安倍・ヴェルム・コルプス

モーツァルト「アヴェ・ヴェルム・コルプス」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

案の定、人殺し左翼が喚いてやがる。


温暖化対策の新合意 危機感共有の第一歩だ
「今日、私たちは人類にとって最大級の試練、気候変動に直面して、ここにいる。ツバルのような国の生き残りはこの会議の決定にかかっている
こんな悲痛な首脳演説で幕を開けたフランス・パリでの国連気候変動会議(COP21)が、2020年以降の地球温暖化対策に関する新しい国際枠組みでようやく合意に達した。
複雑に絡む利害を反映し、各国が折り合いをつけた結果だけに、不足はいろいろある。
それでも、平均気温の上昇を2度未満に抑えるというこれまでの目標だけでなく、「1.5度未満に抑えるよう努める」と明記した意義は大きい。
二酸化炭素など温室効果ガスの排出をできるだけ早く減少に転じ、今世紀後半には森林や海による吸収以下にする「実質ゼロ」の長期目標も盛り込んだ。
「数カ月前まで考えられなかった」と環境団体も驚く。
2度と1.5度では温暖化による海面上昇で決定的な差が生じるという数値予測がある。国土の水没を恐れるツバルなど小さな島国の懸命な訴えを、大国も軽んじられなかったのだ。
6年前に温暖化交渉は一度決裂した。だがその後、先進国を含む世界各地で記録的な熱波や大雨、干ばつ、強烈な嵐など気象異変が相次ぎ、多くの人々が気候変動への懸念を強めたことが交渉の原動力になった。
■京都議定書を超えて
核兵器による突然の破滅が人類にとって急性疾患とすれば、温暖化はじわじわと苦痛や危機をもたらす慢性疾患といえる。
合意された排出の削減や抑制は自主的な取り組みとはいえ、途上国も参加する。先進国だけに削減を義務づけた京都議定書から大きく前進した。
温暖化への危機感を世界が共有して踏み出す第一歩である。
世界が地球益の下に結束して「共通だが差異ある責任」を果たそうと誓ったのがパリ協定であり、各国は様々な被害軽減などにもこぞって乗り出す。
今回の最大の推進役は、皮肉にも共和党政権下で京都議定書を離脱した米国だった。
オバマ民主党政権は、首脳会談を通じて世界最大の排出国になった中国やインドを巻き込んだ。さらに、削減機運を高めようと島国や欧州連合(EU)などがつくった「野心連合」に電撃的に参加を表明し、合意への流れを確実にした。
来年の大統領選もにらんだ積極的な動きだった。
■後悔しない政策を
米国の共和党支持層には温暖化懐疑論が根強い。
確かに温暖化の研究は進んでいるが、完璧には程遠い。人類の知恵が十分及ばぬほど地球環境システムは複雑だからだ。
だが産業革命以後、石炭や石油などの化石燃料を人類が大量に燃やし始め、大気中の二酸化炭素が急速に増えたことは確かだ。この濃度の急上昇により、近年の温暖化は説明できる。
この先も二酸化炭素濃度が上がれば気温も上がると予想される。しかし、どのぐらいの濃度になると何度気温が上がると正確に予測する精度はない。
さらに言えば、温暖化の原因はほかにあるかも知れない。それでも、国際社会は現時点では温室効果ガスが最も疑わしいと判断し、排出削減で温暖化を抑えようと決意したのである。
温暖化の科学に不確実さがあっても、将来に向けて「後悔しない政策」を選択したのだ。
■日本も決意が要る
そんな決意の乏しい日本政府は、パリでほとんど存在感を示せなかった。米国の野心連合参加も寝耳に水だったという。
会場の展示で各国は競うように自国の立場をアピールした。だが、日本のブースは四方を壁で囲っただけの空間。世界の流れに目や耳をふさぐかのような、象徴的な造りだった。
世界は脱化石燃料・脱炭素社会に大きくかじを切る決意をした。今回、長期目標が従来よりずっと野心的なものになったことで、世界経済の潮流も急速に変わっていくだろう。
国内総生産で世界3位、ガス排出量でも5位の日本が、この変化に受け身のままでいいはずがない。社会や産業の構造を、もっと積極的に脱炭素に切り替えていくべきである。
パリ協定は高い目標を掲げたとはいえ、達成の道筋や仕組みの検討はこれからだ。日本は政府も企業も様子見をやめて、今後の過程で貢献することが重要だ。ここで追いつかなければ、まさに化石になりかねない。
協定が変革を迫っているのは政府や企業だけではない。
家庭や自治体、さらには社会も、従来のエネルギー多消費型から省エネを考えたものに変わっていかなければいけない。
海外に比べて日本で弱いのは、個を超えた共同での省エネ化だ。個人や家庭、企業がつながることで、無理なく、より効率的に省エネが進む。
案じるよりも、みんなで一歩を踏み出す決意を持ちたい。


(2015年12月15日の朝鮮日刊新聞邪説)

これまで繰り返し指摘し続けてきたとおり、「この濃度の急上昇により、近年の温暖化は説明できない」!
「近年の温暖化」の少なくとも半分は自然変動が原因。
5月20日の投稿で採り上げた解説が「これまでのIPCC報告において、この部分は人為起源の二酸化炭素の増大が原因で間違いない、と言われ続けてきたものであり、内部変動では説明できないとされた根幹部分である」と指摘していたとおり、これは「温暖化の科学に不確実さがあっても」というような問題じゃねえ。
前回の投稿の⑪で「気候感度が0.75℃で、フィードバックで3倍に増幅されるのなら、CO2単独の効果は0.25℃。IPCCが言い張る値の4分の1しかない」と言ったけれど、IPCCの主張するとおり、CO2単独の効果が1℃だとしても、答えは変わらない。
IPCCの温暖化説とは?」で解説しているとおり、CO2単独の効果が1℃なら、産業革命時における15μm帯域の温室効果は6℃。
CO2の温室効果には上限がある」で解説しているとおり、15μm帯域の温室効果の上限は8℃だから、2℃上がる余地が残っているけど、フィードバックが負(フィードバック係数が0.75<1)だから、やはり、気温上昇が1.5℃を超えることはない。
「1.5度未満に抑えるよう努め」なくても、1.5℃を超えることはないのだから、「ツバルのような国の生き残りはこの会議の決定にかかっている」は全くのデマカセ。
実際、12月4日の投稿で解説したとおり、ツバルで海面上昇は観測されていない。
にもかかわらず、12月1日の投稿12月2日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説に見えるとおり、安倍のチョンカスは「途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする方針を表明した」
前回の投稿で紹介したとおり、IPCC第5次報告書政策策定者向け要約の執筆者である江守正多は「そのような意見を主張するにあたり、懐疑論は不要であり、むしろ余計であると申し上げたい」と喚いてたけど、「ツバルなど小さな島国への支援」は「不要であり、むしろ余計であると申し上げたい」
「この濃度の急上昇により、近年の温暖化は説明できない」と主張する「懐疑論」は温暖化対策の質を問うているんだよ。
国民が「この濃度の急上昇により、近年の温暖化は説明できない」ことを知り、「ツバルのような国の生き残りはこの会議の決定にかかっている」のデタラメを知り、「途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする方針を表明した」のは「不要であり、むしろ余計である」と知れば、江守正多らは国民から糾弾される。
だから、「そのような意見を主張するにあたり、懐疑論は不要であり、むしろ余計であると申し上げたい」と喚き立てたんだね。

COP21でアメ公が何をしたと言うんだ?


米の資金拠出、8.6億ドルに倍増
【パリ矢野純一】ケリー米国務長官は9日、パリで開催中のCOP21で演説し、2020年までの途上国への地球温暖化対策資金を倍増し、8億6000万ドル(約1040億円)とすることを明らかにした。
ケリー氏は支援額倍増を打ち出すことで、より厳しい対策を求める太平洋の島しょ国などを納得させる材料にする狙いとみられる。


(毎日新聞2015年12月10日 東京夕刊)

IPCCの人為的温暖化説を真に受けるなら、4月14日の投稿の表に見えるとおり、アメ公は我国の10倍以上の責任を負う。
12月4日の投稿でも指摘したとおり、国当たりで評価しても、国民一人当たりで評価しても、我国の責任は途上国並みに軽い。
それなのに、しかも「より厳しい対策を求める太平洋の島しょ国などを納得させる材料にする狙い」と嘯きながら、我国の10分の1以下の1040億円しか出さない。
アメ公は我国の10倍以上の責任を負うのに、我国がアメ公の10倍以上の責任を負わされている。

中禍人糞凶和国が何をしたと言うんだ?

2015121701

7月4日の投稿で指摘したとおり、「国内総生産(GDP)当たりの二酸化炭素の量を、2030年には05年に比べて60~65%減らす」ということは、実のところ、排出を増やすということ。
7月7日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎でさえ「経済成長率などの指標が示されておらず、他国と目標を比較するのは難しい」と認めていたんだね。
しかも、中禍人糞凶和国はこれまでの責任もアメ公に次いで重く、そして、今やダントツの排出国であるにもかかわらず、一銭も出さない。
我国がダントツの排出国の∞倍の責任を負わされている。

IPCCの人為的温暖化説が真実なら、気候学者は、「温暖化の科学」に基づいた対策を求める、と言うはず。
しかも、江守正多は日本気象学界の機関誌で「研究者の科学的発信に客観中立はあるのか?」と喚いてた。
ならば、「温暖化の科学」に基づいた対策を求める、と声を大にして言わねばならない。
アメ公や中禍人糞凶和国が全く責任をとらないのに、「オバマ民主党政権は、首脳会談を通じて世界最大の排出国になった中国やインドを巻き込んだ。さらに、削減機運を高めようと島国や欧州連合(EU)などがつくった『野心連合』に電撃的に参加を表明し、合意への流れを確実にした」と囃し立て、安倍こべに「そんな決意の乏しい日本政府は、パリでほとんど存在感を示せなかった」と喚き散らす左翼を激しく批判しなければならない。
我国だけが負担させられたのに、「温暖化への危機感を世界が共有して踏み出す第一歩である」と囃し立てる左翼を激しく批判しなければならない。
ダントツの排出国が今後も排出を増やすと公言しているにもかかわらず、それを昂然と正当化し、安倍こべに「ここで追いつかなければ、まさに化石になりかねない」と喚き散らす左翼を激しく批判しなければならない。
途上国並みの責任しかない我国が「途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする方針を表明した」にもかかわらず、「世界の流れに目や耳をふさぐかのような」とまで言い放つ左翼を指弾しなければならない。
「そのような意見を主張するにあたり、懐疑論は不要であり、むしろ余計であると申し上げたい」と言い立てるのなら、なお更のことだろ。
ところが、昨年11月2日の投稿10月15日の投稿、そして、前回の投稿で紹介したとおり、安倍こべに左翼と協力して温暖化を煽っている。
IPCCのデタラメは明らかだな。
(「温暖化の科学」が真実なら、斯く斯く然々であるべきはずが、全く逆であるという事実は、背理法に従えば、始めの仮定、つまり、「『温暖化の科学』は真実」が間違っていたということを意味する。その真実から目を逸らすために、「そのような意見を主張するにあたり、懐疑論は不要であり、むしろ余計であると申し上げたい」と喚き立てたんだよ。)

福島原発事故は収束の目処すら立たない。
核汚染はますます拡大し、国民は被曝し続けている。
前回の投稿で指摘したとおり、「日本圏に住む人々は放射線が増えて伝統的な文化を営めなくなってきている。そのような取り返しのつかない変化が、一部ではすでに起きている」
12月4日の投稿で指摘したとおり、「我々日本国民はまさに崖っ縁に立っている」
福島原発事故の収束と他の原発の廃炉には膨大な労力と資金が必要。
1兆3千億円はそのために使うべき。
ところが、左翼は12月1日の投稿で採り上げた邪説で「日本がすべきこと、できることはまだまだある。政府は覚悟を持って臨んでほしい」と言い放ったんだね。

しかも、2011年8月18日の投稿9月11日の投稿で紹介したとおり、原発安全神話を率先して垂れ流し、福島原発事故を招いたのは左翼。
海面が上昇していないという事実を隠して、「国土の水没を恐れるツバルなど小さな島国の懸命な訴え」と喚き立てるのは、原発安全神話を垂れ流したのと何ら変わらない。
9月16日の投稿で解説したとおり、干ばつとCO2との間に因果関係は認められないにもかかわらず、「だがその後、先進国を含む世界各地で記録的な熱波や大雨、干ばつ、強烈な嵐など気象異変が相次ぎ、多くの人々が気候変動への懸念を強めたことが交渉の原動力になった」と喚き立てるのも、原発安全神話と変わるところ無し。
「この濃度の急上昇により、近年の温暖化は説明できる」と吹聴するのも、原発安全神話と何ら変わらない。
「ここで追いつかなければ、まさに化石になりかねない」は、5月8日の投稿で採り上げた邪説が「実質的に国際水準に劣るのに、基準年を最近の年へずらしたため、そう遜色がないようにも見える。そんな姑息なやり方で近年の無策をごまかしては、国際社会の信頼を失うだけだ」と喚き散らしてたのと同じ趣旨だけど、4月24日の投稿5月9日の投稿7月4日の投稿、そして、12月1日の投稿で解説したとおり、それも原発安全神話同様の国民を欺くデマカセ。
一欠けらの反省もねえ。
温暖化を煽り立てる左翼は安倍と同じ穴の狢。

我国は途上国並みの責任しかないのに、責任を負うべきアメ公や中禍人糞凶和国が金を出さないのに、福島原発事故の収束と他の原発の廃炉のために使うべきなのに、「途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする方針を表明した」
だからこそ、6月18日の投稿で紹介したとおり、そして、前回の投稿で採り上げた江守正多の論説にも見えるとおり、国民は「気候変動対策は生活の質を脅かす」と案じている。
ところが、安倍こべに「案じるよりも、みんなで一歩を踏み出す決意を持ちたい」と言い放った。
7月19日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「主権者である国民の声を聞くことを安倍政権に求める」と喚き立てていたけど、「案じるよりも、みんなで一歩を踏み出す決意を持ちたい」は「国民の声」に「目や耳をふさぐかのような、象徴的な台詞だった」
それならば、「原発事故を案じるよりも、みんなで原発再稼動の一歩を踏み出す決意を持ちたい」という主張を否定できない。
結局は、安倍と同じ穴の狢。

8月6日の投稿で採り上げた「天声人語」は「個人主義を嫌がる点も通じる。人権の核心を示す現行13条は『すべて国民は、個人として尊重される』とするが、草案は個人を『人』と改めた。『個』を削り、別途『家(か)』族(ぞく)の尊重を盛り込む。戦前への郷愁がにじむ」だの、9月16日の投稿で採り上げた「天声人語」は「奥田さんは繰り返し語った。自分たちは『一人ひとりの個人』として考え、声を上げている――。どこかの政治団体に属するでもなく、誰かに動員されるでもない。一人の主権者として当たり前のことをしているのだという言葉がすがすがしい」だのと喚き立てたけど、「海外に比べて日本で弱いのは、個を超えた共同での省エネ化だ」という言い草は「人権の核心を示す現行13条」に「目や耳をふさぐかのような、象徴的な台詞だった」
それならば、「安保法案を案じるよりも、みんなで一歩を踏み出す決意を持ちたい」と言うことを否定できない。
事実、「みんなで一歩」は集団的自衛と同じ。
結局は、安倍と同じ穴の狢。

7月19日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「世代や党派を超えた重層的な抗議のコールが連日、国会周辺の空気を震わせている。『これが民主主義か』という疑問。『主権者は私たちだ』という怒り・・・この国の民主主義、立憲主義がこのままでは壊されてしまうとの危機感がある」と喚き散らしてたけど、奸凶団体を持ち出してきて、「『数カ月前まで考えられなかった』と環境団体も驚く」と囃し立て、「途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする方針を表明した」ことを正当化し、「気候変動対策は生活の質を脅かす」という民意を顧みずに、「案じるよりも、みんなで一歩を踏み出す決意を持ちたい」と言い張ることには、「『これが民主主義か』という疑問」、「この国の民主主義、立憲主義がこのままでは壊されてしまうとの危機感がある」
性懲りもなく、「それでも、国際社会は現時点では温室効果ガスが最も疑わしいと判断し、排出削減で温暖化を抑えようと決意したのである」と喚き散らしてるけど、11月10日の投稿12月1日の投稿で解説したとおり、左翼が言い立てる「国際社会」は「国際市民社会が求める価値と真っ向から対立する」
もちろん、「世界の流れ」は「国際社会」と同じ意味。
「世界の流れに目や耳をふさぐかのような、象徴的な造りだった」という言い草は民主主義に「目や耳をふさぐかのような、象徴的な台詞だった」
7月17日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「それが安倍政権の民主主義だというなら、決してくみすることはできない」と泣き叫んでたけど、温暖化を煽り立てる左翼の民主主義観は安倍と全く同じ。
「『案じるよりも、みんなで一歩を踏み出す決意を持ちたい』が左翼の民主主義だというなら、決してくみすることはできない」!
前回の投稿で紹介したとおり、江守正多は「日本人は特にわかっていない」と喚き立てたけど、それは「ここで追いつかなければ、まさに化石になりかねない」と全く同じ。「温暖化への対処をみんなで議論する時代へ 異論を唱えるにも『懐疑論』は不要」と喚き立ててたけど、それは「案じるよりも、みんなで一歩を踏み出す決意を持ちたい」と全く同じ。やはり、江守正多は左翼と一体であり、「温暖化の科学」が民主主義を封殺するためのプロパガンダに他ならないことをハッキリと示している。)

福島原発事故の収束と他の原発の廃炉に使うべきなのに、「途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする」ということは、日本国民が自らの命を削ってまで、「途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする」ということ。
それなのに、「世界の流れに目や耳をふさぐかのような」と喚き散らす。
「案じるよりも、みんなで一歩を踏み出す決意を持ちたい」と言うことは、「案じるよりも、みんなで被曝する一歩を踏み出す決意を持ちたい」と言うことだ!
「日本国民の生き残りがかかっている」にもかかわらず、「この濃度の急上昇により、近年の温暖化は説明できる」と煽り立て、「国土の水没を恐れるツバルなど小さな島国の懸命な訴えを、大国も軽んじられなかったのだ」と喚き散らして、「国土の核汚染を恐れる小さな島国の懸命な訴えを、左翼は軽んじたのだ」!
「温暖化の科学に不確実さがあっても、将来に向けて『後悔しない政策』を選択したのだ」と煽り立てて、「被曝の科学に不確実さがあっても、将来に向けて『後悔する政策』を選択させようとしたのだ」!

「CO2排出を案じるよりも、みんなでみんなの命と生活を守る一歩を踏み出す決意を持ちたい」
そのために、「みんなで江守正多らを糾弾する一歩を踏み出す決意を持ちたい」
そのために、「みんなで気候ネットワークのような奸凶団体を断罪する一歩を踏み出す決意を持ちたい」
そのために、「みんなで左翼を誅伐する一歩を踏み出す決意を持ちたい」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。