石炭火力へ愛の挨拶

エルガー「愛の挨拶」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

WUWTで知ったけど、我国の研究者がIPCCのデタラメを告白したようなので、晴子のウェブサイトを覗いたら、


2016年5月25日
理化学研究所計算科学研究機構複合系気候科学研究チームの佐藤陽祐基礎科学特別研究員と富田浩文チームリーダーらと、東京大学、九州大学、国立環境研究所らの共同研究グループは、スーパーコンピュータ「京」を用いた超高解像度シミュレーションにより、気候変動に大きな影響を与える粒子状の大気汚染物質である「すす(黒色炭素」の北極域への輸送メカニズムを解明しました。
エアロゾルの一種である黒色炭素の多くは人間活動によって放出され、大気中の長い距離を輸送されます。北極圏の雪や氷の上に降り積もった黒色炭素は、その色を黒く変えてしまい、太陽光の反射率を低下させて地球温暖化を促進します。このように、北極圏の黒色炭素量は地球温暖化に直接影響を及ぼす可能性があることから、人間活動が活発な中緯度帯から北極圏への黒色炭素輸送量の正確な推定が必要とされています。しかし、これまでの北極圏における観測結果はシミュレーションよりも多量の黒色炭素の存在を示しており、従来の気候モデルの表現する”清浄すぎる北極圏”と現実との間には不整合が存在していました。
共同研究グループは、基本原理に忠実な全球大気モデルと精緻化されたエアロゾルモデルを融合させて、「京」を最大限に駆使し、従来よりも一桁高い数km水平解像度でのシミュレーションを実施しました。これにより、黒色炭素の北極への輸送量について、実際の観測結果をより良く再現しました。同時に、従来の低解像度のシミュレーションでは、低気圧周辺において空気の混合が弱く輸送が十分ではなかったため、および、降水に伴って大気中から過剰に除去していたため黒色炭素輸送量を過少評価していたことが明らかになりました。
今後、より高性能なスーパーコンピュータの性能を最大限駆使することで、より不確実性を減らした気候変動予測が可能になると期待できます。
成果は、英国の科学雑誌『Scientific Reports』に掲載されるのに先立ち、オンライン版(5月25日付け:日本時間5月25日)に掲載されます。


(「北極域への「すす」の輸送メカニズムを解明」より)

いいぞ、晴子!

とは言うものの、大量のエアロゾルが北極圏にまで流れ、雪氷を汚染していることは、スーパーコンピュータで計算するまでもなく、科学的事実を見れば、始めから分かり切ったこと。
昨年12月8日の投稿で紹介したとおり、IPCC第5次報告書政策策定者向け要約の執筆者・江守正多は「温暖化の科学への懐疑を主張される方々の多くにとって、科学への懐疑は言いたいことの本質なのだろうか。ディベートのためのレトリックや理論武装ではないのか。周囲で撤退が始まり、梯子を外され、肝心の武装も穴だらけであることに薄々気づきながら、最後まで立てこもって守り続けるほどの価値のある主張なのだろうか」と泣き喚いてたけど、IPCC党は「肝心の武装も穴だらけであること、すなわち、”清浄すぎる北極圏”に薄々気づきながら、気候モデルに立てこもって守り続け」てきたんだよ。
けど、我々が放つ科学の砲火に耐え切れず、とうとう、「従来の気候モデルの表現する”清浄すぎる北極圏”と現実との間には不整合が存在していました」と白旗を掲げたんだね。

3月11日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎は「少なくとも現時点において、気候感度の最良推定値を下方修正することに科学者間で合意があるわけではない、ギャァァァ~」と泣き喚いてたけど、「北極圏の雪や氷の上に降り積もった黒色炭素は、その色を黒く変えてしまい、太陽光の反射率を低下させて地球温暖化を促進します」&「気候モデルの表現する”清浄すぎる北極圏”」ということは、IPCCが人為的排出CO2の影響を過大評価しているということ。
しかも、「その色を黒く変えてしまい、太陽光の反射率を低下させて地球温暖化を促進し」ているのはススだけじゃない。
海の真実」で解説しているとおり、雪氷は「クリオコナイト」で黒ずんでる。
最近も、こんな論文が出てた。


北極に「黒い氷」広がる 温暖化、氷床融解を加速
2016年5月7日 06時22分
温暖化が進む北極圏グリーンランドで、微生物が大量に繁殖し氷床が黒くなる現象が確認され、2012年には黒い部分の面積が、四国の1.5倍に相当する約2万7千平方キロメートルに拡大したことが7日、千葉大の竹内望教授(雪氷生物学)らの衛星画像を使った調査で分かった。国際科学誌[Frontiers in Earth Science]電子版に発表された。
竹内教授は「黒い氷は太陽光を吸収しやすい。気温上昇に加え、さらに融解を速める一因となっている可能性がある」と指摘している。
竹内教授によると、黒い氷の原因は藻類やバクテリアなどの微生物などに由来する「クリオコナイト」と言われる直径1~2ミリの物質。

2016052401
黒く染まった北極圏の氷床=2012年7月、グリーンランド・カナック


(共同)

もちろん、「温暖化対策の愚」の図5-3と「気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」の図9-6を見比べれば分かるとおり、そして、「IPCC第5次報告書の市民向け要約」の[注22]と[注23]で紹介したとおり、近年の北極圏温暖化の主因は自然変動(AMO)だから、ススとクリオコナイトを考慮すれば、人為的排出CO2の影響はIPCCが主張するよりずっと弱いことは明白。
「周囲で撤退が始まり、梯子を外され、肝心の武装も穴だらけであることに全然気づかず、最後まで立てこもって守り続け」ているのは江守正多。

しかし、なんだな。
上記の論文をWUWTで初めて知ったというのは、なさけねえ話だな。
それは我国のメディアが報じないからだ。
もちろん、海外で発表された論文を逐一報じることは不可能だけど、我国の研究なのに報じない。
「不都合な真実」だから、報じないんだよ。
その証拠に、こんなのは騒ぎ立てる。


「知床やベネチア、温暖化で危機」ユネスコが報告書
香取啓介
2016年5月26日23時09分
ユネスコ(国連教育科学文化機関)などは26日、地球温暖化で知床(北海道)やベネチア(イタリア)などの世界遺産が危機にさらされているとする報告書を発表した。各国政府や観光産業などに、温室効果ガスの排出削減や被害の軽減策に取り組むよう促している。
報告書は、温暖化の影響が確認されている29カ国31カ所の自然遺産と文化遺産の状況をまとめた。流氷が育む生態系が評価されている知床では流氷が減っている。モアイで有名なイースター島(チリ)は海岸浸食で石像の近くまで波に洗われている。南太平洋のニューカレドニアのサンゴ礁では大規模なサンゴの白化がみつかっている。
氷河が後退しているエベレスト一帯のサガルマータ国立公園(ネパール)などは観光収入への依存度が高く、地元経済への影響も大きい。ガラパゴス諸島(エクアドル)などは温暖化の影響に加えて、過度な観光化も危機に拍車をかけているという。


(朝日新聞デジタル)

けど、流氷は北極圏の温暖化と関係しているわけだから、そして、北極圏の温暖化は自然変動とCO2以外の人為的要因が主だから、「温室効果ガスの排出」で「知床では流氷が減っている」んじゃない。
実際、NASAのGISSで根室の気温の推移を調べると。

2016052701
図1 「GISS Surface Temperature Analysis」より

黒線は補正したデータで、鶯色の線が寒暖計の記録だけど、両者にそれほどの差は無いから、1990年までは鶯色の線、それ以降は黒線で考えると、1880年以降1980年代までの110年間に明確な気温上昇は認められない。
ところが、1980年代末、一気に気温が上がった。
昨年11月23日の投稿でも解説したけど、それは自然要因の「Climate Shift」

って言うと、IPCC党や奸凶NPOや左翼やユネスコは、今年は流氷の接岸が観測史上で最も遅かったんですぅぅぅ~、それはCO2が原因ですぅぅぅ~、と泣き喚くだろうけど、


北海道・網走で流氷接岸初日 観測開始から最も遅い記録
2016年2月22日15時43分
札幌管区気象台は22日、北海道オホーツク海に面した網走市で、流氷接岸初日を観測したと発表した。平年より20日、昨年より34日遅く、1959年の観測開始以降で最も遅い記録となった。
同気象台によると、今年は2月に入り、低気圧や気圧の谷が北海道付近を周期的に通過。冬型の気圧配置が長続きせず、流氷が南下する北よりの風が吹かなかったため、オホーツク海側での流氷の拡大も進まなかったとしている。

2016052702
今年初めて接岸した流氷=22日午後1時50分、北海道網走市、朝日新聞社機から、杉本康弘撮影


(朝日新聞デジタル)

ところが、黄泉売りを見ると、


網走で「流氷接岸初日」、観測史上最も遅い記録
2016年2月22日 14時19分
北海道網走市の網走地方気象台は22日、流氷が海岸に到達し、船舶が航行できなくなる「流氷接岸初日」を観測したと発表した。
昨年より34日、平年より20日遅く、統計が始まった1959年以降で最も遅かった91年(2月21日)の記録を更新した。89年は流氷の接岸が観測されなかった。
網走では、陸から流氷が確認できる「流氷初日」を1月28日に観測したが、流氷は沖合で停滞していた。同気象台によると、2月に入ってから冬型の気圧配置が長続きせず、接岸に必要な北よりの風が持続しなかったことが主な要因という。
冬の道東観光の代名詞となっている網走の流氷観光砕氷船「おーろら」が今季、流氷と遭遇できたのは21日までにわずか3日間だった。22日午前の第1便に乗船した松山市の男性会社員(38)は「自然の美しさを感じた」と喜んでいた。


(YOMIURI ONLINE)

根室の気温と見事に一致している。
「観測開始から最も遅い記録」はCO2が原因じゃない。

IPCC第5次報告書の市民向け要約」の[注13]で解説しているとおり、ヒマラヤの「氷河が後退している」のもススの影響が大きい。

で、モアイはどうかと言うと、

2016052703
図2 イースター島の潮位の推移「Permanent Serive for Mean Sea Level」より

上がってねえよ!
チリの津波の被害を温暖化に見せかけようとしただけ。

ついでに、ニューカレドニアも見ておくと、

2016052704図3 ニューカレドニア・ヌメアの潮位の推移「Permanent Serive for Mean Sea Level」より

上がってねえよ!
海水温が上がってるなら、潮位も上がってるはず。
「大規模なサンゴの白化がみつかっている」は「過度な観光化」が原因。
大気汚染が北極圏温暖化を招いているという報告が発表された翌日に、こんな記事を書いたのは、「不都合な真実」を覆い隠すために他ならない。

もちろん、大気汚染で北極圏が温暖化しているのは事実だから、大気汚染を放置すれば、本当に知床の自然が失われ、モアイも沈みかねない。
世界を守るためには、大気汚染問題を克服した我国の石炭火力が必要。
世界の人々がそれを待ち望んでる。

2016052705
NHKより

ところが、大気汚染が北極圏温暖化を招いているという報告が発表された当日に、鬼畜左翼はこんな報道をしてた。


G7、石炭火力支援に4.6兆円 日本が最多
香取啓介
2016年5月25日00時52分
主要7カ国(G7)による石炭火力発電所や石炭開発への海外支援が、2007年から15年までの9年間で計420億ドル(約4兆6千億円)にのぼるとの試算を環境NGOが24日発表した。日本の支援は220億ドル(約2兆4千億円)と一番多い。石炭火力は二酸化炭素CO2の排出が多く、世界全体で排出削減を目指す温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に矛盾すると批判している。
米欧の3団体が、26日から始まるG7首脳会議(伊勢志摩サミット)にあわせて報告書をまとめた。
石炭火力は、高効率の最新型でもCO2排出量が天然ガスの約2倍、石油の約1.3倍と多い。一方、燃料が安価なため、エネルギー需要が伸びる新興国や途上国には魅力的で、日本政府はインフラ輸出の重要分野としている。


(朝日新聞デジタル)

大気汚染が北極圏温暖化を招いているという事実を隠して、我国の石炭火力を誹謗したんだよ。
世界の人々の財産・生命を危険に曝してでも、我国を貶めたいんだね、鬼畜左翼は。
もちろん、奸凶NGOも同じ。
2014年2月9日の投稿で紹介したとおり、虫国野郎に至っては「日本を含むいくつかの国の政府は、石炭火力発電所の国内建設を認め、海外案件も積極的に公的資金で支援しています。石炭をめぐる動きは、かつての地雷を連想させます。地雷は悪魔の兵器と呼ばれ」とまで言い放った。
連中は正真正銘の人殺しだ。

市民の力で石炭火力を推し進めよう。
市民の敵=IPCC、奸凶NPO、左翼を石炭で焼き尽くそう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。