気象庁気象研究所が、福島県民を被曝させろ、と狂騒曲

シューマン「ピアノ協奏曲」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

鬼畜左翼めが!


災害列島 経験を蓄える仕組みを
日本は世界有数の災害大国だ。そう痛感する日々が続く。
4月に熊本地震が起こり、8月には台風10号に伴う豪雨が岩手県や北海道などを襲った。ともに多くの人命が失われた。
災害は各地で毎年のように生じている。一方で、被災地では「この地方で大きな地震はないと思っていた」「こんな大雨や川の氾濫(はんらん)に見舞われるとは」といった声が後を絶たない。
ギャップはなぜ生じるのか。
建物の耐震化や治山・治水対策はそれなりに進み、少々の地震や雨では被害が出にくくなった。ただ、活断層の解明をはじめ科学の力には限界がある。地球温暖化に伴って大型台風や集中豪雨といった「極端現象」も増えており、想定を超える大規模な風水害や土砂災害の危険性は全国的に高まっている。
被災後の「まさか」という嘆きや悔いを減らすには、経験や知見を共有する仕組みが欠かせない。災害列島・ニッポンでの防災・減災の要として、国に専門組織を設けてはどうか。
全国の事例を分析し、引き出した教訓を他の地域や多種多様な災害の備えに生かす。災害と直接向き合う都道府県や市町村と日常的に接しながら、人手や専門人材の乏しさを補いつつ、臨機応変の対応力を一緒に磨いていく。規模ではなく、そんな機能を重視した組織である。
防災や災害時の対応には国土交通省や警察・消防、防衛省・自衛隊、厚生労働省をはじめ、大半の省庁がかかわる。それらを束ねるのが内閣官房と内閣府で、事故を含む緊急時の危機管理を内閣官房が、予防から復興までの自然災害対策は内閣府が、それぞれ担っている。
ただ、内閣府の防災担当は100人ほどだ。他省庁からの出向者が多いほか、内閣府採用の職員も含め1~2年程度で入れ替わる。自治体からも十数人を受け入れているが、研修が主な目的で期間は長くて1年だ。
熊本地震時には、東日本大震災関連の仕事にかかわった各省庁の職員が何人も、いまの業務を脇に置いて現地応援に入った。自治体との連携を含め、「人」とそのネットワークを生かして機敏に対応することは大切だが、災害は千差万別だ。経験や教訓、対策をきめ細かく継承していくには不安が残る。
政府は、米英独仏韓などの危機管理組織を調べ、昨年3月にまとめた報告書で「日本の仕組みには合理性があり、機能している」と結論づけた。だが防災対策に終わりはない。より理想的な組織のあり方について、引き続き研究してほしい。


(2016年9月26日の朝鮮日刊新聞邪説)

前回の投稿で採り上げた2016年7月9日の邪説では「『二度あることは三度ある』のか、『三度目の正直』なのかが問われている」と泣き喚いてたくせに、己らは「三万三千三百三十三度目の不正直」を貫き通すんだね。
しかも、9月1日の投稿で採り上げた邪説では「相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係も指摘される」だったのに、今回は「地球温暖化に伴って大型台風や集中豪雨といった『極端現象』も増えており」と断定。
「相次ぐ極端な気象は、地球温暖化との関係」のデタラメを暴かれてしまったから、逆切れして、断定に奔ったんだろ。
そのことだけを以ってしても、「今度こそ、有権者ひとりひとりが鬼畜左翼を『死る義務』を果た」さねばならないことは明白だけど、前回の投稿の翌日にはこんな記事も書いてた。


今世紀末、温暖化で雪減っても一部で豪雪は増 気象庁
2016年9月23日22時52分
地球温暖化が進むと、今世紀末ごろの降雪量は減る一方、北海道や北陸の内陸部では大雪の頻度と規模が増える可能性が高い、とする研究成果を23日、気象庁気象研究所が発表した。大気中の水蒸気量が増え、冬型の気圧配置になると日本海上で雪雲の帯が発達しやすくなるのが理由という。
気象研が行った精密なシミュレーション実験によると、2080年から2100年ごろに気温が今より年平均約3度上昇した場合、日本列島全域で冬季の積算降雪量は減少。だが、10年に1度クラスの大雪に限ると、主に新潟、石川、富山各県の内陸部や長野・岐阜両県の一部、北海道の内陸部で、頻度と1日あたりの降雪量が増えることが判明した。
例えば、豪雪地帯で知られる新潟県津南町付近では、現在10年に1度規模の降雪が4~5年おきに発生する、との予測になったという。
温暖化した場合、日本海の海面温度が上昇し、水蒸気量が増加。ユーラシア大陸から吹く冷たい風が日本海で合流してできる空気の集まり「日本海寒帯気団収束帯」の勢力が強くなり、沿岸部で雨になるが、気温が低い地域で大雪になるという。北海道は、温暖化が進んでも冬季の気温が十分低いことも一因になる、という。
気象研の川瀬宏明研究官は「全体的に降雪量は減るが、地域によっては豪雪への備えが必要になるだろう」と話す。(吉田晋)

2016092701
21世紀末、大雪が増える地域


(朝日新聞デジタル)

2014年2月12日の投稿で紹介したとおり、また、「微動だにしていない男の全く不都合な真実」の[注2]でも解説しているとおり、東京の大雪に乗じて、「温暖化で降雪ゲリラ化」と騒ぎ立ててたけど、またしてもやりやがったな。
「二度あることは三度ある」はテメエらだろ!
と思いきや、よくよく見ると、「地球温暖化が進むと、今世紀末ごろ・・・」
IPCCに依れば、人為的排出CO2が原因で既に0.8℃温暖化しているはずであるにもかかわらず、また、9月20日の投稿の図1に見えるとおり、NASA(GISS)に依れば、既に1.2℃温暖化しているはずであるにもかかわらず、「温暖化した場合・・・」
ということは、現時点において「温暖化で雪減っても一部で豪雪は増」は認められない、ということ。
2014年2月12日の投稿で「温暖化で降雪ゲリラ化」と騒ぎ立ててたのはデタラメでした、ということ。
「温暖化が進んで気温が上がると、雪雲の中に大気が抱えていられる水蒸気の量(飽和水蒸気量)が増え、多くの雪を降らせる原因になる。このため、局所的に大雪となる『ゲリラ豪雪』となるケースが増加する」というのが「温暖化で降雪ゲリラ化」の(屁)理屈であり、2013年9月9日の投稿で採り上げた2013年9月8日の記事に見えるとおり、「飽和水蒸気量の増え方のほうが大きいため、雨の頻度は減る一方で、1回当りの降雨は激しくなる」というのが「温暖化で降雨ゲリラ化」の(屁)理屈であり、従って、「温暖化で降雪ゲリラ化」の(屁)理屈と「温暖化で降雨ゲリラ化」の(屁)理屈は同じだから、「温暖化で降雪ゲリラ化」がデタラメだったということは、「地球温暖化に伴って大型台風や集中豪雨といった『極端現象』も増えており」も市民を欺くデマだった、ということ。
やっぱり、「二度あることは三度ある」んだね。
「『三度目の正直』なのかが問われている」だと?
仏の顔も三度だ、つ~の!

って言うと、それでも、「2080年から2100年ごろに気温が今より年平均約3℃上昇」したら「温暖化で降雪ゲリラ化」なんですぅぅぅ~、と泣き喚くだろうけど、仏の顔も3℃だ、つ~の!
気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」の図11-15に見えるとおり、1990年以降、我国の(年平均)気温は上がっていない。
しかも、1990年以降の値は都市化で嵩上げされた値だから、それを補正すれば、1960年前後の気温と同じになる。
つまり、半世紀以上温暖化していない。
それを再現できるのか?
それを再現できて、初めて「2080年から2100年ごろに気温が今より年平均約3度上昇した場合・・・」と言える。
けど、そんなグラフは見たことねえ。
再現できるのなら、これ見よがしに示すはず。
再現できないから示さないんだ。
温暖化対策の愚」と「IPCC第5次報告書の市民向け要約」で解説しているとおり、CO2を排出し続けても、気温上昇は1.5℃未満に収まる。
それはCO2の温室効果が飽和に近いからであり、従って、気温上昇が1℃を超えると、CO2を排出し続けても、気温は上がりにくくなる。
「2080年から2100年ごろに気温が今より年平均約3度上昇した場合・・・」なんて、ありえないんだね。

気象庁がこれまでの気温を再現していないことに気づく。
再現できないのだから、「2080年から2100年ごろに気温が今より年平均約3度上昇した場合・・・」に科学的根拠は全く無いと気づく。
それが「知る」ということだ。
鬼畜左翼は「今度こそ、有権者ひとりひとりが『知る義務』を果たそう」と嘯いてたけど、それに気がつかないような輩は「知る義務」を果たせない。
残念ながら、多くの市民は気づかない。
特に、朝鮮日刊新聞購読層は、自分達は一般市民よりも教養が高い、と思っているけど、実は一番バカだから、絶対に気づかない。
それでも、新聞記者が、これまでの気温を再現できるのか?、再現できなければ「2080年から2100年ごろに気温が今より年平均約3度上昇した場合・・・」に科学的意味はあるのか?、と問い質せば、つまり、新聞社が「知る義務」を果たせば、市民も「知る義務」を果たすことができる。
ところが、「知る義務」を果たさずに、気象庁の言い分を一方的に垂れ流してる。
もちろん、記者も気象庁がこれまでの気温を再現していないことに気づかないのかもしれない。
けど、IPCCに批判的な学者に、気象庁は「全体的に降雪量は減るが、地域によっては豪雪への備えが必要になるだろう」と言い立てているがどう思うか?、と取材すれば、これまでの気温を再現できていないのならナンセンスであると教えてもらい、気象庁に問い質すことができるはず。
それが新聞社の「知る義務」だろ。
己ら自身が「知る義務」を一切果たさず、「主権者として公のことがらの基本を動かし、未来への責任を果たすため、国民には問題の所在を『知る義務』がある」と言うのは、「地球温暖化に伴って大型台風や集中豪雨といった『極端現象』も増えており」だの、「地球温暖化が進むと、今世紀末ごろの降雪量は減る一方、北海道や北陸の内陸部では大雪の頻度と規模が増える可能性が高い」だののデマを「知る義務」がある、と言うことに他ならない。
だからこそ、わざわざ「精密なシミュレーション実験」と言い立てて、それが正しいかのごとくに思い込ませようと図ったんだね。

2月12日の投稿で採り上げた2015年12月25日の朝鮮日刊新聞邪説は「専門知に判断を委ね、深刻な事故はめったに起きないという前提に立ったかのような今回の決定は、想定外の事故は起こり得るという視点に欠けている。『3・11』後の原発のあり方を考える上で大切な論点だったはずだ」と泣き喚いてたけど、気象庁が、これまでの気温を再現できるかを示さずに、って言うか、再現できないくせに、「精密なシミュレーション実験によると、2080年から2100年ごろに気温が今より年平均約3度上昇した場合・・・」と言い立てるのは、原子力ムラが原発は安全と言い張ってきたのと何ら変わらない。
メディアとしての「知る義務」を果たそうともせず、「地球温暖化に伴って大型台風や集中豪雨といった『極端現象』も増えており」だの、「地球温暖化が進むと、今世紀末ごろの降雪量は減る一方、北海道や北陸の内陸部では大雪の頻度と規模が増える可能性が高い」だのと偏った情報を垂れ流すのは、「専門知に判断を委ね、深刻な事故はめったに起きないという前提に立ったかのような今回の決定は、想定外の事故は起こり得るという視点に欠けている」のと同じであり、「原発の安全神話」を吹聴したのと全く同じ。
「東日本大震災で、原発の安全神話にだまされていたことを知ったのをきっかけに、そう確信したという」と言いながら、「『二度あることは三度ある』のか、『三度目の正直』なのかが問われている」と言いながら、己らは、またしても「原発の安全神話」と同じことを繰り返してる。

上の記事は9月24日の朝刊の一面に掲載されてた。
その裏面では、こんな記事も掲載してた。

2016092702
2016年9月24日の朝鮮日刊新聞朝刊紙面より

2月15日の投稿で紹介したとおり、東日本大震災の被災地の市民が最も求めているのは「原発事故への対応」だ!
それなのに、9月23日の投稿で採り上げた邪説は「東日本大震災もあって、温暖化への関心自体が薄れていた」と言い放ち、今回も「東日本大震災で二転三転し」と喚き立てるのは、原発事故なんてどうでもいい、温暖化対策だぁぁぁ!、と言う以外の何物でもない。
市民が「原発事故への対応」を求めているのに、「福島県は学校や工場などにCO2排出量の削減目標を示してもらい、互いに議定書を交わしている」と囃し立てるのは、福島の市民が被曝しようと知ったことじゃない、それよりも、温暖化対策だぁぁぁ!、と言う以外の何物でもない。
9月1日の投稿で採り上げた記事でも「市民に近い自治体が温暖化対策を率先する動きが出ている」と囃し立ててたけど、市民が「原発事故への対応」を求めているのに、「市民と一緒に素早い行動を取りやすい自治体の役割が重要視されているんだ」と言い放つ卑劣さは言語に絶している。
しかも、前回の投稿でも指摘したとおり、己らが温暖化を煽り立てて石炭火力発電を阻害し、己らが率先して「原発の安全神話」を吹聴して福島第1原発を温存したからこそ、原発事故を招いたにもかかわらず、尚も「地球温暖化に伴って大型台風や集中豪雨といった『極端現象』も増えており」と煽り立て、「福島県は学校や工場などにCO2排出量の削減目標を示してもらい、互いに議定書を交わしている」と囃し立てたのは、「温暖化対策」が市民の生活を破壊し命までも脅かすことを、温暖化を煽り立ているコヤツらが正真正銘の鬼畜であることを、ハッキリと示しているな。

「いちからわかる!」と吹聴するのは、自分たちの書き立てていることを「知る義務」がある、という意味に他ならず、市民は「原発事故への対応」よりも「温暖化対策」を求めろ、ということに他ならない。
「福島県は学校や工場などにCO2排出量の削減目標を示してもらい、互いに議定書を交わしている」との言い草がどれほど卑劣か、「市民と一緒に素早い行動を取りやすい自治体の役割が重要視されているんだ」との言い草がどれほど邪悪かを「有権者ひとりひとりが『知る義務』」がある。
そして、「今度こそ、有権者ひとりひとりが鬼畜左翼を『死る義務』を果たそう」!

ついでに、9月1日の投稿で採り上げた、高知市の太陽光発電の続報を。


高知市の太陽光造成地から泥水が流出し県が業者に是正命令
2016.9.7 08:10
高知市土佐山地域の太陽光発電施設の造成現場から雨で泥水が流出して鏡川支流に流れ込んだとして、鏡川漁協(高橋徹組合長)は6日、開発の届け出を受けた高知県や高知市から経緯を聞く会合を開いた。被害は8月下旬や9月3日前後に発生し、周辺の市道に泥が堆積するなど住民生活にも影響が出たといい、高知県の担当者は「施工に問題がある。是正するよう命令する」と述べた。
現場は土佐山都網(つあみ)の山中で、「土佐山太陽エネルギー」(高知市・小森高敏社長)が2017年1月からの売電開始を目指して約2ヘクタールの斜面を造成している。高知市中心部からも、山頂付近で赤土が露出した様子が見えていた。
高知市鏡川町の鏡川漁協事務所で開かれた会合で、現場近くに住む伊東博文さん(60)は、8月下旬の夜間に雨が降り、斜面の赤土が流出したと報告。濁水をいったんためる池の整備や斜面下部の土留め対策が不十分なまま工事が進んだと指摘し、「道路に10センチほど泥がたまり車が通れなかった。台風の季節が続くのでとにかく早く対策を」と訴えた。
漁協幹部は、泥水が鏡川支流の網川川に流れ込み、組合員やアユ釣りの愛好家から苦情が相次いでいるとして、「9月中旬からのアユの産卵に影響すれば大損害だ」「斜面をブルーシートで覆うなどの対応も必要では」と指摘した。
この造成について、高知県は事業者から高知県立自然公園条例に基づく届け出を3月に受理し、「雨水排水等に万全の措置を講ずること」などと命じていた。高知市も市土地保全条例に基づく届け出を受けた際、住民生活や環境に悪影響を出さないことを条件としていた。
会合で高知県環境共生課の三好一樹課長補佐は、命令内容が守られていなかったことを認め、「7日にも事業者に連絡し、是正を求める」と強調。高知市都市計画課の担当者は「今日の話を踏まえ、対応策を検討する」と述べた。
発電事業者の小森社長は取材に対し、「工事は専門業者に任せているが、県や市の指導を受けしっかりと対応する」としている。

2016092703
造成地から流れ出た赤土で濁った網川と、鏡川の合流点(9月4日、高知市土佐山弘瀬=鏡川漁協提供)


(高知新聞)

ところが、驚くべきことに、上の記事は高知新聞のサイトから既に消されてる。
ツイッターの記事は残ってるけど、そのリンクをクリックしても、「システムエラー」と表示されるだけ。)
上の記事の後、台風16号の影響で大雨が降ったから、もっと酷いことになってるんじゃねぇか?
だから、市と業者が圧力をかけて記事を消させたんだろ。
これこそが「素早い行動を取りやすい自治体の役割が重要視されているんだ」の真相。
「業者と一緒に市民を出し抜く素早い行動を取りやすい自治体の役割が重要視されているんだ」ね。
そして、鬼畜左翼の言い立てる「主権者として公のことがらの基本を動かし、未来への責任を果たすため、国民には問題の所在を『知る義務』がある」とは正にこのこと。
国民が事実を知ってはいけない、国民に事実を知らせてはいけない、ということなんだよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。