温暖化詐欺と戦う我が人生は科学の愛と喜び

ヨゼフ・シュトラウス「我が人生は愛と喜び」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

ようやく、「STOP THE 温暖化詐欺」の改訂を終わりましたです。
(今回改訂したのは「IPCC第5次報告書の市民向け要約」、「微動だにしていない男の全く不都合な真実」、「 気温上昇の停滞とIPCC断末魔の足掻き」、そして、「 『3%の科学』vs『97%の宗教』」)
とは言うものの、なんとか8月中に、と無理したんで、まだ、まだ、抜け落ちている点もあるし、文章がいただけない部分は多々あるし、不正確な部分もあるだろうけど、それはおいおい修正していくということで。
また、改定作業の間にも、いくつか論ずべき論文、特に南極関連の論文が出てきたけど、それらは今後のブログ記事で採り上げつつ、逐次、「STOP THE 温暖化詐欺」に追加していこうと思うです。

さて、遅ればせながら、毎月恒例の、過去最高に暑かった、ギャァァァ~、を採り上げると。

なに言ってるかな?、このアホは。
『3%の科学』vs『97%の宗教』」の図16-2で紹介しているとおり、このアホは、ENSOを除けば気温は上がり続けている、と喚き立ててたんだね。
ところが、先月の投稿でも言ったけど、このNASA(GISS)のデータを見れば、ハイエイタスは消えて無くなってる。
つまり、ENSOを除かなくても、気温は上がり続けてる。
だったら、「『3%の科学』vs『97%の宗教』」の図16-2は何?
おら!、おら!、何か言ってみろ!

正真正銘のイカサマ野郎だぜ。
こんな野郎が喚き立てているということだけでも、IPCCの非科学性は明らかだな。
実際、ENSOを除いたら、「気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」の図11-14に見えるとおり、1993年以降、気温はほとんど上がっていない。
ということは、実は上のグラフもイカサマ、ということ。
確かに、昨年から今年は観測史上最も強いエルニーニョだけど、それ以前はラニーニャ気味、と言い立てていたのだから、上のグラフからENSOを除いても、「気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」の図11-14のようにはならない。
そのグラフの論文の著者(の一人)はGISSのガビンちゃん。
上のグラフもガビンちゃん。
おい、こらっ!、どう説明するんだ?
おら!、おら!、何か言ってみろ!

上のグラフのデータ改竄・捏造がばれても、「気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」の図11-14が正しいから、僕は決して市民を騙していません、って弁明できるんだも~ん、ってか!

2015060108

くぅ~!
狡猾な野郎だぜ!

これまた、遅ればせながら、オリンピックについて一言。
2014年2月26日の投稿で紹介したとおり、ソチの冬季オリンピックの際にも温暖化を煽り立ててたけれど、今回もやってた。


五輪ツバル代表、たった1人 ボルト追いかけ短距離出場
佐々木学
2016年8月13日15時47分
リオデジャネイロ五輪に、たった1人の代表選手を派遣している国がある。南太平洋のツバル。地球温暖化による海面上昇で水没が危惧されている小さな島国だ。代表のエティモニ・ティムアニ(24)は13日、約9900人の島民の期待を背負い、陸上男子100メートル予選に出場する。
「国の代表としてリオに来ることができ、とてもハッピーだ」。今回の五輪で唯一、選手は一人きりで、5日の開会式では当然、旗手も務めた。南国らしい花飾りのついた冠と、伝統衣装の腰巻きをつけ、誇らしげに国旗を揺らし、歩いた。
仲間の選手はいないが、「コーチら5人と一緒だから寂しくはない」。「サーモンの刺し身がうまいんだ」と、選手村での暮らしも楽しそうだ。
実は、地元ではプロのサッカー選手でもある。幼いころからスポーツ万能で、身長184センチ、72キロの体を生かし、陸上の短距離のほか、走り高跳びや幅跳びでも活躍。バドミントンやラグビーのチームにも所属し、ツバルの全国大会にもたびたび出場している。
100メートルのベストは11…


(朝日新聞デジタル)

『温暖化で沈む国』の全く不都合な真実」であれほど書いたのに、性懲りも無く、「地球温暖化による海面上昇で水没が危惧されている小さな島国だ」だと!
私めはテレビなんてほとんど見ないから、オリンピックにはさして興味もなかったけど、大多数の国民はオリンピックの報道に見入ってるから、それを利用して「地球温暖化による海面上昇で水没が危惧されている小さな島国だ」とやれば、無知な市民を騙すことができる、と目論んでるわけだ。
やれ「国民の知る権利を守れ」だの、やれ「報道の自由が侵害されている」だの、やれ「自由にものが言えない社会になりつつある」だのと喚き散らしてるけど、実は、「国民が嘘を知る権利を守れ」、「虚偽報道の自由が侵害されている」、「自由に嘘が言えない社会になりつつある」と泣き叫んでるんだね。
温暖化を煽り立てる左翼リベラルは絶対に葬り去らねばならん!