中世暗黒時代の奴隷が温暖化舞曲

ドヴォルザーク「スラブ舞曲第1集」より第3番(中世初期に多くのスラブ人が奴隷にされたことが「slave」の語源。)

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

またまた、IPCC党のアホが非科学的なこと喚いてやがる。


北極の異常な高気温、気候変動の「悪循環」が拍車
2016年11月25日 17:05 発信地:パリ/フランス
大量の熱を蓄えた海水と北向きの風が、北極域での異常な高気温を引き起こしており、気候変動の「悪循環」がそれに拍車を加えているとの研究報告が24日、発表された。
北極の天候の変化を1時間ごとに追跡記録しているデンマーク気象研究所(DMI)が発表した観測データによると、極氷冠上空の大気の温度が、平均を9~12度上回る状態がこの4週間続いているという。
DMIの気候研究者のマルティン・シュテンデル(Martin Stendel)氏によると、北極点上空の温度は先週、数日間にわたって0度を記録し、11月中旬の例年の水準を約20度上回ったという。
シュテンデル氏はAFPの取材に、人工衛星による観測データ収集が開始された1979年以降の記録としては、先週の気温はずば抜けて高いと述べ、「現在観測されている状況は、極めて異常だ」と付け加えた。
北極の海は夏季の海氷融解で露出するが、例年のこの時期には、その表面に毎日数千平方キロの氷が張り、再び凍結する。だが今年は、それがまだ起きていない。少なくとも例年と同様のペースでは起きていないと、シュテンデル氏は指摘する。
また、電話での取材に同氏は、「氷が通常通りに成長していないだけでなく、暖気の流入によってさらなる融解が起きていた」と説明した。
米国立雪氷データセンター(NSIDC)の報告によると、10月の海氷面積は約640万平方キロで、観測史上最小だったという。北極圏でも、2016年9月16日に約414平方キロと史上最小を記録した。
科学者らによると、いくつかの要因が、10月下旬以降の北極の異常な高温を引き起こしているのだという。
最も直接的な要因は、欧州西部とアフリカ西海岸沖から吹き上がってくる暖風だ。
仏気候環境科学研究所(LCSE)の科学者、バレリー・マソン・デルモッテ(Valerie Masson-Delmotte)氏は「この熱を運んでくる暖風は、一時的なものだが、ほぼ前例のない気象現象だ」と説明した。暖風は、24日以降になってようやく和らいできたという。
■ミラー効果
また、その他の要因として、記録的な強さとなった太平洋のエルニーニョ現象が挙げられる。
だが、いくら強力であっても、断続的なこれらの要因に拍車をかけているのは、中でも最大の要因である地球温暖化だと専門家らは口を揃える。
英気象庁(Met Office)極地気候部の主席研究員、エド・ブロックリー(Ed Blockley)氏は「北極の海氷の長期的な減少は、気候変動に原因があると考えられる」と話した。
温室効果ガスが熱を吸収することで発生する人為的な気候変動により、地球の平均表面温度は、産業革命前との比較ですでに1.0度上昇している。
ところが北極圏では、温暖化が2倍のペースで進行している。この原因の一端は、科学者らが「正のフィードバック」と呼ぶ悪循環にある。
太陽の熱放射は、白い雪や氷の上に降り注ぐと、その約80%が宇宙空間に反射される。デルモッテ氏はこの現象を「ミラー効果」と呼ぶ。だが、露出部分がはるかに拡大している深い青色の海に太陽光線が当たると、その熱の80%が反射されずに海水に吸収され、そのまま蓄積される。
シュテンデル氏は「海氷面積を調べれば、この悪循環がすぐに確認できる。そこには明らかな減少傾向が存在するからだ」と話す。
そして短期的には、この露出した海水が、氷の再形成のペースを減速させている。0度を下回る程度の海水温は、「そこにあるはずの氷と比較すれば」はるかに高温だと、シュテンデル氏は言う。
現在は無氷海面となっているが、その領域に氷の厚い層があれば、上空の気温は「通常、マイナス30度から40度になる」という。そのため、氷量の減少は、広範囲にわたる影響を及ぼす恐れがある。
デルモッテ氏は、AFPの取材に「それにより、温暖化が全般的に増幅され、特に近隣の大陸での温暖化が深刻化する」と指摘した。
北極海に隣接する大陸の一つであるデンマーク領グリーンランドには、融解が急速に進んでいる巨大な氷床が存在する。この氷床には、地球の海水面を数メートル上昇させるほどの大量の水が含まれている。


(AFP/Marlowe HOOD)

はぁ?
人工衛星の観測は北緯80度までだから、北極点までは観測できませんが。
「人工衛星による観測データ収集が開始された1979年以降の記録としては、先週の気温はずば抜けて高いと述べ、『現在観測されている状況は、極めて異常だ』と付け加えた」って、何それ?
9月23日の投稿で採り上げた邪説に見えるとおり、「1997年に採択された京都議定書では、中国が途上国として削減義務を負わず」、その結果、CO2排出が激増したにもかかわらず、「気温上昇の停滞とIPCC断末魔の足掻き」の図15-20に見えるとおり、「人工衛星による観測データ収集が開始された1979年以降の記録」では、狂都議定書以降、気温はほとんど上がっていないんだね。
しかも、「気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻」の図11-14に見えるとおり、「人工衛星による観測データ収集が開始された1979年以降の記録」からENSOと火山噴火の影響を取り除けば、実は、1990年代前半から気温はほとんど上がっていないんだよ。
「温室効果ガスが熱を吸収することで発生する人為的な気候変動により、地球の平均表面温度は、産業革命前との比較ですでに1.0度上昇している」と喚いてるけど、9月23日の投稿で紹介したとおり、温室効果は1990年代前半から強まっていないんだよ。

確かに、NOAAのNCEPでは「北極点上空の温度は先週、数日間にわたって0度を記録し、11月中旬の例年の水準を約20度上回ったという」

けど、「気温上昇の停滞とIPCC断末魔の足掻き」の図15-16と図15-17に見えるとおり、やはり、狂都議定書以降は気温がほとんど上がっていない。
一方、デンマーク気象研究所のデータは、NCEPではなく、ECMWFに基づいてる。
(だから、「人工衛星による観測データ収集が開始された1979年以降の記録としては、先週の気温はずば抜けて高い」は真っ赤な嘘。)

けど、9月20日の投稿の図2に見えるとおり、やはり、狂都議定書以降に気温はほとんど上がっていない
以上の事実は、「温室効果ガスが熱を吸収することで発生する人為的な気候変動」がIPCC(の気候モデル)が主張するよりもずっと弱いことを、ハッキリと示してるんだね。
だから、「極氷冠上空の大気の温度が、平均を9~12度上回る状態がこの4週間続いている」としても、「北極点上空の温度は先週、数日間にわたって0度を記録し、11月中旬の例年の水準を約20度上回った」としても、それは自然要因。

しかも、上のNCEPのデータから70度以上の高緯度を取り除けば、「それにより、温暖化が全般的に増幅され、特に近隣の大陸での温暖化が深刻化する」どころか、全く逆に、全球平均気温(偏差)は平年値(1980年から2010年までの平均)よりも低い。

って言うと、「微動だにしていない男の全く不都合な真実」の第4節で紹介しているとおり、それは「温室効果ガスが熱を吸収することで発生する人為的な気候変動」が原因ですぅぅぅ~、と泣き喚くだろうけど、「厳冬は地球温暖化の影響」は最新の研究でも否定されてしまったんだよ。
木本ちゃんってば、今頃、ショックで寝込んじまって、「微動だにしていない」んじゃねぇか?
キャハハ!

しかも、だ。
「北極海に隣接する大陸の一つであるデンマーク領グリーンランドには、融解が急速に進んでいる巨大な氷床が存在する」と喚いてるけど、デンマーク気象研究所のデータに依れば、全く逆に、グリーンランドの氷は激増してる。

2016112901
図1 グリーンランドの氷の増減。

「極氷冠上空の大気の温度が、平均を9~12度上回る状態がこの4週間続いている」としても、「北極点上空の温度は先週、数日間にわたって0度を記録し、11月中旬の例年の水準を約20度上回った」としても、それは自然要因だ、つ~の!
「中でも最大の要因である地球温暖化だと専門家らは口を揃える」だと?
デタラメほざくんじゃねぇ!

しかも、だ。
人為的なCO2排出は20世紀後半に激増したのだから、「北極圏では、温暖化が2倍のペースで進行している」のなら、北極圏では20世紀後半に気温が急上昇しているはずだけど、11月8日の投稿の図2に見えるとおり、1800年代前半から1940年頃までに急上昇し、その後はほとんど上がっていないんだね。
「極氷冠上空の大気の温度が、平均を9~12度上回る状態がこの4週間続いている」のは、「北極点上空の温度は先週、数日間にわたって0度を記録し、11月中旬の例年の水準を約20度上回った」のは「中でも最大の要因である自然変動」に決まってるだろ!
何回言ったら分かるんだよ、このアホどもは!

にもかかわらず、「中でも最大の要因である地球温暖化だと専門家らは口を揃える」ということは、「20世紀前半の気温上昇の中でも最大の要因である地球温暖化だと専門家らは口を揃える」ということ。
9月29日の投稿の図1の赤線のように気温が上がっている、ということ。
その場合、「温室効果ガスが熱を吸収することで発生する人為的な気候変動により、地球の平均表面温度は、産業革命前との比較ですでに5.0度上昇している」
「北極圏では、温暖化が2倍のペースで進行している」から、「極氷冠上空の大気の温度が、平均を9~12度上回る状態がこの4週間続いている」というんだね。
「中でも最大の要因である地球温暖化だと専門家らは口を揃える」ということは、「氷河期と間氷期の気温差の中でも最大の要因である地球温暖化だと専門家らは口を揃える」ということであり、「温室効果ガスが熱を吸収することで発生する人為的な気候変動は1万年以上前に起こったと専門家らは口を揃える」ということなんだよ。
正真正銘のアホだな。

因みに、デンマーク気象研究所が用いているECMWFの予報に依れば、「東日本上空の温度はこの先1週間にわたって、例年の水準を約20度上回るという」

さて、どうなるかね?

上で指摘したとおり、「人工衛星による観測データ収集が開始された1979年以降の記録」では、狂都議定書以降に気温はほとんど上がっていないにもかかわらず、9月20日の投稿の図1に見えるとおり、NASAのデータでは気温が上がり続けている。
NASAが温暖化を煽り立てるためにデータを改竄したことは明らか。
だから、トランプはNASAの気候部門を閉鎖する。


地球温暖化に懐疑的なトランプ氏の大統領就任によってNASAの気候変動関連研究が止まるおそれ
2016年11月28日 15時57分
ドナルド・トランプ次期米大統領は以前から「地球温暖化はでっち上げ」と主張しており、大統領の就任後には気候変動関連について大幅な予算削減があると見られている。トランプ氏の上級顧問である Bob Walker 氏の発言によれば、氏はNASAの地球科学部門における気候変動関連部門の研究予算をすべて削減する方針のようだ。
これによってNASAがこれまで行ってきた温度、氷、雲や他の気象現象に関する観測や研究が停止することになる。Bob Walker 氏によれば「進行中のNASAプログラムをすぐに止めることは難しい。また私は気候研究が必要であると信じる。しかし、気候変動研究は政治色が強くなってきており、研究者の仕事を徐々に蝕んでいる。トランプ氏は科学分野は政治化されるべきではないと考えている」としている。また、トランプ氏は深宇宙探査には予算を回していく方針だという。
これに対し米国立環境研究センターの Kevin Trenberth 氏は、気候変動研究は衛星観測のない暗黒時代に逆戻りすることになるだろうとしている。


(Slashdot)

これで、ガビンちゃんもクビだね。

2015060109

かわいそう。
キャハハ!

「気候変動研究は衛星観測のない暗黒時代に逆戻りすることになるだろう」だと?
「人工衛星による観測データ収集が開始された1979年以降の記録」に頬かむりを決め込んで、ハイエイタスを否定しているテメエらに「衛星観測」は必要ねえだろ。
「だが今年は、それがまだ起きていない。少なくとも例年と同様のペースでは起きていないと、シュテンデル氏は指摘する」けれど、9月20日の投稿で指摘したとおり、北極圏の海氷を観測する人工衛星はぶっこわれちゃったんだね。
だから、9月20日の投稿の図5で紹介したデンマーク気象研究所のデータも今は消えてる。
けど、そのデータでも「史上最小」ではなかったのに、いつのまにか「北極圏でも、2016年9月16日に約414平方キロと史上最小を記録した」ことになってる。
「衛星観測」が無いにもかかわらず、「10月の海氷面積は約640万平方キロで、観測史上最小だったという。北極圏でも、2016年9月16日に約414平方キロと史上最小を記録した」なら、「衛星観測」は必要ねえだろ。
海面上昇でも、沿岸の潮位計だけのデータと「衛星観測」による(高緯度を除いた)全海洋のデータは違っていて当然なのに、一致しているのは全く不自然。
昨年6月15日の投稿の図16,17,18に見えるとおり、潮位計のデータと一致するようにデータを改竄しているのなら、「衛星観測」は必要ねえだろ。

「逆戻り」じゃねぇ。
始めから「気候変動研究は衛星観測のない暗黒時代」だ、つ~の!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。