温暖化信者が、植松聖は救世主、と狂騒曲

プロコフィエフ「ピアノ協奏曲第3番」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

鬼畜左翼がまたもやキチガイな邪説を書いてるようだな。


米国と中国 協調の価値探る努力を
オバマ米大統領が任期最後の訪中で画期的な合意をした。
2020年以降の温暖化対策を取り決めたパリ協定の締結を習近平(シーチンピン)国家主席と発表した。
温室効果ガス排出で世界1、2位の国が削減を約束したことで、協定は年内発効へ大きく前進した。高く評価したい。
これまで京都議定書では、米国は削減に後ろ向きだった。中国も経済戦略にたがをはめられるのを嫌い続けた。それだけに隔世の感がある。
両政権とも、責任ある大国としてアピールできる点を含め、様々な思惑があるはずだ。

中国の国力増大は必然である以上、国際ルールの枠内に中国を導き、平和的な共存を図る。これが米国の対中外交の基本方針である。
それはオバマ政権が1期目から肝いりで進めたアジア重視政策の柱でもあった。今回の米中合意は、その政策の成果の一つとして特筆されるだろう。
しかし米中関係全体を振り返れば、協調よりも対立が進んだ8年間だった。特に安全保障面での緊張が強まっている。
主な原因は中国軍の増強と、既存秩序への挑戦的な振るまいである。南シナ海での岩礁埋め立てを一気に進め、宇宙やサイバー空間でも活動を広げた。
これに対し米国は、日韓などとの同盟強化に加え、フィリピンやベトナムなどとの安保協力を強めた。もはや世界の警察官ではないとしつつも、周辺国との連携の網を広げて中国を牽制(けんせい)するねらいがある。
一方、米中は経済の結びつきがいっそう深まっている。中国は大量の米国債を保有し、米企業は中国での商機拡大を図る。冷戦下の米ソとは異なり、対立と依存が交錯する関係だ。
その中で今回、温暖化対策の合意ができたのは、習政権がそこに利点を見いだしたからだ。中国は今や、エネルギーを浪費する古い産業構造から転換せねばならない。それにパリ協定は利用価値があると踏んだのだ。
国際的な協調行動の流れに乗ることが、自国にも利益をもたらす。中国がそう感じる領域を広げることにこそ、今後の対中関係のかぎがある。
持続的な経済成長がさほど容易ではなくなってきた中国にとって、対外関係の安定は大切なはずだ。安保面でも、米国との協調に利得があると判断させる知恵が求められる。
中国との向き合い方をめぐる難問をオバマ氏は次期政権に引き継ぐ。日本を含むアジア最大の外交課題でもあり、地域全体で対話の深化を探りたい。


(2016年9月5日の朝鮮日刊新聞邪説)

9月1日の投稿で紹介したとおり、この邪説の少し前には「昨年は関東・東北豪雨で鬼怒川(茨城県)が決壊し、8千戸以上が被災。14年には広島の土砂災害で75人が亡くなった。相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係も指摘される」と、つまり、豪雨災害は人為的(排出CO2)温暖化が原因と泣き叫んでたんだね。
それなら、「14年には広島の土砂災害で75人が亡くなった」のは「温室効果ガス排出で世界1、2位の」アメ公と中禍人糞凶和国のせいだろ。
アメ公と中禍人糞凶和国が日本人を殺したんだろ!
それなのに「高く評価したい」だと!
「責任ある大国としてアピールできる」だと!

しかも、昨年12月17日の投稿2月20日の投稿、そして、3月14日の投稿で指摘したとおり、パリ凶定は中禍人糞凶和国が2030年までCO2排出を増やし続けることにお墨付きを与えた。
9月1日の投稿で紹介したとおり、IPCC党と左翼は「温暖化 台風のリスク増」と騒ぎ立ててたけど、それなら、今回の台風10号で認知症の老人が亡くなったのはパリ凶定のせいだろ。
パリ凶定が認知症老人を殺したんだろ!
それなのに「高く評価したい」だと!
「責任ある大国としてアピールできる」だと!

鬼畜左翼は、習近平様が広島で75人殺し、岩手で認知症老人を殺したことを「高く評価したい」だね。
本当の人殺しだな。
もちろん、「STOP THE 温暖化詐欺」で解説しているとおり、そして、前回の投稿にも見えるとおり、IPCCの人為的温暖化説はデタラメだけど、「相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係」、「温暖化 台風のリスク増」と信じ込んでいるのだから、本当の人殺しだ。
(デタラメだと薄々知りながら、「相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係」、「温暖化 台風のリスク増」と煽り立てているのであれば、やはり、人殺しだ。温暖化対策と称して何兆もの血税を使ってるけど、その金を災害対策に回せば人の命は救えるのだから。)
鬼畜左翼は、広島で75人殺し、岩手で認知症老人を殺したから、「責任ある大国としてアピールできる」と言うんだよ。
植松聖と何ら変わらんぜ。


相模原の事件 差別の芽を見つめて
相模原市の障害者施設で19人が殺害された事件から、1カ月がたった。その衝撃は今も多くの人々の心を波立たせている。
26歳の容疑者の言葉からは、底知れない闇がうかがえる。「障害者は生きていても無駄」「安楽死させた方がいい」
警察の調べには、「(犯行は)不幸を減らすため。同じように考える人もいるはずだが、自分のようには実行できない」と供述しているという。ゆがんだ動機というほかない。
ただ、この事件は重い問いを投げかけた。容疑者と同じ考えの者などいない。障害の有無にかかわらず誰もが堂々と生きられる社会だ――そう胸を張って断言できるだろうか。
事件のあと、障害者や家族から様々な発言が相次いだ。その多くは、当事者や関係者でなければ見えない冷酷さが社会の中に常在する現実を映していた。
「事件は起こるべくして起きた」。障害のある息子を持つ女性は「障害者に対する一般の感覚を最悪の形で集約したのが容疑者だと思う」と語った。
事件の前、長男に重い障害のある野田聖子・衆院議員は、ネット上でこう書かれた。医療に金ばかりかかる息子は見殺しにするのが国益だ、と。
茨城県の教育委員は特別支援学校の視察後、「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか。(職員も)すごい人数が従事し、大変な予算だろう」と発言し、非難を受けて辞職した。
命の尊さを、社会にとって有意義かどうか、経済的な影響はどうか、といった基準ではかりにかけるような意識が随所に潜んでいることは否めない。
障害者に対する差別の歴史は古く、そして新しい。日本でも戦後に「優生保護法」がつくられ、「不良な子孫の出生を防止する」との趣旨で20年前まで続いた。優生思想は公の記述からは消されても、人々の意識からは拭えていないのではないか。
1カ月前の事件を、常軌を逸した人間による特異な犯罪と片付けてしまうなら、ことの本質を見失う。問われているのは、社会の中に厳然とある差別的な意識そのものだからである。

身体に特徴がある人、会話の手段が異なる人。そもそも人間は誰であれ同じではない。性格も思考も多様なように、一人ひとり違うことが自然なのだ。どんな違いも認め合い、尊重し合える共生の社会を築くには、不断の意識改革をするほかない。
悲惨な事件を二度と起こさぬためにも、身近な差別の芽を見つめることから始めたい。


(2016年8月27日の朝鮮日刊新聞邪説)

「優生思想は公の記述からは消されても、人々の意識からは拭えていないのではないか」だと?
それはテメエらだ、つ~の!
実際、「温暖化 台風のリスク増」なら、台風10号の被害は中華人糞凶和国が加害者なのに、「高く評価したい」「責任ある大国としてアピールできる」と言うのは、「認知症は生きていても無駄」「溺死させた方がいい」と言うことに他ならない。
「温暖化詐欺容疑者の言葉からは、底知れない闇がうかがえる」

「相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係」なら、「昨年は関東・東北豪雨で鬼怒川(茨城県)が決壊し、8千戸以上が被災。14年には広島の土砂災害で75人が亡くなった」のは中華人糞凶和国が加害者なのに、「その中で今回、温暖化対策の合意ができたのは、習政権がそこに利点を見いだしたからだ。中国は今や、エネルギーを浪費する古い産業構造から転換せねばならない。それにパリ協定は利用価値があると踏んだのだ。国際的な協調行動の流れに乗ることが、自国にも利益をもたらす。中国がそう感じる領域を広げることにこそ、今後の対中関係のかぎがある」と言い放つのは、「命の尊さを、社会にとって有意義かどうか、経済的な影響はどうか、といった基準ではかりにかけるような意識」そのもの。
京都議定書の結果、CO2を大量に排出する製造業が先進国から移転したことで中禍人糞凶和国は経済成長したのだから、IPCCの人為的温暖化説を信じるなら、中禍人糞凶和国は「持続的な経済成長」の対極にあるにもかかわらず、まるで中禍人糞凶和国が「持続的な経済成長」を成し遂げてきたかのごとくに、「持続的な経済成長がさほど容易ではなくなってきた中国にとって、対外関係の安定は大切なはずだ」と言い張るのも、「命の尊さを、社会にとって有意義かどうか、経済的な影響はどうか、といった基準ではかりにかけるような意識」の表れ。
上で述べたとおり、パリ凶定は中禍人糞凶和国の排出増にお墨付きを与えたにもかかわらず、つまり、(IPCCの人為的温暖化説を信じるなら)京都議定書よりも明らかな後退であるにもかかわらず、「中国も経済戦略にたがをはめられるのを嫌い続けた。それだけに隔世の感がある」などとほざくのも、「命の尊さを、社会にとって有意義かどうか、経済的な影響はどうか、といった基準ではかりにかけるような意識」の表れ。
2011年3月18日の投稿で採り上げた2009年9月14日の朝鮮日刊新聞邪説は「排出量取引は金融取引の一種でもある。いわば『グリード』を飼いならして、地球温暖化対策と経済成長に役立てようという制度なのだ」と言い放ったけど、それは「命の尊さを、社会にとって有意義かどうか、経済的な影響はどうか、といった基準ではかりにかけるような意識」を露骨に表現してた。
「ゆがんだ心というほかない」

2013年2月16日の投稿で採り上げた2008年10月6日の朝鮮日刊新聞邪説が「国民には負担増の『痛み』を引き受けてもらわねばならない」と言い放ったのは、「優生思想は公の記述からは消されても、温暖化を煽り立てる人々の意識からは拭えていない」ことをハッキリと示してる。
「引き受けてもらわねばならない」ということは、そう高言した本人は「痛み」を受けず、相手が「痛み」を受ける、つまり、相手に「痛み」を押しつける、ということ。
2012年11月12日の投稿で紹介したとおり、朝鮮日刊新聞社員は平均年収1300万円で、昨年4月28日の投稿で紹介したとおり、1%の社会的強者。
「国民には負担増の『痛み』を引き受けてもらわねばならない」とは、1%の強者が99%に「痛み」を押しつける、ということ。
けど、社会的弱者は「痛み」に耐え切れない。
1月11日の投稿で採り上げた記事も「先進国が率先して欲望を抑える『痛みを分かち合う』制度と受け止められた」と喚き立ててたけど、「痛みを分かち合う」は小泉エセ改革の標語に他ならず、2014年1月29日の投稿でも指摘したとおり、その御旗の下に多くの国民が死に追い込まれた。
にもかかわらず、2014年6月28日の投稿で採り上げた「天声人語」は「そんな成熟した態度が大切だ」と言い放った。
「痛みに耐え切れない弱虫は生きていても無駄」
「弱虫に『痛み』を引き受けもらって苦悶死させた方がいい」
「温暖化詐欺容疑者の言葉からは、底知れない闇がうかがえる」

そもそも、お前ら愚かな一般市民が悪い、と言わんばかりに、上から目線で「障害の有無にかかわらず誰もが堂々と生きられる社会だ――そう胸を張って断言できるだろうか」だの、「問われているのは、社会の中に厳然とある差別的な意識そのものだからである」だのの言い草は「左翼の中に厳然とある差別的な意識そのものだ」

温暖化を煽り立てる鬼畜左翼の優生思想の源泉は中華思想。
本人も「国民」なら自分も「痛む」から、「引き受けてもらわねばならない」と言い放ったのは、そう高言した本人は「日本国民」ではない、ということ。
だからこそ、「温暖化 台風のリスク増」なら、「相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係」なら、中禍人糞凶和国が日本国民を殺しているのに、「その中で今回、温暖化対策の合意ができたのは、習政権がそこに利点を見いだしたからだ。中国は今や、エネルギーを浪費する古い産業構造から転換せねばならない。それにパリ協定は利用価値があると踏んだのだ。国際的な協調行動の流れに乗ることが、自国にも利益をもたらす。中国がそう感じる領域を広げることにこそ、今後の対中関係のかぎがある」と囃し立てたんだね。
中禍人糞凶和国の利のためなら日本国民は死んでも構わない、と言うんだね。
「ゆがんだ反日というほかない」。

もちろん、鬼畜左翼だけじゃねえ。
1月14日の投稿で紹介したとおり、気候ネットワークの鬼婆が「私は(日本人ではなく)地球人です」と放言したのも、「国民には負担増の『痛み』を引き受けてもらわねばならない」という優生思想に根ざしてる。
「温暖化詐欺容疑者の鬼婆の言葉からは、底知れない闇がうかがえる」
「温暖化 台風のリスク増」なら、「相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係」なら、中禍人糞凶和国が日本国民を殺しているのに、2013年12月5日の投稿で紹介したとおり、「日本の環境政策は中国と比べても時代遅れ、と言われるようになりました」と放言したのは中華思想に根ざしてる。
「ゆがんだ鬼婆というほかない」

虫国野郎も然り。
「相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係」なら、「温暖化 台風のリスク増」なら、中禍人糞凶和国が加害者で、日本国民は被害者なのに、しかも、2014年11月19日の投稿で紹介したとおり、「国際環境保護団体グリーンピースによると、中国国内ではこうした動きと並行して、石炭火力発電所が毎週1か所の割合で新設される見込みとしている。現在建設中の施設は159に上り、また337施設が計画段階にある」にもかかわらず、2014年9月18日の投稿で紹介したとおり、「中国は、日本など先進国では想像できないような対策をすでにやっている・・・大気汚染や温暖化の元凶である石炭火力発電所は、日本で新設が計画される一方で、中国では多くの大、中都市での新設は原則禁止となりつつある」と泣き喚き、2014年2月5日の投稿で紹介したとおり、「日本においては、『地球にやさしい』という曖昧でフワッとした言葉が、温暖化問題における加害者としての責任意識の欠落をもたらしたように思います・・・人間の行為が他の人間を苦しめて命を奪うという根本的な事実や関係性を見えなくしてしまったように思います」だの、2014年2月9日の投稿で紹介したとおり、「日本を含むいくつかの国の政府は、石炭火力発電所の国内建設を認め、海外案件も積極的に公的資金で支援しています。石炭をめぐる動きは、かつての地雷を連想させます。地雷は悪魔の兵器と呼ばれ」だの、2015年1月7日の投稿で紹介したとおり、「多くの国民が『地球にやさしい』という甘ったるい曖昧な言葉でしか温暖化問題を理解してこなかった。温暖化問題は、温室効果ガスの排出によって多くの人命が奪われるという、いわば大量殺人を未然に防ぐかどうかの『正義』の問題だという認識を持ち得なかった。誰が加害者で誰が被害者か、誰が利益を得て誰が殺されるのか、などを深く考えなかった」だのと、つまり、我国が世界中で人を殺していると喚き散らしたんだね。
「温暖化詐欺容疑者の虫国人の言葉からは、底知れない闇がうかがえる」
もちろん、その闇の源泉は中華思想。
「虫国人はゆがんでいるというほかない」

江守正多も然り。
1月13日の投稿2月23日の投稿、そして、5月13日の投稿で指摘したとおり、ダイベストメントの連中こそがCO2を排出したにもかかわらず、3月18日の投稿で紹介したとおり、「気候正義」と持て囃し、「日本ではその動機のところで『気候正義』といった倫理観が共有されておらず」と罵ったのは、「命の尊さを、社会にとって有意義かどうか、経済的な影響はどうか、といった基準ではかりにかけるような意識」が露骨に表れてた。
その挙句に、国民を見下して「問題に無関心な人が多くいたとしても、彼らは新しい常識にいつのまにか従うようになるだけだろう」と高言した。
IPCC報告書政策策定者向け要約の日本人執筆者の言葉からは、底知れない闇がうかがえる」
その闇の源泉は、やはり、中華思想。
だからこそ、3月22日の投稿で紹介したとおり、「しかし、少なくともここに、『脱炭素革命』に向けた希望を見出すことができる」と言い放った。

温暖化を煽り立てている連中は正真正銘のキチガイだ!
2011年10月27日の投稿で解説したとおり、連中は精神障害でも精神疾患でもなく、全くの「正気」であり、だからこそ、キチガイなんだよ。


植松容疑者は正気だった」 ダウン症の娘持つ最首さん
古田寛也
2016年8月8日05時01分
「起こるべくして起こってしまった」。横浜市旭区で暮らす和光大学名誉教授の最首(さいしゅ)悟さん(79)は、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件を知った時、そう感じたという。ダウン症で知的障害がある三女の星子さん(39)と同居している。
「障害者は不幸を作ることしかできません」「日本国が大きな第一歩を踏み出す」。植松聖(さとし)容疑者(26)は、衆院議長に宛てた手紙にそう書いて、重度障害者を次々と刃物で殺傷したとみられている。
最首さんは植松容疑者が精神異常者でも快楽殺人者でもなく、「正気」だったと考えている。「今の社会にとって、『正しいことをした』と思っているはずです」。植松容疑者は介護を続けてきた遺族に向けて謝罪する一方で、被害者に対する言葉はない。
そして最首さんは、「共感する人も必ずいるでしょう」と言った。確かに事件後、インターネット上には、「正論」「障害者は生きていても誰の得にもならなかった」といった投稿が相次いだ。
「いまの日本社会の底には、生産能力のない者を社会の敵と見なす冷め切った風潮がある。この事件はその底流がボコッと表面に現れたもの」。植松容疑者は、人々の深層にある思いに訴えて「英雄」になった、と考える。
だが、不幸を生み出す障害者を代わりに殺してあげたというような代行犯罪に対しては、はらわたが煮えくりかえるような怒りを感じている。「命とは何かを問うとき、その人の器量が問われる。障害者はいなくなってしまえばいい、というのは浅い考えだ」
娘の星子さんは、言葉を発する…


(朝日新聞デジタル)

鬼畜左翼は「正気だった」!
虫国野郎は「正気だった」!
江守正多は「正気だった」!
「温暖化詐欺容疑者はCO2を排出し続けてきた習近平に向けて賞賛する一方で、被害者である日本国民に対しては罵る言葉しかない」。
「習近平様にとって、『正しいことをした』と思っているはずです」。
「だが、温暖化を生み出す日本国民を代わりに殺してあげたというような代行犯罪に対しては、はらわたが煮えくりかえるような怒りを感じている」

ここで、2015年8月10日の投稿にコメントを頂いたので、一言。
そうでしたか。
あの記事からは分からないし、鬼畜左翼なんかは絶対に報じないから、知る由もなかったけど、やっぱり、自然を破壊して、生き物を殺してるんだね。
スッポンって、絶滅危惧種でしょ。


新たに絶滅危惧種に指定 IUCN
国際自然保護連合(IUCN)は、絶滅の恐れのある生き物を載せたレッドリストを改訂し、スッポンを新たに絶滅危惧種に指定した。高級食材として多数養殖されているが、日本や中国、ベトナムなどで川や池などの生息環境が狭まり、野生のスッポンが減少しているためという。
IUCNは政府機関や研究者らでつくり、年2回程度、レッドリストを見直している。スッポンは絶滅の恐れが3番目に高い「絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)」に指定された。IUCN会員の日本自然保護協会によると、生息数の減少は川や池の岸のコンクリート化や養殖用の捕獲、外来種との交雑などが原因という。
また、本州や四国、九州の山間部などにすむニホンイタチが「3世代(10年未満)で25%程度減少した可能性がある」として「軽度懸念」から「準絶滅危惧種」に引き上げられたほか、琉球諸島のアマミスミレは最もランクの高い「絶滅危惧1A類(ごく近い将来に野生で絶滅する危険性が極めて高い)」とされた。【久野華代】


(毎日新聞2016年7月5日 20時43分(最終更新 7月5日 20時48分))

「ため池に太陽光発電を浮かべるのは自然破壊」とも言ったけれど、それも図星だったし。

環境を破壊し、自然の生き物を根絶やしにし、送電網に流れもしないのに、国民に高値で押し売って利を貪る。
これは当に「生命の尊さを、社会にとって有意義かどうか、経済的な影響はどうか、といった基準ではかりにかけるような意識」の産物。
もちろん、その大本は温暖化プロパガンダ。

「1日前の朝鮮日刊新聞邪説を、常軌を逸した人間による特異な犯罪と片付けてしまうなら、ことの本質を見失う。問われているのは、温暖化プロパガンダの中に厳然とある優生意識そのものだからである」
「植松容疑者は、温暖化を煽る人々の深層にある思いに訴えて『英雄』になった、と考える」
「悲惨な事件を二度と起こさぬためにも、身近な温暖化プロパガンダの芽を摘み取ることから始めたい」

「温暖化を煽り立てている連中は生きていても無駄」!
温暖化を煽り立てた結果、福島原発事故を招き、国土を汚染し、多くの国民を被曝させたのだから、しかも、それをも逆手に取って、浜松の自然をも破壊しているのだから、福島第1原発で強制労働の刑に処し、「被曝死させた方がいい」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。