新春の誓い―温暖化を煽る鬼畜、許すまじ

モーツァルト「春への憧れ」

明けまして今日今晩は。

年明け早々から鬼畜左翼が鬼畜な邪説を書いてるな。


分断される世界 連帯の再生に向き合う年
地球が、傷だらけで新年を迎えた。
民族や宗教、経済、世代……。あらゆるところに亀裂が走っている。国境を超越した空間を意味するはずのグローバル世界は今、皮肉なことにたくさんの分断線におおわれている。
それを修復するために、和解を進め、不公平をなくし、安心できる社会を実現する――。
それこそが指導者の使命であろう。だが、むしろ社会の分断につけこむ政治家や宗教者、言論人も登場し、しばしば喝采を浴びている。
他方、亀裂を埋めて新しい連帯の形を探す。そんな動きも出ている。たとえば昨年末、パリでの国連気候変動会議(COP21)で、各国は地球温暖化対策で新しい枠組みに合意した。それぞれの思惑を超えた真の解決に向けて結束した。
新年の挑戦は、連帯と共感の危機にひとつひとつ向き合うことから始まる。
■溝を深める政治
「イスラム国(IS)」は、狂信的な教義を掲げて人々の分断を謀る過激派組織だ。
支配地域で従わない人々を隷属化し殺害するだけではない。ほかの宗教や文化を憎悪の対象にしてイスラム教徒との間に深い溝を作ろうとしている。
その刃を向けられた側は、どう応えようとしているか。
欧州では、中東からの難民やイスラム系移民層への警戒感が急速に強まった。フランスなどで、排他的な右翼政党の支持が高い。米国では共和党の大統領候補選びで「イスラム教徒を入国禁止に」などと放言し続けるトランプ氏の人気が衰えない。
分断に分断で対抗する。敵対し合っているはずの勢力が、世界を分断するという点では奇妙に共鳴し合っている。
経済的な不平等の拡大による社会の亀裂も深刻化している。
経済協力開発機構(OECD)の昨年の発表によると、2013年に、大半の加盟国(34カ国)の所得格差が過去30年で最大になった。また、資産は所得以上に富裕層に集中しているという。
フランスの経済学者ピケティ氏は、世界的に注目された大著「21世紀の資本」のなかで、あまりに富の集中が進んだ社会では、人々の不満を強権で抑えつけるか、革命が起きるしかなくなる、と不平等がはらむ危険を指摘している。
日本もこうした多くの亀裂を免れているわけではない。
世界で数千万にのぼる難民の受け入れという点で積極的な国とは言えない。そこに連帯の危機への問題意識は低い。
■「同胞」意識の迷走
経済的な不平等についても例外国ではない。それどころか所得格差はOECD平均を超えて広がっている。子どもの貧困率や雇用の非正規率も上昇している。かつての平等な国の姿はすっかり遠くなった。にもかかわらず、社会保障と税の一体改革もままならず、この国の社会的連帯は弱まるばかりだ。
沖縄の米軍基地問題も日本に分断を生んでいる。県民の多くが本土に求めるのは、一県には重すぎる負担の分担だ。「同胞」から「同胞」への支援要請である。
しかし本土の反応は冷たい。政治は問題を安全保障をめぐる党派的な対立の構図に還元してしまう。そこに「同胞」への共感と連帯をもたらす本来のナショナリズムは、見る影もない。
「包摂」より「排除」に傾くナショナリズムは、ポピュリズムと同様に社会を統合するより分断する。
克服には何が必要だろうか。
COP21の合意は、自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらないと、各国の間で実際的な考えが共有された成果ではないだろうか。
また、経済の視点から社会の分断を考察した「経済の時代の終焉(しゅうえん)」で大佛次郎論壇賞に決まった慶応義塾大学経済学部の井手英策教授も、実際的な考え方の重要性を指摘する。
教授によると、日本では中高所得層と低所得層の間に溝ができ、人々の間の共感が消滅しつつある。修復には理念ではなく「お互い助け合った方が得をする、自分も受益者になる、幸せになるという視点が必要だ」と話す。
理念より実際的な解決への理解を広める。連帯や共感の再生への取り組みを可能にするための重要な手がかりではないか。
■民主主義壊れる前に
社会の分断は民主主義にとって脅威だ。「私たちみんなで決めた」という感覚がなければ、人々は政治的な決定を尊重しようとはしなくなる。そしてそれはさらに社会を細分化する悪循環を招く。
私たちの社会が抱える分断という病理を直視し、そこにつけ込まない政治や言論を強くしていかなければならない。
民主主義さえも台無しにするほどに深刻化する前に。


(2016年1月1日の朝鮮日刊新聞邪説)

昨年12月1日の投稿でも指摘したとおり、「ほかの宗教や文化を憎悪の対象にしてイスラム教徒との間に深い溝を作ろうとしている」のは他ならぬ欧米。
「分断に分断で対抗する」のは、その必然的帰結。
にもかかわらず、昨年1月15日の投稿で紹介したとおり、鬼畜左翼は「独仏首脳が、イスラエルとパレスチナの指導者が隊列を組む姿に目を見張る」と言い放った。
真実を明らかにし、難民を生み出した元凶を糾さねば、「問題のほんとうの解決にはつながらない」にもかかわらず、今回も「日本もこうした多くの亀裂を免れているわけではない。世界で数千万にのぼる難民の受け入れという点で積極的な国とは言えない。そこに連帯の危機への問題意識は低い」と喚き散らして、欧米の戦争犯罪を矮小化しようと図る。
昨年9月28日の投稿で紹介したとおり、「実は思いがけない福の神ではないか・・・ひょっとして、神に見放されているのではないか、と」とまで言い放った。
それこそが「世界の分断」を招く元凶なんだ!

こんな連中が温暖化を煽り立てているんだね。
昨年12月1日の投稿で紹介したとおり、戦争犯罪者・オランドが「地球温暖化との戦いとテロとの戦いを分けることはできない」と言い放ち、昨年12月2日の投稿で紹介したとおり、鬼畜左翼は「その認識を共有したい」と言い放った。
温暖化を煽り立てる連中は「世界を分断するという点で共鳴し合っている」んだよ。
だからこそ、今回も真っ先に「他方、亀裂を埋めて新しい連帯の形を探す。そんな動きも出ている。たとえば昨年末、パリでの国連気候変動会議(COP21)で、各国は地球温暖 化対策で新しい枠組みに合意した。それぞれの思惑を超えた真の解決に向けて結束した」と喚き立てるんだよ。

「所得格差はOECD平均を超えて広がっている。子どもの貧困率や雇用の非正規率も上昇している」にもかわらず、昨年12月1日の投稿12月2日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説に見えるとおり、安倍のチョンカスはCOP21で「途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする」と公約した。
1兆3千億円を「所得格差はOECD平均を超えて広がっている。子どもの貧困率や雇用の非正規率も上昇している」という問題の解決に宛がわず、起こりもしない温暖化の対策に使えば、「社会の分断」は固定化される。
確かに、安倍のチョンカスには「『同胞』への共感と連帯をもたらす本来のナショナリズムは、見る影もない」
ならば、「途上国の温暖化対策への支援を年約1兆3千億円にする」ことを批判するかと思いきや、安倍こべに「COP21の合意は、自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらないと、各国の間で実際的な考えが共有された成果ではないだろうか」と言い募る。
左翼にも「『同胞』への共感と連帯」は欠片も無い。
(それを誤魔化すために、卑劣にも「沖縄の米軍基地問題」を利用して、「『同胞』への共感と連帯をもたらす本来のナショナリズムは、見る影もない」と言い張っているだけ。心から「沖縄の米軍基地問題も日本に分断を生んでいる。県民の多くが本土に求めるのは、一県には重すぎる負担の分担だ」と思っているのなら、我国だけが突出して負担させられたのに、「COP21の合意は、自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらないと、各国の間で実際的な考えが共有された成果ではないだろうか」などと言えるはずがねえ。我国の負担を「不公平」と批判するのが「自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらない」と言い張るのであれば、「県民の多くが本土に求めるのは、一県には重すぎる負担の分担だ」も「自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらない」と批判することもできる。)

昨年12月4日の投稿でも指摘したとおり、IPCCの人為的温暖化説を真に受けても、我国に責任は無い。
にもかかわらず、鬼畜左翼は、昨年4月14日の投稿で紹介したとおり「国際社会のいらだちは高まっている」だの、昨年5月8日の投稿で紹介したとおり「そんな姑息なやり方で近年の無策をごまかしては、国際社会の信頼を失うだけだ」だの、昨年12月17日の投稿で紹介したとおり「そんな決意の乏しい日本政府は、パリでほとんど存在感を示せなかった・・・世界の流れに目や耳をふさぐかのような、象徴的な造りだった・・・ここで追いつかなければ、まさに化石になりかねない」だのと喚き散らして、「我国を憎悪の対象にして世界との間に深い溝を作ろうとしている」んだね。
そのようにして「分断」を煽れば、当然、国内に難民(=子どもの貧困・非正規雇用)が生まれる。
「『同胞』から『同胞』への支援要請である」が醜悪な欺瞞にすぎないことは明らかだろ。

それは「社会保障と税の一体改革もままならず、この国の社会的連帯は弱まるばかりだ」との言い草にハッキリと表れてる。
温暖化を煽り立てている連中の言い張る「社会保障と税の一体改革」とは、言うまでもなく、消費税増税のこと。
実際、2014年11月17日の投稿で採り上げた朝鮮日刊新聞邪説は「消費税率の引き上げは、民主党政権下の12年6月、社会保障と税の一体改革として民主、自民、公明の3党で合意され、法にも明記された・・・3党合意は、国民に痛みを強いる内容だ」と喚き立ててた。
昨年9月2日の投稿で紹介したとおり、「今日をしのぐ借金を子や孫の世代の暮らしを質草にして重ねている格好だが、このままではいずれ限界はやってこよう・・・様々な痛み分けを、もう先送りにはできぬはずと」と喚き立てた。
けど、2012年11月17日の投稿でも指摘したとおり、社会的弱者が社会的強者と「痛み分け」などできない。
「痛み分け」すれば、社会的弱者は「痛み」に耐え切れず、死んでしまう。
その結果、社会的強者が肥え太るだけ。
(「皮肉なことにたくさんの分断線におおわれている」と嘯いているけれど、それは「国境を超越した空間を意味するグローバル世界」の必然的帰結。その証拠に、2012年11月17日の投稿で採り上げた邪説は「経済のグローバル化は進み、国の財政は厳しい。どの政党が政権を担っても選択肢は少なく、国民に痛みを強いることを避けて通れない」と言い放った。「国民に痛みを強いることを避けて通れない」ということは「たくさんの分断線におおわれている」ということ。)

社会的弱者と社会的強者が「お互い助け合う」ことなどできはしない。
「『同胞』から『同胞』への支援要請である」と言うのなら、「高所得者が低所得者を助ける方が得をする、自分も受益者になる、幸せになるという視点が必要だ」
2012年11月12日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞社員は平均年収1300万円で、昨年4月28日の投稿で紹介したとおり、「1%の富裕層」
その「1%の富裕層」が昂然と「社会保障と税の一体改革もままならず、この国の社会的連帯は弱まるばかりだ」だの、「お互い助け合った方が得をする、自分も受益者になる、幸せになるという視点が必要だ」だのと言い募る。
つまり、社会的強者が「社会的弱者が自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらない」と言い張ってるわけだ。
「COP21の合意は、自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらないと、各国の間で実際的な考えが共有された成果ではないだろうか」との言い草は、「社会的弱者が自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらない」を正当化し、それを推し進めるための温暖化プロパガンに他ならないことをハッキリと示してるんだね。

IPCCの人為的温暖化説を真に受けるなら、中禍人糞凶和国こそが最大の元凶であるにもかかわらず、中禍人糞凶和国は一銭も負担せず、昨年12月17日の投稿で紹介したとおり、あまつさえ、CO2を排出し続けると公約した。
その一方で、責任の無い我国が突出して負担させられた。
「COP21の合意」こそ「自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらない」の典型だろ。
にもかかわらず、安倍こべに「各国の間で実際的な考えが共有された成果ではないだろうか」と言い張るのは、昨年4月16日の投稿6月8日の投稿、そして、6月17日の投稿で指摘したとおり、社会的強者が「自分の負担を避けようとする」ための、「問題のほんとうの解決」から目を逸らすための温暖化プロパガンダであることを露呈してるな。
(もちろん、鬼畜左翼だけじゃない。2014年6月25日の投稿12月7日の投稿昨年6月7日の投稿10月23日の投稿、そして、12月15日の投稿で紹介したとおり、寒恐NGOも中禍人糞凶和国を正当化し、我国を罵っている。昨年9月4日の投稿で紹介したとおり、「狂い盟徒・悪ション・盗ラッカー」も中禍人糞凶和国を正当化し、我国を罵っている。昨年12月15日の投稿で紹介したとおり、IPCC第5次報告書の政策策定者向け要約の執筆者に名を連ねる江守正多も中禍人糞凶和国には頬かむりを決め込んで、「日本人は特にわかっていない」と喚き立てた。)

2013年2月16日の投稿で紹介したとおり、2007年5月25日の朝鮮日刊新聞邪説は「欧州は、すでに本格的な排出量取引制度を始めている。その欧州と歩調を合わせて、CO2を減らす国が得をする国際社会の設計図を示すのが、美しい星づくりの第一歩ではないのか」と喚き立て、2008年10月6日の邪説で「排出量取引や環境税などは社会や経済の変化をもたらす。産業界や国民には負担増の『痛み』を引き受けてもらわねばならない」と喚き散らし、2011年3月18日の投稿で紹介したとおり、2009年9月14日の邪説で「排出量取引は金融取引の一種でもある。いわば『グリード』を飼いならして、地球温暖化対策と経済成長に役立てようという制度なのだ」と言い放った。
己の「グリード」を満たすために、一般市民に対して「自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほんとうの解決にはつながらない」と言い立ててるんだね。
だからこそ、「国民には負担増の『痛み』を引き受けてもらわねばならない」と言い張るんだよ。
それが「温暖化」の正体だ。
温暖化プロパガンダの結果、「かつての平等な国の姿はすっかり遠くなった」

己らこそ「世界を分断するという点では奇妙に共鳴し合っている」にもかかわらず、己らこそが「不公平」を助長し、「安心できる社会を実現」を阻害しているにもかかわらず、「それを修復するために、和解を進め、不公平をなくし、安心できる社会を実現する――」と嘯いて市民を欺こうと図る。
その醜悪さ!
己らこそ「連帯の危機への問題意識は低い」にもかかわらず、己らこそ「『同胞』から『同胞』への支援要請」を否定しながら、つまり、己らこそが「社会の分断」を助長しているにもかかわらず、「私たちの社会が抱える分断という病理を直視し、そこにつけ込まない政治や言論を強くしていかなければならない」と嘯いて市民を欺こうと図る。
それどころか、「私たちの社会が抱える分断という病理を直視し、そこにつけ込まない政治や言論を強くしていかなければならない」と嘯いて、その実は、「私たちの社会が抱える分断」をさらに推し進めようと図る。
その卑劣さ!
昨年6月18日の投稿で紹介したとおり、また、昨年12月15日の投稿で紹介したけど、江守正多も言及していたとおり、国民の大多数は「気候変動対策は生活の質を脅かす」と危惧している。
本当に「『私たちみんなで決めた』という感覚がなければ、人々は政治的な決定を尊重しようとはしなくなる」と考えているのなら、「他方、亀裂を埋めて新しい連帯の形を探す。そんな動きも出ている。たとえば昨年末、パリでの国連気候変動会議(COP21)で、各国は地球温暖化対策で 新しい枠組みに合意した。それぞれの思惑を超えた真の解決に向けて結束した」だの、「COP21の合意は、自分の負担を避けようとするだけでは、問題のほ んとうの解決にはつながらないと、各国の間で実際的な考えが共有された成果ではないだろうか」だのと言えるはずがねえ。
己らこそ民主主義を否定しながら、「社会の分断は民主主義にとって脅威だ」と嘯いて市民を欺こうと図るんだよ。
その邪悪さ!

「たとえば昨年末、パリでの国連気候変動会議(COP21)で・・・」だの、「COP21の合意は、自分の負担を避けようとするだけでは・・・」だのの言い草は、温暖化プロパガンダが「私たちの社会が抱え る分断という病理」であること、と言うよりも、病原であることをハッキリと示しているんだね。
2012年2月14日の投稿で述べたとおり、私めは、2011年3月18日の投稿で採り上げた2009年9月14日の朝鮮日刊新聞邪説を見て、温暖化プロパガンダに気づいた。
温暖化プロパガンダを真に受けている人は、上記の邪説を読んでも、まだ、目が覚めないのだろうか?
そういう輩が「社会の分断」の元凶なんだよ。
「温暖化を煽り立てる鬼畜は民主主義にとって脅威だ」!

「『温暖化国(IPCC)』は、狂信的な教義を掲げて人々の分断を謀る過激派組織だ」
「科学者や日本の文化を憎悪の対象にして市民との間に深い溝を作ろうとしている」
市民が「連帯」して、温暖化を煽り立てる鬼畜どもをこの世から消し去らねばならない。
「民主主義さえも台無しにするほどに深刻化する前に」!

モーツァルト「ピアノ協奏曲第27番」より「第3楽章」
(この主題を歌曲に転用したのが「春への憧れ」)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。