-3)式で計算しているとおり、IPCCの数値と数式を真に受けても、気候感度は0.75℃。
前回の投稿で紹介したとおり、コヤツは「観測データによれば、世界平均の地表気温はおよそ0.7℃上昇している」と認めてた。
それなら、もっと低くなる。
「仮に最大限大きく見積もって、小氷期の1℃の寒冷化がすべて太陽活動のせいだったとしても、温室効果ガスの増加により今世紀中に予想される世界平均気温上昇(2℃~4℃程度)より小さい。つまり、太陽活動の弱まりが温暖化を一部打ち消すことはあっても、すべて打ち消して正味で寒冷化をもたらすとは考えにくい」には「根拠を持って否ということができる」

「たとえば氷期と間氷期の間のCO2濃度の差が100ppmほどで気温差が4℃ほどであるのに対して、今の間氷期中に人間活動が増加させたCO2濃度はすでに120ppmほどであるにもかかわらず、気温上昇は0.4℃に満たない。このこと一つをとってみても、人間活動の影響の弱さに納得できるのではないか」
前回の投稿でも指摘したとおり、CO2以外の人為的要因があるから、人為的排出CO2の影響は20世紀後半の気温上昇0.4℃の一部にすぎない。)
温暖化対策の愚」で解説しているとおり、人為的排出CO2の影響が弱いのは、CO2の温室効果が飽和に近いから。

昨年11月2日の投稿で紹介したとおり、コヤツは「地球の公転軌道などを計算すると、あと3万年は氷期が起こらないと否定した」けど、「さすがに分が悪くなってきたということで」、今回は「筆者の理解では、次の氷期は少なくともあと1万年くらいは来ない」にトーンダウン。
けど、これまた昨年11月2日の投稿で紹介したとおり、「天文学的な計算を行ってミランコビッチサイクルを将来まで予測してみると、次の氷期をもたらすような北半球夏の高緯度の日射の減少は、あと最長で1500年は来ないという結果が得られるということだ」
「温室効果ガスの増加により今世紀中に予想される世界平均気温上昇(2℃~4℃程度)」なら、1500年でも十二分に長いはず。
それなのに、尚も「次の氷期は少なくともあと1万年くらいは来ない」と喚くのは、「温室効果ガスの増加により今世紀中に予想される世界平均気温上昇(2℃~4℃程度)より小さい」が「さすがに分が悪くなってきた」から。

最近は「欧米でも温暖化の科学から撤退が目立ち始めた」
気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」で紹介しているとおり、米国の温暖化過激派、ケヴィン・トレンバースも「the IPCC has not paid enough attention to natural variability」と認めてしまった。
昨年1月15日の投稿で紹介したとおり、英国気象局の温暖化過激派、ジュリア・スリンゴも同じことを言い出した。
5月20日の投稿で採り上げた解説に見えるとおり、「我国でも温暖化の科学はさすがに分が悪くなってきた」
「今世紀に増幅効果が働くとすれば、17世紀にもそれが働いていたはずで、増幅された結果が1℃未満ということだからだ」なら、「今世紀に自然変動が働くとすれば、1970年から2000年までにもそれが働いていたはずで、増幅された結果が1970年代から90年代の急激な気温上昇ということだからだ」

「そのような方々が本当に言いたいことは、温暖化対策の進め方への違和感などではないのだろうか」だと?
5月20日の投稿で採り上げた解説には反論もしないで、トウシロの池田信夫とやらを持ち出してきて、「池田さんといえば国際的な情報に通じており、論争における勘が鋭い方だろう」とヨイショし、「そういう方が、科学への懐疑論はさすがに筋が悪そうだとどこかで気づかれ、ポジションを修正されたのだとしたら、筆者から見てきわめてリーズナブルな変化だ」と言い張ることへの「違和感」だ、つ~の!
5月20日の投稿で採り上げた解説には反論できないくせに、「温暖化の科学への懐疑を主張される方々の多くにとって、科学への懐疑は言いたいことの本質なのだろうか。ディベートのためのレトリックや理論武装ではないのか」と喚き立てることへの「違和感」だ、つ~の!
そんな野郎がIPCC第5次報告書政策策定者向け要約の執筆者であるという事実への「違和感」だ、つ~の!
それは、すなわち、「温暖化のエセ科学」への「違和感」

12月4日の投稿で指摘したとおり、「温暖化の科学」を真に受けたとしても、我国に責任は無い。
にもかかわらず、朝鮮日刊新聞は、4月14日の投稿で紹介したとおり、「国際社会のいらだちは高まっている」だの、5月8日の投稿で紹介したとおり、「そんな姑息なやり方で近年の無策をごまかしては、国際社会の信頼を失うだけだ」だのと喚き散らした。
中禍人糞凶和国のCO2排出がダントツであるにもかかわらず、虫国野郎は、昨年2月5日の投稿で紹介したとおり、「日本においては、『地球にやさしい』という曖昧でフワッとした言葉が、温暖化問題における加害者としての責任意識の欠落をもたらしたように思います・・・人間の行為が他の人間を苦しめて命を奪うという根本的な事実や関係性を見えなくしてしまったように思います」だの、1月7日の投稿で紹介したとおり、「多くの国民が『地球にやさしい』という甘ったるい曖昧な言葉でしか温暖化問題を理解してこなかった。温暖化問題は、温室効果ガスの排出によって多くの人命が奪われるという、いわば大量殺人を未然に防ぐかどうかの『正義』の問題だという認識を持ち得なかった。誰が加害者で誰が被害者か、誰が利益を得て誰が殺されるのか、などを深く考えなかった」だのと、つまり、我国が殺戮を働いていると喚き散らした。
「温暖化の科学」が真実なら、「温暖化対策の進め方への違和感などではないのだろうか」と言い張るのなら、何よりも先ず、朝鮮日刊新聞と虫国野郎の非を糺すべき。
ところが、コヤツは朝鮮日刊新聞と結託して温暖化を煽っている。
地球温暖化懐疑論批判」は虫国野郎が主導し、コヤツは協力した。
前回の投稿で紹介したとおり、「気候変動政策を妨害するために、その基礎となる科学に対する不信感を人々に植え付ける効果を狙って意図的に展開されている言論活動があるということだ」と喚き立ててたけど、その台詞は虫国野郎の十八番。
12月1日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「日本のガス削減目標は先進国の中でも見劣りし、環境団体などから批判されている」と喚いてたけど、コヤツはその奸凶団体(=気候ネットワーク)も批判しない。
ひたすらに、「温暖化の科学への懐疑を主張される方々」を罵っているだけ。
「温暖化の科学」が真実なら、そんなことはしない。

前回の投稿でも指摘したとおり、己こそがナオミ・オレスケスに「梯子を外され」ながら、尚も「たとえば、『世界を騙しつづける科学者たち』(楽工社)を参照」とヨイショし、それを誤魔化すために「周囲で撤退が始まり、梯子を外され、肝心の武装も穴だらけであることに薄々気づきながら」と喚き立てるのは、哀れさすら漂うな。
「温暖化の科学」は「最後までバチカンに立てこもって守り続けるほどの価値のある主張なのだろうか」
「江守正多が本当に言いたいことは、科学への違和感ではないのだろうか。もしそうなのであれば、職を辞してカトリックの聖職者になる方が、ご自身にとっても社会にとっても有益になるのではないか」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。